Pocket

ワードプレス5,0からリリースされた便利?なエディター『グーテンベルク(Gutenberg)』

これに関しての意見は様々ですが、正直今までのワードプレスのエディターに慣れている人にとって、このアップデートは衝撃的だったと思います。

日々ワードプレスは便利に進化し続けていますが、それでもこのアップデートによって

『うわっ、めっちゃ使いづらい‥』

という言葉が世界中で出たことは間違いないでしょう。

このエディターは慣れるまでに時間がかかるため、旧エディターが使いやすいと感じていたユーザーのために、プラグインとして『Classic Editor』が使われています。

なのでここでは、グーテンベルク(Gutenberg)のリリースに戸惑っている方のために、プラグイン『Classic Editor』を使い、旧エディターでワードプレスを使う方法をお伝えしていきます。

ワードプレス新エディタGutenberg(グーテンベルク)について

ワードプレス利用者に衝撃を与えたこのGutenberg(グーテンベルク)ですが、なぜ多くの人たちがこのエディターのリリースに戸惑っているのか?

その答えとしては

『今までのエディターとは全く違った構造でコンテンツを作成するようになった』

ことが一番の理由でしょう。

リリースされたグーテンベルク(Gutenberg)では、考え方としては

『ブロックを積み上げていくようにコンテンツを作る』

感じなので、良い意味では直感的に使えますが、慣れるまでにはそれなりの時間がかかります。

ワードプレスを運営していた人からすると、毎日記事投稿・コンテンツ作成をしていた人もいるため、ここにきての大幅なアップデートは作業時間を減らすリスクもあります。

そのため、

  • グーテンベルク(Gutenberg)を使いこなそうとする人
  • 旧エディターを使うためにプラグイン『Classic Editor』をインストールする人

に分かれているのです。

『Classic Editor』を使うと従来のエディターに戻すことが可能

どうしてもグーテンベルク(Gutenberg)に慣れることができない場合、こちらの『Classic Editor』というプラグインをインストールすれば、今まで通り旧エディターで記事の作成ができるようになります。

今まで慣れ親しんだエディターに戻りたい‥そう思っている人にとっては、この『Classic Editor』のプラグインは必ず導入していただきたいものになります。

※『Classic Editor』はWordpressのチームが管理している公式のプラグインになります。

ちなみに個人的には、慣れてしまえばグーテンベルク(Gutenberg)の方が使いやすいです。

ただ、慣れるまでにある程度の時間が必要になるため、とりあえず『Classic Editor』をインストールしておき、慣れるまでは旧エディターで作業した方が良いでしょう。

『Classic Editor』を導入し旧エディターに戻す手順

このプラグイン『Classic Editor』を導入して旧エディターに戻すのはかなり簡単です。

プラグインを有効化すれば旧エディターに戻すことができ、停止すればグーテンベルク(Gutenberg)をつかうことができます。

『Classic Editor』をインストールする

最初に、ワードプレス左から『プラグイン』→『新規追加』を選択しましょう。

そして右上の『キーワード』の部分に『Classic Editor』と入力すると、検索結果に『Classic Editor』が出てきますので、それを『インストール』して『有効化』しましょう。

このプラグインを導入することによって、記事の投稿画面が

今までこのようなものだったのが

このように、慣れ親しんだ旧エディターに戻っているはずです。

エディターの併用のやり方

実は設定を変えることで、旧エディターとGutenberg(グーテンベルク)を併用することが可能です。

このやり方も簡単で、ワードプレス左の『設定』→『投稿設定』を選択し、

全てのユーザーのデフォルトエディター:クラシックディター

ユーザーにエディターの切り替えを許可:はい

を選択してください。

そうすると

このように記事投稿画面でどちらのエディターを使うかを選択できるようになります。

この設定が終われば、自由に旧エディター・Gutenberg(グーテンベルク)を使い分けることができます。

まとめ

正直、慣れてしまえばグーテンベルクの方が使いやすくなるため、できれば時間のあるときにグーテンベルクを使って記事編集の練習をしてみてください。

あくまでも今回お伝えした『Classic Editor』のプラグインは、グーテンベルクを使いこなせるようになるまでの繋ぎです。

2022年にはワードプレスサポートチームによる『Classic Editor』のサポートがなくなりますので、ここまでにグーテンベルクを使いこなせるようになっておきましょう。

Pocket