Pocket

フリーランスとして仕事を獲得する方法は、自分で営業する以外にも『フリーランスエージェントを活用する』方法があります。

スキルはあるのに営業が苦手なフリーランスの場合、うまく案件が獲得できずに廃業するリスクもありましたが、現在はフリーランスエージェントが充実していることもあり、個人が仕事を取るハードルが下がっています。

その影響もあってか、2019年にはフリーランスの人口が440万人だったのが、2020年には465万人と1年で20万人以上増えています。

avatar
このままいくと、5年10年後には1,000万人の大台を超えるかも?

ここでは、数あるフリーランスエージェントの中でも、リモート案件が多く、週1〜働くことができる案件を取り扱っている『Workship』について詳しくお伝えしていきます。

Workshipの評判まとめ

企業から直接オファーを受けられる
リモート案件・週1~の案件が多いため柔軟な働き方が可能
仕事が決まるとお祝い金として1万円贈呈される
全くスキルがない場合仕事を受けることはできない

Workship詳細

Workship詳細
運営会社株式会社GIG
職種エンジニア・デザイナー・ディレクター
特徴企業に直接アプローチ可能
週1・リモート・土日稼働OK
企業からオファーあり
報酬先払い可能
お祝い金1万円
単価10万円~90万円

Workshipの評判はぶっちゃけどうなの?

実際にSNSでの口コミを一部抜粋してみました。

利用者が前向きな人が多いので良い口コミが多い

ネット上の口コミは、利用者側の意識によって変わってきますが、Workship利用者のほとんどは『新しい挑戦』をするために登録しているため、悪い口コミはほとんどありませんでした。

悪い口コミを挙げるとするならば

この方のように『今の自分のスキルで通用するのか?』という不安が多い印象でした。

自分のスキルが足りているかどうか判断がつかない場合は、とりあえずWorkshipに登録して、一度担当者と面談をしてみると良いでしょう。

実はスキルを求めている企業が多いのに、自己評価が低くて逃すのが一番もったいないですからね。

Workshipを選ぶメリット

様々なフリーランスエージェントに登録している私ですが、数あるサービスの中であえてWorkshipを利用するメリットはいくつかありました。

とにかく働き方が柔軟(週1〜OK・土日稼働OK・完全リモートなど)

会社員ではなく、あえて『フリーランス』の働き方を選ぶ理由は人それぞれですが、働き方の柔軟性を求めてフリーランスになっている人もたくさんいます。

Workshipでは、週1・土日稼働・リモートの案件が豊富に揃っているため、今の自分のライフスタイルに合った働き方が実現できます。

会社員として働きながら、副業で土日OKの案件を獲得したい
起業して自分の事業が軌道に乗るまで週1・2だけ案件をこなし生活費を稼ぎたい
主婦として忙しいため、子供が寝ている時間を使って仕事をしたい

これらの要望にも問題なく答えることができます。

avatar
もちろん、少ない稼働の案件だけではなく週5ガッツリ働ける案件も揃っているので、フリーランスの軸となる案件探しにもぴったりなサービスです。

報酬の先払いシステムがあるため金銭的にも安心

Workshipでは、通常の振込方法の他に『報酬の先払いシステム』があるため、キャッシュフローで詰まる心配もありません。

事前にWorkship側に請求書を提出すれば、1~4営業日以内に報酬を振り込んでもらえるため、収入が不安定になりやすいフリーランスでも安心。

生活する上で予定外の出費は付き物ですが、この先払いシステムのあるWorkshipを利用すれば金銭的な不安を抱えることも無くなります。

毎月報酬の支払日まで待つのが辛い場合は、Workship経由の案件を獲得しておくと良いでしょう。

Workshipを活用すべき人

Workshipをおすすめできる人

自分で営業せずに案件が取れる環境を探している
大手からベンチャーまで幅広い案件から仕事を選びたい
サラリーマンとして働きながら副業案件を探している
すでに目に見える実績を持っている

すでに自分自身で語れる実績を持っている場合、フリーランスとして案件を探すことはそう難しくはありません。

実際にWorkshipで掲載されている案件を確認してみると、ベンチャーから大手企業まで幅広く取り扱っているため、職場選びの幅はかなり広いです。

  • 大きな会社で自分のスキルを試したい
  • ラフな格好で柔軟に仕事ができるベンチャーで働きたい

Workshipを利用することで、自分が求める働き方に出会いやすいことは間違い無いでしょう。

Workshipをおすすめできない人

Workshipをおすすめできない人

駆け出しで目に見える実績を持っていない人
案件数の多いエージェントを探している人

基本的に、Workshipで取り扱っている案件のほとんどは『実績のあるプロ』向けなので、未経験・スキルなしの方が受けられる仕事はほとんどありません。

最低でも、実務をこなした経験が1年以上ないと担当者も仕事が紹介しづらいので、実務経験の浅い人材でも案件が獲得しやすいサービスで実績を積んでいき、その後Workshipを利用しましょう。

avatar
フリーランスは0→1までが少し大変ですが、一度案件を受けて実務をこなせば、そこからはエージェントの担当者も仕事を紹介しやすくなりますよ。

まとめ

今の時代、フリーランスとして活動するのであればフリーランスエージェントの登録は必須です。

自分で営業して案件を獲得するメリットは多いですが、エージェント経由の場合『個人では出会うことができない仕事』を紹介してもらえることが多々あります。

今のスキルに満足せずに、今後さらに実績を積み上げて自分のスキルを磨きたい場合は、ぜひフリーランスエージェントを利用しましょう。

Workshipは、週1稼働・リモートの案件が豊富に揃っているので、無理のない働き方を実現しながらスキル・実績を磨くことができる環境ですよ。

Pocket