Pocket

これから確実に伸びるであろうIT業界。

そこに目を付けて転職を考えたは良いが、30代を超えて未経験の業界に飛び込むことに引け目を感じてしまうことがほとんど。

特にIT業界は『専門的なスキル』が求められるため、未経験・スキルなしの状態で30代から転職するのはほぼ絶望的です。

しかし、それは過去の常識

現在は『テックキャンプ』のように、未経験の30代からでも転職できる環境が整っているため、行動さえ起こせれば未経験からでもIT業界でプロとして転職することは難しくありません。

ここでは、未経験からの転職が難しくなる30代でも数多くの転職実績を残しているテックキャンプの年齢制限・転職の実態について深掘りしていきます。

30代からでも転職できる環境とはいえ『転職を実現させるための条件』もいくつかありますので、これを理解してから受講するかどうかを判断しましょう。

\ 30代でも転職保証あり♪ /

テックキャンプは30代後半でも年齢制限なしで転職保証(全額返金保証あり)!

テックキャンプの特徴

受講生の30%が30代以上
99%がプログラミング未経験
転職成功率は驚異の99%
10週間で転職可能
転職できなければ全額返金保証あり

テックキャンプは2019年4月の時点で『事前選考』を廃止し、現在は年齢に関係なく誰でも転職保証付きでプログラミング学習ができます。

30代以上でも転職保証が付いていることもあり、受講生の30%(約3人に1人)は30代以上のプログラミング未経験者となっています。

avatar
プログラミングスクールを調べてみると分かりますが、30代以上で転職保証を付けているスクールはほとんどありませんからね。

つまり、全くパソコンに触ったことがない他業種の30代であっても、事前選考を受けずに受講費用を支払えば10週間でIT業界でプロのエンジニアとして働くことができるのです。

転職保証が付いているので、万が一仕事先が見つからなかった場合でも『受講費用は全額返金される』のでリスクもありません。

エンジニア35歳定年説の中テックキャンプが30代の転職保証を付けられる理由

とはいえ、IT業界の定説を調べてみると『エンジニア35歳定年説』という言葉が出てくるため、テックキャンプのようなうまい話があるわけない‥そう疑いたくなるのが本心。

avatar
35歳で定年になるなら、30代で転職保証を付ける意味が全く分かりませんからね。

都合の良いうまい話には必ず『裏』がある‥そう疑う心は大事です。

ではなぜテックキャンプはここまで自信を持って30代を受け入れられるのか?

この点に関しては『テックキャンプのスクールの実態』を掘り下げるとその理由が見えてきます。

テックキャンプの勉強時間は600時間

テックキャンプは『短期集中スタイル』『夜間・休日スタイル』から選ぶことができますが、どちらも学習時間は600時間となります。

→夜間・休日コース

→短期集中コース

補足

プログラミングの基礎を身につけるための平均学習時間はおおよそ250~300時間。

テックキャンプは『その倍の勉強時間』を最低ラインとして設定しています。

avatar
つまり、テックキャンプでは『プログラミングが使える人材』ではなく『即戦力(企業がお金を払える)として働ける人材』を育てているということです。
テックキャンプ以外のスクールはこれよりも学習時間を少なく設定しているところがほとんどです。

『短期集中スタイル』の1日の勉強時間(10週間)

こちらは10週間という短期間で転職を実現するコースです。

短期集中スタイルの1日の平均勉強時間

10週間[2ヶ月+半月(75日)] ÷ 600時間 = 1日8時間

avatar
10週間毎日8時間勉強すれば転職できるレベルに成長できるのはコスパはかなり良いですが、プログラミング漬けの日々になりますね笑。
  • 今の仕事を辞めて本気でプログラミングを学び、転職したい
  • 時間をかけずに短期間で人生を変えたい

こちらの短期集中スタイルは、高いモチベーションを持った覚悟のある人向けのコースなので、その分学習後のリターン(転職後の収入)も早く手に入れることができます。

→短期集中コース

『夜間・休日スタイル』の1日の勉強時間(半年)

こちらのコースは1日の勉強時間を少なくし、半年かけてじっくりプログラミングを学んでいきます。

夜間・休日スタイルの1日の平均勉強時間

半年[6ヶ月(180日)] ÷ 600時間 = 1日3.3時間

avatar
今のライフスタイルを崩さずに、毎日コツコツ3時間程度プログラミングを学べば半年後に転職できるレベルのスキルが身についている感じです。
  • 転職はしたいが今のライフスタイルを崩したくない
  • 短期間でギッチリ学ぶより毎日コツコツ学ぶ方が性に合ってる

こちらのコースは、現代で忙しい働き方をしている30代の方でも無理なく通えそうですね。

→夜間・休日コース

学習内容がただの勉強ではなく『実務とほぼ同じ環境』での開発経験

プログラミングスクールによって学習内容は大きく異なりますが、テックキャンプのエンジニアコースの目的は

即戦力エンジニアの育成

になるため、学習内容は『現場で使えるスキル』に特化しています。

実際、エンジニアの業務でどの仕事を担当するかは働いてみなければ分かりません。

テックキャンプのカリキュラムでは設計・開発・インフラ構築・運用までWEB開発で必要とされるスキルを一通り学ぶため、現場でどの工程を担当しても対応が可能。

avatar
課題として『ゼロからアプリケーションの開発→サーバーでのリリース』までするので本当の意味での即戦力スキルが身につけられます。

30代未経験であっても、スクールを受講する中で働けるスキルが身につけられるため、未経験で現場で1から仕事を覚えるあの苦しさを味わう心配はありません。

面接対策・実際の仕事の取り方のアフターフォロー

いくらスクールで学習をしても、自分のスキルを企業側に上手に売り込むことができなければ就職・転職は実現できません。

テックキャンプの強みは『就職成功率99%』の実績。

実戦で使えるスキルを身につけた後、専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれるため、転職保証のある環境で安心して仕事探しができます。

avatar
スクールの受講が終わっても『無制限』でキャリアサポートを受けてくれるので、この転職成功率の高さは頷ける数字ですね♪

事前にテックキャンプの『無料相談』でキャリアサポートについて聞くことも可能です。

30代未経験でテックキャンプの受講はあり?なし?

30代未経験でも受け入れてくれるプログラミングスクールはいくつかありますが、結論としては『30代未経験からテックキャンプの受講はあり』です。

テックキャンプの強み

30代後半でも転職保証付きで受講が可能
即戦力になれるスキルが身につく
学習後は無制限のキャリアサポートを無償で受けられる

30代になれば、当然どの業界でも転職する場合は『即戦力になる人材か?』で採用するかどうかを決められます。

avatar
20代とは違い、30代の転職のハードルはグンと上がりますからね。

つまり、30代未経験の状態からエンジニアに転職するとなると、必ず

即戦力として働けるプログラミングスキルの習得
30代未経験を受け入れてくれる仕事先を見つける
未経験を受け入れてくれる企業に採用される

この3つのハードルを超えなければなりません。

これが20代であれば『ポテンシャル採用』によって『即戦力』の縛りは無くなりますが、30代ではそれが一切通用しなくなります。

スクールに通わずに、忙しく働きながら独学でこの3つのハードルを超えることを想像すると、正直ゾッとしますよね?

テックキャンプでは、プロの手でこれらの高いハードルを最短で乗り越えるサポートをしてくれるため、10週間という短期間で転職が実現できるのです。

30代向けプログラミングスクールとテックキャンプの比較

スクール期間料金保証学習時間
テックキャンプ10週間648,000円30代転職保証あり600時間
テックアカデミーpro 12週間298,000円32歳まで転職保証300時間
テックブースト3ヶ月~269,800円なし

料金だけ見ると、テックキャンプは他スクールの倍近くの受講費用がかかりますが、30代後半まで転職保証を付けているところはありません。

コスパだけを考えるとテックアカデミーproの方が良い感じがしますが、学習内容や転職先の条件も色々と違うので一概に料金だけで決めるのは危険です。

特に転職保証にこだわらず、じっくりプログラミングを学びたいのであればテックブーストも選択肢としてはありです。

しかし、30代から本気でエンジニアになりたいのであれば、多少お金を積んででもテックキャンプを選んでおいた方が良いでしょう。

avatar
厚生労働省のデータでも、エンジニアの給与水準は高くなっているので、スクール費用を回収するのにそこまで時間はかかりません。

現在年収が400万前後の場合、エンジニア転職を実現して年収550万になれば1年かからずにスクール費用を回収可能ですからね。

くれぐれも、目先の損得で未来のリターンを捨てないように気をつけましょう。

テックキャンプは事前に無料カウンセリングも受けられるので、いきなり受講費用を支払って後悔する前に、まずはこちらで自分のキャリアを相談してみましょう。

実際に相談してみると、数ヶ月後の自分をより鮮明にイメージできるようになりますよ。

\ 全額返金保証あり♪ /

まとめ

30代未経験からエンジニアの転職なんて、数年前はほとんど無理と思われていました。

ですが35歳定年説の常識を覆し、現在は30代未経験からでも『転職保証』を付けて通えるプログラミングスクールが存在します。

働き盛りの30代で、いきなり未経験から他業種に転職するのはリスクや不安が大きいですが、将来的な業界の伸び代を考えれば、逆に今働いている業界の方がリスクが高かったりします。

avatar
この先どんどんAIによって仕事がなくなります。というよりすでになくなってきています。

IT業界はこの先伸びることが確定している市場ですので、30代の今の自分が40代50代になった時のことを考えて行動を起こしていきましょう。

尻すぼみの業界で働き続けると、10年後にリストラ・給料減額によって死ぬほど後悔することになりますからね。

Pocket