Pocket

テックアカデミーは、プログラミングスクール業界でも最大手のサービスなので、受講できるコースが他社とは比較にならないほど充実しています。

プログラミングを学ぶだけではなく、デザイナーコースやディレクションコースなども用意されているため、自分が身につけたいスキルに合わせて受講が可能。

ただ、いくらコースが充実しているとはいえ、結局は

プログラミングスクールの中でテックアカデミーの受講はお得なのか?

ここが受講するかどうかの決め手になりますよね?

なので、ここではテックアカデミーの料金形態・割引制度・他社スクールとの料金比較を分かりやすく解説していきます。

結論として、テックアカデミーの料金は業界でもかなり安く設定されていますが、受講する前に活用するとお得になる割引制度や支払い方法もあるので、その辺りを今回の内容で理解してから受講してみてください。

最後まで読めない方へのまとめ

・テックアカデミーはプログラミングスクールの中で価格は安い
・4週間から受講可能だが学習時間を考えると8週間以上がお得
・学生の場合70,000円以上の割引を受けられる
・最大24回の分割決済が可能なので月5,000~10,000円で受講可能

テックアカデミーの料金詳細

テックアカデミー詳細
料金4週間:159,000円
8週間:209,000円
12週間:259,000円
16週間:309,000円
受講形態オンライン完結
サポート体制マンツーマンサポート
入学金無料

テックアカデミーの教材の学習時間目安は160時間

テックアカデミーは受講期間ごとに料金が変わってきますが、教材自体は160時間を目安に学習することを目的に作られています(一部例外あり)。

つまり、4週間コースを受講し160時間勉強しようと思うと、1日あたり最低でも5時間以上学習時間を確保する必要があります。

160時間÷4週間(1ヶ月(30日))=約5.5時間

これが8週間コースになれば1日の学習時間はその半分になるので、プログラミング未経験の方は、最低でも8週間以上のコースを選ぶと無理なくカリキュラムを消化できます。

avatar
学習時間の目安は『プロ』が考えた一つの目安なので、全くの未経験の場合はこれ以上の学習時間が必要だと考えておいたほうが良いです。
受講期間の学習時間の目安

4週間:1日5.5時間(経験者向け)
8週間:1日2.7時間(パソコンスキルある人向け)
12週間:1日1.8時間(初心者向け)
16週間:1日1.4時間(超初心者向け)

期間内にカリキュラムが消化できなかった場合『延長』は可能

テックアカデミーは一度受講すると、学習期間が終わった後も教材を閲覧することが可能です。

なので『独学』でプログラミングを身に付ける際の教材として使い続けることができます。

ただ、学習期間が終わると

メンターのマンツーマンサポート
チャットでの質問

ができなくなるので、教材で分からないところがあっても自力で解決するしかありません。

受講期間終了後に再度プロのメンターのサポートを受けたい場合は『受講期間の延長(4週間で69,000円)』を申請すればまた教わることができます。

延長料金は通常コースの料金よりも高くなるため、最初から延長目的で短期間の受講をするのではなく、事前にゆとりを持って申し込んだ方がコスパは良いでしょう。

avatar
受講期間の延長はこちら側が支払う料金が増えるので『万が一』の場合のみ利用しましょう。

テックアカデミーをお得に受講できる割引制度

テックアカデミーの割引制度

学割
先割
セット割
トモ割

学割

テックアカデミー
学割
4週間8週間12週間16週間
社会人159,000円209,000円259,000円309,000円
学生149,000円179,000円209,000円239,000円
割引額+10,000円+30,000円+50,000円+70,000円

※学生は25歳以下が対象、学生証の提示が必要です。

学割を利用すると、通常の受講料金よりも10,000~70,000円安くなるので、学生の場合は必ず事前にスクール側に『学生証』を提示してから受講しましょう。

先割

先割とは?

テックアカデミー 先行申込者を対象にした割引制度で『受講料の割引』『利用期間を長くできる』などのメリットがあるキャンペーン

avatar
『先着何名様に限り割引』というお得なキャンペーンがありますが、先割はそれと同じだと考えておけば問題ありません。

セット割

こちらのセット割は、テックアカデミーが用意するコースを『セット』で申し込んだ場合お得に利用できるキャンペーンのことです。

例えば、WEBアプリケーションコースを学んだ後、デザインも自分でできるように『デザインコース』もセットで申し込むと最大138,000円の割引を受けて受講できます。

avatar
プログラミングやその他ITスキルは複数学びたくなることはザラにあるので、セット割を利用すると数十万の費用を抑えることができます。

トモ割

こちらのトモ割は、友達や知り合いを紹介して一緒に受講すると10,000円の受講費用を割引してもらえます。

トモ割は他の割引と併用できないのでご注意ください。
トモ割でお得になる人

学割・セット割・先割を利用しない方

【利用者別】テックアカデミーをお得に利用する方法

社会人

社会人が利用できる割引制度

セット割
先割
トモ割

受講するコースが1つの場合、セット割は利用できないため『先割』の割引は必ず利用しましょう。

トモ割も使うことができますが、その他割引と比較すると割引額は少ないので、社会人の場合は『先割』だけの利用、もしくは『先割』+『セット割』の併用がお得です。

学生

テックアカデミーの割引制度で最も割引額が大きいのが『学割』なので、学生の場合は学生証を提示し、必ず学割を利用しましょう。

ちなみに学割と先割の併用は可能なので、受講する場合は『先割が適応されているか?』も申し込みの段階でチェックしておきましょう。

学生がお得に受講する方法

学割+先割の併用
複数のコースを受講する場合はセット割も利用する

目次に戻る▶▶

【分割OK!】テックアカデミーの支払い方法について

テックアカデミーは、銀行・コンビニ決済での一括払いや、クレジットカードでの最大24回払いなど柔軟に対応してくれます。

テックアカデミーの支払い方法

銀行振込:一括払い(分割不可)

コンビニ決済:30万円以下の支払いはOK

クレジットカード:分割払いは3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回から選択可能(手数料はカード会社によって異なる)

デビットカード:一括払い(分割不可)

分割払いを活用すれば、1月あたり5,000〜10,000円で受講できるので、受講前にまとまった費用を用意できなくてもプログラミングを学習できます。

avatar
分割払いを設定し、スクール経由で転職してから残りを支払うこともできますね。

目次に戻る▶▶

テックアカデミーの受講はコスパ良いか?他社スクールとの比較!

テックアカデミーで受講できるコースの幅はかなり広いので、一概に料金だけで他社スクールと比較してもあまり参考にはなりません。

なので、ここでは

に分けて比較していきましょう。

1,プログラミングコースの比較

テックアカデミー のプログラミングコース学べる言語
WebアプリケーションコースRuby・HTML/CSS・SQL
PHP・LaravelコースPHP・HTML/CSS・SQL
javaコースJava
フロントエンドコースJavaScript・HTML/CSS
WordPressコースPHP・HTML/CSS
iPhoneアプリコースSwift
AndroidアプリコースKotlin
UnityコースC#
はじめてのプログラミングコースHTML/CSS・PHP
PythonコースPython/機械学習
AIコースPython・機械学習・統計
Python+データサイエンスセットコースPython・機械学習・ディープラーニング
Node.jsとExpressコースNode.js
Google Apps ScriptコースGoogle Apps Script

プログラミングのコースに関しては、正直学べる言語がほとんど揃っているので、他社スクールと比較するよりも『何を学びたいのか?』を決めて受講するのが一番です。

割と受講費用が高額な『AI(人工知能)』のコースも、テックアカデミーであれば低価格で学べますし、一度もプログラミングを学習したことがない方向けに『はじめてのプログラミングコース』も用意されています。

どのコースを選べば良いか迷った場合は、WEBアプリをプロのサポート付きで作れる『テックアカデミー 無料体験』でスクールの雰囲気を味わってみると良いでしょう。

そこで実際にメンターに相談し、自分が学びたい言語を決めてから受講すると失敗もありませんからね。

2,転職コースの比較

転職保障付きサービス料金学習期間保証年齢制限
テックアカデミーPro298,000円12週間転職保証付き32才以下
テックキャンプ598,000円10週間転職保証付き30代後半OK
DMM WEBCAMP COMMIT628,000円最短12週間転職保証付き30才未満
GEEK JOB無料最短22日就職支援付き20代限定

プログラミングスキルを身につけて転職を考える場合『転職保証付き』のサービスを選ぶと、万が一転職できない場合に全額返金してもらえます。

テックアカデミーにも転職保証付きのコースがありますが、ここで学べる言語は『Java』なので、企業に常駐する正社員になりたい方にはおすすめできますが、カフェや自宅でのリモートワークでの仕事は望めません。

avatar
Javaは昔から使われている言語なので、就職先もそこまで柔軟な働き方を推奨していないことがほとんどです。

なので転職保証付きでプログラミングスクールに通う場合は、需要のあるJavaを学んで手堅く転職するならテックアカデミーProの受講を検討しましょう。

そうではなく、働く場所に縛られずに柔軟に仕事をしたい場合には、WEB系言語が学べるテックキャンプやDMM WEBCAMP の転職保証コースがおすすめです。

ちなみにこれから需要が高まるAI(人工知能)を扱える言語Pythonでの転職を考えるのであれば、AidemyやAIジョブカレもチェックしておきましょう。

3,デザインコースの比較

デザインコース詳細
WebデザインコースHTML5/CSS3・jQuery・Sass
アプリUI/UXデザインコースAdobe XD・Photoshop
動画編集スキルコースPremiere Pro
動画広告クリエイターコースAfter Effects・Illustrator・Photoshop
ShopifyコースShopify・liquid

テックアカデミーのデザインコースは、WEBデザイナーを目指す人から動画編集スキルを身に付ける方まで幅広く対応しています。

テックアカデミーのメインのカリキュラムはプログラミングにあるため、あくまでもデザインコースのコースは『スキルアップ』が目的。

なので、こちらのコースに関しては他のコースとセット割で学習するか、もしくはデザイナー・動画編集専門で教えてくれるスクールの受講がおすすめです。

4,マネジメントコースの比較

マネジメントコース詳細
WebディレクションコースWeb制作の基本知識
ドキュメント作成スキル
マネジメントスキル
提案スキル
企画スキル
設計スキル
WebマーケティングコースWebマーケティングの基礎知識
Google Analyticsを利用したサイト分析
SEOの理解と具体的なオペレーション
リスティング広告の基礎知識と出稿・運用
ディスプレイ広告の基礎知識と出稿・運用
ソーシャル広告の基礎知識と出稿・運用

こちらは主に『WEBマーケティング』のスキルが身につけられるコースです。

私自身の本業がWEBマーケターでもあるため、結論このコースに関しては『スキルを身に付ける』程度に考えておいたほうが良いです。

というのも、WEBマーケティングは『WEBマーケティング専門のスクール』があるため、本気で転職を考えている場合はデジプロのようなトップマーケターが講師を務めるスクールを受講した方が身につくレベルも高いです。

プログラミングとは違い、WEBマーケティングには仕事に『正解がない』ため、実際に稼いだり結果を出している人間から教わるのが一番の近道です。

目次に戻る▶▶

まとめ

テックアカデミーは学べる言語・領域の幅が広いため、一概にどれがおすすめとはなかなか言えません。

ただ、スクールとしては価格はリーズナブル、オンライン完結なので全国どこからでも受講可能、尚且つ教える講師は通過率10%以下の厳しい試験を乗り越えた猛者たちなので、選ぶスクールとしては間違いありません。

その反面、一つに特化したサービスではないため、もし明確に学びたい言語・領域が決まっているのであれば、テックアカデミーとその他スクールを比較してから受講した方が後悔は少ないでしょう。

どのスクールも最初に無料体験や説明会・資料請求で情報を開示しているので、お金を払う前の段階で一通り体験して選んでみてください。

Pocket