Pocket

プログラミングスクールの多くは『年齢制限』をかけており、年齢の高い受講生ではなく、若い世代を優先的に受け入れていることがほとんど。

特に『転職』に力を入れているスクールに関しては、若い世代の方が転職成功率が高くなることもあり、30歳以上の場合は受講をお断りしているところもあります。

数あるスクールの中でも、業界最大手の『テックアカデミー 』に関しては、基本的には年齢制限を気にすることなくプログラミングを学ぶことが可能。

しかし、一部コースは年齢制限を付けているため、ここではテックアカデミーのコースと年齢制限の詳細を詳しく解説していきます。

プログラミングには『35歳定年説』が業界で浸透していますが、結論その話は全く気にする必要はありません。

30代40代からでもIT業界に参入してバリバリ稼いでいる人はたくさんいますので、結局は行動できるかどうかが全てです。

テックアカデミーに年齢制限はありません!しかし‥

実際にテックアカデミー公式サイトをチェックしてみると分かりますが、年齢制限を付けているコースはほとんどありません。

業界最大手ということもあり、受講できるコースの数がかなり多いですが、そのほとんどは年齢を気にすることなく受講可能です。

『転職保証付き』に関しては上限は32歳まで

プログラミングスクールの受講目的が転職にある場合、テックアカデミー側が転職保証を付けているコース『テックアカデミーPro』の年齢の上限は32歳までとなります。

転職保証とは?

スクールを受講し、万が一転職ができなければ全額返金などの対応が受けられる

絶対に転職したい場合や、万が一のリスクに備えて転職保証付きの環境で学びたい場合、テックアカデミーであっても年齢制限があるので注意が必要です。

32歳以上で転職保証付きのプログラミングスクールを探している場合は、30代後半でも転職保証付きで受講できる『テックキャンプ』を選んでおけば問題ありません。

avatar
返金保障が付いている転職保障のサービスは『スクール側もリスクを背負う』ため、年齢制限は必ずあると考えておきましょう。
転職保障付きスクールの年齢制限

テックアカデミーPro32歳以下
テックキャンプ30代後半OK

テックアカデミーProは『リモートワーク』向きではない

プログラミングスクールに通う目的が転職にあり、尚且つ『自由な働き方』『カフェでのリモートワーク』に憧れている場合は、テックアカデミーProの受講はやめておきましょう。

というのも、テックアカデミーProで学べる言語は需要の高い『Java』ですが、この言語は昔から多くの企業に使われている言語でもあるため、柔軟な働き方ができない昔ながらの企業で働く可能性が高いです。

リモートワークや自由なライフスタイルを求めてプログラミングを学ぶのであれば、フロント系の言語が学べる『フロントエンドコース』や『Webアプリケーションコース』を選びましょう。

avatar
在宅・カフェでプログラミングの仕事をしている人の多くは、これらのコースで学べる言語を扱っていますからね。

プログラミングで転職できる年齢の限界は何歳まで?

以前はエンジニアとして活躍できる年齢は35歳が限界とも言われていましたが、それは数十年前の『パソコンしかなかった時代』のお話。

現代は人類のほとんどがスマホを使い、24時間好きな時にインターネットに接続できる環境が整っているため、当然サービスを作る側のエンジニアの需要も急激に高まっています。

むしろ日本では2030年には数十万人のエンジニアが不足するとも言われているため、35歳定年説を気にする必要は全くありません。

avatar
実際30代以上でも転職保障を付けているスクールがたくさんありますからね。

30歳以上の場合『独学』はハイリスク

いくら年齢が関係ないとはいえ、全くの未経験の状態からプログラミングを独学し、新しい仕事先に転職するのはリスクが高いです。

そもそもプログラミング学習の難易度が低ければ、ここまでプログラミングスクールの需要は高くありません。

avatar
もし独学で転職できるのであれば、ここまでプログラミングスクールの需要は高まっていませんからね。

プログラミング学習の難易度もある程度高く、尚且つ年齢を重ねてから未経験の状態でIT業界に転職するとなれば、転職先の斡旋がなければ働く場所を見つけることも難しいです。

独学も一つの選択肢ではありますが、20代前半の若い世代以外に関しては、忙しく働く中で最短距離を駆け抜けるためにも上手にプログラミングスクールを活用するのが得策です。

オンライン受講者数No.1

入学金0円で利用可能♪

テックアカデミー無料体験に参加してみる!

\ 料金は一切かかりません /

まとめ

プログラミングスクール受講時には必ず『年齢制限』はチェックすべき項目ですが、転職保障を付けていないコースに関しては、基本的には年齢を気にせずに受講可能です。

途中でもお伝えした通り、プログラミングスクールが年齢制限を付ける一番の理由は『転職できなかった場合のリスク』を抑えるためです。

avatar
企業側も、未経験で高年齢の人材よりも、未経験だけど若い人材を取った方が長く会社に貢献してくれるため、積極的にそちらを選びます。

これは雇われる側がどうこう言える話ではありません。

ただ、一度仕事ができるレベルのプログラミングスキルさえ身につけてしまえば、会社員として働く以外にも、フリーランス・受託・紹介などでいくらでも仕事は取れるので、そこまで深刻に考える必要はありませんよ。

Pocket