wordpressを使っている方からの質問で

『どんなプラグインを導入すればいいですか?』

というものがたくさん来ますが、数あるプラグインの中でも確実に入れていただきたいものの一つとして、今回ご紹介する

『Table of Contents Plus』

が挙げられます。

このプラグインに関しては、wordpressで結果を出している人は必ず入れていると言っても過言ではないくらい重要なものなので、もし今の段階でこのプラグインが導入されていないのであれば、早めにインストールしてください。

ここではTable of Contents Plusの具体的なメリットと使い方の流れについて分かりやすく解説していきたいと思います。

導入するだけでも自分のサイトに良い変化が出ると思いますので、是非最後まで読んでみてください。

Table of Contents Plusとはどんなプラグインなのか?

まず、こちらのプラグインは

『見出しを元にして自動で目次を生成してくれるプラグイン』

になります。

私が運営するこのサイトでは

この部分がTable of Contents Plusが見出しを元にして自動的に生成した目次になります(上記は別記事の見出しです)。

自分の手で見出しを作ろうとすると、HTML・CSSをいじる必要がありますが、このプラグインに関しては、一度設定してしまえば、あとは自分が見出しを作るだけで勝手に目次を生成してくれます。

つまり、プラグインを導入して最初の簡単な設定をしてしまえば、あとはほったらかしで目次を作り続けてくれるということです。

Table of Contents Plusを導入するメリット

このプラグインのメリットに関しては、自分が『読者側』の立場に立つとすぐに分かるはずです。

例えば、何かしらgoogleで検索をかけた場合、自分が求めている情報は『1つ、多くても2つ程度』だと思います。

その情報を求めてネットサーフィンをするため、なるべく早い段階で答えとなる部分を見つけようとするはずです。

もし仮に、検索結果として1つのサイトが出てきても、そこに目次が設定されていない場合は自分が求める情報をスクロールして探さなければなりません。

しかしTable of Contents Plusを導入し、記事上部に目次が作られていると、その目次を確認して目的の情報に近い見出しを見つけてピンポイントで情報を取り入れることができるのです。

ひろ
これはTable of Contents Plusが導入されていないサイト、導入されているサイトの両方を確認するとすぐに違いが分かると思います。

そうなると、自然とユーザーの満足度も上がりますし、google側もサイトを高く評価することになるため、SEOの観点からもメリットがあるのです。

▼Table of Contents Plusのメリット

  • 読者が自サイトで情報を見つけやすくなる
  • google側から評価されるサイトとなる

Table of Contents Plusの使い方を解説

ここでは、Table of Contents Plusの導入から設定、使い方までをいくつかのステップに分けて解説していきます。

1,Table of Contents Plusを導入する

まず最初に、Table of Contents Plusを導入し、プラグインの有効化をしていきましょう。

自分のwordpressの画面を開き、そこで『プラグイン』→『新規追加』を選択します。

そして右上のキーワードの項目でTable of Contents Plusを検索します。

すると、このプラグインが検索結果として出てきますので、これを『インストール』→『有効化』しましょう。

2,Table of Contents Plusの設定

プラグインを有効化できたら、実際にプラグインを開き、Table of Contents Plusの『設定』を選択します。

そうすると

このような設定画面が開きます。

それぞれの項目を解説すると

位置:目次を表示させる位置(個人的にはデフォルトの状態のままでOK)

表示条件:自分の記事内にいくつ見出しがあるときに表示するかを設定できる

以下のコンテンツタイプを自動挿入:post(投稿) page(固定ページ)になるため、基本的にはpostにチェックが入っていれば問題なし

見出しテキスト:目次自体のタイトルとなるため、『目次』や『好きなところから読んでください』などの言葉を入れるのがおすすめ

階層表示:見出しを階層で表示するかの設定

そしてさらに設定をスクロールしていくと

このような表示になります。

番号振り:目次の見出しに番号を振るかどうかの設定ができます。

スムーズ・スクロール化の有効化:これは、目次の項目をクリックすると、ジャンプするかスクロールするかを選択できます。ユーザリビティのことを考えると、スクロールを推奨しています。

横幅:100%に設定すると画面の横幅にピッタリ合わせてくれます

回り込み:これはデフォルトで問題ありません。

文字サイズ:目次の文字サイズの設定ができます

プレゼンテーション:目次のデザインを好みで変えることができます。

この基本設定ができれば、投稿ページで目次が自動的に導入されるため、一度確認してみましょう。

3,サイトマップ設定

こちらのサイトマップでは、Table of Contents Plusで作成するサイトマップの設定ができます。

固定ページリストを表示:サイトマップに固定ページリストを表示する場合はチェックを入れましょう。

カテゴリリスト表示:カテゴリリストを入れる場合はチェックを入れます。

見出し:サイトマップで必要な見出しの段階を入れます。

固定ページのラベル:固定ページで表示されるラベルの設定です。

カテゴリページのラベル:カテゴリページで表示されるラベルの設定です。

そして上級者向けの項目をクリックすると、このようなコードが出てきますが、これは固定ページ限定でサイトマップを作りたい場合の設定のやり方が書かれています。

ここまでの設定をしておけば、基本的なTable of Contents Plusの設定は完了します。

目次を導入することでユーザーの利便性が高まる

Table of Contents Plusはちょっとしたプラグインではありますが、これを取り入れることでSEO効果・ユーザビリティの向上はデータでも確認できます。

実際自分が『本』を買うときのことを思い出してみてください。

ふらっと立ち寄った本屋さんで、興味を引くタイトルの本が目に入ったとき、まず最初に何を確認しますか?

おそらくほとんどの人は『本の目次』を見るはずです。

そして目次の項目の中で興味があるところを立ち読みし、そこでもっと読みたいと思ったら本を購入するはずです。

ネット上にあるサイトやブログで言えば、本のタイトルは『記事タイトル』目次は『Table of Contents Plus』になりますから、当然ユーザーの興味はタイトル→目次の順番で移っていきます。

Table of Contents Plusを導入することで、サイトに訪れたユーザーが

『これ気になるから読んでみようかな』

と思う可能性が高まるため、当然ユーザリビティも高まることになるのです。

人がなぜそのような行動を取るのか?そこを掘り下げてみると、今回お伝えしたTable of Contents Plusを導入するメリットが具体的に見えてくるはずです。

まとめ

簡単な設定ですぐに導入できるため、まだこのプラグインを導入していない場合は、この記事を読み終わったら早速設定してみてください。

もしかしたら、サイトによってはデータが悪くなることもあるため、まずはテスト的に導入し、どのような数字の変化が出たのかを確認してみましょう。