Pocket

この記事を執筆している私自身が、現在パソコン一台でもある程度の収入が得られる立場になっているため、ここでは雇われの身ではなく

『自分一人でパソコンを使って稼げる』

それをテーマにオススメの副業をお伝えしていきます。

今回の記事が参考になる方

・まだ小さな子供がいるため、どうしても子供のそばから離れられずに家で過ごす時間が長い‥

・会社の仕事が忙しく、副業をするにしてもバイトやその他の職場で働く気力は残っていない‥

・満員電車に乗らずに時間に縛られずに生きる選択肢が欲しい

avatar
収入をアップさせたいと考えても、今の自分のライフスタイルを考えるとどうしても仕事を探して働きに出ることが難しいこともあります。

昔であれば、この状況で稼ぐ手段は『内職』くらいしかありませんでしたが、今のネット社会では、面白いことに

  • 会社員よりも稼いでいる子育て中の主婦(私のクライアントさん)
  • 会社員の本業の倍以上の金額を稼ぐ会社員(私の友達)

このような人が増えてきています。

この人たちと他の方の違いをあえて挙げるなら、それはシンプルに

『知っているか知らないかの違い』

ただこれだけです。

今の時代はパソコンを使った副業で圧倒的に稼げる時代です。

ここでは、その具体的なパソコンでの稼ぎ方を具体例を交えながらお伝えしていきます。

おそらく今回の内容を読めば、働き方に対する価値観が代わり、今すぐ何かしらの行動を起こしたくてウズウズしてくるはずです。

現代はパソコン一台で会社員の何倍も稼いでいる人がゴロゴロいる時代

まず、パソコン一台で稼ぐと聞いた時、あなたはどのような印象を受けるでしょうか?

これに関しては、オブラートに包まずに言ってしまえば

『怪しいネット広告でよくある話』

に聞こえる方が大半だと思います。

avatar
実際こんな感じでネット上にあらゆる広告が出回っていますから、その価値観は正しいと言えるでしょう。

ただ、これに関しては怪しくないことをシンプルに説明することができます。

まず、なぜパソコンを使って稼げるのか?この疑問に関しては、分かりやすく言ってしまえば

『一度に大勢の人に対して価値を提供できる』

ただこれだけ。

仕組みとしてはテレビと一緒。

テレビは、自分が出演すれば日本全国の人に価値を提供することができますが、パソコンの場合も自分がネット上で情報や価値を提供すれば、一度で多くの人に対して価値を提供できます。

私たち人間の世界は

『どれだけ多くの人に価値を与えたか』

これが稼ぎに直結します。

リアルビジネスでは、自分のお店や営業で回って物やサービスを買ってくれた人にしか価値を提供できませんが、パソコンを使って発信をすれば、日本だけではなく世界中の人に対して一瞬で膨大な価値を提供できます。

これがパソコン一台で稼げる根本的な理由です。

つまり怪しくもなんともありません。

副業でパソコンを使った仕事を選ぶ最大のメリット

上記の内容でメリットについて少し解説してしまいましたが、他にもパソコンを使った仕事を選ぶメリットはいくつかあります。

時間労働をする必要がなくなる

通常『働く』ことを考えた場合、必ず労働時間が拘束されることを想像しますが、パソコンでの仕事はそこまで時間に縛られる必要はありません。

avatar
考え方としては、会社員は『時間と労力を企業に払ってお金を得る』考え方ですが、個人でパソコンで仕事をする場合は『価値を与えてお金を得る』考え方になるのです。

例えば、育児に忙しい主婦の方であれば、昼間は子供や家事を優先して、夜子供が寝静まった後にパソコンで数時間仕事をする働き方も問題ありません。

会社員であれば、会社での仕事が終わり、その後家に帰宅してから数時間くつろいで、寝るまでの数時間を使ってパソコンの仕事をこなすこともできます。

パソコンでの仕事は、時間を会社に売るのではなく『価値』さえクライアントに提供できればお金が稼げます。

これが当たり前の生活になると、時間労働から解放された自由な生き方を実現させることも可能なのです。

家事育児に忙しい主婦の事例

昼間は子供の相手や家事で時間を取られてしまうため、朝起きた時の数時間と、夜寝る前の数時間を使ってパソコンでの仕事をする。

働く時間例:朝6時〜7時 夜9時〜11時

avatar
主婦の場合
残業が多い会社員の事例

朝はギリギリまで寝て会社に出社し、大体残業が1〜2時間くらいかかるため、家に帰るのは早くても7時〜8時。

副業ができるのは夜寝る前の2時間程度と土日休み。

働く時間例:夜10時〜12時 土日休みに数時間

avatar
会社員の場合

自宅・カフェなどで好きな時間に働ける

最近になってから、少しずつリモートワーク・在宅勤務の言葉が浸透してきてはいますが、まだ当たり前の働き方にはなっていません。

現代は、会社に出社しても大半の時間はパソコンに向かって仕事をする毎日。

その現状を見れば、在宅勤務やリモートワークがもう少し広まっても良いですが、勤勉な日本人はどうしても『出社』することを重んじる傾向があります。

avatar
ですがパソコンを使って自分で仕事ができるようになれば、基本的には仕事をする場所を選ぶ必要はありません。
パソコン一台で仕事ができる未来

海外の南国のビーチでパソコンを使って仕事をする
近所の好きなカフェでパソコン仕事をする
コワーキングスペースで仲間と仕事をする
自宅で家事育児をしながら仕事をする

これらのライフスタイルを選べるのが、パソコン仕事の醍醐味です。

価値さえ提供できれば、働く場所に縛られることはありませんからね。

仕事の量を自分で選べる

サラリーマンとして働く場合、会社が提示した仕事量や勤務時間を守らなければなりませんが、自分でパソコンを使ってビジネスをする場合は、仕事の量を自分で調節することもできます。

例えば、仕事を受けてからしばらく休みたいと思えば、スケジュールを確保して仕事を受けない選択肢もできます(もちろんクライアントにもよりますが)。

avatar
逆に働ける時間が多く確保できれば、ガッツリ稼ぐ働き方もできるのです。

決まった時間で働く時給労働ではなく、自分が価値を提供する働き方が当たり前になると、ライフスタイルが激変します。

副業として始めたビジネスがだんだん面白くなり、結果的に本業の収入を超えて副業で独立してしまう事例も多々あるため、この働き方が当たり前になると、自然と人生の選択肢が増えることに繋がるのです。

パソコンでの仕事がおすすめできる人

決まった時間を確保できない家事育児で忙しい主婦の方
会社での残業が多く、副業で時間的拘束をされるのが厳しい会社員の方
時間を売るのではなく価値を提供して働きたい方

パソコンを使った副業で絶対に選んではいけない仕事

パソコンでの仕事のメリットを色々とお伝えしてきましたが、前提として必ず理解して頂きたいことが

『パソコンを使った副業でも選んではいけないものがある』

ということです。

その代表的な仕事は『自分の時間を切り売りする時給労働の仕事』です。

やってはいけないパソコン仕事

データ入力
アンケート回答
書類整理

これらの仕事は、初心者でも稼ぎやすいため最初の取っ掛かりとしてはやっても良いですが、長期的に続けても稼げる金額が増えることはありません。

avatar
パソコン仕事のメリットを一切活かせずに、このような単純労働ばかりを続ける人が多いことで、現在在宅で仕事をする人たちの稼いでいる金額はこのようになっています。
引用元:厚生労働省

これは1年間在宅ワークをした人たちの稼いだ金額のグラフですが、年間で20〜30万稼げていない人の割合が半数以上になります。

このグラフを見ると、私が最初にお伝えした

『サラリーマンの年収以上の収入を得られる』

という話が嘘に聞こえてしまうかもしれません。

なぜ年間で稼げる金額がここまで少ないのか?

この答えはシンプルに

『やってはいけないパソコン仕事をしている人が多いから』

です。

引用元:厚生労働省

データの括りが在宅ワークに設定されているため、パソコン以外の仕事も含まれてはいますが、それでも低い賃金で働いている人たちは皆自分の時間を切り売りする時給労働の仕事をやってしまっています。

avatar
ライター業に関しては、スキルが伸びるため仕事としては良いですが、データ入力・文章入力の場合、ある意味『ロボット』でもできる単純作業ですから一生同じ賃金で働くことになります。

これだと、パソコン最大のメリットを一切活かせない低賃金長時間労働を自ら選ぶことになるのです。

つまりパソコンを使った副業で選ぶ仕事の条件としては

パソコン仕事で稼げる副業の条件

将来的にスキルが伸びる
時間を切り売りせずに自分のスキル・価値を提供する
パソコンのメリットを最大限生かした多くの人に価値を届けられるもの

この3つを外さなければ、パソコンの副業でも少ない時間で大きな稼ぎを得ることは可能です。

平日夜・土日休みに数時間で稼げるおすすめのパソコンでできる副業5選!

とはいえ、スキルもパソコンを扱う能力もない場合、上気した条件を満たす副業が自分にできるか心配になるかもしれません。

ですが安心してください。

パソコンスキルと言っても、副業で稼ぐ際にはそこまで高度なスキルは要求されません。

avatar
もちろん価値を提供する仕事をする場合、最低限身につけなければならないスキルはありますが、それでも一生単純労働で安く使われる働き方をするよりは確実に楽です。

ここからは、副業で始められるパソコンの仕事の中で、誰でも始められて将来的に大きな金額が稼げる仕事を5つご紹介していきます。

ここで解説すること

仕事を紹介する中で『どのように稼いでいくのか?』その具体的な方法論も解説します(かなり再現性の高い方法です)。

WEBサイト制作

短時間で大きな金額を稼ぎやすい仕事といえば、こちらの『WEBサイト制作』がおすすめです。

avatar
WEBサイトというのは、今私が使っているようなこのブログや、その他ネット上にあるサイトを作成する仕事です。

これだけ聞くと難しく聞こえますが、実際このWEBサイトの制作業務は、プログラミングを本気で1ヶ月程度勉強すれば、土日を使って月10万くらいはすぐに稼げます。

なぜなら

『プログラミングの基礎を扱える人がほとんどいない』

ため、ちょっと勉強すれば仕事はいくらでも出てきます。

よくプログラミングスクールを活用して

avatar
『数週間で転職した』

なんて事例を聞きませんか?

あれは結局、市場がプログラミングを扱える人材を求めているのに、実際は仕事量に対して人材が圧倒的に不足しているため、スクールを卒業できるレベルのプログラミングスキルでも積極的に確保したい企業が山ほどあるのです。

企業で働くのは少し大変ですが、このWEB制作に関してはそれよりレベルがグンと下がるため、少しの勉強でも依頼を受けることはできるのです。

WEB制作で学ぶ必要のあるもの

最低限必要となる知識は

・HTML
・CSS

これらのマークアップ言語になります。

avatar
このレベルであれば無料サービスや独学でも十分学べるのですが、どうしてもWEB系の言語に抵抗がある場合は、基礎的な部分を徹底的に教えてくれるスクールを上手に活用しましょう。

スクールの一つであるTech Academyであれば『はじめてのプログラミングコース』がありますので、とりあえずここで学んでみるのも良いです。

ちなみに

  • HTML
  • CSS
  • WordPress

これらを学ぶと、月10万以上の稼ぎを得ることはそこまで難しいことではなくなります。

時代の流れを考えると、プログラミング言語を扱える人間はこの先強いですし、万が一本業が傾き始めた時でも食いっぱぐれることはほとんどありません。

avatar
これは数ある副業の中でも特におすすめできるものの1つです。

ブログ

そして数ある副業の中でも、稼げる金額が抜きに出ているのがこちらの『ブログ』になります。

ただ、ブログに関しては稼ぐまでに超えるハードルが最低でも3つあります。

それは

  • 大きく稼げるのは最低でも半年かかる
  • 正しくブログを運営しなければ収益がゼロのリスクがある
  • 最低限のSEOの知識が必要になる

つまりこれらのハードルを超えるための条件を満たす必要があるということです。

ブログで稼ぐためにやるべきこと

正しいブログの知識を取り入れること
継続してブログ記事を書き続けること
ブログで稼ぐための仕組みを理解すること

とはいえ、この記事を発信している私は実際にブログで稼いでいる側の人間ですから、すでにブログで稼ぐための知識はこのブログでほとんど公開しています。

その辺りは別の記事で詳しく解説していますので、ブログで稼ぐことに興味があればこちらの記事もチェックしてみてください。

クラウドソーシングサービス

スキルも経験もない状態で、いきなり土日を使って副業をするのはエネルギーが必要になります。

avatar
なのでできれば、最初の0→1を稼ぐまでのハードルを下げて徐々に収入をアップさせていくことが理想的です。

このクラウドソーシングサービスを利用すると、企業や個人が個人に対して依頼したい仕事が山ほどあります。

例えば、ブログで稼げるかどうか分からない状態でブログを始めるよりも、最初にクラウドソーシングサービスの案件で『ライター』の仕事を請け負ってスキルを身につけば、そこで

『実際に人に求められる記事・コンテンツを学びながら稼げる』

ため、ブログでポシャる可能性が低くなります。

ライターの仕事では

  • 自分の体験談
  • 感想・口コミ
  • 自分の得意なジャンルの記事執筆

これらの自分でもできる仕事が山ほどありますので、とりあえずそこで稼ぎながらライティングスキルを磨くのも一つの手です。

補足

これは業界の裏事情ですが、ライティング業務を依頼する人は『すでにブログやメディアで稼いでいる人たち』のことがほとんどなので、稼げる記事の型を学べます。

avatar
それを学んだ後にブログを立ち上げて稼ぐ仕組みを作れば、失敗する可能性は極めて低くなるのです。

もし私がスキルなし・未経験の状態でクラウドソーシングサービスを利用するなら、以下の方法でステップアップしていきます。

パターン1

初心者でもできるライターの仕事を受ける

ライティングスキルを磨く

ある程度書き方が分かったら自分のブログを立ち上げる

自分のブログとライティング業務の両方で収入を生み出す

パターン2

最初数万円かけてプログラミングスクールに数週間通う

プログラミングの基礎を学んでWEB制作案件ができるレベルまで成長する

実際にクラウドソーシングサービスでWEB案件を受注する

仕事ができるようになったらこれを本業にする・もしくは自分で営業して仕事を取る

クラウドソーシングサービスは、上手に使えば自分のスキルを磨きながら成長できる便利なサービスです。

最近ではフリーランスも増えてきているため、このようなサービスがたくさん出てきましたが、数あるサービスの中でも業界最大級の規模を誇る

ランサーズ

に登録しておけば、一通りの案件はチェックできるはずです。

パソコンを使った副業で月10万以上稼ぐちょっとしたコツ

今までバイトや会社の給料しか貰ったことがない状態だと、いきなり自分でスキル磨いて稼ぐと言われても、あまりピンときませんし不安しかないと思います。

avatar
これは実際に、満員電車に週5乗って会社での給料で生きていた私が経験したことですから、不安な気持ちは共感できます。

自分で稼げるようになると

『会社の給料以外の収入作るのなんて簡単だよ!』

こんなことを平気で言えますが、それを経験したことがない人からすると

avatar
『そのやり方が分かんないし、不安しかないんだよ!』

そう心の中で思ってしまいます。

稼ぐ方法に関しては、おすすめのものを上記で紹介したので、ここからは

『副業で月10万稼ぐためのコツ』

を私の失敗談を交えながら教えていきます。

ちなみに、私は稼げない期間が結構ありました。

その原因も以下の内容を見れば避けて通ることができます。

いきなり大きく稼ごうとしない

私がまず最初に落ちた落とし穴がこれです。

副業のモチベーションは人それぞれありますが、私のモチベーションは

avatar
『副業で稼げたら会社辞めれんじゃん!』

その一点でした。

つまり目的を達するためには

  • 会社員の給料を超える
  • 継続した収入を得られる
  • 個人で稼ぐ仕組みを理解する

この3つのハードルを一気にクリアしようとしたわけです。

ただ、その時の私のスペックは

個人で仕事したことない
会社の同じ仕事しかできない
会社でも仕事ができない方の人間

このトリプル低スペックを抱えたまま会社員の給料を越えようとしていたわけですから、当然この目標を短期的に叶えるのは無理なわけです。

このように『いきなり大きく稼ごう』とすると、速攻で心が折れます。

もし仮に、ここで『まずは月5万』とラインを設定しておけば稼ぐハードルは下がったわけです。

avatar
基本的なことですが、副業で稼ごうとした場合にはこの思考は後々の明暗を大きく分けます。
補足

実際自分で稼ぐと分かりますが、月5万稼ぐのと月20万稼ぐのは大して変わりはありませんからね。

あくまで最初は『副業』として仕事をする

これも上記の内容と少しかぶるのですが、最初から会社を辞めて

『個人で稼いで生きていく』

ことを選ぶと、99%の人は稼げずに追い込まれます。

この理由は簡単。

単純に『サラリーマン思考から経営者思考に切り替わっていない状態でビジネスをしているから』です。

注意点

どんな仕事をしても、毎月給料が貰えるサラリーマンとは違い、個人で稼ぐ場合は『自分が仕事をした対価として報酬が支払われる』ため、稼ぎ方を知らなければ一切お金は入ってこないのです。

avatar
最初に副業としてビジネスをスタートさせるべき理由も、徐々にサラリーマン思考から経営者思考に脳をシフトさせるためです。

車やバイクも、いきなりギア1からギア6に上げたら止まりますよね?

人間の脳みそも、いきなり大幅な思考の切り替えをすると、脳が拒絶反応を起こして挫折します。

副業として収入が得られてきたら、そこから大きくギアチェンジして稼げる金額を増やすのが失敗率を下げるために重要なことになります。

継続さえすればいつか稼げると理解する

ここまで色々とお伝えしてきましたが、結局一番大事なマインドセットがこれです。

この業界で現役バリバリで稼いでいる私がハッキリとお伝えしますが、自分でビジネスをやる場合

『諦めずに継続してコツコツ頑張れば必ず結果は出る』

ことは間違いありません。

avatar
副業や独立で稼げない人たちは、やり方が間違っているのも一つの原因ですが、それよりも『継続』ができずに消える人がほとんどです。

ブログであっても、半年収入がゼロだとしても、正しい方法を実践していれば後に必ず何かしらの結果は出ます。

結局は『いずれ稼げることをどれだけ信じ切れるか?』が全ての明暗を分けると言っても過言ではありません。

それくらいこの業界で継続することは難しいのです。

だからこそ、最初に独学でビジネスをスタートすると、この稼げる未来が見えないためおすすめできないのです。

どんなビジネスをするにしても、最初に『稼いでいる人・プロとして活躍している人』から教わることで、見えない未来を実現する方法を提案をしてもらえます。

これは覚えておいて損はありません。

私が稼げなかった時代が長引いた時に一番聴きたかった言葉でもありますからね。

まとめ

副業で月に10万程度稼ぐことは、金額だけ見れば簡単そうに聞こえますが『自分の手で稼ぐ』ことを考えるとハードルは上がります。

バイトや雇われの副業であれば、月10万円は労働時間の対価としてキッチリ支払われます。

avatar
ですがそれは『自分の時間を会社に売った報酬』ですから、会社のさじ加減以外で収入が伸びることはありません。

一方自分で稼ぐスキルを身につけることは大変ですが、一度このスキルを身につけると月10万どころか年収1000万円以上を狙えるようになります。

知り合いの事例

実際ブログで月100万以上稼いでいる人はゴロゴロいますし、プログラミングをスクールで学んで実務を1年こなした後、フリーランスとして単価月80万以上の案件を貰っている人も山ほどいます。

やれば稼げる世界でやるかどうかはあなた次第ですが、安月給で働いている人の裏で大きな金額を稼いでいるこの人たちの存在があることだけはしっかりと覚えておいてください。

難しいことではありません。

やるか、やらないかの違いだけです。

Pocket