アドセンスというのは、0から1を稼ぐための最初のハードルが低く、初心者でもすぐに結果を出しやすい手法でもあります。

今まで全くビジネスをやったことがない人からすると、数円・数十円の利益でも嬉しいものです。しかし一度稼いでしまうと、人間誰しも『もっと稼ぎたい』という欲求がウズウズと出てきます。

そんな時に一番気になるのは『アドセンスのクリック単価』です。ある程度アクセスが集められるようになると、日によってクリック単価が高いときと低い時があります。

狙っているジャンルによっては、他のサイト運営者よりも明らかにクリック単価が低いこともあります。ではなぜ同じようにアクセスを集めているだけなのに

  • アドセンスのクリック単価が高い人
  • アドセンスのクリック単価が低い人

に分かれてしまうのか?ここではその悩みを解決していきたいと思います。

OLの中野さん
アドセンスは稼ぎやすいのは私も理解しています。ですがせっかく稼ぐのであれば、高いクリック単価を出したいのが本音なんです。
ひろ
確かにそうですよね。同じクリック数でも稼げる金額が変わるのであれば、誰もが良い方を選びたいですからね。
OLの中野さん
管理人さん、何か良い方法はないんですか?
ひろ
クリック単価が低いのには必ず原因があります。その原因を正しく理解し、高いクリック単価を出すにはどうすれば良いかを考えていきましょう。

アドセンスの基礎知識

まずクリック率の低さを知るためには、このアドセンス(google adsence)の仕組みを理解しておきましょう。

そもそもこのアドセンスはgoogleが提供しているサイト運営者向けの広告となります。

自分が運営しているサイトのジャンルによって広告の種類が自動で変わり、アクセスをしてくれたユーザーが望んでいる広告を自動でピックアップして掲載してくれる優れたサービスです。

広告クリック単価

 

この広告クリック単価というのは、単純に『サイトにアクセスしたユーザーの中で、実際に掲載されている広告の単価』のことです。

アドセンスというのは『クリック型広告』なので、ユーザーが広告をクリックするだけでサイト運営者は収益を得ることができます。

クリック型広告:訪れたユーザーがクリックしてくれれば報酬が発生する広告

成果報酬型広告:訪れたユーザーが広告をクリックし『商品を購入』してくれたら報酬が発生する広告

ひろ
一般的には成果報酬型広告の方が単価は高くなります。

ジャンルによっては1回のクリックでの単価が高いものもありますので、これを広告のクリック単価という数値で表しているのです。

インプレッション単価広告

そしてアドセンスの中には、この『インプレッション単価広告』というものがあります。

この広告に関しては『クリックされなくても収益が発生する』のが特徴となります。

どういうことかというと、例えばあなたのサイトに毎日1000PV以上のアクセスを集めているとします。その場合、クリックされなかったとしても1000回以上広告が表示されている計算になりますので『表示回数あたりの単価』を計算してサイト運営者に報酬を支払っているのです。

アドセンス広告を貼り付けている人ならば分かると思いますが、たまに収益の欄に1円や2円という中途半端な報酬が入っていることがありますよね?

この正体がインプレッション単価広告なのです。

ひろ
広告は目に入るだけでも効果のある媒体です。たくさんアクセスを集められるようになれば、それだけインプレッションも上がっていきます。

google先生は、宣伝効果の高い広告をサイトに掲載し続けてくれていますので、たとえクリックされなくても、このインプレッション単価広告という形で収益を得られる仕組みができているのです。

アドセンスを貼っているのにクリックされない理由

いくらインプレッション単価広告があると言っても、やはりせっかくアクセスを集めているんですから、より多くクリックされた方が収益も伸びてモチベーションにも繋がりますよね?

アドセンス広告メインのサイトを運営していると、必ずぶつかるのがこの『クリックされない』悩みです。

誰もが同じアドセンス広告を利用しているのにも関わらず、なぜ自分のサイトの広告だけクリック率が低いのか?考えられる原因はいくつか挙げられます。

OLの中野さん
私のブログもなかなか広告をクリックしてもらえないんです。
ひろ
なるほど。それは広告以外の部分に問題があるかもしれませんね。

ユーザーが記事をほとんど読んでいない

アドセンス広告を複数設置しても、そもそもユーザーに記事を読んでもらえなければ何も意味がありません。

どんなユーザーでも、広告をクリックするためにあなたのサイトを訪れることはありませんから、結局コンテンツがユーザーに必要とされなければクリック率を上げることはできません。

初歩的な話ではありますが、クリック率を改善したいのであれば、まずは自分の記事がユーザーにとって有益なものかを再度確認する必要があります。

具体的にユーザーが求めている記事作成の方法が分からない場合には、こちらの記事を参考にして改善してみてください。

googleアナリティクスで記事の滞在時間を調べたり、ヒートマップを使ってユーザーがどこで離脱しているのかを確認することで、そのコンテンツの問題点が浮き彫りになるでしょう。

広告の配置をミスっている

記事の滞在時間が長く、googleから有益なコンテンツだと認められているのにも関わらず、なぜかクリック率が低いこともあります。

この場合は『広告の配置を間違っている』可能性が高いです。

例えば記事冒頭に多くの広告を掲載してしまい、ユーザーから嫌がられるような配置設定にしたり、一番クリック率の高い記事下に広告を設置していない場合もクリック率が低くなる傾向があります。

広告に関しては、クリック率が高まる場所というのが存在します。見当違いな場所に広告をたくさん貼ったとしても、それがクリックされる可能性はまずありません。

広告の貼り方一つでクリック率を大きく改善することも可能です。

アドセンスの場合は、自分が配置した広告のクリック率を正確に測ることができますので、日々テストを繰り返してクリック率の高い位置を見つけていきましょう。

ジャンルがごちゃごちゃのサイトである

アドセンスサイトの場合、多くの方がバラバラのジャンルの記事を書いていると思います。

これは一般的に『ごちゃまぜサイト』と呼ばれており、このようなサイトの場合には『クリック率が低くなる』のがセオリーです。

というのも、ユーザーがサイトにアクセスして一つの記事を読み終わったら、ジャンルがバラバラの記事になるため他の記事を読む可能性はかなり低いですよね?そうなると、自然とページセッションも低くなりますので、ユーザー側に掲載される広告の数も少なくなります。

一つのジャンルに絞っていると、そのジャンルの広告だけを表示すればクリック率は高まります。しかし何を書いているかわからないごちゃごちゃのサイトの場合、あらゆる広告を表示させることになるため、同時にクリック率も低くなっていくのです。

逆に一つのジャンルに特化したサイトの場合には、複数ページを見られる可能性が高くなりますので、ページセッションも上がり、ユーザーに見られる広告の数も増えます。

この場合、掲載されているアドセンス広告のクリック率も上がるのです。

ひろ
専門性の高いサイトは、アドセンスだけではなく物販も絡めることができるので収益も上がります。

最初はごちゃごちゃのサイトでアクセスを集める練習をして、その後に専門性の高いブログを作ることによって、効率よく収益を伸ばすことができます。

特にアドセンスで稼ぎやすいジャンルに関しては、こちらの記事で紹介しています。

クリック率の低いジャンルである

専門性の高いサイト構築をする場合に注意していただきたいのは『ジャンルによってはクリック率の低いものもある』ということです。

サイト運営者であればここはある程度理解しているかもしれませんが、これからブログを始めようとする初心者には特に注意していただきたいポイントです。

そもそもこのアドセンス広告の意味を理解している『ITリテラシーが高い』属性の人たちは、広告をほとんどクリックしません。

そのため、ゲームジャンルやITジャンルは特にクリック率が低いと言われています。

もしアドセンス広告で大きな利益を出したい場合には『ITリテラシーが低く、ライバルが少ないジャンル』を狙うことで、初心者でも大きく稼ぐことができます。

オススメとしては『年齢層が高い人が好むジャンル』を狙うことです。今頭に色々と思い浮かんだと思いますが、そのジャンルを狙えばスムーズに結果を出すことができますよ笑。

若年層:スマホがある世の中が日常であるため、基本的に広告を嫌う傾向が強い

年配層:ある程度年齢を重ねてからインターネットが登場したため、ITリテラシーがそこまで高くなく、広告のクリック率が高いと言われている。

アドセンスで収益をアップさせる方法

ではこのアドセンスでの収益をさらに上げるために、サイト運営者ができることは一体何なのか?

ここまでの話でかなり暴露してしまいましたが、一応おさらいとして以下にまとめておきたいと思います。

クリック単価よりもまずはアクセスを集める

クリック率が高く、尚且つクリック単価が高いジャンルを狙うとすぐに結果を出すことができますが、多くの場合、このジャンルはライバルが多くなります。

それもそのはず、多くのサイト運営者はより効率よく稼ぐためにジャンルを選定しているので、単価が高いと分かればそこに力を入れてくるのは当然です。

このジャンルで初心者がいきなり勝負をしても、まず勝つことはできません。

もし自分のスキルがまだそこまで高くないと感じているのであれば、まずは単価やクリック率よりも『アクセスを集めること』に集中しましょう。

ひろ
正直アドセンスは広告単価の高さよりもアクセス数を重視した方が稼げます。単価が高いジャンルを狙うならば物販広告に切り替えた方が効率が良いというのが私の印象です。

どんなに単価の低いジャンルであっても、圧倒的にアクセスを集めることができればかなりの収益になります。

実際私もアクセスが全く来ない時期がありましたが、いくつかの改善を加えたことによって、数十万PV集められるサイトを複数作ることができました。

ライバルの多いジャンルで少ないアクセスを集めるよりも、ライバル皆無の単価の低いジャンルで圧倒的にアクセスを集めるのであれば、後者の方が結果が良くなります。

広告の配置をテストし続ける

そして長期的に稼ぎ続けるためには、広告の配置をテストし続けるマインドが大切です。

広告に関しては、ユーザーの心理を考えると分かりやすいでしょう。

例えばあなたのサイトにユーザーがアクセスをした場合、まず最初に『自分が抱えている悩み』を解決するために記事を読みます。そうなると記事の頭にある広告をクリックしてもらえる確率が低いことは想像できます。

そして記事を読んでいき、自分の悩みを解決できる一文を見つけたら、その後は自分のサイトを離脱する可能性がありますので、そこで広告をクリックしてもらえる確率が高くなるでしょう。

それを考えると、記事下の広告は必須であり、尚かつ記事途中の広告の配置場所も事前にシュミレーションするとクリック率を上げられることが分かりますよね?

このように、日々ユーザーの視点から考えておけば、広告の配置をテストしながらクリック率を上げることは可能なのです。

クリック率の高すぎにも弊害がある‥

日々の改善を続けていると、ある程度のラインまでクリック率を高めることができます。しかし一つだけ注意点があります。

それは『クリック率が高すぎるとgoogleから広告の配信停止を受ける』可能性があります。

正しい手法でアドセンスを実践していた場合でも、明らかに他のサイトよりもクリック率が高いと、google側から不審に思われることがあるようです。

  • 自分でクリックしているのではないか?
  • 知り合いにクリックを促しているのではないか?

アドセンスには厳しい規約がありますので、仮に不正をしていなかったとしても、このように疑われてしまうことがあります。

ひろ
いわゆるアドセンス狩りというやつです。

ちなみにアドセンスのルールに関しては、こちらで分かりやすく解説しています。

具体的にどれくらいのクリック率が危ないというデータはありませんが、基本的には普通にサイト運営をしているだけでこの規約違反に引っかかることは考えづらいですので、そこまで心配しなくて問題ないでしょう。

クリック率改善よりも、まずは記事を書こう!

そして最短で結果を出したい場合には、広告配置のテストを繰り返すことも重要ですが、まずは記事の更新をしてアクセスアップに務めるのが一番です。

これは私自身がやりがちなことですが、ちょっとしたことが気になり始めて、記事の更新という一番重要なポイントをおろそかにしてしまうことがあります。

確かにクリック率を上げることは重要ですが、それ以上に記事更新をしてアクセスを上げることに力を入れたほうがよっぽど効率よく稼げますので、ここは十分に注意しておきましょう。

一つのことにこだわってしまう私のような職人系の人は特に注意が必要ですよ笑。

▼今回の総括

大量のアクセスを集められているのにクリック率が異常に低い場合は、広告配置やジャンル選定をミスっている可能性が高いので修正が必須。そこまでアクセスを集められていないのであれば、まずは記事を入れてアクセスを集めることに全力を注ぐべし!

まとめ

いかがでしたか?クリック率が低い原因はいくつか挙げられますので、今回ご紹介したことを意識して、まずは自分のサイトを確認してみましょう。

サイトに訪問してくれたユーザーが求めている情報を提示し、正しい方法で広告を掲載していれば、自然とアクセスを集めてアドセンスで稼ぐことができます。

逆に広告をクリックしてもらうことが目的となってしまうと、長期的に稼ぐことはできません。

遠回りが一番の近道だと言われるように、面倒なことを最初に終わらせてしまえば、あとは放ったらかしでもアドセンスで収益を得続けることはできます。

検証・改善を繰り返し、スキルと経験を身につけていき、さらに大きな収益を上げられるような自分へと成長していきましょう