Pocket

一つの小さな町で生まれ、そこから学校で資格を取得した先生から一般的な教育を受け、その後に就職するか?進学するか?の選択をしてから普通のサラリーマンとして社会に飛び立つ。

日本人の9割以上の人は、おそらくこのようにして自分の人生のストーリーを進めていくはずです。

ちなみに先に言っておきますが、もしこのルート以外の方法で自分の人生を進めているとしたら、今回の記事は読む必要はありません。

その場合はおそらく『自分がやりたいこと』に向かって突き進んでいるはずですからね。

なのでここでは『一般的なルートを辿ってきた9割以上の方』に向けて、私自身がレールに敷かれた人生を歩んでやりたいことが一切見つからなかった理由や、やりたいことを見つけるための具体的な方法について詳しくお伝えします。

もし今、自分の人生の中で『やりたいことを見つけるため』に考える時間を膨大に消費しているのであれば、それを一切やめてください。

やりたいことをいくら自分で探しても、結局本当にやりたいことなんて出会えませんから。

その理由は、この記事を最後まで読んでいただければすぐに理解していただけるはずです。

普通に生きてたらやりたいことなんて見つからない明確な理由

まず、なぜ私自身が『やりたいことが見つからない』とハッキリと断言できるのか?これは疑問に思われるはずです。

日本で生きていたら、学生時代に自分のやりたいことを見つけて、その職業で正社員として働くことが当たり前だと『表面的』には言われています。

実際、学生生活をしていて卒業シーズンになってくると

『お前将来何になりたいの?俺は○○の仕事をやろうと思ってるよ!』

そう言って、やりたいことが明確にある友達があなたの周りにいたはずです。

もしかしたら、あなた自身がこのように友達にやりたい仕事をハッキリと伝える側だったかもしれません。

これを聞くと『やりたいことがある人がほとんどじゃん!』と思われるかもしれませんが、実際は違います。

あくまでもこのやりたいことは『今までの自分の生きてきた世界』でのやりたいことであって、実は本当にやりたいことである可能性はほぼゼロに近いのです。

実際、学生時代にこのような発言をしていた人たちが、30代40代50代になってから充実した人生を過ごしているか?と問われると、全然違ったりしますからね。

ではなぜこのようなことが起こるのか?

この理由に関してはとてもシンプルです。

人はインプットによって自分の世界観を作り出す生き物

私たち人間は、子供の頃から様々な情報や体験を通してあらゆることをインプットしていきます。

大人が箸を持ってご飯を食べていれば、それを真似して自分も箸を持って食事をしますし、逆にもし大人が手で食事をしていれば、当然子供も手で食事をするわけです。

日本で生きていれば手で食事をするはまずないとは思いますが、逆に考えれば

『日本で生きていると、今まで決められた常識に縛られて幼少期を過ごす』

ことがほとんどなので、成長していくと皆同じような考え方を持ちます。

そして学校に入学すると、尚更周りと同調することが正しいという価値観が刷り込まれていきます。

みんなと同じようなランドセルを背負い、学校では整列・きをつけ・前ならえ・着席などといった生活の動作を全員が合わせて行うようになります。

日本で生きていれば

『は?お前何言ってんの?そんなの当たり前じゃん学校なんだから!』

と言われるようなことかもしれませんが、私からしたらこの学校生活に疑問を持つことの方が当たり前だと当時から思っていました。

だって『前ならえ』なんて学校を卒業した後いつ使うんですか?

将来軍隊に入隊するならば分かりますが、小学生がいきなり行進で足並みを揃えて整列し、前ならえの号令で列を正すのは、ただの軍人養成所でしかありません。

軍に所属するのであれば、個を消して組織に適応することが求められますが、私たちの今生きる世界ではどちらかというと『個』が重視されるようになってきています。

それを考えると、学校教育のフィルターを通るということは、その時点で

『個を消して組織に服従するための訓練』

を受けることになるため、この教育を受けた後にやりたいことを見つけろなんて、ハナっから無理な話なのです。

学生時代にこのインプットをしてしまうと、気づけば人と違うことをすると叩く・けなす・虐めるなどの行動を取るようになります。

つまり『人と違うことをしたいと考える奴はおかしな人間』だと考えるようになるのです。

おそらく、今の時代でyoutuberやインスタグラマーとして活躍する人間を

『あんな職業アホらしいわ!仕事じゃないだろあんなの!』

と思っている方は、見事に学校教育の洗脳が完了しているはずです。

つまり組織を重視する日本の教育を受けると、学校を卒業するときには、気づけばやりたいことではなく

『正社員として満員電車に乗って働くのが当たり前』

の価値観が刷り込まれ、それがやりたいことだと考えてしまうのです。

自分が本当にやりたいことを見つけるためには、まず今まで通ってきたフィルターを外す作業をしなければなりません。

やりたいことを見つけるための具体的な3つのステップ

私たち人間は、本来やりたいことは簡単に見つけられるはずなのですが、日本の教育というフィルターを通ることによって、やりたいことが

『世の中的に正しいこと』

にすり替わってしまい、気づけばそれがやりたいことに切り替わっています。

つまり本当にやりたいことを見つけるためには

『今までの自分のインプット以外の情報を積極的に受け入れる』

ことが大切になります。

やりたいことを見つけるための手段としては大きく3つあります。

とりあえず今までの自分の常識をぶっ壊す人に会いに行く

まず、一番簡単なのは

『すでに面白そうな人生を歩んでいる人間に直接会いに行くこと』

これが手っ取り早いです。

例えば、今まで自分の両親が公務員として生きていた場合、その教育を受けて育った子供は将来的に公務員になることが正しいと刷り込まれやすいです。

もちろん本当に公務員になりたいのであれば良いのですが、大半はやりたいことが公務員なはずはありません。

公務員は安定している(世間的には)と言われているため、その安定を求めて公務員になるだけであって、やりたいこととは少し違います。

もしここで育った人が、仮に『全世界へバックパッカーをしていた旅人』に会った場合、おそらく今までの自分の価値観がぶっ壊れるか、もしくは自分の生き方を正当化するためにその人を否定的に見るはずです。

途中でもお伝えした通り、人は『自分のインプットした情報の中で人生を過ごす』ため、それをぶっ壊してくれる人との出会いは、刺激でもあり恐怖でもあるのです。

仮に公務員の両親がその旅人と話をしたら、全く価値観が合わずにお互い居心地の悪い時間を過ごすことでしょう。

しかしそこでその人と出会うことによって、もしかしたら

『世界にはこんなおもろい人がいるのか!』

『今までの自分の人生とは全く違う生き方で面白い!自分もやってみたい!』

なんて感情が芽生えてくるかもしれません。

そうなれば、大人になったら公務員になることが常識だった自分の価値観が、良い意味で変わっていくことになります。

その他大勢と逆の方向に人生の舵を取る

今までの自分の価値観が大きく変われば、当然その先の行動も大きく変わってきます。

普通とは違う生き方をしている人と話すと、とりあえず考え方や価値観がその他大勢とは全く違うことに気づきます。

すると、今までは学校を卒業したら社会人になり、その後会社で定年まで働き続けて退職後は年金で生活するような人生に疑問を感じるようになります。

こうなれば、普通の人生が『普通じゃない』ことに気づくことになり、思い切った行動を取れるようになります。

つまり学校教育で刷り込まれた個を消すことが正しい価値観を取っ払い、自分という個人の人生に対して生きれるようになるのです。

こうなれば、あとは行動を起こすだけで人生が面白い方向にどんどん転がっていきます。

安定とか世間体とかを気にするのではなく

『いかに自分の人生をおもろく生きるか?』

これだけを考えられるようになれば、やりたいことなんていくらでも出てきます。

やりたいことを見つけるよりとりあえず一度全部やってみる

結局のところ、やりたいことがない人はやりたいことがないのではなく『できない』という表現が正しいはずです。

例えば男性で『死ぬほどお酒を飲みながら美女と遊びたい』こんな欲望を満たすことがやりたいことだったとします。

しかしほとんどの人は、お金がないことを理由にして死ぬほどお酒を飲みながら美女と遊ぶことを諦めます。

もしこれがやりたいことだとしたら『お金』の問題さえ解決すればやりたいことを実現できます。

むしろお酒を飲みながら美女と遊ぶのであれば、お金がなくても実現する方法はいくらでもありますからね。

他にも

お金がないから大学に行けない‥だからやりたいことができない

自分はルックスが悪いから女の子と遊べない‥だからやりたいことができない

上司の指示がなければやりたい仕事ができない‥だからやりたいことができない

できない理由なんていくらでも挙げられます。

ですが上記のやりたいことができない理由に関しては、そのほとんどが『別の手段で解決可能』な問題ばかりです。

お金がないから大学に行けないのであれば、奨学金制度の利用やバイトなどで頑張れば行けますし、ルックスが悪くてもコミュ力があれば女の子と遊べます。

上司の指示がなくて仕事ができないのであれば、いずれ独立してそれを実現することだって可能です。

人間誰しもやりたいことは必ず何かしらあります。

しかしそのほとんどは『別の原因を自ら作り出して諦めている』のです。

現代は、わざわざ諦めなくてもやりたいことを実現する手段なんて山のようにあります。

SNSを使えば全国の人と繋がれますし、youtubeやブログを使えば自分自身で世の中に発信ができます。

これはテレビやラジオしかなかった時代では考えられなかったことですが、今ならこの瞬間から始めることが可能です。

とりあえず世間体とか謎の洗脳を脳みそから取っ払えば、やってみたいことはいくつか出てきます。

そして実際にやってみてからそれが面白いか判断すればOKです。

つまらなければ途中でやめれば良いだけ。

そして大半のことはお金がブレーキとなって実現できないことが多いので、できれば最初の段階で『お金の問題』を解決できる手段だけは持っておいた方が良いです。

お金は現代を生きやすくする便利なツールですから、これを所持していれば新しくやりたいことが出てきたときにすぐに実行に取りかかれますからね。

やりたいことを見つけるために旅をする・探すなんて意味のない時間を過ごすのではなく、とりあえず今回お伝えした謎の過去の洗脳やフィルターを取っ払い、自分『個人』が何をしたいのかを考えてみましょう。

話はそこからです。

Pocket