ネットビジネスと聞いて、あなたは現在どのような印象を受けるでしょうか?

当たり前のようにネットを使った生活をしている私たちですが、なぜかネットを使ってビジネスをしていると聞くと

なんか怪しい‥

詐欺のようなイメージがある‥

という印象を受けることが多いです。

確かにネットワークビジネスに関しては、詐欺のような案件が山ほど出回っているため、ネットビジネスよりも確実に印象が悪いと思います。

ひろ
私もネットワークビジネスには手を出しませんからね。

しかしネットワークビジネスとネットビジネスとでは、ビジネスモデルが全く違うため、この2つをごちゃ混ぜに考えてしまうと、結果的に自分の可能性を潰すことになります。

様々な情報を取り入れて私が確信していること。それは

『この先の時代でネットビジネスのスキルを持った人たちの一強時代がやってくる』

ということです。

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、ここではその明確な根拠を具体的にお話ししていきたいとおもいます。

この先の時代でネットを使えない人に明るい未来は来ない‥

まず明確な結論をお伝えしておきますが、この先の時代でインターネットを使えない人たちに明るい未来はやってきません。

もちろん自分が経営する側に回って、ネットを使える人材を確保して会社をやるなら別ですが、ネットを一切使わずにお金持ちになることは、これからの時代ではかなりハードモードになります。

そもそもこのご時世でインターネットを使わずにビジネスをしていない企業は、近所の駄菓子屋さんくらいだと思います。

どんな会社であっても、パソコンを使って当たり前のように仕事をしていますからね。

ただ、本当の意味でネットを使いこなしてビジネスができている企業というのはごく一部だけです。

ネットで集客ができない‥

ネットで商品が売れない‥

このような悩みを抱えている企業は日本に山ほどありますので、私のようなネットを使える人間たちの需要が急激に高まっていることも事実です。

この先ネットビジネスに否定的な意見を持つ人は淘汰される理由

とはいえ

『ネットビジネスをしている』

ことを話すと、周りの友達や知り合いは

『なにそれ、超怪しいじゃん』

『やめとけよそんな仕事』

と言われるのがテンプレです。

私自身、このように言われることは慣れましたが、ネットビジネスを否定している人たちに逆に色々と質問をしてみると、ほとんどの場合

『ネットビジネスについて全く話すことができない』

ことがほとんどです。

つまり、何も知らないのに頭ごなしに否定をしているだけなので、基本的にはこのような話を聞く必要はないということです。

むしろ、この先の時代はネットビジネスを否定している人たちは間違いなく淘汰されます。

どの企業もネットビジネスしなければ生き残れない

例えば、自分が務めている会社で売り上げが伸び悩んでいる場合、その会社がどのような対策を取り入れるのかというと、ほとんどの場合は集客を増やすための施策を考えます。

企業が倒産する理由の大半は

『お客さんが集められない(集客)』

ことが原因なので、ここを改善するために企業側は様々な対策を取り入れるのです。

商品を販売する営業マンを増やす

営業マンの売り上げを伸ばすためにマニュアルを改善する

他社商品との差別化をする

自社の売り上げを伸ばすための施策は様々ありますが、その中で最も効果的なのが

『ネット集客』

を取り入れることです。

仮に営業マンを10人雇っていたとしても、1日に回れる場所は1人の営業マンで数十件が限界でしょう。

しかしネットであれば、1日に何千人・何万人にセールスすることもできるため、ネットが使える人材を雇うことで会社の売り上げが何倍にもアップすることはザラです。

つまり、ネットビジネスを知っている企業とそうではない企業では、明らかに売り上げに差が出てくるのです。

レバレッジがかけられない

ネットビジネス最大のメリットは

『レバレッジをかけられること』

これに尽きます。

今までの世の中は、テレビという媒体で広告を宣伝することが当たり前でした。

家に1台・2台のテレビを設置し、そこでテレビ番組というコンテンツを楽しみ、その合間に流れるCMを見ることで企業が自社商品の認知活動をしていました。

ですが現代では、テレビを見るだけではなく、インターネットを使って情報を取り入れる人が増えています。

つまり、テレビ以外で広告を見る機会が増えているため、大手企業だけではなく個人・中小企業の広告を宣伝することも容易になっているのです。

この先インターネットの波が加速すると、テレビが今よりもさらに見られなくなる可能性が高いため、大企業よりも、むしろ個人・中小企業の方がビジネスが展開しやすい世の中になっているのです。

youtuberが分かりやすい事例ですね。

個人で自分のチャンネルを持ち、そこで毎日何十万再生を取ることができれば、視聴率を0.1~1%・2%を取ることも可能です。

個人でこれだけの視聴率を取れることがどれだけ凄いことか?ここを理解している人たちは、youtuberを批判するよりも肯定する意見を持つことでしょう。

ちなみにyoutuberを『楽して儲かる仕事』だと批判している人は、間違いなくネットビジネスの可能性を理解できていません。

ネットビジネスに対して多くの人が勘違いしていること

人は自分にスキルや経験がない分野に関しては、基本批判的になる生き物です。

つまり、ネットビジネスを批判している人の多くは、どのようなビジネスなのかを理解できていない、もしくはネットビジネスで結果を出せないことが1番の理由です。

人が批判的になると、ネット上にネットビジネスに関する否定的な意見を書き込むため、それを見た多くの人たちにネットビジネス=悪という価値観が刷り込まれ、今のようにネットビジネス=怪しいという思想が形成されます。

なぜネットビジネスが優れたビジネスモデルなのか?ここを正しく理解して結果を出すことができれば、まず批判的になることはありません。

むしろ私のように、ネットビジネスに対する肯定的な意見をネット上に発信したくなるはずです。

表面的な情報ばかり見ていると、人はその物事に対する背景を見ることができなくなるため、必ず勘違いを起こします。

どんな分野であっても、見るべきところは事実ではなくその『背景』です。

このマインドさえ持つことができれば、これからの時代で情報に振り回されることはなくなります。

この先ネットのスキルを持つ人間が無双する明確な根拠

一度ネットビジネスのスキルを身につけることができてしまえば、この先の時代で無双することが可能です。

そもそも企業に勤めている人の多くは、ネットビジネスができません。

インターネットを使えるレベルの人はたくさんいるかもしれませんが、ネットを使ってビジネスができる優秀な人材を確保しているか?と問われると、明確に『はい』と答えられる企業は少ないでしょう。

つまり、企業のほとんどはITに強い人材を求めています。

ネット集客ができる人材

ネットでセールスができる人材

このような人たちが企業に入れば、その会社は間違いなく売り上げをアップさせることができますからね。

それを考えると、ネットビジネスのスキルさえ持つことができれば、企業で働く・コンサルする・自分でビジネスを展開するなど複数の選択肢が出てくるため、まず食いっぱぐれることはなくなるのです。

つまり『無双状態』だということですね。

この先、人が行動する流れの大半がネット経由になる

5年後・10年後の未来では、間違いなく何をするにしてもネット経由で人が行動することになります。

旅行・買い物・情報収拾・ゲーム・遊び、挙げたらキリがありませんが、どんな行動を起こすにしても、必ず一度ネットを経由します。

つまり、ネットを使えてビジネスができる人たちは、この人間の行動を先読みしてビジネスチャンスを見つけることができるため、あらゆる場所で利益を出すことができます。

逆にネットを使うことができずに、自分のお店や商品を上手くネットに露出させることができない企業は、マーケティングスキルを持つ企業に勝つことはできません。

誰かと食事をするにしても、ネット上の情報を頼りに人が動くことになるため、無名の店舗がネットを使わずに大量のお客さんを集めることはほぼ不可能な時代ですからね。

ネットビジネス=悪という思考を持っている人は間違いなく淘汰される

どのジャンルであっても、やっていることは全てネットビジネスそのものです。

人が行動を起こすところにビジネスが生まれ、そこにお金が流れます。

その大きな市場を多くの人たちは

『怪しい』

ただこの一言で片付けているのが現状です。

私が『これからの時代はネットビジネスができる人が一強になる』とお伝えした理由は、ここまでの話を聞いていただければ理解していただけたはずです。

人生で知らないことほど恐ろしいことはありません。

そして、表面的な情報に騙されて行動をストップさせてしまうことほど高いリスクもありません。

数年後に淘汰されないためにも、とりあえずまずはネットビジネスとはなんぞや?を正しく理解することから始めてみましょう。

まとめ

ネットが登場してから、世の中の時代の変化スピードが恐ろしく早まっています。

そんな世の中なのにも関わらず、今の日本人はネットについての知識をほとんど持っていません。

今私たちが当たり前のように使っているスマホ・アプリ・ネット上のサービスはほとんど海外のものです。

つまり、海外の人たちはこの市場の可能性に気づいて結果を出しているのに、日本人だけが情報を得ずに取り残されているのです。

とりあえずこの深刻な現状を理解し、今自分が何をすべきか?これを考えるだけでも未来が大きく変わってくると思います。