私自身、このブログでプログラミング関連の情報を発信していますが、最近は

『30代からプログラマーの転職を考えている』

人たちからお問い合わせを頂くことが増えてきています。

実際のところ、IT業界では30代未経験での転職は良いイメージが持たれていませんし、プログラマー・エンジニアに関しては

『35歳定年説』

の噂も出ているため、いざ自分が30歳以降に未経験の状態で転職する場合、かなり難易度が高く感じるはずです。

ですが結論からお伝えしてしまうと、30代以降からプログラマー・エンジニアに転職する人はたくさんいます。

ひろ
私の周りでもリアルに増えてきています。

なのでここでは、知り合いの転職体験、30代未経験から転職を実現させる方法について具体的にお伝えしていきたいと思います。

30代未経験でもプログラマーへの転職は可能!しかし‥

もし30代未経験でプログラマーへの夢を諦めている場合、その考えを一度どこかに捨ててきてください。

実際に30代から転職を成功させている人はたくさんいますし、実際にプログラミングのサロンを運営している人も、30代でプログラマーになるのは若いという発言もしています。

もちろん転職することは可能なのですが、20代と30代では企業側が求める人材に違いが出てきます。

年齢が上がるとプログラマーへの転職の難易度が上がる理由

年齢が高いということは、それだけ人生で経験してきたことが多いバロメーターにもなります。

しかし、30代未経験という状態は、言ってしまえば

『企業側に利益をもたらしてくれる期間が短い人材』

となるため、もし20代で良い人材がいれば、企業は積極的にそちらを採用することを考えます。

ひろ
これはどの業界でも当たり前の話です。

そして他にも転職の難易度が上がる理由はいくつかあります。

そもそもIT業界全体の年齢が若い

実際にベンチャー企業など若い世代が活躍する会社の場合、社長が20代ということはよくあります。

仮にそのような会社で30代以降の人が未経験として入社した場合、企業側も気を使うことになってしまいます。

年功序列が強い日本の企業では、基本的には年上が年下の部下を持つ図式となるため、年齢の高い人材を新人として雇うことは企業側にとってもデメリットがあるのです。

会社側も結局は人との関わりを重視する

会社といっても、結局は一人の人間が採用を担当しています。

関わりやすい人材と、関わりづらい人材のどちらを選べと言われたら、よっぽどスキルがない限りは関わりやすい人材を選ぶはずです。

経験者の採用であれば年上でも問題ないとは思いますが、未経験の新人さんとなると、やはり年齢が高いのはデメリットとなってしまうのです。

未経験なら30代よりも20代を取りたいと考えるから

そしてこれも当たり前の話ですが、企業側は

『少しでも長く働いてくれて、将来性のある人材を採用する』

ため、能力が同じの20代と30代の人材がいれば、当然20代を採用することを考えます。

20代はIT機器を当たり前のように使ってきている

特に今の若い世代は、子供の頃から当たり前のようにスマホ・パソコンを扱っている世代です。

つまり、ITに関する基本的な知識は30代よりも持っていますし、将来的な伸び代にも期待できます。

このような環境で当たり前のように育ってきた世代を採用し、しっかりと育てたいと考えるのは至極当然の流れと言えるでしょう。

最近30代からIT業界への転職を成功させている人が急増している理由

上記した要素に関しては、あくまでも一般的なIT業界の考え方です。

もちろん年齢が高くなることで転職が難しくなることは事実ですが、それと30代未経験がプログラマーになれないことはイコールになりません。

企業によっては、若い世代よりも様々な経験を経てきた30代を積極的に採用したいところもありますし、部下が年上であっても気にせずに採用するところもたくさんあります。

全てを一般論で片付けてしまうと、結局損をするのは自分自身です。

IT業界は超売り手市場の流れがやってきている

そして、企業側としては、20代だけを採用すると言ってられない深刻な状況が差し迫っています。

経済産業省の発表した統計によると、2030年までにIT業界は43万人~79万人の人材不足となるデータが出ています。参照→https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

対策をせずに今のまま進んでいくと、将来的にこれだけの人材が不足することが確定しているため、若い世代だけを採用することは難しく、30代の人材も積極的に抱え込む必要があるのです。

しかもスマホユーザー・ネットのインフラ整備が整い、これから先の時代は

『IT業界がさらに拡大する』

ため、需要は今の何倍も膨れ上がるのです。

ひろ
市場はまだまだ大きくなります。

つまり

『たくさんのお金が流れ込んでくる業界なのに、働く人の手が足らない状況がほぼ確定している』

ということです。

IT業界で働きたい人にとっては、これほど追い風となる状況は過去にはありませんでした。

30代未経験の人材を採用担当者が雇いたくなる心理を考えてみる

30代という年齢で一括りにしても、その中には

  • 転職先から求められる人材
  • 転職先から求められない人材

が必ず出てきます。

20代であれば、正直熱意とやる気さえあれば必ずどこかしら採用してもらうことはできます。

しかし、30代となると企業側にメリットが感じられなければ採用されることはありません。

企業が30代未経験に求めているもの

全く別の業種からプログラマーに転職するならば、30代未経験という肩書きは仕方がありません。

重要なのは

『30代までに何をしてきたか?』

です。

前職で全く関係な業界で働いていたとしても、仕事をする以上は結果を出すことを求められます。

ひろ
これはどの仕事でも同じことです。

そこで経験した目的達成能力、仕事をやり遂げる力を企業側にアピールすることができれば、プログラマーに転職しても結果を残し、企業側に利益を出してくれる人材だと判断してくれることもあります。

別業種からの転職だから何をアピールすれば良いか分からないと考えるのではなく、全く違う仕事から転職することをプラス材料に変えることを伝えることで印象がガラリと変わります。

30代未経験からプログラマーへの転職を実現させる方法!

プログラマーという仕事は、結局

『自分ができることがそのまま評価される』

ため、学歴や華々しい経歴は基本的に必要ありません。

結局は

『どんなコードが書けるか』

です。

未経験だったとしても、転職を実現させるためには事前にプログラミングが書けるスキルは最低限必要です。

では、未経験の30代がプログラマーに転職するためには何をしなければならないのか?

その具体的な方法をお伝えしていきます。

未経験の状態から派遣プログラマーとして働く

できれば最初の段階でプログラミングスキルの基礎は身につけておいた方が楽なのですが、どうしても状況的にスクールに通う費用・時間が取れないこともあります。

その場合、未経験の状態から派遣としてプログラマーになり、そこで実務経験を積む方法もあります。

実際に私も、全く未経験の状態の時に派遣先に登録したところ、時給1500円の案件を紹介してもらったことがあります。

ここで実務経験を経ながらスキルを身につけていき、フリーランスに転身する方法もありです。

ひろ
最近では派遣プログラマー→フリーランスになる人は多くなっています。

ちなみに私が実際に案件を貰った派遣会社は『パーソルテクノロジースタッフ』になります。

派遣プログラマーとしての働き方に興味がある場合には、プログラミング未経験でも派遣プログラマーとして働くのは可能です!の記事を参考にしてみてください。

まずは熱意とやる気以外の武器を身につける

ひろ
『やる気は誰にも負けません!』
ひろ
『根性は誰よりもあります!』

転職する際に、このように熱血アピールをしても

『いやいや、そんな言葉は誰でも言えるから‥』

と思われるのがオチです。

30代未経験という立場を考えると、事前に必ず武器を身につけておく必要があります。

武器となるのはプログラミングスキル

結局のところ、武器となるのはコードを書けるスキルです。

未経験だったとしても、事前にプログラミングを勉強することはできるため、熱意や根性よりも、どれだけの勉強をしてきたかが転職の明暗を分けます。

たとえ実務経験がなかったとしても、実務ができるレベルのスキルを身につけていれば、それをポートフォリオという形に残して企業側にアピールすることができますからね。

30代の転職を実現させているスクールを利用する

自分の武器を身につける方法として最も手っ取り早いのは

『30代の転職を実現させているスクールの利用』

になります。

30代の場合、独学でプログラミングを勉強するのは其れ相応のリスクがあります。

転職サポートが受けられるスクールを利用すれば、転職する前にプログラミングのスキルを身につけられますし、卒業すれば転職先を紹介してもらえる可能性が高まります。

最初スクール費用がかかったとしても、働き始めればすぐにそのお金を回収することができるため、自己投資先としてはかなりコスパの良い選択です。

しかし調べてみると分かりますが、実は30代で転職サポートを受けられるプログラミングスクールはほとんどありません。

30台で転職サポートが受けられるスクール『TECH::EXPART』

そんな中で、こちらのTECH::EXPARTであれば30代未経験からでも転職サポートを受けることができます。

万が一転職が実現できなければ、スクール費用を全額返金保証してくれるため、本気で転職を考えている方にとってリスクのない環境となります。

そして実際にスクールでのカリキュラムを学び切った人に関しては、年収に100万円以上の差が生まれているデータもあります。

こちらのTECH::EXPARTに関しては、30代に手厚いサポートを提供していることもあり、最近急激に需要が高まっています。

そのため、無料カウンセリングの予約が取りづらくなくなっているので、早い段階で予約を済ませておく必要があります。

今の自分の状況で転職を実現できるのか?そんな不安を抱えている場合には、とりあえず無料カウンセリングで担当者に相談してみましょう。

30代未経験をネガティブに考えていたとしても、相談をしてみると、おそらく良い返事を得られるはずです。

TECH::EXPART無料相談はこちら! 需要が高まっている言語を勉強する

そしてもう一つの選択肢として、今IT業界で需要の高まっている言語を勉強し、そこから転職活動をする選択肢もあります。

実際に求人サイトを確認してみると分かりますが、今人気の高まっている言語は『Ruby』『PHP』などが挙げられます。

正直な話、30代であればこの2つの言語どちらかのスキルを身につけておけば転職できる可能性は高まります。

特にRubyに関しては、今後さらに需要が高まりますし、初心者でも身につけやすいプログラミング言語の代表的存在となります。

どの言語を学べば良いか?そこで迷っている場合には、とりあえず上記した言語が学べるスクールに相談してみましょう。

30代からのプログラミング勉強方法は『効率』を最優先すべき!

転職に関しては、20代でも30代でも問題なくできるのは事実ですが、30代から本気で転職を実現するためには

『いかに効率よくプログラミングを勉強するか』

を考えておきましょう。

20代とは違い、30代の場合は時間がありません。

1年2年をプログラミングの勉強に時間を使ってしまうと、それだけ実務をこなせる時間も減ります。

そのため、なるべく早い段階で仕事ができるレベルに達する学習方法を取り入れることが、転職を成功させるポイントとなります。

それを考えると、やはり30代の独学はリスクが高いので、転職サポートが受けられるスクールに通うのがベストと言えるでしょう。

プログラマーに転身できれば、そこで実務経験を積み、独立起業・フリーランスの道も開けますので、最初の勉強の段階をどれだけ短期間で終わらせられるかが重要です。

最初の数ヶ月を乗り越えれば、そこから見える景色は変わりますので、30代未経験からプログラマーとしての人生を歩んでいきましょう。