Pocket

いつの時代も、人間は成功者と成功していない人の2種類に分かれます。

自分が本気で取り組んだもので結果を残すことができると、その業界で成功した人として扱われます。もちろん『そんな大成功を収めなくてもいいよ~』と考える人もいると思いますが、それでも何か新しいことに挑戦するのであれば成功したいのが本音ですよね?

では実際に、世の中的に成功していると言われている人たちは、順風満帆に成功を収めたのか?まさかそんなことはありません。

どんな人でも数々の失敗を経験し、そこから試行錯誤して成功へと上り詰めたのです。

ここでは、そんな成功者が何度失敗しても挑戦し続ける強い心を持っている理由について考えていきたいと思います。

人間誰しも失敗が怖い

当然のことではありますが、人間というのは誰しも失敗することを恐れています。

失敗をすると、知り合いにバカにされたり、自分の貯金を使い果たして借金を背負うリスクも考えられます。

特に日本という国は、失敗することを極端に恐れている人たちが多い感じがします。人にどう見られているのかが気になり、大衆と同じような行動を取りたい心理を持っているのです。

成功している人が誰よりも失敗している現実

成功者と呼ばれる人たちに共通していることは『とにかく圧倒的に失敗の回数が多い』ということです。

この失敗の数に関しては、私たち凡人には理解できないレベルであることが多いため、それを知ると『なんでそんな想いをしてまで挑戦できるの?』とツッコミたくなります。

もし日本で偉大なことを成し遂げた人に興味があれば、一度書籍を読んで見てください。想像を絶するような環境から這い上がり成功を収めている人も多いため、読んでいるだけで自然とセルフイメージを高めることができます。

この人たちは、人生の中で失敗しないことよりも挑戦しないことの方が圧倒的にリスクが高いことを当たり前のように理解しているのです。

『失敗の数なら誰にも負けない』という言葉を成功者は言いますが、この言葉の本質を理解するためには、成功者の思考回路を掘り下げる必要がありそうです。

なぜ成功者は失敗を恐れないのか?

今回の本題である『成功者が失敗を恐れない理由』を考えて見ましょう。

まず成功者というのは、私たちと同じように失敗が怖いはずです。しかし考え方一つでその失敗を一つの過程として考えることができるのです。

例えば自分が新しいビジネスに挑戦し、そこで大きな失敗をした場合、そこで立ち止まっていては一生敗者となってしまいます。

しかし、事前に失敗したことによるリスクを頭の中で考えておき、最終的に成功するためにどうすれば良いのかをイメージできれば、失敗を恐れずに挑戦することができます。

失敗することで失うものはありますが、それよりも得られることの方が多いです。例えばお金がなくなったとしても、新しいことに挑戦したことによる『経験値・知識』は一生消えることはないのです。

毎日コツコツ貯金をして一切自己投資をしていない人と、逆に貯金を一切せずに、全てのお金を自己投資に回した人とでは、数年後・数十年後の人生は大きく変わってくるのは当然なのです。

失敗しなければ成功は絶対にありえない

絶対に失敗をしたくないのであれば、一番良い対処法は『何も新しいことに挑戦しないこと』です。

しかし何も新しいことに挑戦しない人生なんて、生きていても面白くありませんよね?少なくとも私はそう思います。

失敗したくなければ挑戦しなければ良い。しかし成功したいのであれば必ず失敗は経験しなければならないため、成功者の多くは後者の選択をするのです。

もちろん失敗することで数々の批難を浴びることもあるでしょうが、全く何も挑戦せずにダラダラと人生を過ごすのは何も面白くありません。

重要なのは、自分が失敗した時に『それをポジティブに捉えるか?ネガティブに捉えるか?』です。

ここで良い方向に思考を向けることができれば、その一つの失敗がやがて大きな成功へと繋がっていくのです。

行動せずに人生が終わると後悔しか残らないから

成功者はとにかく行動せずに人生が過ぎ去っていくことを極端に嫌います。

例えば毎月一定の金額を貯金するために、外侮の飲み会やセミナー・懇親会などの約束を断るなどまず考えず、とにかく行動することにお金を惜しみません。

その中で、不必要な出費は減らし、自分にとって有益だと感じる場には積極的に足を運びます。しかし行動しない人たちというのは、とにかく無駄な出費を嫌うため、せっかくチャンスが転がっていそうな場にも足を運ぼうとしません。

貯金のために行動範囲を狭めるのはリスクでしかないのですが、それが正しいと思っている人たちの考え方は、成功者にとっては後悔しか残らない人生となってしまうのです。

失敗からしか学べないことがあるから

どんなことに挑戦する場合でも、失敗から得られることはたくさんあります。

もちろん何も考えずに行動し続けているだけでは、ただ失敗が積み重なっていくだけなので、得られるものはほとんどありません。

ですが毎回失敗の原因を考え、そこから改善点を導き出すことによって失敗を成功するための1つのステップへと変えることができるのです。

私自身もビジネスを始めたときは、とにかく失敗しかしていませんでした笑。ただ、インターネットを使ったビジネスの最大の魅力は『失敗してもほとんどリスクがない』ということです。

この点に関しては、メルマガ内で詳しく解説しています。

▼読者に人気のビジネスメルマガ

登録はこちらから!

初期費用もかかりませんし、在庫を持つ心配もありません。それを考えると、昔に1からリアルビジネスを立ち上げた人たちというのは『半端じゃないレベルの失敗』を経験しているはずです。

もう尊敬という言葉しか出てきませんね笑。

人生で一度も失敗せずに成功している人はまずいない

もし『俺は全く失敗をしたことがないが、今大成功を収めている!』という人がいれば教えてください。

もしかしたら世界に数名はいるかもしれませんが、全く失敗をせずに成功するのはまず不可能です。

それに、もし成功しかしていない人がいるとすれば、おそらく人間的に深みは出ないでしょう。人は辛い経験や苦しい経験を経ることで、痛みや悲しみを知り人間的に深みが出てきます(と私は考えています)。

成功しかしたことがない人生を過ごしたところで、その人に良い影響を受ける人はほとんど出てこないのではないでしょうか?

それを考えると、失敗を経験することは、長期的に見ると自分にとって大きなプラスの材料になるのです。ただ、失敗したり挫折している時というのは、シャレにならないくらい辛いですけどね。

成功している人が最も恐れていることとは?

成功者がこの世で一番恐れていることは『何も行動しないこと』です。常にリスクを避けて生きていると、現状維持をすることが日常となってしまいます。

しかし考えてもみてください。現状を維持することに必死になるということは、今の場所から動かないということです。

しかし世の中は目まぐるしく変化しています。その中で、常に新しいことに挑戦している人たちがたくさん出てきますので、現状維持を選択するということは『むしろ後退している』のと同じなのです。

これからの時代は、インターネットという文化がさらに世の中を変えていきます。

そうなると、全世界の人たちと競争することになりますから、今から現状維持を選択するということがどれだけのリスクであるかを頭に入れておく必要がありそうです。

人生にはチャレンジしなければならない時が来る!

現状維持が衰退であることから分かる通り、人生には必ずチャレンジしなければならない時期がやってきます。

その時に、チャレンジせずに楽な道へと逃げ続けていくと、結局最終的に誰よりも大変な思いをしなければなりません。

常に新しいことに挑戦している人と、辛いことから逃げてきた人とでは年齢を重ねるとともに大きな差が生まれます。

失敗を恐れない心を持つのではなく、失敗しないことのリスクを理解しておくことで、自分の人生を大きく飛躍させることができるでしょう。

失敗を恐れるのではなく受け入れるために今すべきこと!

ここまでの話で理解していただけたと思いますが、成功している人でも失敗することは怖いことです。

しかしこの人たちは『失敗することを受け入れている』ため、万が一失敗したとしても、そこで挑戦をやめるようなことはありません。

挑戦をやめてしまっては、結局新しいことに挑戦できない人生となりますから、リスクしか残らないのです。では失敗を恐れず受け入れるために、今私たちができることは一体なんなのでしょうか?

まずは小さな挑戦をしてみる

とにかく人生は挑戦することの連続です。

しかしいきなり受け入れることができないレベルの失敗をしてしまうと、あなたの人生が大きく狂い始めます。なのでまず最初は小さなことから挑戦していき、そこで失敗を経験していきましょう。

例えば『ダイエット』に挑戦するのであれば、まずは5キロ痩せることを目標にして挑戦をしていきます。その過程で、食事によるリバウンド、慣れない運動による怪我など様々な失敗を経験します。

その失敗を経験すると

『ここはこうやって改善しよう』

と失敗を反省点として考えることができます。

新しいことに挑戦するときは常にこのような考え方を持ちましょう。

不安の原因を書き起こしてみる

新しい挑戦には、必ず不安が付きまといます。この不安が自分への大きなブレーキとなってしまうこともありますので、なぜ不安だと感じるのかを一度文字に書き起こしてみましょう。

そうすると、自分をストップさせようとしている原因の正体を突き止めることができますので、そこを改善していきます。

とは言っても、不安が100%解消されるようなことはありません。どんなに不安材料への対策を打っても、結局不安なものは不安です。

そうなると『不安自体を受け入れる』ことが一番の対策となります。

もちろん命に関わるような不安材料であれば、それは真っ先に中止すべきです。しかしその不安を乗り越えた先に今までにない未来が見えるのであれば、そこに向かうための通過点だという考え方もできます。

まず不安の原因を書き出し、それを一度自分で認識するだけでも心のブレーキが少し緩まることでしょう。

失敗は過程であることを理解する

何をするにしても、最終的に成功してしまえば、結局今までの失敗は過程でしかありません。

あなた自身が将来的に有名人となれば、自伝を執筆してそれをネタにすることもできます。私自身は、自分の人生を漫画の主人公的な視点から考えています。

王道の漫画では、主人公が強い敵に挑戦していき、その中で罠にハマったり、ボコボコにやられたりします。しかしそこから修行期間を経て立ち上がり、今まで勝てなかった相手を倒してステージを上げていくのです。

たかが漫画かもしれませんが、人生に関しても同じようなイベントが起こります。時にはどん底まで落ちることもありますし、ある日突然上手くいくことも多々あります。

この『主人公マインド』を持つことができると、今後起こるであろう失敗を一場面として認識できるようになります。

何度もお伝えしますが、あなたは漫画のサブキャラではなく『主人公』ですから、このマインドを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?なぜ成功している人が失敗を恐れないのか?その本質を理解しておくと、今後あなたの人生で起こる失敗が失敗でなくなります。

思考を停止し、何も考えずに直進することはただのリスクでしかありませんが、失敗を経験し、そこで改善点を見出すことができれば、それは失敗ではなく成功の過程へと変わっていきます。

その人の考え方一つで人生はガラッと変わっていきます。

ある人は自分の失敗を最悪のイベントだと考えて鬱病・精神病になってしまう事がありますが、別のある人にとっては、その失敗が成功するための過程であると判断し、むしろモチベーションを高めるためのイベントとして考えることもできるのです。

今後あなたの目の前で起こる失敗のイベントをどのような角度から見るかによって、あなた自身の人生が一気に好転することも考えられるのです。

Pocket