Pocket

WordPressの立ち上げに成功したら、いよいよ記事を大量投入することを考えますが、その前に

『Wordpressの初期設定やっておかないと面倒なことになりますよ〜』

という助言をさせて頂きたいです。

WordPressは初心者でも使いやすいCMSではありますが、最低限のことは設定してから使わないと、後々面倒なトラブルが起こったりします。

なぜ今回の記事を書いているかというと、その面倒なトラブルを過去に起こしまくってきたのがこの私だからです。

WordPressに関しては、昔から失敗しかしていません。

なので、同じような失敗を経験しないためにも、とりあえず最初の初期設定のやり方を分かりやすく解説していきます。

最近Wordpresを立ち上げた初心者向けに書いていますので、一つずつ設定してみてください。

ちなみに、まだWordpressの立ち上げが完了していない場合は、この記事を読む前にこちらからWordpressの環境を作っておいてください。

WordPressの初期設定で必ずやるべきこと

とりあえず、サーバーとドメインを契約してWordpressを立ち上げることができれば、Wordpress管理画面を開くことができます。

いきなりその画面を見ても、何から始めれば良いか分からなくなりますが、最初にやるべきことは以下の項目になります。

一般設定
投稿設定
表示設定
ディスカッション
メディア
パーマリンク設定
プライバシー

設定する項目が多く感じるかもしれませんが、実際にやることはそこまで多くはありません。

一つずつ片付けていきましょう。

ちなみに、記事を投稿する前に『パーマリンク設定』を行なわないと、後々面倒なことが起こるため、Wordpressで記事を投稿する前に必ずこの設定は終わらせておいてください。

WordPressの一般設定

まず最初に一般設定をしていきましょう。

左サイドバーにある『一般』を選択すると

一般設定の中で『サイトタイトル』『キャッチフレーズ』が出てきます。

サイトタイトルというのは、Wordpressで運営するメディアのタイトルのことです。

このサイトであれば『国境なきwebマーケッター』がタイトルですね。

そして『キャッチフレーズ』というのは、自分が運営するメディアの簡単な解説になります。

私が運営するこのブログでは、主にネット関連の情報を詳しくお伝えしているため、キャッチフレーズに

『ネットの本質を理解したスキルをお伝えしています』

と設定しています。

考え方としては

サイトのタイトル 人の興味を惹くもの
キャッチフレーズ そのメディアを読むとどうなれるのかを書く

このように覚えておきましょう。

サイトタイトルとSEOについて

自分のサイトタイトルを考えた場合、SEOを意識したものを設定するか?それとも自分が付けたいタイトルを設定するか?ここは迷うところだと思います。

正直タイトルに関しては正解はありませんが、実際にサイトタイトルがSEOに引っかかって検索されることは多々あります。

例えば、私のサイトタイトルの場合『webマーケッター』と検索すると私のサイトの虫眼鏡キーワードが出てきます。

なので、できれば自分のメディアに関係あるワードを入れてタイトルを決めておくことで、SEOでの検索流入も呼び込むことを考えておきましょう。

とはいえ、全く関係ないタイトルでも、コンテンツでSEO対策をしていれば十分アクセスは集まるのでそこまでシビアに考える必要はありません。

アドレスを『http→https』に変更する

これは結構忘れてしまいがちな設定ですが、これをやらないとWordpressが上手く表示されません。

WordPressを立ち上げる際、独自ドメインをレンタルサーバーに設定するときに『SSL』の設定をしていると思います。

このSSLというのは、ネット上のデータを暗号化して送受信する仕組みのことで、セキュリティ面を安全にしてくれる重要な設定です。

このSSL化が終わっているサイトのURLは『https』から始まるのですが、これをサーバーで設定していても、WordPress側で設定していないと上手くサイトが表示されません。

なので『一般』の設定から

この部分を変えておきましょう。

WordPressの投稿設定

こちらの投稿設定に関しては、変更する部分は『更新情報サービス』だけです。

この更新情報サービスというのは、こちら側が何かしら記事を更新した時に、google側に

『記事を更新しました!』

ということを伝える機能になります。

google側に更新したことをいち早く伝えるためには『PING』を送信する必要があります。

このPINGというのは、「Packet INternet Groper」の略称になります。

とりあえず細かい知識は必要ないので、PINGの設定として

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://ping.dendou.jphttp://ping.feedburner.com

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc

http://ping.rss.drecom.jphttp://pingoo.jp/ping

http://rpc.pingomatic.comhttp://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://rpc.weblogs.com/RPC2http://xping.pubsub.com/ping

当サイトでは、このPING送信先を設定しています。このままコピペして貼り付けて設定して頂ければ問題ありません。

WordPressの表示設定

この表示設定に関しては、とくに設定する項目はありませんが、一つだけ確認していただきたいところがあります。

表示設定の下の方にある『検索エンジンでの表示』の項目にチェックが入っている場合、これを必ず外しておいてください。

ここにチェックが入っていると、どんなに記事を入れても一切インデックスされないため、ネット上に存在しないメディアになってしまいます。

インデックスに関しては様々な議論がありますが、基本的には最初の投稿からインデックスさせるためにチェックを外しておくことを推奨します。

ちなみに、一部では『Wordpressを立ち上げたばかりの頃はインデックスさせずにサイトが完成したらインデックスさせた方が良い』という意見もありますが、私自身が何百ものサイトを作ってきた中で、最初からインデックスさせた方が上位表示できる時期も早かったので、この意見はそこまで重要視しなくて問題ありません。

WordPressディスカッション設定

この設定に関しては、上部にある『投稿のデフォルト設定』をしていきます。

この項目にある『新しい記事に対し他のブログからの通知』にチェックを入れておきましょう。

ここにチェックを入れておくと、自分のブログが他のブログで紹介された時に連絡が来るため、被リンクのチェックがしやすくなります。

誰がどのブログで自分のブログを紹介しているのかを知ることができると、どの記事が拡散されているのかもチェックしやすくなります。

ちなみに『この投稿に含まれる全てのリンクへの通知を試みる』を設定してしまうと、自分が他のブログを内部リンクに設定しただけで通知が出てしまうため、少し鬱陶しいので必要ないでしょう。

WordPressメディアの設定

このメディアの設定に関しては、基本的にはいじる必要はありません。

というのも、画像を投稿する際には『編集』ができるため、その場で自分が設定したい大きさに画像を変えることができるため、ここでの設定はほとんど必要ありません。

ただ、全ての数値を『0』に設定しておくと、Wordpress側が勝手に画像の大きさを変えることがなくなるため、サイトの高速化に繋がります。

なので、サイト表示速度が気になる場合には『0』に設定しておきましょう。

WordPressパーマリンク設定(重要)

スーパー地味な設定ではありますが、実は最初に設定しておかないと後々大きな影響を及ぼすのがこちらになります。

そもそもパーマリンクというのは『ドメインの後に続くURL』のことを言います。

例えば、当サイトのドメインは『https://millioninvest.biz』ですが、この後に続くURLがパーマリンクです。

このパーマリンクの設定に関して必ず覚えておいて頂きたいことは

『最初に設定したパーマリンクからは絶対に変えないこと!!!!!』

これです。

ちょっとビックリマーク多めです。

このパーマリンクを途中で変えてしまうと、記事のURLの構造が変わるため、その記事にアクセスができなくなります。

つまり『404エラー』が出るということです。

例えば、最初は『数字ベース』のパーマリンクにしていて、途中から『やっぱりカスタム構造に変えようかな』と思ってパーマリンクを変えてしまうと、全てのパーマリンクが切り替わり、記事の表示ができなくなります。

この修正は『Wordpressのプロでも骨が折れる作業』になりますので、途中で切り替えるのは絶対にやめましょう。

ちなみにオススメのパーマリンク設定としては『カスタム構造』です。

これは、google側が一番サイトの構造を理解しやすいパーマリンクと言われているので、最初の設定でこちらを選んでおくと、インデックスもスムーズに行われやすいです。

ちなみにこのサイトは最初に『数字ベース』で投稿してしまったため、現在も数字ベースのパーマリンクで設定をしています(これは悪い例です笑)。

WordPressプライバシー設定

このプライバシーポリシーに関しては、自分で全て手打ちで設定するとかなり面倒な作業になるので、基本的には『Wordpressをインストールした時に用意されている雛形』を使用すれば問題ありません。

googleアドセンスの取得を考えている場合、審査の段階でこのプライバシーポリシーの設定が必須になりますので、必ず事前に設定しておきましょう。

ちなみに、自分が狙うジャンルのサイトのプライバシーポリシーはかなり参考になります。

丸パクリはアウトですが、他のサイトがどのような設定をしているのかをチェックして、それを参考に自分でプライバシーポリシーを作成してみると良いでしょう。

WordPressの初期設定の流れをおさらい

今回お伝えした内容を全て設定しておけば、まず面倒なトラブルが起こることはなくなります。

もし今から設定するのであれば、とりあえずまず最初に『パーマリンクの設定』を終わらせる。そしてそこから一般設定から順に終わらせていくという順で問題ありません。

とにかく『パーマリンクの設定』だけは、最初に必ず終わらせて頂きたいので、ここだけは優先的にチェックしておいてください。

初期設定が終わった後にやるべきこと

この設定が終われば、あとは細かい設定をしていくことで自分なりのWordpressが出来上がってきます。

私個人的に推奨する流れとしては

1,最初にWordpress初期設定を速攻で終わらせる

2,プラグインを導入していく

3,テンプレートの設定をする

4,記事を書いていく

この流れになります。

とはいえ、最初に初期設定が終わった時点で1記事書いてみて、そこから次の設定をしたほうがスムーズに進むため、とりあえず細かいプラグインやテンプレートの設定は置いといて問題ないでしょう。

ちなみに、これらの設定に関しては別記事で詳しく解説していますので、もしやるならば以下の記事を参考にして進めてください。

→Wordpressのオススメプラグインの設定方法

おしゃれでSEOに強い有料ブログテンプレート3選!

まとめ

正直、Wordpress初心者の段階でいきなり全てをやろうとすると心が折れます。

とりあえず初期設定が終わった段階で一区切りし、その後また余裕が出てきたら細かい設定をした方が楽に進めることができます。

実際Wordpressが難しいと思われている理由も、結局最初の段階で全部やろうとした人が心が折れてしまっているのが一番の原因です。

やらなくても問題ないことに時間をかけると、結局自分が一番辛くなります。

必須の設定は最初にやる。そして後で設定すれば問題ないものは今やらないことがWordpressで心が折れない一つのコツかもしれません。

Pocket