Pocket

実際にWordpressを運営していると、自分が書いた記事や他の人に書いてもらった記事を見たい場面は以外と多くあります。

記事を公開してから見てもらうこともできますが、そうすると、未完成の状態で記事を一般に公開することになるため、運営する側からするとリスクもあるのです。

ですが今回ご紹介する『Public Post Preview』というプラグインを使うことによって、下書き・予約投稿・レビュー待ちの状態でも他者が記事を見ることができるようになります。

公開前の記事を見てもらう方法としてはこちらの『Public Post Preview』を使うのが一番楽なので、ここではこのプラグインの使い方や設定方法について詳しく解説していきたいと思います。

プラグイン『Public Post Preview』とは?

こちらのプラグインは、実際にWordpressを長年使っている人は当たり前のように導入しているプラグインになります。

WordPressの使い方は人それぞれ異なりますが、どうしてもコンテンツを作る際に、第三者に内容を確認して欲しい場面が出てくることがあります。

そうすると、必然的に公開前の記事をチェックすることになるため、自分のwordpressに権限を与えるか、もしくは記事を公開してチェックしてもらうしか方法がありません。

ですがこちらのプラグイン『Public Post Preview』を使えば、記事公開前の段階で他者にその記事をチェックしてもらうことができるのです。

『Public Post Preview』を導入することでできること!

▼『Public Post Preview』でできること

  • WordPressの権限を与えなくても公開前の記事を確認できる
  • 指定した未公開記事だけを見せることができる
  • 確認用のURLは一定時間すると見れなくなる
  • インストールすれば無料で誰でも使える

こちらのプラグインでできることに関しては上記した通りなのですが、実際に使ってみると、これが結構便利に使えるんですよ。

確認してもらう際にログインの権限を与えるのは運営する側からしてもリスクですし、少し面倒な手間がありますが、『Public Post Preview』であれば、一定期間使えるURLを相手に教えるだけで未公開記事を確認してもらうことができます。

例えば、何かしらの商品をレビューする記事を書いた場合、その商品を扱っている人に対して記事をチェックしてもらうことがあります。

その時に未公開の状態で確認してもらうと、記事の修正も楽ですし、公開して欲しくない内容を事前に潰すことができます。

複数名でWordpressを運営する場合に関しても、わざわざログインして記事をチェックするのではなく、このプラグインを使ってURLを直接渡した方が、楽に記事のチェックができるようになるのです。

一度設定してしまえば楽に使えるプラグインですが、ここからは実際に『Public Post Preview』のインストール方法・設定方法についての解説をしていきます。

『Public Post Preview』のインストール・設定方法

こちらのプラグインのインストールは簡単です。

まず、Wordpress左にある『プラグイン』→『新規追加』を選択し、そこから右上の入力項目に『Public Post Preview』と入力して、出てきたプラグインをインストール→有効化します。

これで導入は終了です。

『Public Post Preview』の設定

そして実を言いうと、このプラグインには細かい設定などはありません。

使い方もとてもシンプルで、Wordpressの『投稿』画面を開き、そこで『外部確認を許可する』を選択します。

するとそこにURLが出てきますので、それを記事を見せたい人にそのURLを送ってください。

そうすることで、下書きの状態の記事を外部の人に確認してもらうことができます。

このプラグインを使うことで、記事を見てもらう面倒な手間がかなり少なくなるため、ぜひインストールしておくことをおすすめします。

URLの有効時間について

公開する前の記事を確認できるこちらの『Public Post Preview』ですが、実際にURL経由で記事を確認できるのは『48時間まで』に設定されています。

そのURLでずっと記事が見れるとなると、セキュリティ的に問題が出てくるため、事前にこの時間に設定されています。

48時間を超えると、その先はURL経由で記事が見られなくなりますので、その点は記事を確認してもらう人にあらかじめ伝えておきましょう。

▼『Public Post Preview』の注意点

  • URL経由でチェックできるのは48時間以内
  • 公開後の記事に関しては『Public Post Preview』ではチェックできない
  • 48時間の有効時間を変更するためには『Public Post Preview Configurator』のプラグインを導入する

URLの有効期間を変更する方法

ちなみに48時間のURL有効期間を変える方法もシンプルです。

先ほどインストールしたプラグイン「Public Post Preview」の他に、もう一つ『Public Post Preview Configurator』をインストールします。

そして『プラグイン』→『Public Post Preview Configurator』を選択します。

画面が切り替わったら、『Expiration hours』のところに希望する時間を入力しましょう。

右下に記載されていますが、デフォルトの設定では48時間となっていますので

  • 1日=24
  • 2日=48
  • 3日=72

このように入力してください。

そして入力ができたら『変更を保存』を選択すれば完了です。

まとめ

最後に簡単にまとめておくと

URLの有効期間が48時間で問題なければ「Public Post Preview」の導入だけでOK。

URLの有効期間を変更したければ『Public Post Preview Configurator』も導入する。

これを理解しておいてください。

いずれWordpressを複数人で運営する場合には必須のプラグインとなりますので、このプラグインの存在だけは覚えておきましょう。

かなり便利に使えますからね。

Pocket