Pocket

毎日忙しい時間の中からプログラミングの勉強時間を確保し、ちょっとずつ知識を頭に入れている頑張り屋さんもたくさんいると思います。

しかし私がプログラミングを学習してみて思ったことは

『初心者の段階では、自分のスキルが上達しているのかどうかがさっぱり分からない』

ことです。

これがとにかく一番不安でした。

勉強を続けても実力が伸びないとなれば、自分の学習方法が間違っている、もしくは自分の脳みそのスペックが低すぎるなどのネガティブな方向に目が向いてしまいます。

avatar
そうなると、最終的に自己嫌悪に陥り、プログラミングの世界から離脱してしまいそうになるのです。

プログラミングが上達しない・挫折してしまう理由を

『プログラミングを教える側』

の人たちが話していることは多いため、ここでは

『実際にプログラミングを全く知らなかった私の体験談』

をもとに、なぜ初心者がスキルの上達に苦戦するのか?その点について詳細にお伝えしていきたいと思います。

この記事のまとめ

・プログラミング上達速度の早い人は『明確な目標』を持って学習している
・プログラミングの勉強方法を勉強すると一切上達しない
・プログラミングができる人を側に置くと上達速度は格段に上がる

プログラミングど素人がなかなか上達しない原因(体験談)

では、ここからはプログラミングのセンスが皆無だった私が、どうやってど素人からある程度のスキルを身につけるまで成長できたのか?そのプロセスを赤裸々に話していきましょう。

上達しない原因は人それぞれ異なります。

しかし挫折している多くの人の体験談を見ていた感じでは

『上達しない原因には共通していることが多い』

ことに気づきました。

プログラミングの勉強法を勉強していたからw

これは今思い出してもアホすぎる失敗ですねw。

というのも、私がプログラミングを実践しようと思った時は一つのことしか考えていませんでした。それは

『いかに効率よくプログラミングを学ぶか?』

です。

確かに効率を求めるのは賢いやり方かもしれませんが、その効率という言葉に騙されて、教材やスクールなどの情報を無駄に取り入れている時間が多すぎて、全くプログラミングの勉強をしていないことに気づいたのです。

まさに勉強法を勉強していたという最悪の状態です。

avatar
楽してプログラミングを学べる方法はないかなぁ〜と毎日思っていました笑。

どんな技術を習得するにしても、結局

『作業をしながら自分で効率の良い方法を見つけていくのが最短ルート』

だと私は考えていますので、勉強法を勉強するのはマジで時間の無駄です。

これはやりがちなミスなので気をつけておいてくださいね。

何をするための学習かが明確ではなかったから

プログラミングのスキルをなぜ身に付けたいのか?という理由は人それぞれ違います。

起業するために勉強する人もいれば、転職先としてプログラマーを選ぶために学ぶ人もいます。

この

『なぜ学習するのか?』

が明確であれば明確であるほど挫折せずにスキルを身に付けやすくなります。

avatar
大学に受かって、大学デビューして人生を変えたい!と強く願って大学受験を頑張る感じですね。

例えば

『リストラされてお先真っ暗で、今後プログラミングのスキルを身に付けなければ人生やばい』

となれば、誰だって必死に勉強しますよね?

このなぜ学習するのかをどれだけ臨場感高くできるかが上達スピードを加速させるためには必要な要素となるのです。

目的のない学習ほど時間を無駄にすることはありませんからね。

avatar
逆にあえて追い込んでみるのもありです。

私の場合、最初は

『ただなんとなくプログラミングができるとかっこいいから』

という理由で始めましたが、この頃は本当にチャランポランでした笑。

補足

今はとあるサービスを開発したい!という目標を持っているため、そこに向かって必要な能力を集めている感じです。

全て一人でやろうとしたから(これは時間がもったいない)

例えば今日からプログラミングを学ぶことを決意したとします。そうなった場合

  • A君はスクールに通うことを決意
  • B君はお金を使わず独学で学ぶことを決意

した場合、どちらが早い成長をするのかは想像できるでしょうか?

もちろんそれぞれの目標や能力によって差は生まれますが、ほとんどの場合

『誰かに教わる』

方が結果を出しやすくなります。

avatar
というのも、スクールや教材で教えている講師というのは、何百人・何千人もの初心者と向き合っているプロです。

その中で、なぜ挫折するのか?どこで諦めるのか?などのポイントを把握していることがほとんどなので、無駄な回り道をせずに学ぶ環境を作ってくれているのです。

もちろん教わる環境でも大きな差は生まれますが、信頼できる講師・スクール・教材を利用すれば、高い確率で最短ルートを駆け抜けることができるでしょう。

コストを抑えて安く通えるスクールに関しては安くてスキルが身につくプログラミングスクールを厳選してみた!の記事でまとめています。

ただ、いきなりプログラミングスクールにお金を払うことにリスクを感じる場合には、お金を払わずに使える無料サービスを体験してから考えてみてもよいかもしれません。

無料でプログラミングが学べるサービス

Tech Acadmy (アプリ開発までサポートあり)

プロゲート (プログラミングの基礎を独学で学べる)

目次に戻る▶▶

プログラミング初心者の悩みが理解されない原因

勉強を続けてスキルを高めようとしても、なかなか上達しない。

ネットで問題解決をするために検索をしても、すでにプログラミングを身につけている人の意見がほとんど‥。

そうなると、自分の心のモヤモヤをどこにぶつけたら良いか悩むことになります。

実際私がそうでした。

最初の頃はとにかくスキルが身につかず

『俺って地球上でかなりバカの部類に入るんじゃね?』

と意味わからんことを考え始めたり、プログラミングの才能がないと思い込んでいた時期もあります。

avatar
この頃はむっちゃ悩んでいましたね笑

初心者の段階で心のモヤモヤを解消できない理由はいくつかあります。

関わる人のほとんどがプログラミングをできるから

例えばプログラミングスクールに通ったとしましょう。

そうすると、自分にプログラミングを教えてくれる人は講師となるため、自分よりもスキルがあります。

その周りには自分と同じように初心者の方もたくさんいますが、初心者同士が積極的に交流しても、モチベーションを上げるというよりは傷の舐め合いをしがちです。

結局のところ、プログラミングのスキルを高められるのは自分自身です。

その手助けをしてくれるのが講師や教材となるため、他者依存マインドではいつまで経っても同じところをグルグル回ることになるのです。

avatar
これは他のビジネスをやるときも同じことが言えます。

自分のモヤモヤを解決するためには、早い段階で他者に依存した心をけちょんけちょんにしなければならないのです。

プログラミングで何が分からないのかが分からないから

どんなことをやるにしても、最初は誰もが初心者です。

やったことがない物事を、いきなりスムーズにこなせる人なんてそうそういません。なのでプログラミングの学習に苦戦するのは至極当たり前のイベントなのです。

しかし一番問題なのは

『自分が何が分からないのかが分からないこと』

です。

できないのは当たり前ですが、なぜできないのかが分からないとなると、問題解決ができなくなります。

例えば、初めて料理をして

avatar
『なんか味が足らないなぁ』

と感じた時、料理に酒を入れるというノウハウを知らなければ正解を出すことはできませんよね?

それと同じで、プログラミングでも

『最低限覚えなければならないこと』

を理解していないと、いくら先に進もうと思っても同じことで悩み続けてしまうのです。

何が分からないかが分からない状態:情報を調べようがない

何が分からないかは理解している:とにかくその問題解決をするための情報を集められる

目次に戻る▶▶

過去の自分に今の自分が伝えたいこと!

では、今の私が講師として過去の自分にプログラミングを教える場合、どんなことを伝えるか?それを考えてみたいと思います。

avatar
私はあらゆることにおいて誰よりも無駄な回り道をしてきた経験があるため、ダメエピソードでは誰にも負ける気はしません笑。

そんな中で、今だから伝えられることを以下にまとめてみました。

プログラミングを一人で孤独に頑張るのはやめなさい

ちょっと矛盾するかもしれませんが、プログラミングのスキルを高めるのは孤独な作業です。

しかし完全孤独で学習するのではなく、問題を解決できる環境に飛び込み、そこで孤独に頑張ることが重要だということです。

avatar
スクールや教材を使った学習が良い例ですね。

『お金がもったいない』

『スクールに通う時間がもったいない』

なんて考えを持っている場合、自分の成長を妨げているようなものです。

考え方としては

『最初の助走の段階を人に頼るイメージ』

です。

プログラミングは最初がマジで辛いです。

しかしそこを乗り越えて徐々に勢いがついていけば、いずれ自然と飛び立つことができるようになります。

9割以上の挫折者たちは、この

『助走の段階で挫折している』

ことがほとんどなので、この手助けをしてもらうために講師や教材を利用すべきなのです。

助走で勢いが出ない→その先もダラダラとしたスピードでしか成長できない

助走を手伝ってもらい勢いをつける→一定のスピードが出れば、そこからは自分で飛び立つことが可能

プログラミングコードの写経や丸暗記は時間の無駄なのでやめなさい

最初に簡単なコードを全て丸暗記するために、全力で写経するような考え方を持っている(過去の私w)場合、これも絶対にやめたほうが良いです。

確かにコードは覚える必要があります。

しかし丸暗記で覚えたコードなんて、脳みその記憶フォルダにしまわれるだけで実践で使うことができません。

avatar
コードは覚えるのではなく『使えるようにするもの』です。

それよりも、実際にコードを書きながら

『あれっ?これってどんなコード使うんだっけ?ちょっとググってみよ!』

という流れで覚えたほうが脳みそへの定着率は高いです。

プログラミングを暗記で乗り越えようとするのはやり方として間違っています。重要な考え方としては

『実践していく中で必要な知識を肉付けしていく』

ことです。

これだけは覚えておきましょう。

目標を語れないならプログラミングをやめなさい

これから勉強をしようと思っている場合、あなたは明確な目標を答えることができますか?もし今の時点で目標なくプログラミングを勉強しようと思っているのであれば、早い段階でやめておいた方が良いです。

そもそもプログラミングを学習する人の多くは、人生で切羽詰まった状況にはいないはずです。

その環境の中で新しいことを始めても、結局

avatar
『明日やればいっか』
avatar
『今日は眠いから諦めよ』

となってしまいます。

逆に高い目標、もしくは切羽詰まった状況にいる人の場合

『ここまでにプログラミングスキルを身につけなければヤバイ』

と自然と自分を追い込むことができるため、学習スピードが半端じゃなく早くなるのです。

最短でスキルを身につける人の特徴まとめ

・今の会社が死ぬほど嫌でプログラミングスキルを身につけ転職したい
・金銭的に追い込まれていてプログラミングを学ぶしかない
・数ヶ月後にプログラミングスキルを身につけなければならない重要なイベントが発生した
・高い目標を実現するためにプログラミングを学び起業を考えている

なかなかスキルが身につかない人の特徴まとめ

今の生活に何の不自由もない
金銭的にゆとりのある生活をしている
プログラミングスキルを身につけなくても生きていける
特に明確な目標がない

目次に戻る▶▶

他人の成果や学習期間は絶対に参考にしないように!

最後になりますが、プログラミング学習で一番気をつけていただきたいことは

『誰かと自分を比較すること』

です。

例えばスクールの体験談で

avatar
『3ヶ月でプログラマーに転職できました〜!』

という喜びの声があります。

あのような体験談というのはその人の人生なのであって、あなたが自分と比較することではありません。

この業界は短期間で成果を出すことが美学とされがちですが、最終的に

『自分の目標を達成できればそれで問題ない』

ため、誰かと比較するような考え方はどこかに捨ててきましょう。

戦うべきは

『自分自身』

です。

ここだけは忘れないようにしてくださいね。

Pocket