Pocket

受講するプログラミングスクールを探している中で、評判の良いテックブーストと業界最大手であるテックアカデミーのどちらを受講しようか迷う場面が出てきます。

プログラミングスクールは『スクールによってそれぞれコンセプトが異なる』ため、お金を払う前に、本当に自分に合う環境を探すことが大事。

avatar
とはいえ、パッと見ただけではどちらのスクールも魅力的に見えてしまいますよね?

なので、ここでは実際にプログラミングスクールを受講した経験がある私が、双方のスクールを比較した上で、どちらのスクールがあなたに合っているかを客観的視点から掘り下げていきます。

お金を払う前にスクールの特徴を理解しておかないと、受講した後に『なんか違うな‥』と感じる場面も出てきますので、選ぶまでは慎重に情報を取り入れていきましょう。

双方のプログラミングスクールを比較した上での結論

20代で転職を考えているならテックブースト
プログラミングの学習が目的・30代以上の転職ならテックアカデミー

テックブーストとテックアカデミーは何が違う?それぞれを比較してみた!

ではまず、双方のプログラミングスクールの特徴を分かりやすくまとめてみましょう。

avatar
大まかな違いを比較した上で詳細を掘り下げていきます。
テックブーストテックアカデミー
受講期間3ヶ月
6ヶ月
12ヶ月
4週間
8週間
12週間
16週間
料金スタンダードコース:入学金115,000円・月額料金29,800円
ブーストコース:入学金199,800円・月額料金29,800円
4週間:社会人159,000円学生149,000円
8週間:社会人209,000円学生179,000円
12週間:社会人259,000円学生209,000円
16週間:社会人309,000円学生239,000円
受講形態オンライン
オフライン
※選択可能
オンライン完結
メンターの特徴現役のエンジニア通過率10%以下を突破した現役のエンジニア
転職サポートありあり

テックブーストの特徴

こちらのテックブーストは、シンプルにコースが2つに分かれています。

→テックブースト公式サイト
スタンダードコース
ブーストコース
スタンダードコースブーストコース
プログラミングを学びたい方向け転職・フリーランスを目指す方向け

受講期間は3ヶ月〜12ヶ月から選ぶことができるため、プログラミングスクールの中では長期間ガッツリ学べるタイプの環境になります。

avatar
最初に入学金を支払い、その後毎月の月額費用を支払うことで継続していくシステムなので、高額な受講費用を最初に支払う必要がなく、リーズナブルに受講しやすいスクールです。

テックブースト運営会社が、エンジニア転職支援サービス「Tech Stars」、独立支援サービス「Midworks」も展開しているため、転職・独立のサポートも他社サービスと比較しても手厚いのが特徴。

選べるコースは少ないですが、教養・転職・フリーランスそれぞれの目的に合わせて受講期間・コースをカスタムできるスクールになります。

テックブーストの強み

・スクール自体がエンジニアの転職支援・独立支援サービスを展開している
・初期費用を抑えて毎月数万円で受講可能
・オンライン完結ではなく教室でメンターから指導を受けられる

テックアカデミーの特徴

こちらは業界最大手のプログラミングスクールなので、学べる言語の幅がかなり多いのが特徴。

→テックアカデミー公式サイト

WEBアプリ・サービスからAI(人工知能)、WEBデザインスキル・動画編集・マーケティングまで幅広くコースが用意されており、それぞれのコースでプロが直接メンターとしてサポートしてくれます。

avatar
料金も他社スクールと比較しても安く設定されているため、テックアカデミーを初めてのプログラミングスクールとして選ぶ方もかなり多いです。

良く言えば20種類以上のコースから好きな言語を選べるスクールですが、その反面悪く言えば『一つに特化していない環境』なので、スクールの受講に強い目的を持つ人にとっては消化不良を起こしやすい環境かもしれません。

テックアカデミーの強み

・学べる言語が豊富なので必要なスキルを身につけられる
・教えてくれるメンターが10%以下の難関を突破した現役エンジニア
・他社スクールよりも安く受講可能

受講するならテックブースト?それともテックアカデミー?

改めて比較してみるとかなり対照的なプログラミングスクールですが、これから受講を考えている場合どちらを選ぶべきか迷うことがあるかもしれません。

スクール選びで大事なのは『通う目的が何なのか?』を明確にすること。

avatar
自分の目的を実現できる環境はどちらなのかさえブレなければ、スクール受講後に失敗する可能性は大きく下げられます。

料金の安さで選ぶなら『テックアカデミー 』

テックブースト・テックアカデミーのどちらもプログラミングスクール業界では料金は安いですが、コスト面で選ぶならばテックアカデミーに軍配が上がります。

テックブーストテックアカデミー
3ヶ月スタンダードコース:204,400円
ブーストコース:289,000円
※入学金+月額費用×3ヶ月
社会人259,000円
学生209,000円

ただし、テックアカデミーは最長16週間の受講なので、半年・1年でガッツリプログラミングを学びたい場合は、テックブーストの方が安く受講できます。

avatar
学びたい言語が明確に決まっていて、料金を安く抑えたいならテックアカデミーを選んだ方が良さそうですね♪

就職・転職目的で選ぶなら『テックブースト』

テックブーストテックアカデミー
転職可能なコースブーストコース
転職サポートあり
テックアカデミーPro(転職保証コース)
※その他コースは転職保証・サポートなし
料金入学金199,800円・月額料金29,800円298,000円
期間3ヶ月〜1年12週間

料金・学習期間だけ見ると、テックアカデミーProの方が良さそうに感じるかもしれません。

ただ、テックアカデミーProで学べる言語は『Java』がメインになるため、転職先の企業は長年経営を続けている会社になります。

avatar
つまり、リモートやフリーランスとして柔軟に活動できる言語ではないということです。

テックブーストは、受講後にエンジニア転職支援サービス「Tech Stars」独立支援サービス「Midworks」を活用しながら仕事先を探せます。

プログラミングスクールでIT企業とのコネクションが強い環境は転職に強いです。

そして学べる言語がWEB系なので、今の時代に合った柔軟な働き方ができる会社に巡り会う可能性も高いです。

これらを総合して考えると、手堅く需要のあるJavaを学びたい場合はテックアカデミーPro、転職・フリーランスとして柔軟に働きたい場合はテックブーストを選びましょう。

学習環境・メンターの質で選ぶなら『テックブースト』

プログラミングスクールによっては、卒業生をそのままメンターとして働かせ、実務経験のない人材に教わることもありますが、テックブースト・テックアカデミーどちらも『現役のプロのエンジニア』がメンターなのでその心配はありません。

ただ、どちらかを選ぶとするならば、全国にオフラインで学べる教室を完備していて、尚且つ現役エンジニアしかいないテックブーストが良いでしょう。

avatar
現場経験のあるエンジニアに直接教わり、その後今のIT業界を知り尽くす転職エージェントの担当者に転職サポートしてもらえるのはテックブーストくらいですからね。

まとめ

プログラミングスクールの良し悪しは自分の目的によって変わってくるため、ネット上のちょっとした評判だけを参考にするのは正直微妙です。

avatar
いくら転職成功率の高いスクールだとしても、そこで学べる言語が自分の理想の働き方を実現できないものである可能性もあります。

いずれにせよ、プログラミングの需要はこの先右肩上がりで伸びていくため、どの言語を学んでも仕事に困る心配はまずありません。

どちらを選ぶか迷っている場合は、とりあえず無料体験・説明会に参加してスクールのメンターに今の悩みをぶつけてみましょう。

スクール全体の値上げラッシュが続いているので、くれぐれも値上げ後に後悔しないようにしてください。

Pocket