Pocket

プログラミングの勉強を挫折せずに転職するためにスクールに通うのに、なぜかスクールに通っている人がプログラミングに挫折してしまう事例が後を絶ちません。

もちろんこれはスクールによっても話が全然違ってくるのですが、挫折している人がいる以上はこの問題から目を背けることができません。

  • これからスクールに通う
  • 今後スクールの利用を考えている

このような人たちが挫折している現実を知ってしまうと、正直スクールに通うことを躊躇ってしまいますが、本当にスクールは挫折者をたくさん出しているのか?スクールに通わずに独学の方がプログラミングは身につけられるのか?

今回はこの点をテーマにして掘り下げていきたいと思います。

ちなみに、間違ってほしくないのは

『プログラミングスクール=挫折』

ではないということです。

原因はプログラミングスクールにあることは事実ですが、スクールの環境が挫折者を生み出しているのではなく、問題は『プログラミングスクールに通う側』にあるということです。

今回の内容を読めば、その理由がすぐに分かるはずです。

それと同時に、ちゃんとしたスクール選びができるようになり、プログラミングスキル を身につけて未来を変えることができることでしょう。

プログラミングスクールで挫折するってどういうこと?

まず、このプログラミングスクールというのは、単純に

  • プログラミングを教えてくれる講師(メンター)
  • プログラミングを効率よく学べるカリキュラム
  • プログラミングを学べる環境

これらを整えています。

プログラミングを独学するとなると、自分で教材を購入して、自分で問題点を解決して、自分でエラーコードと格闘しなければなりません。

そうなると、ただでさえ難しいプログラミングがもっと難しく感じるため、プログラミングの独学によって挫折する人がたくさん出るのです。

事実、プログラミングを独学で始めた人のほとんどは途中で諦めてしまいます。

慣れればそこまで難易度の高い技術ではないプログラミングも、一人で学習すると挫折する確率が上がるため、それを防ぐための環境として『プログラミングスクール』が存在するのです。

つまり、プログラミングで転職なり独立・フリーランスなりを実現したい人たちが『挫折しないために通う環境』となるため、基本的には挫折することは考えづらいのです。

このような理想的な環境が整っている(場所によっては整っていない場合もあります)のにも関わらず、なぜかプログラミングスクールでは毎年のように多くの挫折者を出している。

なぜこのような現実が起こるかというと、結局

『プログラミングスクールに通う人たち』

意識に問題があることがほとんどなのです。

プログラミングスクールで挫折する人に共通していること

私自身も数年前まではプログラミング初心者だったため、正直挫折してしまう人たちの気持ちはかなり分かります。

いきなりよく分からない謎のコードをパソコンに打ち込んで、自分の思い通りに動かすのは思っている以上に難しく、エンジニアやプログラマーが簡単にやっていることがめちゃめちゃ難しく感じるのです。

ただ、正しいカリキュラムで勉強を進めていけば、そう感じるのもどんなに長くても1ヶ月程度の話です。

つまり、挫折せずに学習を進めることができれば、プログラミングは誰でもできるものだということです。

ではなぜスクールを活用しているのに途中で挫折してしまうのか?

その原因はほとんどが同じような理由です。

スクールだけの学習でプログラミングができると思っている

これって教える側からしたら当たり前のことなのですが、学校の勉強をしただけでテストで100点が取れる人なんて世の中にほとんどいません。

高い成績を残す人たちは、当然学校で勉強する以外の時間を使って頭に知識を定着させていきます。

子供の頃は、テストの勉強をするために毎晩頑張っていたと思いますが、大人になると学校に通った時間だけでなんとかしようとするため、当然知識が定着せずに良い成績が取れません。

プログラミングスクールも同じです。

仮にスクールで1日3時間の勉強をした場合でも、その3時間以外の時間で復習をしなければプログラミングなんて覚えることはできないのです。

もちろんスクールの学習だけでも『そこそこ』の知識レベルには到達します。

ただ、スクールに通う人たちの目的は『仕事としてお金をもらえるレベルまで成長すること』ですから、そこまでたどり着くためには自習の時間が必要になるのです。

プログラミングを勉強して就職し、お金を頂くことを考えるとそこそこのレベル以上に成長するための自習を徹底しましょう。

具体的な目標が明確に定まっていない

人間誰しも強くは作られていません。

よく難しいことに挑戦して大きな結果を残す人がいますが、あの人たちが私たちよりも凄い人間だからできるのか?と問われると実際はそうではありません。

単純に『やるべきことの目的が明確になっている』から行動を起こすことができるのです。

例えば、今の自分の生活が不安定で、来月には自分が働いている会社が倒産するかもしれない‥。

その会社が倒産したら自分の収入源がなくなり生活に困る‥。そんな時にたまたまプログラミングの存在を知ってスクールに通い始めた。

もしこのスクールを使って転職が実現できなければお金に困って辛い人生が待っている。

そうなれば誰しも必死でプログラミングを勉強しますよね?

人は、具体的な目標がはっきりと見えている状態であれば積極的に行動を起こすことができます。

逆に、ただぼんやりとした目標に向かって行動するだけだと、人はそこに向かって突き進むことができないため、結果的に挫折する可能性も高まるのです。

なぜプログラミングを勉強するのか?この理由が具体的であればあるほど挫折する可能性も低くなります。

簡単にできると思って現実に絶望する

プログラミング自体を簡単だと感じることは良いことですが、この簡単の解釈を間違えると途端に挫折します。

例えば、最初スクールに通う前の段階で

『プログラミングなんて簡単そうだから余裕でマスターしてやるわ!』

と意気込んでいた場合、この人がプログラミングスキルを習得できるか?と問われると少し微妙です。

明確な目的意識があれば、このマインドセットでもプログラミングスキルを身につけることはできるかもしれませんが、簡単にできると思っているときに難しいことが起こると、途端にその勉強が嫌になってきます。

知り合いに

『これは誰でもできるから』

と言われたものが、実際にやってみたらめちゃめちゃ難しくて全然できなかったら嫌になりますよね?

最初のハードル下げてしまったことによって、その先に待ち受けている高いハードルを乗り越える気力が失せるのです。

プログラミングはそこまで難しいものではありませんが、簡単に習得できるほど甘い世界ではありません。

ちょっと片手間でできるような技術であれば、こんなに人手不足になりませんし、高い報酬を支払って仕事の依頼が来ることもありませんからね。

プログラミングスクールを活用して転職を実現させるには?

スクールで挫折する人たちの原因さえ分かれば、あとは自分がそこに意識を向けて行動するだけで挫折せずにプログラミングスキルを身につけることができます。

上記の挫折する原因というのは、スクールに通えば誰しもに訪れるネガティブなイベントのようなものです。

つまり、高い確率であなたの目の前にもやってきます。

それを事前に知っているのと知らないのとでは、対処の仕方が変わってきますが、正直これらのネガティブなイベントは質の高いスクールであれば余裕で乗り越えることができます。

プログラミングスクールを活用し、スムーズに転職を成功させる方法はシンプルです。

スクールの『完走率』『転職成功率』の高い場所を選ぶ

私たちは『スクールを受講する側』ですから、当然世の中に数あるスクールの中から自由に選ぶ権利があります。

途中で挫折してしまう人たちは、このスクールの選び方を適当にしてしまう、もしくは金額の安い場所ばかりに目がいってしまい、自分の将来を見据えたスクール選びが上手にできていません。

スクールを選ぶ際に重要なポイントは

『学習を完走している受講生の割合』

『転職を成功させている人の割合』

この2つはマストで抑えておくべき項目です。

逆に言えば、この2つの割合が高ければ、シンプルにスクールのカリキュラムをこなしていけばいずれ高い確率で転職ができることを意味しています。

つまり、目標設定が『転職』なのであれば、この環境に飛び込んだ時点ですでに結果を出せる要素は揃うのです。

そうなれば、あとはやるだけです。

スクールに通っている中で、途中でお伝えした『プログラミングで挫折する人』のネガティブなイベントが起こる可能性はありますが、それを乗り越えられれば仕事ができるレベルのプログラミングスキルが身についています。

スクール選びでは『あとは自分がやるだけ』の環境さえ選ぶことができれば、基本的には挫折するリスクはほとんどないのです。

ちなみに

『学習を完走している受講生の割合』

『転職を成功させている人の割合』

これが他のスクールよりも突出して高い環境をいくつかご紹介しておくので、興味があればこちらのスクールの担当者と一度話してみてください。

その時にこの2つの要素を深掘りしておくと実態が分かると思いますよ。

▼実績あるプログラミングスクール

→TECH::EXPART(転職成功率99%・転職保証全額返金あり)

→Tech Academy(IT企業への就職保証あり)

なるべく無料のスクールには通わないようにする

『プログラミングスクールにお金をかけずにコスパ良く転職する』

おそらくスクール否定派の意見としては、スクールに数十万の受講料を支払うのが無駄だと思っている人が多いですが、これは考え方次第です。

例えば、独学で誰からも教わらずにプログラミングが身につけられるのであれば、正直スクールは無駄です。

しかし、独学でプログラミングを学び始め、途中で挫折、もしくは半年後にようやく転職ができた場合、スクールに通っていれば2~3ヶ月で転職できたところを余分に勉強しなければなりません。

そして転職先も自分で見つける必要があるため、独学の転職を実現させるために1年以上かかることはザラにあります。

それを考えると、数十万円支払って、3ヶ月程度の期間で転職を実現できるスクールは

『コスパの良い選択肢』

となるのです。

1年独学し続けるのと、3ヶ月スクールで学んで、4ヶ月目から転職して給料を20万30万貰うことができる選択肢があれば、どちらが効率が良いかはすぐに分かりますよね?

なのでこの2つの選択肢を選ぶ場合には『どちらが自分にとってコスパが良いか?』をまず考えることです。

独学で就職できる自信があれば、スクールは無駄ですからね。

スクールと未経験から就職どっちが正解なのか?

独学とスクール。

この選択肢の他にももう一つ転職するやり方があります。

それが

『プログラミングができない未経験の状態でいきなり就職する』

方法です。

正直な話、独学もできそうにない‥プログラミングスクールに通う時間も勿体無い‥だから未経験から就職する!この行動を起こす人も一定数います。

ただ、結論を言ってしまえば、未経験から就職するのはおすすめしません。

というのも、結局就職してからは必ず『プログラミングの勉強が必要になる』ため、スクールと同じようなことをします。

ただ、スクールと企業の大きな違いは『一人の人間のためにわざわざ給料を払って親切に教えない』ことです。

考えてもみてください。

あなたが企業側の人間だったら、何もお金を生み出さない未経験の人間にプログラミングを教えようと思いますか?

つまり、未経験の状態で企業に入った場合、最初にプログラミングの最低限のカリキュラムを渡し

『そのカリキュラムを頭に入れた人間だけを働かせる』

ため、挫折者が量産しても企業側は全く助けてくれないのです。

事実、未経験から採用されて、企業研修でプログラミングを教わり、そこで30人いた同期が3ヶ月後には3人になっていたという話はザラにありますからね。

つまり、そういうことです。

企業は『スクール』ではありませんからね。

まとめ

  • プログラミングスクールで挫折する理由
  • プログラミングスクールの必要性

これらを具体例を交えながらお伝えしてきましたが、結局問題となるのは『プログラミングを学ぶ側』であり、スクール側ではありません。

今のネット社会では、悪質なスクールはすぐにネット上に情報が出て淘汰されていきます。

逆に質の高いスクールに関しては、実績をデータとして残してどんどん評判が良くなっていくため、当然スクールを探している人の目に入ります。

質の高いスクールの批判をしている人たちは、結局上記でお伝えした通り挫折した側の人間です。

その情報を信じることは私は止めませんが、とりあえずまずはスクール側の担当者の話を聞き、そこから通うかどうかを決めてみましょう。

ネット上の誰かもわからないアンチのコメントを全て信じても、結局自分の選択肢を狭めるだけですからね。

Pocket