Pocket

『ブログで収入を得るなんて意味わからない‥怪しい‥』

実際私自身はこのような言葉を何度も聞かされてきました。

特にインターネットを使ったビジネスというのは、なぜか周りの人たちから怪しいと言われることが多く、その中でもブログを使ったビジネスは仕組みを理解していない人が多いため、ブログで収入を得られることを話しても、ほとんどが聞く耳を持ってくれません。

私自身、現在複数のブログを運営しているのですが、その多くは自動で収入を得られる仕組みを構築しているため、ちょっとしたメンテナンスをすれば稼ぎ続けることができています(この仕組みに関しては後半で具体的に解説していきます)。

正直、この記事にたどり着いたあなたも『ブログで収入を得るなんて嘘だろ‥』と心の片隅で思っているはずです。

旅行している最中も、友達と食事をしているときも、寝ているときも自動で収入が得られるブログなんてあるはずがない!そう思いたい人もいるかもしれませんが、今回の内容を最後まで読めば、なぜ私がブログで自動収入を得ているのか?そのカラクリがしっかりと理解できます。

実際、私だけではなく私の周りやネット上でブログを運営している人たちは、みんなが働いている中でブログから自動で収入を得る仕組みを作り続けています。

もし、本業にプラスして自動収入を得たい、ブログで収入を得る仕組みを理解して自分でも稼ぎたい、そう思っているのであれば、ブログ運営者の裏側を余すことなく公開していきますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

おそらく読み終わった後には、あなたの価値観がガラッと変わっているはずですよ。

ブログで収入を得る方法をどこまで知っていますか?

まず一つお聞きしたいのですが、あなたはブログで収入を得るための方法をどこまで知っていますか?

最近では、趣味でブログを立ち上げて収入を得ている主婦やサラリーマンはゴロゴロいます。

もしかしたら、あなたの周りでこっそりとブログで収入を得ている友達や知り合いがいるかもしれません。

一般的には『ブログで収入を得る方法』はほとんど知られていません。

広告の仕組みを理解している人たちは、ブログにアクセスを集めて、そこにある広告をクリックしてもらったら収入が得られることは理解していますが、それ以外の仕組みはほとんど知られていないのです。

はっきり言っておきますが、これってかなり勿体無いことですよ?

多くの人が知らない情報を得て、一部の人が大きな金額を稼いでいるのがこの『ブログ』というツールでもあるのです。

もっと言ってしまうと、ITスキルを深くまで理解している人たちは、多くの人が知らないところでとんでもない利益を出し続けているのです。

とりあえず、まずこの現実があることだけは知っておいてください。

一部のブログ運営者しか知らない収入を得るための仕組み

『ブログで収入を得る』

この表現だと、ただブログを運営していれば収入を得られると思ってしまいますが、ブログは奥が深いです。

実は収入を得るための仕組みは何通りもあるのです。

しかも、これを全て理解できると、ネット上だけではなくリアルビジネスにも応用できるため、多くの人に求められるスキルを手にいれることができるのです。

現在ブログ運営者が実践している仕組みというのは、以下のどれかになります。

アドセンス広告の収入

ブログ収入の大半は『広告収入』になりますが、その中でも一番有名で誰もが実践できるのがこちらの『アドセンス広告』になります。

このアドセンス広告というのは『youtube』でも使われている広告なので、動画が好きな人はyoutuberがアドセンス広告の収益を得ている事実を知っているかもしれません。

youtubeの場合、動画にアドセンス広告を貼り付けて、動画が再生されると広告を見てもらうことができますが、ブログの場合は、自分が書いた記事にアクセスした人がアドセンス広告を見てくれるのです。

つまり、動画がブログ記事に変わっているだけで、youtuberもブロガーも使っている仕組みはほとんど同じだということです。

アドセンス収入で儲かっている人が増えている理由

少し補足情報ですが、最近はこのアドセンス広告を使って桁違いの収入を得ている人たちが増えています。

なぜ数年前はそこまで稼いでいる人がいなかったのに、急激にアドセンス広告で収入を得る人が続出しているのか?

この一番の理由は『ネットユーザーの急増』です。

今までは、テレビという巨大メディアが視聴者を独占していたのですが、最近ではスマホやパソコンを使う人が圧倒的に増えているため、テレビを見る時間を減らし、スマホやパソコンで情報を得るようになっているのです。

ビジネスでは『いかに暇な時間のシェアを獲得できるか?』が重要と言われますが、巨大メディアのテレビからネットに視聴者・ユーザーが流れてきているおかげで、個人が発信した記事や動画が見られる頻度が急激に増えているのです。

youtubeに関しては、日本の6000万人(人口の2人に1人)が視聴しているとも言われているため、当然稼ぐ人が出てきます。

→参考サイト

逆にテレビの視聴率は日に日に落ちているため、数ヶ月単位で『あれっ?なんか出演者が減ってないか?』『番組のセットがしょぼくなってないか?』と思うことが増えているのです(これは気づいている人は気づいていると思います)。

今後この流れはさらに加速するため、ブログやyoutubeを使って圧倒的な収入を得る人は今後さらに増えることが、ほとんど確定しているようなものです。

いずれにせよ、ブログの仕組みを最低限理解すれば、どんな媒体でも応用が可能になるため、この不況の時代で大きな稼ぎを得られる可能性は格段に上がるのです。

ブログを使ったアフィリエイトでの収入

ブログで稼ぐ=アドセンスという価値観の人は多いですが、実際その稼ぎ方は『1つの選択肢』でしかありません。

アドセンスに特化しても稼ぎ続けることはできるのですが、これを自動化できるか?と問われると、正直微妙なところです。

というのも、アドセンスというのは常に『アクセスを大量に集めなければならない』ため、google側のさじ加減で一瞬で収益が激減する世界なのです。

アドセンス広告を1回クリックされても数十円の収入しか得られませんが、こちらの『アフィリエイト』の収入をブログに絡めることによって、収益は飛躍的に上がります。

実際、ブログ単体で大きな収入を得ている人たちは、必ずこのアフィリエイトの手法を取り入れています。

アフィリエイトというのは、簡単に言ってしまえば『商品を紹介する』ものになります。

例えば私が3万円の商品を売りたいと思っている商品販売者だった場合、商品はあるけど自分で得るスキルがない‥、そう悩んでいるとします(世の中には商品は持ってるけど売り方が分からない人はたくさんいます)。

なので、商品を売れる人に対して『商品を紹介してくれたら商品単価の20%の報酬(3万円であれば6000円)を支払う』と約束した場合、この商品を販売できる人も得をするため、アフィリエイトするために商品を紹介していきます。

アドセンス広告の数十円のクリック報酬よりも格段に報酬が上がるため、アフィリエイト中級者・上級者はこぞってこちらの手法を取り入れるのです。

これを自分のブログで紹介することを『ブログアフィリエイト』と呼びます。

アドセンス広告は、ただクリックして貰えば報酬が得られますが、アフィリエイトの場合、その商品を購入する・登録してから報酬が発生するため、アクセスを集めるだけのアドセンスよりも少し難易度が上がるのです。

つまり、ブログアフィリエイトは中級者・上級者向きの手法だということです。

これも覚えておきましょう。

ブログで集客してリアルビジネスへ繋げる収入

アドセンス広告やアフィリエイトに関してはブログ上で完結するものでしたが、収入を得る方法として『ブログを1つの集客装置』として考えるやり方で収入を得る方法もあります。

というより、こちらのやり方は『本当の意味で資産を作れる』ため、ぜひ理解していただきたい考え方になります。

例えば、私が『ネイルサロン』を運営していたとします。

そのネイルサロンで利益を出すためには、お客さんにお店に来ていただく必要があります。

そのお客さんを呼び込む方法は様々ありますが、その中で『ブログ』を選び、これを集客装置とすることでネイルサロンの利益に結び付けるのです。

もし仮に、ネイルサロンに一人のお客さんが来ていただければ数千円の利益が出るのであれば、ブログで1人集客できれば、利益をそのまま得ることができるのです。

広告をかけてお客さんを集めると、当然広告費が利益から引かれることになるため、ブログ集客よりもお客さんの単価が下がります。

ブログ完結型ではなく、ブログを一つの集客装置として考え、その後の利益に結び付ける方法も理解しておきましょう。

  • アドセンス広告
  • アフィリエイト
  • リアルビジネス

この3つを理解しただけでも、ブログで収入を得ることが怪しい・詐欺ではないことが理解していただけたと思います。

ただ、実はもう一つ『ブログビジネスの奥義』とも呼べる手法が存在するのです。

ネット業界で大きな金額を稼いでいる人たちは、必ず以下の手法を取り入れてビジネスを展開しています。

リストマーケティングによる収入

正直な話、このリストマーケティングを極めてしまえば、おそらく一生食いっぱぐれることはないと言えるくらい強烈な稼ぎ方になります。

リストマーケティングというのは、ブログやSNS・広告などでメールアドレスを集めて、その集めたアドレスに対して商品を販売する手法です。

この手法の凄さがいまいちピンとこないかもしれませんので、具体的に解説していきましょう。

例えば、私がブログを立ち上げてアクセスを集め、そこからメールアドレスを1000件集めたとします。

この集めたメールアドレスに関しては、自分がそのアドレスのデータを失わない限りずっとメールを送ることができるため、一生ものの資産となります。

仮に1000件の集めたメールアドレスに対して、1万円の商品を紹介するとします。

そして、その中から100人の人が1万円の商品を購入してくれると、メール1通で100万円の利益を出すことができるのです。

さらにミクロに見ていくと、ブログのアクセスを増やすために記事を入れ続ければ、この取得できるメールアドレスの数も必然的に増えていきます。

毎日1000PVのブログから5件のメールアドレスが取れれば、これを2000PVに増やせば単純に10件のアドレスが取得できるようになります。

さらにPVに対してのメールアドレスの登録率を高めることができれば、1000PVで10件のアドレスを取得することもできます。

  • アクセスを増やす
  • メールアドレスの登録率を上げる

改善するポイントを見つけてブログを作り上げていけば、それだけでリストマーケティングでの収入を増やし続けることができます。

集客装置として動かすブログの数を1つから2つに増やせば、さらに取得できるメールアドレスの量は増えます。

つまり、ブログ完結のアフィリエイトをしているだけだと、毎日アクセスを集め続けなければ利益は出せませんが、リストマーケティングを取り入れることによって、万が一ブログのアクセスが減ったとしても、メールアドレスを失うことはないため、いつでも収益を出すことができるのです。

アクセスを集められるブログが存在する限り、ずっとリストを取得することができるため、当然自分の資産は積み上がっていきます。

1000件のリストが2000件に増えれば、それだけで売上もアップします。

よく、ブログ運営者が『月に数百万稼ぎました!』と紹介しているのも、あれは嘘でも詐欺でもなく、このリストマーケティングを上手に活用した結果なのです(ブログ単体でも月数百万円の利益を出している人はたくさんいますが)。

これができるようになると、本当の意味でビジネスが安定します。

それぞれの手法で得られる収入の目安

あくまでも目安ではありますが、上記で紹介したブログで稼ぐ手法はどれくらいの収入が期待できるのかを考えてみましょう。

ちなみに、どんなに頑張ったとしても手法によってはブログで稼げる限界があります。

イメージとしては

  • 稼ぎやすいけど上限が低い
  • 稼ぐまで大変だけど青天井

この2つがある感じです。

では見ていきましょう。

ちなみにリアル店舗に関しては、その店舗によって扱っている商品が全く違うので、今回は省かせていただきます。

アドセンス広告の収入の目安

こちらのアドセンスに関しては、とにかくPVを集めれば収入は右肩上がりに上昇していきます。

アドセンス最大の強みとしては『アクセスさえ集めれば、あとは広告設置してしまえば誰でも稼げる』点です。

ブログ記事を書いて、記事にアクセスを呼び込んで、その記事内に設置した広告をクリックしてもらう。ただこれだけの作業で収入が得られるわけですから、当然ブログ初心者がこぞって挑戦します。

ただ、アドセンス広告最大のデメリットとしては『とにかく単価が安い』という点です。

一つの目安として、PVをどれだけ集めればアドセンスで稼げるかをまとめてみました。

  • 10000PVで 2500円~5000円程度
  • 10万PVで 25000円~5万円程度
  • 40万PVで 10万円~20万円程度
  • 100万PVで 25万円~50万円程度

ちなみにこの数字は『月のPV』になります。

この数字から考えると、アドセンス広告で稼げる金額の上限としては、どんなに頑張っても『50〜100万』が限界だと思います。

ちなみにyoutubeを使ってアドセンスで稼ぐ場合、ブログよりも大きな結果を出しやすいので、そちらに挑戦してみても良いでしょう。

アフィリエイトの収入の目安

自分のブログで商品をアフィリエイトする手法の収入の目安に関しては、月100〜300万くらいだと思っています。

会社組織としてアフィリエイトに挑戦すれば、月収1000万円も狙うことができますが、個人で戦うとなると、一つのラインとなるのが月100万円の収入になります。

例えば、アフィリエイト商品の紹介報酬として1万円のものを扱った場合、これを月に100人に紹介すれば月収100万円を達成できます。

これをブログで達成することを考えた場合、商品の成約率が1%だと考えてみると、毎日広告に100アクセス流せば月収30万、300アクセス流せば月収100万円の計算になります。

アフィリエイトの場合、どの記事で上位表示をするのか?コピーライティング能力はどれくらいなのか?によっても成約率が大きく変わってくるため、アクセスを集めることを考えるのも大切ですが、人に商品を販売するコピーライティングもマスターする必要があります。

とはいえ、アドセンスとは単価の桁が違うため、コツさえ掴むことができれば面白いように稼ぐことができます。

毎日数十円の報酬が貰える広告をクリックしてするのと、1件成約すれば1万円の報酬が貰える商品を紹介するのはどちらがコスパが良いか?これは明白ですからね。

リストマーケティングの収入の目安

そしてこちらの手法に関しては、基本的には上限がありません。

というのも、リストマーケティング最大の強みとしては『メールアドレスさえあれば1通のメールで大きな金額を稼ぐことが可能』なところです。

例えば、1年前は1000件のメールアドレスで年収1000万円達成していたところを、今年はメールアドレスが3000件集めることができたとなれば、年収を2000万〜3000万に増やすことも可能です。

その資金を使って広告費を使って、さらに1万人のメールアドレスを取得したら、今までよりもさらに年収をアップさせることができるのです。

こちらがやっていることは『顧客にメールを送っているだけ』ですが、そのメールを受け取る人の数が増えれば、それだけ収入が増えていくのです。

これがいわゆる『レバレッジをかける』というものです。

とはいえ、リストマーケティングの場合、人が商品を購入したいと思えるようなライティングスキルが必要になるため、ある程度のスキルがなければ思ったように結果を出すことができません。

収入の上限がないところは最大のメリットではありますが、其れ相応のスキルが求められるため、ビジネスを本気で学ぶ姿勢がないと結果を出すことは難しいでしょう。

ブログで収入を得るためにはどの手法を選ぶべきか?

では、これからブログで本気で稼ぎたいと思った場合、上記で紹介したどの手法を使ってブログで稼ぐべきか?これは少し悩んでしまうかもしれません。

正直どの手法を取り入れても結果を出すことはできるのですが、私の結論としては

『難易度の低いものから順番にクリアしていく』

ことが挫折率も低く、結果を出しやすいと考えています。

それを考えると、やはり最初はアクセスを集めることができる『アドセンス』を使い、アクセスを集めて収入を得ることが最も失敗する可能性が低いと思います。

ブログは継続さえできれば結果は出ます。それは私が証明していることでもあります。

事実、私自身はこの業界に全くITスキルがない状態で参入しました。

当時はブログ記事を書くことすらできなかったため、頑張って記事を書いて書いて書きまくって、100記事のブログが作れた!と喜んでいたら、月のPVが70PVでした。

これはアドセンス広告の収入でも、良くて数十円・数百円です。

めちゃめちゃ頑張って、得られたものは駄菓子屋さんでちょっとお菓子が買える程度の収入です。

この時は本気で絶望しましたし、ブログで稼いでいるやつ全員詐欺師だと本気で思っていました。というよりそう思い込まなければ人生やってられませんでした。

この苦い経験をしているから言えることですが、最初に闇雲にブログを始めても、まず良い結果は出ません。

物事には必ず順序があります。

野球では、まずキャッチボールができるようになり、素振りができるようになり、バッティング練習ができるようになり、守備練習ができるようになり、スキルを身につけて試合に出られるようになる。

この順番のどこかがおかしければ、試合に出ても全く結果を出すことはできません。

ブログも同じです。

最初からいきなり試合で結果を出そうと思っても、そもそもスキルがない状態ではどんなに頑張っても結果は出ません。

まずは学ぶ、そして学んだことを実践する。そこで失敗を経験する。なぜ失敗したのか原因を突き止める。その原因を改善して再度実践する。

結局ビジネスはこの繰り返しです。

ブログは継続さえできれば必ず結果は出るとお伝えしている理由も、結局はここです。

なので、ブログで収入を得る方法で悩むのではなく、とりあえずまずは自分自身のブログを立ち上げ、そこに一度記事を書いてみることからスタートすべきです。

ここからは、初心者が実際にブログで稼ぐまでの流れを具体的にお伝えしていきます。

ブログで収入を得るためにやるべき3つのこと!

おさらいになりますが、ブログで実際に収入を得る方法は基本的には3つです。

1,ブログにアクセスを集めて広告をクリックしてもらう

2,ブログにアクセスを集めて商品を紹介する

3,ブログにアクセスを集めてお客さんになってもらう

この3つのどれかから収入を得ることを考えていきます。

ちなみにリアル店舗への集客のためにブログを利用する方法に関しては、今回は省いてお伝えしていきます。

最初からいきなり難易度の高い方法でブログの収入を得ようとすると、昔の私みたいに泥沼にハマりますので、シンプルにやるべきことを3つのステップにまとめました。

1,ターゲットを決める

どの方法で収入を得るにしても、最初にブログを『誰に向けて』書いていくか?ここを決める必要があります。

詳しくはブログ集客で重要なターゲット選定!お客さん集めに成功するならここを意識しよう!の記事で解説していますので、こちらもチェックしておいてください。

例えば、あなたが『筋トレ』に関連する商品を紹介したいのに、ブログのターゲットが『健康に興味のある人』だと、少し属性が違いますよね?

確かに筋トレは健康ジャンルに含まれているかもしれませんが、健康だと少し抽象的すぎてしまい、筋トレ以外にも当てはまるジャンルがたくさんあります。

健康に興味はあるけど、筋トレはやろうとは思わない‥そのようなユーザーに対しては、いくら健康ジャンルで筋トレの記事を書いても読んでもらえません。

ではどうするのか?

これに関しては、最初ブログを立ち上げる際に『自分がお客さんにしたい人物像を一人具体的に想像してみる』と良いです。

筋トレジャンルのブログを立ち上げるのであれば

大卒で会社員として働く20代後半の男性

週5で働く普通のサラリーマンをしており、朝早くに仕事に出かけ、仕事が終わるのは夜の8時9時になるのが当たり前の毎日。

自分で食事を作るのも面倒なので、基本的に食事は外食がほとんど。

20代前半の頃は多少無理な生活をしても太ることもなく元気に仕事ができていたが、20代後半になってくると、気づいたら椅子に座るときにお腹に圧迫感を感じるくらいの脂肪が付いていた。

30代も近いため、そろそろ彼女を作って結婚したいと思っているが、今の自分の体では女性ウケが悪く、自分の理想のタイプの人と付き合うことが難しいかもしれない。

妥協せずに自分が本当に好きになった女性と結婚するためには、内面を変えることも大切だが、やはり女性ウケする筋肉質な体を手に入れたい。

だが、今まで筋トレなんてしたことがないため、実際何から始めれば良いかさっぱりわからない。

ジムには通うことができるが、パーソナルを受ける余裕はないため、なんとか自分で情報を仕入れて夏までにバキバキの腹筋とTシャツ映えするボディを手に入れたいと考えている。

こんな感じで、その人の生活スタイルや現状の悩みをリアルにイメージし、一人の人物像を作り上げていきます。

この例のような人は世の中に一定数必ずいるため、ここに向けた筋トレブログの記事を入れていけば、高い確率で反応を得られる記事を書くことができ、一定数商品が売れる可能性が高いです。

とはいえ、実際に一人の人物像がなかなか思い浮かばないこともあるでしょう。

そんな時は『すでに悩みを抱えているユーザーの情報を活用する』ことで人物像がイメージしやすくなります。

その際に参考となるサイトとして

→Yahoo!知恵袋

→教えてgoo

これらを閲覧することで、そのジャンルで悩みを抱えている人がどのような質問をしているのかが見えてきます。

実際の事例

20代後半の男です。
今までろくに運動もしていなくて太っていますし、体力もないので筋トレして痩せて体力をつけたいと思っています。

今考えてるメニューとしては、エクササイズを毎日行い、腕立て伏せや腹筋、スクワット等は各曜日ごとに分けて行おうかと考えています。
たとえば月曜日ならエクササイズ+腕立て伏せ、火曜日ならエクササイズ+スクワットみたいにエクササイズ+筋トレの何か1つ。
土曜日までは筋トレを毎日やって、日曜日は筋トレなしでエクササイズのみという形にしようかと考えています。
そこでいくつか質問があります。
ダイエットや体力作りが目的の筋トレや運動は毎日行うのがベストなのでしょうか?

このような書き込みがいくつもあるため、かなり詳細に人物像を想像できるはずです(質問している人が実在する人物なので)。

ここであらかじめ『キーワード』をいくつか拾っていき、設定した人物像に向けた記事構成を考えていきます。

2,ブログのキーワード設定

このブログのキーワード設定とはなんぞや?と思われるかもしれませんが、これは簡単に言ってしまえば『アクセスを集めるための戦略』になります。

先ほど『筋トレ』を例にお話しすると、単純にブログタイトルで『筋トレブログ』と設定しても良いのですが、その中に入っている記事の大半が『筋トレとは?』『筋トレの効果』『筋トレのやり方』のように筋トレばかりを扱っていても、訪問ユーザーは飽きますし、何よりアクセスを集めることができません。

実際に『関連キーワード』ツールを使って筋トレについて調べてみると、

→使っている関連キーワードツール

単純に筋トレ関連のキーワードだけでも837個も出てきます。

もちろん気合のある人はこれら全てのキーワードでブログ記事を作っても良いですが、かなり面倒ですし、そもそも設定したターゲットに刺さるキーワードなんてこの中のごく一部ですから、これは効率が悪すぎます。

先ほど設定した人物像を思い出してください。

この人は筋トレに興味があるユーザーですが、男性でTシャツが映える筋肉を付け、そして腹筋をバキバキに割りたいと思っている人です。

つまり、筋トレに興味があるというより『ボディメイク』をしたいと考えているのです。

これを踏まえて再度キーワードを洗い出してみると、筋トレに関する情報を伝えるよりも『腹筋を割る方法』『モテる体』に詳しいブログを立ち上げた方がお客さんになってくれる可能性が高いはずです。

となると、ブログタイトルとして

『ギャルにモテる体を手に入れる筋トレブログ』

のような感じにした方が、この年代のお客さんには刺さることが分かります。

実際に記事として書くキーワードの例を考えてみると

『腹筋』(キーワード791個)

ボディメイク(キーワード633個)

細マッチョ(キーワード509)

これらのキーワードを含めた筋トレのブログを作り込んでいくと、面白いようにアクセスを集められるはずです。

ここまでである程度キーワードが揃ってきましたので、次はいよいよアクセスを集めるためのブログ記事を作っていきましょう!

3,アクセスを集めるブログ記事を書く

ここまでくれば、あとはブログ記事をゴリゴリ書いていくだけです。

私も数々のブログを運営してきましたが、その中で感じていることは

『記事さえ書くことができれば一定の金額は誰でも稼ぐことができる』

ということです。

ブログというのは、1記事2記事書いて大量のアクセスが集まることはまずありません。

なぜブログが一つの資産になるかというと、コツコツと1記事を積み上げていき、それが結果的に100記事200記事溜まることによって、1つ1つの記事が毎日放置していてもアクセスを集めてくれるようになるのです。

つまり、記事を書き続けることができれば、当然アクセスを集める記事の量が増えるため、稼げる確率は高まります(もちろん正しい書き方をする必要がありますが)。

稼げていない人たちのほとんどは、この『記事更新ができない・途中で諦める』ことが一番の理由なのです。

何事も9割以上の人が途中で諦めてしまい、1割の人だけが結果を出して良い思いをしていると言われているように、ブログもその1割の人だけが続けているため、結果的に一部の資産ブログを構築した人だけが稼ぎ続けているのです。

記事を書く継続力さえあれば、あとは『アクセスを集める記事』を量産するだけですからね。

Pocket