ブログの運営方法に関しては、人それぞれ考え方が違うため正しい正解は基本的に存在しません。

しかし、ブログアフィリエイトを実践する場合、正解となる2つの要素があります。

それは

『アクセスを集められるブログ』

『商品を成約させることができるブログ』

です。

全くビジネス的要素を取り入れず、ただ自分の思うことを好きなように書いているだけで満足できる一部の人を除けば、必ずこの2つの要素のどちらかがゴールとして設定されているはずです。

実際のところ、この2つの考え方は全く違うのに、なぜかネット上には『記事の書き方』のように一括りで書かれていたりします。

なのでここでは、アクセスを集める記事・商品を紹介する記事の役割の違いを明確にお伝えしていきたいと思います。

この記事を読むだけで商品をバンバン売れる・アクセスが集められるというわけではありません。

しかし、一番大切な『ブログに対する考え方』がブレなくなりますので、ブログで結果を出す時間を短縮できるようになるでしょう。

ブログ記事の書き方を学んでも稼げるようにはならない‥

とりあえず最初に結論をお伝えしておきますが、ブログ記事の書き方を一生懸命学んだとしても、それが稼ぎに直結することはほとんどありません。

そもそもブログの書き方という表現自体が抽象的なので、これを教えることは結構難しかったりします。

私自身、ブログの記事で『ブログの書き方』をいくつか解説していますが、これらは結局

『ブログ記事を読むユーザー視点』

を解説しているにすぎません。

ひろ
もちろん参考にはなりますが笑。

ユーザーに求められる記事の書き方は解説していますが、アクセスを集める記事・商品を紹介する記事の違いを明確に解説してはいないのです。

なので考え方としては『記事の書き方の超基本的なこと』を解説しているということです。

基本を身に付けたい場合には、とりあえず読む価値はあると思います。

大量のアクセスを集める=収入が増えるのはアドセンスだけ

基本的な記事の書き方を理解したところで、今回の本題を掘り下げていきましょう。

そもそもブログの情報を届けている人の多くは

『アクセス至上主義』

の情報を伝えています。

これはつまり、クリック型広告である『アドセンス広告』で稼ぐことを目的とした情報になるということです。

クリック型広告は、細かいテクニックを除いてしまえば

『大量のアクセスを集めれば稼げる』

手法なので、シンプルに稼ぎやすいノウハウとして多くのブログ初心者が実践しています。

即実践可能!アクセスを集める記事の書き方!

アクセスを集める記事の書き方は、とてもシンプルです。

というより、上記で紹介している『記事の書き方』を解説しているの別の記事を読めば、アクセスは集められるようになります。

難しいことを話しても仕方がないので、シンプルに言ってしまえば

『ネットの支配者google先生と検索ユーザーに好かれる記事を書く』

ただこれだけです。

ひろ
特にgoogle先生に好かれることは最重要項目です。

具体的な方法に関してはブログ素人でも実践できるアクセスアップ方法を伝授!の記事で分かりやすく解説しているので、こちらを読んで実践してみてください。

難易度アップ?商品を成約させる記事の書き方

アクセスの集め方に関しては、私のブログ記事で具体的に解説しています。

なので、どちらかというと今回の内容は『商品を成約させる記事の書き方』が主題になります。

一つ質問です。もしあなたの友達が

『どうしてもこの商品を1つだけ売って欲しいんだけど、誰かに紹介して売ってきてくれない?』

と言われたら、あなたはその商品を売ることはできますか?

この質問で

『売るのは余裕です』

と言える人は、おそらくほとんどいないでしょう。

つまり、それだけ商品を売ることは一般的に難易度が高いことだと思われているのです。

世の中にある企業が倒産する理由も、結局のところ商品が売れない・商品を買ってくれるお客さんを集められないことが原因です。

ブログでの商品紹介は意外と難しい?

大半の人が難しいと感じる商品の紹介ですが、ブログの場合、商品を紹介する記事の書き方さえ理解してしまえば、商品を売ることができます。

これを実現するために、覚えておいて欲しい具体的な方法が2つあります。

1つは『すでに商品を欲しいお客さんを集めて売る方法』

もう一つは『商品に興味のないお客さんに興味を持ってもらい売る方法』

です。

検索の上位を取って商品を紹介して買ってもらうのは『前者』の方法になります。

逆に、ブログ以外の媒体に誘導して商品を販売する場合、後者の手法が使われます。

難易度的には、圧倒的に『後者』の方法が難しくなります。

ですが、前者の方法であれば誰でも実現できるはずです。

物販での成約を実現するにはアクセス至上主義から抜け出すこと

では実際に商品を紹介して利益を出すことを考えた場合、とりあえず最初に

『アクセス至上主義の考え方を捨てる』

ことを考えましょう。

アドセンス広告で稼げても、商品の紹介で収益が得られない人は、この2つの稼ぎ方の違いを正しく理解していないからです。

アクセスを集める記事は、ユーザーの興味を引くことはできますが、購買意欲を書き立てることはできません。

人が商品を買う瞬間というのは、基本的には人類全般共通しています。

人が商品を購入するのは『悩み』を解決できると思った時

これは自分の体験を思い出してもらうのが一番早いです。

例えば私の場合、最近パソコンでの作業が多いため、毎日のように長時間同じ椅子に座り続けています。

それを続けてきたことによって、最近では腰やお尻が痛くなることが増えてきているため、この痛みを解消するために運動・接骨院の通院などを考えることが増えました。

そんなとき、リビングで寝転がりながらテレビを見ていると、通販番組で

『お尻の痛みを激減させるクッション』

が紹介されていました。

これを見た私は、普段通販番組なんて全く見ないのに、その時はテレビに釘付けとなり、気づいたら商品を買いそうになっていたのです。

このエピソードからも分かる通り、人は自分の悩みを解決したいと思った時、情報を集めようと動き出します。

アクセスを集めるための記事を書くのは、言ってしまえば『人の悩みを記事の情報で解決させること』です。

ですが、商品を紹介する記事というのは『人の悩みを解決するための情報を提案する』ことになるのです。

この違いを正しく理解していれば、ネット上の情報に惑わされることなくブログが運営できるようになります。

ちなみに商品を紹介し、それを購入してもらうための具体的なテクニックに関しては、私の運営するメルマガ内で紹介していますので、興味があればそちらに登録しておいてください。

▼読者に人気のメルマガ

→登録はこちらから!

まとめ

ブログ記事に関しては、色々と情報がこちゃごちゃになることがありますが、この2つの違いさえ理解できていれば情報の取捨選択が楽になります。

100%正しいブログ記事の書き方なんて存在しません。

なぜなら

『人の悩みは1人1人全く違う』

からです。

そのため、ブログ記事の書き方の情報を取り入れたとしても、それを1つの参考として考えることが重要です。

それが正しい正解だと思い込んでしまうと、結果的に主観的な記事しか書けなくなり、アクセス集め・商品の紹介のどちらもできなくなることがありますからね。

ブログアフィリエイトのやり方TOPに戻る