Pocket

自分でブログ・サイトを運営していると、当たり前のように使うようになる

『見出しタグ』

ですが、そもそもなぜこの見出しタグを使う必要があるのかを本気で考えたことはありますか?

シンプルに使う理由として『記事の見た目が良くなる』点が挙げられますが、実はこの見出しタグがあるのとないのとでは結果も大きく変わってきます。

今回の内容に関しては、デザイン的な話は一切省いて『SEO』の観点から見出しタグがいかに重要な要素であるかをお話ししていきたいと思います。

ブログ運営初心者の頃は、そこまで深く考えずに見出しタグを使っていた私ですが、今ではSEOの視点でしか見出しタグを見ていません。

使い方が変わると、結果が大きく変わってきます。

ここではその理由と、実際に見出しタグに意識を向けている人とそうではない人の差についても深掘りしていきます。

今回の内容はブログ・サイト運営者であれば必ず頭に入れておいていただきたい内容です。

見出しタグについての基本情報

そもそもこの見出しタグというのは、HTMLのマークアップ言語と呼ばれるものになります。

これは文章構造を記述するための言語であり、簡単に言ってしまえば文章を読みやすくするためのものです。

見出しタグは、HTMLでは

h1 , h2 , h3 , h4

このような表記をされますが、考え方としては

『数字が若い順に重要度が高くなる』

と覚えておきましょう。

最も重要な見出しタグである『h1』は大見出し、その次に重要な『h2』は小見出し、その後にh3,h4と見出しを使い分けていきます。

googleのガイドラインの中のスターターガイドの解説でも

見出しタグを使用して重要なテキストを強調する

一般に、見出しタグはタグに囲まれているテキストをページ上の通常のテキストよりも大きく表示するため、ユーザーにとってはそのテキストが重要であるという視覚的な手がかりとなり、見出しテキストの下に続くコンテンツの内容について理解しやすくなります。複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。

引用元:googleスターターガイド

このように解説されており、見出しタグを適切に使用することでgoogle側からの評価・ユーザー側からの評価の双方を上げることができます。

googleが求めているコンテンツはただ1つ

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

引用元:googleが掲げる10の真実

これを掲げているため、常にユーザーファーストの考え方を持ちブログ・サイト運営をすることで、それがSEO効果を高める施策となるのです。

これは見出しタグを使う際の基本中の基本の考え方となります。

見出しタグを使うとブログ・サイト運営にどのようなメリットがあるのか?

ただオシャレだから見出しタグを使う人と、見出しタグの本質を理解してから使う人とでは、同じ使い方でも結果が大きく変わってきます。

そもそもwordpressを使って見出しタグを取り入れるということは、ただの自己満足でブログ・サイトを運営することではなく

『多くのユーザーに自サイトにアクセスしてもらう』

ことが目的であるはずです。

つまり、より多くのユーザーを集められる一つの手段として『見出しタグ』を使えれば、今よりもアクセスを集めることはそう難しくはなくなります。

見出しタグを使ってブログ運営をしている人はたくさんいますが、実は『なぜ見出しタグを使うか?』これを具体的に解説できる人は思っている以上に少ないです。

それを考えると、本質を理解できればそれだけでブログ・サイト運営に優位性が生まれることになります。

SEO効果が得られる

見出しタグを取り入れることでユーザーに対する反応も大きく変わってきますが、それよりも先に

『検索エンジンに対する効果』

が得られます。

私たちが使う検索エンジン『google』では、常にロボットが巡回しています。

悪質なコンテンツ・コピーコンテンツなどを排除するために常にロボットが見回りをしていますが、SEOで上位表示をするためには、このロボットに正しく認識され

『ロボットにたくさん情報を持って帰ってもらう必要がある』

のです。

その際に、見出しタグでロボットにコンテンツの構造を正確に伝えることで、google側に適切なインデックスを促進することができるのです。

検索エンジン側にコンテンツの情報が正確に伝われば、当然インデックスのスピードも早まることになります。

ページユーザービリティの向上

検索エンジン側に自サイトのコンテンツを認識してもらえれば、当然多くのユーザーに見てもらえる可能性が高まります。

見出しタグを使うもう一つのメリットとしては

『ページユーザビリティの向上』

が挙げられます。

これに関しては、実際に自分の目で見た方が分かりやすいです。

例えば、今回の内容を見出しタグなしで確認してみると

自分でブログ・サイトを運営していると、当たり前のように使うようになる『見出しタグ』ですが、そもそもなぜこの見出しタグを使う必要があるのかを本気で考えたことはありますか?シンプルに使う理由として『記事の見た目が良くなる』点が挙げられますが、実はこの見出しタグがあるのとないのとでは結果も大きく変わってきます。今回の内容に関しては、デザイン的な話は一切省いて『SEO』の観点から見出しタグがいかに重要な素であるかをお話ししていきたいと思います。ブログ運営初心者の頃は、そこまで深く考えずに見出しタグを使っていた私ですが、今ではSEOの視点でしか見出しタグを見ていません。使い方が変わると、結果が大きく変わってきます。ここではその理由と、実際に見出しタグに意識を向けている人とそうではない人の差についても深掘りしていきます。今回の内容はブログ・サイト運営者であれば必ず頭に入れておいていただきたい内容です。見出しタグについての基本情報そもそもこの見出しタグというのは、HTMLのマークアップ言語と呼ばれるものになります。これは文章構造を記述するための言語であり、簡単に言ってしまえば文章を読みやすくするためのものです。見出しタグは、HTMLではh1 , h2 , h3 , h4このような表記をされますが、考え方としては『数字が若い順に重要度が高くなる』と覚えておきましょう。最も重要な見出しタグである『h1』は大見出し、その次に重要な『h2』は小見出し、その後にh3,h4と見出しを使い分けていきます。

いやなんかもう見るのも嫌になるくらい鬱陶しい文字の羅列になります。

もちろん改行を加えればそこそこ読みやすいコンテンツにはなりますが、今回書いている記事のように適切な位置に見出しタグを入れることで、どこに何が書いてあるかがすぐに分かります。

そもそも検索ユーザーは文字を読むことすら面倒だと思っています。

その気持ちを持っているのに文字を読む理由はただ一つ。

『自分が求める情報が欲しいから』

ただこれだけです。

この目的を達成させるために、改行や見出しタグを適切に配置することはマストな作業になるのです。

私たちブログ・サイト運営者の目的は多くのユーザーに訪問してもらい、何かしらのコンバージョンを達成すること。

検索ユーザーの目的は『自分の悩みを解決できる情報を得ること』です。

この双方の目的を達成するための手段として、見出しタグは大きな役割を担うことになるのです。

今日からできる見出しタグの適切な使い方

見出しタグを利用することで、自サイトにメリットがあることを理解していただいた上で、ここからは

『見出しタグを最大限活用する使い方』

を具体例を交えながらお伝えしていきます。

とはいえ、難しいことをやる必要はありません。

今後見出しタグを使う際に気をつけるべきことは3つです。

  1. 見出しタグの順番は必ず決めて使う
  2. h1要素は必ず1つだけ使う
  3. 見出しを見ただけで『気になる』と思わせる

詳しく解説してきましょう。

1,見出しタグの順番は必ず決めて使う

実際に見出しタグを使ってみると、全く見出しを使っていない時と比較しても明らかにコンテンツが見やすくなります。

そうなると、見栄えを気にして見出しを多用してしまい、順番を無視した使い方でコンテンツを作成してしまうことがあります。

これはSEO的には逆効果となります。

途中でもお伝えしましたが、ユーザリビティの向上のために見出しタグを使う以前に『検索エンジン』に適切なコンテンツの構造を認識してもらうことが最優先です。

いくら見栄えば良いからといって、コンテンツの中に

h1:見出し1

h3:見出し3

h2:見出し2

h1:見出し1

このようなバラバラの順番で見出しを使うのは全くの逆効果になります。

必ず

h1:見出し1

h2:見出し2

h3:見出し3

h3:見出し3

h2:見出し2

このようにして、コンテンツの階層構造を守った使い方をしましょう。

2, h1要素は必ず1つだけ使う

そして見出しタグの使い方の失敗例としてよくあるのが、1つのコンテンツでh1要素を『複数回使ってしまう』ことです。

これはSEO的に最悪です。

というのも、h1要素というのは要素の中でも

『最重要項目』

となるため、基本的には『タイトル』に設定するのが自然となります。

SEOの観点から見ると、タイトルは最も重要なテキストとなります。

なので、タイトルを設定した後の見出しの階層に関しては、基本的にh1を使わずにh2,h3,h4で構成していくのがベターとなります。

3,見出しを見ただけで『気になる』と思わせる

コンテンツを閲覧する側の視点で考えたら、見出しはシンプルに

『ブレーキ役』

になります。

実際にブログやサイトを閲覧するときのユーザーのスクロールスピードはエゲツないくらい早いです。

そのスクロールスピードだと、どんなにコンテンツを作り込んでも数秒で全てを読み終わってしまいます(実際は読んではいませんが)。

普通にコンテンツを作っただけでは、ただスクロールされて終わりですが、ここに『適切な見出し』を配置することによって、スクロールする手が止まり

『ここは読んでおきたいな』

と思ってもらえるのです。

つまり、スクロールのスピード違反をしているユーザーに対し、見出しでブレーキを踏んでもらうことが目的となるのです。

一度ブレーキをするためには

『おっ?これは気になる!』

と思ってもらわなければなりません。

つまり、見出しを読んだだけで結果が分かってしまう書き方ではなく、見出しの下に書かれている詳細なコンテンツを読みたくなるようなライティングを施す必要があるのです。

簡単な方法としては『疑問形?を使う』ことや『あえて断定する言い方を取り入れる』などが効果的です。

コピーライティングの方法は色々とありますので、滞在時間が伸びる方法をテストしながら実践してみてください。

まとめ

見出しについてさらっと解説してきましたが、今回の内容はSEOで外すことができない重要な部分をお伝えしています。

できれば何度か読み返して、自分のブログやサイトにそのやり方を導入してみてください。

おそらくあなたのアクセス解析のデータに良い影響を与えることになりますから。

Pocket