Pocket

記事を書き始めたばかりの頃は、なかなかGoogleにインデックスがされずにもどかしい日々を過ごすことがあります。

場合によっては、たくさん記事を書いているのに、なぜかコンテンツが全くインデックスされないパターンもあります。

ここではインデックスに関する情報、インデックス数とgoogleの検索順位の関係性について順を追って解説していきたいと思います。

この先インデックス数を増やすための戦略についてもお伝えしていきますので、ぜひ一つの参考として最後まで読んでみてください。

インデックスについての解説!

まずは簡単にインデックスについての解説をしておきましょう。

そもそもインデックスというのは、google側が自分のサイトのページを登録することを言います。

例えばあなたがサイトで1つの記事をアップしたとします。そうなると、今までネット上になかったページが新しく出てくるわけですから、google側がそのページを認識しなければなりません。

googleには『クローラー』と呼ばれるロボットがいるため、新しいページが出てくると、そのサイトを巡回してインデックスしてくれるのです。

実際にインデックスされているページはgoogleで検索すると表示されますが、インデックスをされていないページに関しては、いくらgoogleで検索しても表示されることはありません。

作ったばかりのサイトの記事がインデックスされない理由も、この『クローラー』があなたのサイトを見つけることができていないことが原因なのです。

サイトにアクセスを集め、多くのキーワードで上位表示を取るためには、まず自分のサイトの記事をインデックスすることから始める必要があるのです。

検索順位とインデックス数の関係性

昔からサイトを運営している人からすると、このインデックス数が多いというのは検索順位と大きく関係していることは当たり前の話です。

例えばインデックス数が10のサイトと、インデックス数が100のサイトがあれば、当然インデックス数の多いサイトの方が多くのユーザーに見られることになります。

インデックス数に関しては、書いた記事だけではなく、自分のサイトに載せている

・お問い合わせページ

・記事一覧ページ

・カテゴリページ

・固定ページ

なども含まれるため、記事数よりもインデックス数が上回ることもあります。

順調にサイトが育っていくと、このインデックス数も右肩上がりに上昇していきますが、google側から悪い評価を受けると、途端にインデックス数が減少することもありますので、アクセスに違和感を感じた場合には、まずこのインデックス数を確認してみると良いでしょう。

インデックス数が多い=アクセスアップ?

サイト運営時の最初の目標は、やはりどれだけ早い段階でインデックスされるページを作るかどうかになります。

しかし、単純にインデックスを増やしたところでアクセスが爆発的に上がるか?と言われると、実はそんなこともありません。

昔のgoogleアルゴリズムであれば、被リンクやインデックス数を増やせば簡単に上位表示ができましたが、今は無理です笑。

重要なのは、インデックススピードを上げるだけではなく『インデックスされたページの質を高めること』です。

今の時代はコンテンツSEO全盛期ですから、価値のないページを量産してインデックスを増やしたところで何の意味もありません。

むしろ質の低いページだとgoogleに認識されてしまうと、サイト全体の評価が下がり、全体的な検索順位の下落につながることもあるのです。

インデックス数が多い=アクセスアップに繋がるというのは間違いではありませんが、正確には

インデックス数が多い(良質なページ)=アクセスアップ

だということです。

自サイトのインデックス数の確認方法

実はインデックス数を確認する方法はとても簡単です。私がオススメしているやり方は2つあります。

検索キーワードに『site:』を入れる

検索キーワードには『コマンド』と呼ばれるものを入れると、その条件に合ったものだけが表示されます。

今回のように、自分のサイトのインデックス数を知りたい場合には、検索キーワードに『site:自分のサイトのURL』で検索することで、簡単にインデックス数を確認することができます。

この方法は気軽に調べることができるので、自分のサイトのURLだけどこかに保存しておき、定期的に調べてみると良いでしょう。

googleサーチコンソールで確認する

そしてもう一つの方法は『googleサーチコンソール』を使います。

このサーチコンソールには『インデックスステータス』という項目がありますので、ここをクリックすると自分のサイトのインデックス数をグラフで見ることができるのです。

記事をたくさん入れていくと、このインデックス数のグラフが右肩上がりに上昇していきます。

逆に記事を入れているのに急激にインデックス数が下がった場合には、何かしらの問題が発生している可能性がありますので、早急に原因究明をする必要があります。

インデックス数が減少する原因

頑張って記事を更新し続けてサイトを育てていくと、稀にインデックス数が急激に落ちるというトラブルが起こることもあります。この場合、いくつかの問題が考えられます。

  • 自分のサーバーが落ちている
  • アクセスを急激に集めすぎた
  • ペナルティを受けた可能性
  • ハッキングをされた

など様々な要因がありますので、もしこのようなトラブルが起こった場合には一つ一つ確認してみましょう。

一番気をつけなければならないのは『googleのペナルティ』です。

一度ペナルティを受けてしまうと、google側に意義を申請して許可されなければサイトを復活できませんので注意が必要です。

急激にインデックス数が上がっても注意が必要

逆パターンとして、サイトのインデックスが急激に上がってしまうこともあります。

以前私が運営していたサイトのインデックスが飛躍的に増えたため、私自身はめちゃめちゃ喜んでいたのですが、実はインデックス数の異常な上昇はよろしくないのです。

というのも、インデックス数が異常に多い原因は

  • 重複コンテンツ
  • 自動生成されたページに問題
  • サイトのハッキング

の可能性があります。これらの被害をいち早く知るためにgoogleからサイトの問題点をメッセージで受け取ることができる設定があるため、これを有効化しておく必要があります。

被害を受けたままサイトを放置していると、SEO的にも悪い結果を生みますので、この点の対処も迅速にしていきましょう。

今日からできるインデックス数を増やす方法

正しい方法でインデックスを増やすことができれば、検索順位にも良い影響が出てきます。

全く同じサイトが2つあったとしても、インデックス数が多いサイトと少ないサイトでは、明らかに前者の方が検索順位が上がります。

では意識的にインデックス数を増やすために、私たちサイト運営者がやるべきことは一体何なのでしょうか?

サイトマップを必ず入れる

サイトマップというのは、自分が書いたコンテンツの一覧を表示できるページのことです。

ワードプレスでサイトを運営している場合、このサイトマップを入れるのは簡単です。自サイトにサイトマップを入れると、そこにgoogleのクローラーが巡回してきた場合、自分のサイトの記事を全て確認することができるため、新規の記事のインデックススピードを早めることができます。

クローラーは巡回して自分のサイトに訪れると、必ずデータを持ち帰っていきます。その時に新しい記事を見逃してしまうと、インデックスされる時間が長引いてしまうことになるのです。

早い段階で新しいコンテンツをクローラーに認識してもらうためにも、このサイトマップの導入は必須と言えます。

googleサーチコンソールを使う

サイト運営者の中でこのgoogleサーチコンソールを導入していない人は少ないと思いますが、一応ご紹介しておきます笑。

実はgoogle側が無料でサーチコンソールというツールを提供しており、これを利用すると、現在のインデックス数やインデックスの促進もできるのです。

その他の機能も充実しているのですが、早い段階でインデックス数を増やしたいのであれば、こちら側からgoogleにお知らせするのが一番です。

定期的に更新する

これはサイト運営をしている初期の段階での対策となります。

最初にもお伝えした通り、新しくドメインを取得したばかりの頃はクローラーが全く自分のサイトを認識してくれないため、インデックススピードがかなり遅くなります。

そうなると、アクセスを集めるのに何ヶ月もかかることになってしまいます。しかし定期的に最新の記事を入れて更新を続けていると、クローラーもその存在に気づき、ちらほらサイトを覗きに来てくれるのです。

それと同時にgoogleサーチコンソールでインデックスを促したり、他のサイトよりもクオリティの高いコンテンツを入れ続ければ、自然とインデックス数は上がっていきます。

定期的に更新するという作業は誰にでもできることではありますが、実際にやってみるとほとんどの人が面倒なので更新を辞めてしまいます。

ここが検索上位を取れる人とそうではない人の大きな違いでもありますね。

ブログの更新頻度は毎日が最適?検索エンジンが評価する運営方法について

プラグインでインデックススピードを速める

正直googleサーチコンソールを利用していればインデックスの促進はできるのですが、実はプラグインにもインデックススピードを早めるものがあります。

例えばトレンドの記事を狙って、誰よりも早く記事をインデックスさせたい!という場合、ワードプレスのプラグインである『PubSubHubbub』というものをインストールしてみてください。

これは別名『PuSH(プッシュ)』と呼ばれているもので、プラグインを通してgoogle側に記事更新をプッシュしてくれるのです。

自分が記事を更新すれば、それを自動的にgoogleに知らせてくれるため、自分のサイトの記事がいつもより早くインデックスされるのです。

ある程度の期間サイトを運営していれば、このプラグインを使うことによって数秒で検索エンジンに表示させることも可能です。

人が欲しがるコンテンツを作成する

結局今のgoogleアルゴリズムは『どれだけユーザーに必要とされるコンテンツなのか?』を最重要視しています。

このインターネットが普及したことによって、スマホをタップするだけで簡単に情報を得ることができます。

そうなると、ありきたりの文章や、どこにでもありそうな情報をまとめても何の価値もありません。

そうではなく、自分オリジナルのコンテンツを作成し、それをユーザーに届けることで価値を感じてもらう必要があるのです。

ユーザーが求めている情報はgoogle側からしても評価が高いです。本気でコンテンツに力を入れている人だけがごっそりアクセスを集めることができますので、この基本的なマインドはブレないようにしましょう。

読者を魅了する記事執筆・書き方のコツ!

『インデックス数を増やすだけ』はNG

やろうと思えば、小手先のテクニックでインデックスの数を増やすことは可能です。

しかしこの手法は数年前に流行ったものなので、今のgoogleのアルゴリズムでは何の効果も出ません。

今だに『大量の被リンクで上位表示を狙う』なんてノウハウがあるようですが、もう小手先で上位表示ができる時代は終わりました。

これからの時代は、自分オリジナルのコンテンツに力を入れ、多くのファンを獲得する必要があります。インデックス数を意識することは重要ですが、それ以上に自分のサイトでどのような情報を発信するかというのを考える必要があるのです。

人間誰しも楽をしたいと考えると思いますが、最終的に『楽をした人が一番辛い思いをする』ので、この点は必ず覚えておきましょう。

まとめ

今回の内容をまとめると、今のgoogleのアルゴリズムでは小手先のテクニックは全く通用しないため『質の高いコンテンツを増やしつつ、インデックス数を増やしていく』ことが重要です。

インデックス数を増やすことばかりに力を入れても、結局google側の評価は高まりません。

今回お伝えしたインデックス促進方法や、質の高いコンテンツ作成さえできれば、自然と記事が上位表示していきます。

逆に楽してテクニック的なノウハウで上位表示をしようとしても、最終的にはコンテンツに力を入れたサイトには勝つことができませんので注意しておきましょう。

Pocket