パソコンを買う

インターネットの環境を整える

これさえできれば、誰でもネットビジネスに取り組むことができるようになります。

何が言いたいかというと、この環境の中で失敗するということは、間違いなくマインドがおかしいか取り組んでいる内容が間違っています。

実際、ネットビジネスで失敗する人たちには共通したある行動パターンがあるのです。

普通のビジネスでは考えられないくらい安い費用でビジネスをスタートさせることができるため、正しい方法でビジネスに取り組めば、大きな失敗をして借金を抱えるようなことはまずあり得ないのです。

ではなぜネットビジネスで失敗をしてしまうのか?

今回はその点について詳しく掘り下げていきたいと思います。

ネットビジネスでの失敗の定義について

まず足並みを揃えるために、私が考えるネットビジネスの失敗の定義を明確にしておきます。

例えばネットビジネスの中で『ブログ』を実践した場合、

  • ブログでアクセスを集められない
  • ブログで記事が書けない
  • ブログで商品が売れない

このようなイベントが発生しますが、私からすると、これらのイベントは失敗ではありません。

むしろ

『自分に足りない能力は何かを知ることができた』

だけだと考えています。

ちなみにブログでどんなに大きな失敗をしたとしても、失うお金はサーバー代・ドメイン代の1~2万円程度です。

それを考えると、自分ができないこと=失敗だと解釈してしまうのはそもそもおかしいのです。

リアル店舗を構えて、初期費用で1000万円以上かかり、それを回収できずにお店を閉店し、借金が残る‥。

このような事例が本当の『失敗』となります。

基本的にネットビジネスはお金がかからないため失敗のリスクが低い

なぜ初期費用がほとんど必要ないのに、多くの人たちがネットビジネスで失敗をしているのか?

この理由は簡単です。

ネットビジネスの場合、最初に使うお金が極端に低いため『ビジネス』の意識が低く、少し頑張れば誰でも結果が出ると思ってしまいがちです。

仮に1000万円の資金を投じてラーメン屋を開業したら、誰もがしゃかりきになって働きます(借金を背負っているため)。

ですがネットビジネスだと、数万円程度の初期費用しかかかっていないため、たとえ失敗をしても自分の人生にほとんど影響がないため、危機感を持ってビジネスに取り組むことが難しいのです。

一般的なビジネス:起業するとかなりのリスクがある

ネットビジネス:起業してもほとんどリスクがない

リスクがないことは起業家にとっては嬉しいことではありますが、それと同時に失敗する可能性を高める要素にもなるのです。

大げさに言ってしまえば、人は命がかかっていれば大抵のことはできますからね。

なぜリスクのないネットビジネスで失敗する人が出るのか?

ではネットビジネスでの実際の失敗事例をいくつか紹介しておきます。

ほとんどの場合、以下の失敗を経験し、その後この業界から去ることになります。

楽に誰でも儲かると思っている

このような考えになってしまう一番の原因は、私たちネットビジネスを展開している側にあるのですが、基本的にネットで稼ぎ続けるためには、楽して儲かるノウハウを取り入れるだけでは無理です。

インターネットというプラットフォームを使ってはいますが、結局は人を相手にするちゃんとしたビジネスなので、楽して儲かることができるのには必ず理由があります。

仕組みを作り、自動化の収入を得ることは可能ですが、それはビジネスの原理原則を理解し

『人に価値を提供し続ける』

ことができる人だけがなせる技です。

寝てるだけでお金が貰えるよ〜!と言われて応募した後に、実は努力しなきゃお金は貰えないよ〜!と言ってしまえば、ほとんどの人はお金を貰うことを諦めますからね。

いきなり投資系のジャンルに踏み込む

これは私自身も経験があるのですが、ネットビジネスの仕組みを全く理解していない頃、最初に投資系のジャンルに足を踏み込み地獄を経験しました。

投資系ジャンルの場合、普通のネットビジネスとは違い投資する資金がかなり必要になります。

FXなどであれば、数十万・数百万を飛ばすことはザラですし、投資案件に投資する際にも数十万円の元手が必要です。

ここに参戦してしまうと、高い確率で失敗を経験しますし、場合によっては借金を抱えることもあります。

仕組み・全体像が全く見えていない

人は物事の全体像が見えていない状態では知識を取り入れることができません。

例えばブログの場合、自分が書いたブログがなぜ人に読まれるのか?そもそもなぜブログを読む人たちがいるのか?などを理解していない状態でブログを運営していても、まず結果は出ません。

ブログは記事を書けば稼げるビジネスではありません(もちろん書いただけで結果は出せますが)。

なぜ自分がそれに取り組んでいるのか?そのビジネスの仕組みはどうなっているのか?この全体像・仕組みを理解しなければ、ネットビジネスでは結果は出ないのです。

自分の環境に不平不満ばかり言う

ネットビジネスを始める場合、最初ほとんどの人は副業としてスタートします。

そうすると、本業で8時間〜10時間を取られ、残りの数時間を副業に充てることになるため、ビジネスに取り組める時間は少ないことが多いです。

そうなると

  • 本業が忙しくてビジネスができない
  • 時間が足りない
  • 疲れていて勉強に身が入らない

など、現状に不満が出てくることがほとんどです。

もちろんこれらは全て事実ですが、副業で本気でビジネスに取り組めば、お金にも余裕が出てきますし、本業を辞めて副業に専念することも可能です。

結局不満なんて漏らしていても、何も現実は変わりませんからね。

ネットビジネスでできない=失敗ではない

私自身も数多くの人に会ってきましたが、その中でも共通して言えることは

『ネットビジネスで結果を出している人の大半は、かなりの失敗を経験している』

ということです。

つまり、普通の人が失敗だと思っていることが、成功している人からすると

『ただの通過点』

となるため、この根本的なマインドセットを変えることができなければ成功を引き寄せることはできません。

金銭的ダメージがなければ、基本的にはどれだけ失敗しても人生に影響はありません。

むしろ失敗の数が多ければ多いほど、サンプルとなるデータを大量に取ることができるため、成功を引き寄せる可能性が高くなるのです。

最終的にはマインドセットが失敗と成功を分けるというありきたりな結論にたどり着いてしまいましたが、この基本を頭に入れて、これからネットビジネスに取り組んでみてください。

まとめ

何度も言うようですが、ネットビジネスで大きな失敗をすることはほとんどありません(投資ジャンルは別ですが)。

つまり、失敗すること自体は悪いことではなく、むしろうまくいかないデータを取ることができるため、その失敗がいずれ大きな成功を呼び寄せることに繋がります。

途中で諦めるから全てが失敗だと思ってしまうだけで、それを通過点として考えることができれば失敗することは当たり前の価値観に切り替わります。

今自分がネットビジネスで失敗だと思っている事例を頭に思い浮かべてみてください。

その失敗は自分の人生に大きな影響を与えるものでしたか?

おそらくそんなことはないでしょう。

  • 広告費数万円を失った
  • 外注費で数万円損した
  • ツール代で数万円失った

多くの人はこの程度の失敗だと思うので、いくらでも挽回することができます。

一度ビジネスの仕組みが頭に入れば、あとは原理原則通りにビジネスを展開していくだけで数百万・数千万の利益を出すことはできますので、小さな失敗を大きな出来事として捉えずに進んでいきましょう。