Pocket

私の元には、毎週のようにブログ関連の相談メールが届きます。

ちょっとしたブログの悩み相談もたくさんあるのですが、質問内容の多くは

『ブログで集客・商品の紹介ができない』

というものです。

つまり、自分のブログを立ち上げても、少しのアクセスしか集めることができずに集客・商品の販売ができている人はごく少数で、大多数の人たちはブログを運営していても大きな結果を出せていないのが現状です。

ブログというのは、とにかく最初に

『集客(アクセス)』

ができなければ何も始まりません。

ここで躓いてしまうと、ブログ運営最大のメリットを生かすことができません。

なのでここでは、特に質問の多い『ブログ集客』について深掘りしていき、自身のブログで結果を出すための方法を具体的にお伝えしていきたいと思います。

今の時代ブログ集客で結果を出すのは簡単!

とりあえず、現代ではブログで情報を発信している人が増えてきてはいますが、実際のところブログ集客で結果を出すことはそこまで難しくはありません。

むしろ

『以前よりもブログで結果を出すことは簡単になっている』

ような印象も受けます。

ひろ
ブログがオワコンだと話している人たちは、おそらくネガティブな情報を発信していると思います。

というのも、ネット上で検索をすれば山ほど情報が出てきますし、そのほとんどは同じような情報を掲載しているブログなので、情報は多いけど情報しか得られないブログがほとんどです。

おそらく他のブログの情報を真似しているんだと思いますが、ただ情報を寄せ集めただけのブログでお客さんになろうと思う人はそんなに多くはありません。

そんな情報過多の現代では、少し違った視点から情報を伝えている人が異様に目立ちます。

自分がそちら側の人間になることができれば、周りのブログに埋もれることなく容易に集客ができるようになるのです。

過去のネット業界:情報が少なかったためちょっとした情報でも喜ばれた

今のネット業界:情報が多すぎるため、他の情報とは違った視点からの情報が好まれる

多くのブログ運営者が集客で苦戦する明確な理由

少し工夫すれば誰でも結果を出すことはできますが、それができずに苦戦している人が大多数である原因は明確です。

リライト記事で結果を出そうとしている

結論から言ってしまえば、ブログ記事をリライトしただけでも結果を出すことは可能です。

しかし、ブログでの集客を考えた場合、リライト記事を量産しているブログは

『その他のブログと全く同じ』

と扱われるため、一人のお客さんになってくれる可能性は極めて低いです。

これは自分の立場に置き換えてみるとすぐに分かります。

例えば髪を切ろうと思った時、外観が同じような感じで、料金2000円でカットができる美容院が横一列に並んでいたら、どこに入っても同じだと思いますよね?

ですが、料金が同じでも、そのお店の中にたった1つだけ外観が違い、カットしている美容師の腕が良く、予約の取りづらいお店であれば、自然とその美容院が気になってしまうと思います。

OLの中野さん
確かに。ちょっと違うだけでも気になりますね。
ひろ
これはブログ・お店だけではなく異性でも言えることだと思います。

どんなに同じような情報・お店があったとしても、少しだけ周りと違いを見せることができればライバルなんていなくなってしまうのです。

ちなみにリライトをする場合の検索順位を上げる方法はこちらの記事で解説しています。

情報を伝えるだけのブログしか書けない

リライトすることと関連していますが、ブログを立ち上げてただ情報を伝えるだけの媒体に仕上げても、お客さんを集めることはできません。

例えば、自分がyahoo!のような大きなプラットフォームを持っているのであれば、ちょっとした情報を伝えるだけでも大量の人が見てくれます。

ですが、私たちは個人としてブログを運営するため、ただ情報を伝えるだけのブログを作ったとしても、巨大プラットフォームのyahoo!などには勝つことはできないのです。

yahoo!が伝えているニュースをただブログでリライトしたところで、多くの人は間違いなくyahoo!を見ます。

情報を伝えれば喜ばれることは事実ですが、ただそれだけを実践してもまず結果を出すことはできないのです。

※情報が溢れている現代では、同じような発信をしていてもその他大勢と同じ扱いを受けてしまいます。

集客の意味を正しく理解していない

自分が集客される側になることは山ほどあっても、逆に自分が集客する側に立つことはほとんどありません。

これは起業家や個人事業主・経営者からすると当たり前の思考なのですが、集客の意味を正しく理解せずに集客をしようと思っている人はたくさんいるのです。

そもそもあなたが

『ここならお客さんになりたいな』

と思えるようなお店・ブログはどんなものですか?

とりあえずこれを想像してみてください。

そしてその次に、自分が今運営しているブログを見て

『このブログ経由でお客さんになりたいか?』

を客観的視点で考えてみてください。

そうすると、自分がやっていることと、自分がお客さんになりたいと思えるお店・ブログにズレが生じることに気づくはずです。

集客ができないのは偶然ではありません。

必ず自分が発信している内容に何かしらの問題があるのです。

これからの時代で結果を出せるブログ集客方法

何を成すにも、今の自分の現実を知らなければ何も始まりません。

高いプライドを持って意地を張っても現状は変わることはありませんからね。

その時代その時代に合わせた集客を意識することで、結果も大きく変わってきます。

では、これからの時代で多くの人がお客さんになりたいと思える情報の発信方法とはどんなものなのか?

これについて具体的に掘り下げていきましょう。

情報過多の現代で狙って差別化をする

まず結果を出すためには、今市場がどうなっているのかを知る必要があります。

現代のネット業界では

とにかく情報が溢れている

同じような内容を発信している人が多い

ブログ運営が難しくなったと思われている

このような現状があります。

つまり、ただ情報を寄せ集めて発信するだけでは、周りの情報に埋もれる可能性が極めて高いということです。

多くの人はこの現状を悲観的に捉えてしまいがちですが、実はこの現状はかなりチャンスでもあります。

たくさんの情報が出回り、同じような発信をするライバルが増えている。

となれば、新規参入者は減ることになりますし、現在ブログを運営している人たちも苦戦している可能性が高いです。

つまり、発信の角度を変えて新しい切り口で情報を伝えることさえできれば、ライバル不在のブルーオーシャンで戦うことも十分可能なのです。

差別化と言ってもそこまで難しく考える必要はありません。

コツとしては、自分が狙う市場をあえて『絞る』ことです。

ダイエットについてブログを書くのであれば、ただダイエットをするブログを発信するのではなく

『運動嫌いでも毎日続けられるダイエット』

というように、何かしらの分野で絞って情報を発信することで、同じダイエットの市場でもライバルがグッと減ります。

差別化として重要なのは、戦う市場を変えるのではなく、あえて戦う市場を絞ること。

そしてその分野に関する情報を徹底的に取り入れ、一人のプロとして情報を発信することで楽に集客ができるようになる。

SEOを意識しすぎない

そしてこれは少し難しいことではありますが、SEOを意識してブログを書いたとしても、結果的にそれがgoogle側からの評価を下げることは多々あります。

SEOに関するやり方は、こちらの記事が参考になると思います。

OLの中野さん
ん?どういうことでしょうか?

例えば、SEOの検索上位を取るために、自分が狙っているキーワードでリサーチをして、実際に上位表示されているブログの情報を取り入れてリライトをしたとします。

そうすると、SEOを意識したブログ記事は作ることができるかもしれませんが、ユーザー側が満足できる記事ではないことがあります。

そもそも上位表示されているブログの情報は、すでにネット上にあるコンテンツなので、同じ切り口・同じ角度から情報を伝えたとしても、それはただのリライトです。

SEOを意識して、尚且つユーザー目線でブログ記事を書くことができなければ、その上位表示しているブログに勝つことはできませんし、他ブログと差別化もできません。

この点に関しては実践を積み、データを集めればだんだん分かってきますので、最初の段階ではそこまで意識しなくても問題はありません。

既存の情報をかき集めればSEOで上位表示できることはありません。

これを理解しておくだけでも、ブログ記事の書き方が大きく変わってくるはずです。

1つの分野に詳しいプロになる

SEOやユーザー目線の記事の書き方を意識していると、何を書けば良いのかが分からずに手が止まってしまうことがあります。

これは一番最悪です。

そうならないためにも、とりあえず最初は難しいことを考えずに

『1つの分野のプロとして情報を発信する』

ことだけを考えましょう。

例えば、先ほど例に出した『ダイエット』で考えてみると、ダイエットのスペシャリストであるプロのトレーナーなどと張り合っても、一般人が勝てるはずはありません。

これを聞いてダイエットジャンルを諦める人も多いですが、それは勿体無いです。

例えば、プロのトレーナーからダイエットを教わり、それを実践した体験談をブログにしたり、完全独学でマイナス10キロのダイエットに成功した方法などをブログで書けば、プロでは伝えられないことを山ほど発信できます。

結局『ずらす』ことさえできれば、競合の多いジャンルであってもライバルが一瞬で消え去るのです。

この感覚は是非覚えていただきたいですね。

お客さんに情報を届けているだけでは集客は苦戦する

集客というのはお客さんを集めることですから、そもそもお客さんのことを知らなければ集めることなんて不可能です。

ただ情報を届けて

『これだけ情報を与えればお客さんは集まるだろうな』

と考えているブログ運営者は、軒並み苦戦しています。

集客というのはブログを書けば上手くいくものではありません。

なぜお客さんが集まるのか?

お客さんが集まるブログとそうではないブログの違いは何か?

人気のお店と人気のないお店の違いは何か?

あらゆるシーンでお客さんを集められる人・そうではない人の違いを知ることができなければ、人を集めることはできないのです。

その時代その時代でお客さんの集め方は変わっているように見えますが、実は本質は同じです。

その本質の部分に関しては、私のメルマガ内で詳しく解説していますので、もしなかなかブログ集客が上手くいかない場合には、こちらのメルマガの情報を取り入れることをおすすめします。

▼読者に人気のメルマガ

→詳細はこちらから!

まとめ

『情報が溢れている現代だからこそチャンスがある』

おそらくこのような発信をしている人はごく少数です。

多くのブログ運営者は

『これからブログをやるのは難しいかもな‥』

と思っているのが現状です。

確かに以前よりは難易度が上がったかもしれませんが、分かる人からすると、まだまだネット業界はがら空きですし、集客の難易度も低く感じます。

つまり、見ているところが全く違うのです。

集客に成功する人たちは、成功すべくして成功しています。

逆もまた然りです。

このカラクリを理解し、偶然の集客に頼ることなくブログを運営していきましょう。

型さえ覚えれば誰でもできることですからね。

ブログアフィリエイトのやり方TOPに戻る!

Pocket