Pocket

毎日記事を更新しているのに、なぜ自分のサイトだけアクセスが集まらないんだ‥?と嘆いている方。

この先アクセスを集めるために様々な手段を講じるとは思いますが、くれぐれも高いお金を払って業者に依頼するようなことだけはやめてください。

最初にお伝えさせていただきますが、アクセスを集めるためにお金を払う必要はありません。

実はアクセスを集められないサイトのほとんどは同じ理由なのです。

言ってしまえば

『そこさえ改善できれば簡単にアクセスを総取りできる』

のです。

avatar
情報を売るために高い金額を要求してくる業者が多いため、今回はそんな人たちに騙されないために、アクセスを集めることができない理由について具体的に解説していきます。

これを読み終えれば、おそらくあなたも数ヶ月後にはアクセスの集まるサイトを作ることができるでしょう。

アクセスが集まらないのは偶然ではない!

最初に厳しいことをお伝えしておきますが、自分のサイトにアクセスが集まらないのは、全て自分の責任です。

avatar
ライバルがどうとか、googleのアルゴリズムがどうとかはあまり関係がありません。

結局自分がサイトを作るときに、事前に戦略を練っていなかったことが数字として反映されているだけなので、言ってしまえば

『アクセスを集められない方法でサイトを運営している』

だけなのです。

今後大量のアクセスを集めるためには、まず自分のサイトの現状を受け入れる必要があります。

ここから目をそらしていては何も解決しません。

私自身もしばらく自分のサイトにアクセスを集められない期間がありましたが、この時のマインドは

『自分が悪いんではなく、google側・ライバルサイトが自分のサイトを潰しにきている』

と本気で思っていました笑。

今考えると馬鹿馬鹿しいことですけどね笑。

アクセスを集められない理由

今目の前にある自サイトの現実を受け入れたところで、ではなぜアクセスを集められないのかを考えて行きましょう。

アクセスを集められないサイトには、アクセスを集められない理由が必ずあります。

そもそも集め方を知らない

どんなジャンルでも、最初に『正しい答え』を知らなければ結果を出すことはできません。

例えば上達法が確立されているスポーツを、わざわざ自分の手で1から学んでいくのは時間が勿体無いですよね?

avatar
それをやるならまず最初に上達法を知り、それを元に実践をしたほうが遥かに上達スピードは早くなります。

サイト作成に関してもそうです。

いきなり自分の手でサイトを作っていくよりも、まずはサイトの作り方を熟知している人から教わってしまった方が圧倒的に早く結果を出すことができます。

アクセスを集める方法を知らない場合には、どんなに作業量を増やしたところで結果として反映されない可能性もあるのです。

リサーチをしていない

正直な話、がむしゃらに作業ができれば、どんなサイトでも少しはアクセスを集めることができます。

よく日記ブログを書いている人がいますが、内容がスカスカでも一定のアクセスを集めることができているのは事実です。

avatar
しかし本気で月間10万PV・100万PVを狙うのであれば、リサーチが重要となってきます。
補足

実際に100万PVは夢物語だ!なんて言われますが、事実私が作ったサイトでも100万PVを達成することはできていますので、全然夢物語なんかではありません。

サイトのデータを全く取っていない

ネットを使ったビジネスで、このデータというのは宝物になります。

どんなことがあっても、データだけは失いたくないというくらい重要な数字となります。

avatar
しかし初心者の頃は、このデータの重要性に全く気がついていませんでした。

自分のサイトで取れたデータというのは、今まで自分がやってきたことが全て数字として確認できる唯一の手段となります。

このデータを元に、改善や修正を繰り返していき、強いサイトを育てていくのです。

google側も無料でデータを取れるツールを貸し出していますので、必ず自分のサイトのデータが取れるような仕組みを入れておきましょう。

データ取りでマストなgoogleのツール

・googleアナリティクス
・googleサーチコンソール

ユーザーのことを何も考えていない

私たちのやっているサイト運営というのは、結局向こう側に必ず『人』がいます。

サイト運営の目的は

『アクセスを集めて売上を伸ばすこと』

だったとしても、その向こう側にいる人があなたのサイトに価値を感じなければ何も始まらないのです。

avatar
お金のためにサイトを作っている人は、このユーザー視点が欠落していることが多いです。
補足

結局アクセスを集めることができている人たちは、ユーザーが何を求めているのか?を徹底的に追求しているため、それに反応したユーザーをファンにすることができています。

逆にアクセスを集められない人たちは

『どうやったらアクセスを集められるのか?』

と考え、常に自分視点でサイトを運営してしまうのです。

そうなると、ユーザー側からしたら価値を感じられないようなサイトとなってしまいますので、いつまで経ってもアクセスを集めることができないのです。

アクセスを総取りしている人の思考を盗もう

サイト運営で一番ありがたいことは、ネット上を見れば

『全て答えが表示されている』

ため、その人たちの思考を盗むことができれば簡単にアクセスを集めることができるようになります。

では現状アクセスを総取りしている人たちは、何を考え、どのようにサイトを運営しているのでしょうか?

ユーザー視点でコンテンツを作成している

私のサイトで何度もお伝えしていることですが、サイト運営というのは必ず『ユーザー視点』でコンテンツを作成する必要があります。

自分の意見を交えつつ、ユーザーに価値を感じていただけるようなコンテンツを提供すれば、まずユーザー側は悪い気はしないでしょう。

avatar
逆に自分の利益だけを考えて、サイトに広告をペタペタ貼り付けているような運営者は、サイトに訪れたユーザーに不快な思いをさせる可能性が高いです。

もちろんマネタイズをするのは重要ですが、それは

『こちらがユーザーに価値を提供した後』

ですので、順番を間違えないようにしましょう。

考えてもみてください。

あなたの家に訪問販売の人がやってきた場合、いきなり

avatar
『この商品は凄いです!ぜひ買ってください!』

と言われてすぐに購入しますか?まず買わないと思います。

敏腕の営業マンは、まずお客様の悩みを引き出し、それを解決するための商品を提供することで売り上げを出していきます。

そうです。大きな金額を稼いでいる人は、いつでも『ユーザー視点』で物事を考えているのです。

勝てないところでは戦っていない

そしてよく勘違いされがちなのですが、アクセスを集めている人たちというのは

『勝てないところでは戦っていない』

のです。

avatar
例えば自分が狙っているジャンルにたくさんのライバルがいた場合、わざわざライバル過多のキーワードを狙ってコンテンツを作るようなことはしません。

少しキーワードをずらし、ライバルがほとんどいない場所を狙っているのです。

もちろんサイトが育ってくればレッドオーシャンでも戦うこともありますが、基本的にはライバル不在の場所を狙っているのです。

例えばあなたが『ダイエット』というキーワードを狙うとしましょう。

すでにダイエットにはたくさんのライバルがいるため、今からここに参入しても、まずライバルサイトに太刀打ちできません。

そうなった場合、別のキーワードからダイエット関連の記事へ誘導することでアクセスを集めることができるのです。

ダイエットに関する悩みを抱えている人の思考を想像すれば、いくらでもキーワードは出てきます。

  • 痩せたい
  • くびれ
  • 脂肪
  • 有酸素運動
  • 筋トレ
  • マッサージ

適当に例を挙げてみましたが、このように違ったキーワードから誘導することによって、わざわざ『ダイエット』というキーワードで戦うことなくアクセスを集めて商品を売ることができるのです。

ユーザーの悩みを解決している

私たちがインターネットで検索する理由は

『今抱えている悩みを解決する』

ことが目的です。

例えば旅行をするときに『ホテル 沖縄』と検索すれば、その人は沖縄のホテルを探している可能性が高いです。

それを理解していれば、記事のタイトルで『沖縄で絶景を眺めながら格安で泊まれるホテル10選』と書けば、多くのユーザーに見ていただける記事を作成することが可能です。

avatar
そのキーワードを検索しているユーザーが今何に悩んでいるのか?ここを徹底的に考えることができれば、アクセスを集めることはそう難しいことではありません。むしろめちゃめちゃ簡単です笑。

人に求められる記事を書くと、google側も高い評価をしてくれますので、上位表示される可能性が高まります。

googleが上位表示する記事はこれ!

毎年のようにgoogleのアルゴリズムは変動していますが、最近の傾向としては

『価値のないコンテンツを作っているサイトは容赦無く切り捨てる』

感じがあります。

今の時代はgoogleのロボットの精度も高まってきており、価値のあるコンテンツとそうではないコンテンツを見分ける能力が優れています。

そうなると、今までテクニック的な方法で上位表示していたサイトも価値がないと認識され、なかなか上位表示することが難しくなっているのです。

例えば被リンクをかけて上位表示を取る手法や、キーワードで引っ掛けてアクセスを集める方法などは軒並みダメになっているのです。
avatar
今は『コンテンツSEO全盛期』となっていますので、テクニックを磨くのではなく、まずやるべきことは『人が求めるコンテンツを作り続けること』なのです。

サイトの評価は全て数字で出る

最終的に、どんなサイトを作ったとしてもデータとして現実を突きつけられることになります。

自分が作ったコンテンツが世の中の人に必要とされていなければデータが悪くなりますし、逆に自分のコンテンツに価値を感じてもらえているのであれば、データは良くなります。

サイト運営を難しく考えてしまっている人も多いようですが、シンプルに考えると

『データを改善できればアクセスは簡単に集められる』

ということです。

例えば記事の滞在時間が短ければ、最後まで読まれている可能性が低く、ユーザーの悩みを解決できていないかもしれません。

そうなれば、自分が狙っているキーワードで上位表示しているサイトを再度リサーチし、人が求めている情報を自分の記事に取り入れて改善が図れます。

avatar
サイト内の滞在時間が短ければ、1つのページを読んで離脱してしまっている可能性が高いので、記事内や記事下に関連するコンテンツを入れて複数ページを読んでもらうこともできます。

データさえ取れればいくらでも改善の余地があります。

後出しジャンケンでアクセスを集めよう!

自分のサイトを作り、いきなり大量のアクセスを集めることは難しいです。

avatar
しかし最初に作ったサイトのデータさえ取れれば、あとはそのデータを元に改善していくだけです。

私自身は、いきなり最初の記事で大量のアクセスを集めようとはこれっぽっちも思っていません。

もちろん価値のあるコンテンツを作っているつもりですが、まずはデータを収集し、ユーザーがどのような情報を求めているのかをデータを取って確認します。

それを元に、再度コンテンツを修正して

『本当にユーザーが求めている情報』

を提供し、アクセスを総取りしていくイメージです。

言ってしまえば『後出しジャンケンで勝つ』ようなものですね笑。

リアルの世界ではズルだと思われるかもしれませんが、サイトを運営するのであれば、この後出しジャンケンで文句を言ってくる人は誰もいませんからね笑。

まとめ

いかがでしたか?私たちサイト運営者からしたら、アクセス1はただの数字にしか見えないかもしれませんが、その1の裏には1人の人間がいます。

その人が何を考え、どのような経路で自分のサイトに訪れたのか?

そしてその人は私のサイトで何を得ようと思ったのかを細部まで考えることができれば、アクセス(お客さん)を集めることはそう難しいことではないのです。

avatar
何も考えずに、ただ毎日記事を書いているだけではアクセスを集めることができたとしても、いずれ頭打ちがきます。

サイトで結果を出している人の中にも、一時的に稼いでいた一発屋の人はたくさんいます。

その人たちは、テクニック的な要素に溺れて、ビジネスの本質をおろそかにしているはずです。

お金を稼ぐことは大切ですが、お金を稼ぐことが目的になると、逆にお客さんは自分の元から離れていきますので、そのことは絶対に忘れないようにしましょう。

Pocket