プラグインの中でも、とりあえず最初に導入することを考える『PS auto sitemap』

これを入れることによって様々なメリットがありますが、実際にプラグインを導入してみると

なぜかサイトマップが表示されない‥

手順通りに導入したけど上手く使うことができない‥

という話をよく聞きます。

実際は導入までの流れはそこまで難しいものではないのですが、多くの方が導入できずに困っているようなので、ここではPS auto sitemapの導入から使い方までを分かりやすく解説していきたいと思います。

PS auto sitemapとは?

まずこちらのPS auto sitemapというのは、自分が投稿したページ(投稿ページ・固定ページ)を一覧として一つのページで表示してくれるものになります。

例えば私が運営するこのサイトの場合、すでに何百記事ものコンテンツが入っているため、新しく入ってきたユーザーさんからすると、どこにどの記事があるのかさっぱり分かりません。

たとえそのユーザーさんが求めいている情報が私のサイトにあったとしても、それを見つけることができなければあってもなくても同じことです。

普通にサイトやブログを運営しているだけでは見つけることが難しくても、このPS auto sitemapを導入すれば、全ての記事を一覧として見ることができるため、すぐに自分が欲しい情報を見つけ出すことができるのです。

このサイトだと、このように記事が一覧として表示されることになります。

PS auto sitemapを導入するメリット

このプラグインを導入することによって、ユーザー側から情報を見つけやすくなるメリットがありますが、それ以外にも、googleが巡回させているロボット(クローラー)も、サイト内の記事を見つけやすくなるのです。

例えば自分が新しい記事を投稿した場合、その記事が検索結果に表示されるまでには時間がかかります。

それは、googleのロボット(クローラー)が自分の新しい記事を見つけることができていないため、それを見つけるまでにタイムラグが生まれるのです。

しかし、このプラグインを導入してサイトマップを作っておけば、そのサイトマップにクローラーが訪れれば、新しい記事を見つけ出してもらえるのです。

つまり

  • ユーザー側
  • google側

双方にメリットをもたらすのが、この『PS auto sitemap』だということです。

これを理解していると、このプラグインを導入しない理由は見つかりません。

PS auto sitemapの導入から使い方までを解説!

ではまず最初に、ワードプレスの『プラグイン』からPS auto site mapをインストールしていきましょう。

ワードプレスの画面にある『プラグイン』を選択し、そこで『新規追加』の項目を選びます。

そして検索した結果のところに『PS auto site map』が表示されるので、それを『今すぐインストール』して『有効化』をします。

これでインストールは完了です。

PS auto site mapの設定

そして次に、ワードプレス左の『設定』を選択し、そこでPS auto sitemapを選びます。

すると細かい設定画面が表示されるので、その一番下までスクロールし

こちらに記載されているリンクをコピーしておいてください。

このリンクがコピーできたら、ワードプレス左画面の『固定ページ』を選択し、そこで『新規追加』をクリックします。

そしてここが一番重要なのですが

固定ページの先ほどコピーしたリンクを貼り付ける際に、必ず『テキスト』の項目を選択してから貼り付けるようにしてください。

ここで『ビジュアル』を選んでしまうと、正常にPS auto sitemapが表示されません。

このミスをしてプラグインを使えていない人もたくさんいますからね。

そしてこれを貼り付けて保存をしたら、次はワードプレス左画面の『固定ページ一覧』をクリックし、今作ったサイトマップの編集画面に飛びましょう。

そして記事編集画面に飛ぶことができたら、そこのURLの部分を確認してみてください。

するとここに

『post=数字』

が表示されますので、この数字をコピーしておきます(例・345など)

そしてこの数字を知ることができたら、ワードプレス左画面の『設定』から『PS auto sitemap』を選択します。

そして『サイトマップを表示する記事』に先ほどの数字を入力して『変更を保存』を選択すれば、設定は完了です。

このような画面が出てくるはずです。

デザインをオシャレにしたい場合

デフォルトの状態でも十分サイトマップとして機能するのですが、やはり細かいデザインにこだわりたくなることもあります。

なのでPS auto sitemapのデザインにこだわりたい場合には、PS auto sitemapの設定画面に飛んで

『スタイルの変更』を選択し、自分が好きなデザインを選んでみましょう。

私の場合は、デザインなしか、もしくはチェックリストを使っていますので、どのデザインが良いかで迷った場合にはチェックリストで良いかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

実際SEOやユーザリビティの向上のためにプラグインを入れている人・入れていない人とでは結果が大きく変わってきます。

本当にちょっとしたことではありますが、ユーザー側から見て

『これがあったら見やすいのになぁ〜』

という設定を網羅しておくと、アクセス解析のデータがかなり良くなります。

データが改善されれば、それだけSEOに強いサイトを作ることができますので、設定を面倒だと思わずに、まずはできることから始めてみましょう。

PS auto sitemapは手軽に入れられるプラグインなので、かなりオススメですよ。