Pocket

プログラミングを学ぶだけであれば、スクールに通っても通わなくてもどちらでもスキルは身につけることができます。

しかし、プログラミングを学んだ後に就職することを考えるのであれば、独学で全て完結させるよりも、圧倒的にスクール経由で就職・転職したほうが楽です。

というのも、多くのプログラミングスクールはスキルを身につけてもらい、その後に就職のサポートをしてくれるため

『自分がどのくらいのスキルを身につければ就職できるのか?』

ここで悩むことがなくなります。

avatar
プログラミング学習で、目標があるのとないのとでは知識の入り方が全く違います。

スクールのカリキュラムをこなせば、卒業する頃には最低限就職できるスキルが身につくようになっているため、無駄なことを考えることなく勉強を進められるのです。

ここでは、就職支援に力を入れているプログラミングスクールについてお伝えしていきます。

本当に就職支援が充実しているスクールというのは共通した特徴があります。

その点に関しても、今回の内容で詳しく解説していきます。

プログラミングスクールを利用する最大のメリット『就職支援』

今の時代、プログラミングを学ぶためにプログラミングスクールを活用する人はたくさんいます。

しかし、そのほとんどはスキルを身につけることも目的にありますが

『プログラミングスキルを身につけて就職・転職する』

のが一番の目的になっているはずです。

avatar
確かに。プログラミングスクールに通ってプログラミングを学びたいのは本音ですが、本当の目的は転職することですからね。
avatar
その考え方の人が大半だと思います。

つまり、勉強するためだけにスクールに通う人はごく少数だということです。

起業したい
個人で仕事をしたい

となれば目的が少し異なりますが、そのような人の割合もそこまで多くはないため、基本的には就職・転職を目指してプログラミングを学ぶことになるのです。

なぜプログラミングを教えてくれて就職まで支援してくれるのか?

普通に考えれば、プログラミングを教えるスクールが転職を支援するのは、通う側からするとメリットは多いですが、運営側にとっては全くメリットがないように思えます。

しかしこの考え方は間違いです。

実際にスクールを受講し、そこで転職先を紹介することによって、しっかりとスクール側にもメリットがあるのです。

avatar
これはいわゆる『紹介料』という制度ですね。

スクール側は、全くの初心者・未経験者にプログラミングを教えます。

そうすると、その受講生はスクールを卒業する頃には最低限IT企業で働けるスキルを身につけることができます。

補足

現在IT業界は深刻な人手不足ですから、多くの企業が人材を確保したいと考えています。

avatar
プログラミングができる人材はより希少です。

そのため、人材を紹介してくれるスクールに対しては、その紹介料を支払うことで人材を確保できるため、IT企業とスクールがwinwinの関係となるのです。

転職したい受講生もIT企業に就職できるメリットがあるため、この3者のバランスによってこの業界は成り立っているのです。

『スクールに通う=就職させてもらえる』という考えは危険です

仮にプログラミングに触ったことがない未経験者が、就職支援が充実しているスクールを選んだとしましょう。

そうすると、お金を払った時点で『就職させてもらえる』と気が緩んでしまい、卒業する頃にはそこまでのスキルが付いていないことも多々あります。

スクールはあくまでもプログラミング学習のお手伝いをしてくれる存在なので、結局やるのは自分自身です。

そのため、環境の良いスクールであれば就職できる可能性は高くなりますが、スクールが自分自身を就職させてくれるわけではありませんので、その点は勘違いしないように気をつけましょう。

avatar
有名な大学に入ってから勉強をおろそかにして遊び続け、卒業する頃に就職できなくなる状態と考え方は同じです。

就職支援が充実しているスクールの共通点

実際に、スクールを運営する側の視点で考えると、卒業生の多くがスクールが紹介しているIT企業に就職してくれると紹介料で多くの利益を出すことができます。

補足

場所によっては、スクールの費用を無料に設定し、卒業後の企業への就職の紹介料によって運営を成り立たせているところもあります。

就職支援が充実しているスクールというのは、必ず以下の要素を取り入れています。

avatar
もし自分がスクールに通って就職・転職を考えているのであれば、受講する前に必ず以下の点はチェックしておきましょう。

全額返金保証制度がある

本当に就職・転職に力を入れているスクールは、全額返金保証を付けていることが多いです。

つまり、スクール側も受講生に働けるレベルまでスキルを高めてくれなければ経営が成り立ちませんから、本気でプログラミングを教えてくれるのです。

avatar
スクール側としては、就職できるレベルに成長せずに就職・転職ができないとなると、生徒に全額返金をして時間と労力だけが失われます。

そうならないために、挫折率の低いカリキュラムを組み、徹底したサポートをすることで自信を持ってIT企業に紹介できる人材へと育てるのです。

このような環境でプログラミングを学べば、まず就職・転職できない心配はないでしょう。

注意点

※返金保証付きのスクールに関しては、必ず返金に関する条件が書かれていますので、その点を最初の無料相談・説明会の段階で聞いておきましょう。

返金保証付きのプログラミングスクール

Tech Academy (オンライン受講可能)

TECH::CAMP (10週間で転職可能)

卒業生の転職率が高い

そしてもう一つの特徴としては、就職・転職支援に力を入れているスクールは

『転職率の高さを公開していることが多い』

です。

avatar
実際にスクールの公式サイトを見てみると『転職率95%』などの数字が出ているスクールがあると思います。

最初に打ち出している数字はスクール側が力を入れているポイントでもありますので、この転職率もチェックしておきましょう。

補足

※転職率が高いということは、スクールが提携しているIT企業とのコネクションが強いことを意味しています。

転職成功率の高いプログラミングスクール

TECH::CAMP (転職成功率97%)

→GEEK JOB (無料で受講可能)

挫折率の低いカリキュラムを教えている

プログラミングを勉強し始めた最初の頃は、まぁうんざりするほど基礎学習がつまらないです。

avatar
このつまらない基礎学習を乗り越えなければプログラミングは使えないのですが、ここで多くの人が挫折してしまうことも事実です。

スクールでは、過去の生徒たちのデータも残っているため、日々挫折率の低いカリキュラムの作成に力を入れています。

つまり、良い教材を使っているスクールというのは、挫折率が低く、一番つまらないと感じる基礎学習を乗り越えられる環境が整っている可能性が高いのです。

就職・転職すること以前の問題で、最初の壁を乗り越えられない人に未来はありませんからね。

スクールは常に生徒のデータを取りながらカリキュラムの質を上げているため、この挫折率に関してもチェックしておきましょう。

就職支援が手厚いプログラミングスクールを紹介!

では上記したポイントを踏まえた上で、それらの条件をクリアしているプログラミングスクールをいくつかご紹介します。

avatar
えっと‥、挫折率の低さ・全額返金保証・卒業生の転職率の高さでしたね!
avatar
その通りです!

GEEK JOB(ギークジョブ)

就職・転職支援が充実しているスクールの中でも、こちらのGEEK  JOBは若い層に人気の高いスクールになります。

→GEEK JOB公式サイトはこちら!

こちらのスクールに関しては、20~29歳の人であれば『無料』でスクールに通うことができます。

▼GEEK JOBの特徴 
受講費用転職コース:無料 学習コース:120,000円(転職支援なし)
受講スタイル通学(四谷(東京)・九段下(東京))に校舎あり
学べる言語PHP,Java,Ruby

転職支援サポートが付いているスクールの多くは、受講費用が高く設定されていますが、こちらのGEEK JOBに関しては転職支援サポートのターゲットを20代に絞っており、若い世代であれば無料でプログラミングが学べる仕組みを作っているのです。

avatar
IT業界は若い世代が特に転職しやすくなります。

無料でプログラミングが学べて、転職率95%以上を維持し続けているスクールとなりますので、未経験・パソコン初心者であっても挫折する可能性も低いと言えるでしょう。

そして言語に関しても、今主流となっているプログラミング言語であるPHP・Java・Rubyから選ぶことができます。

無料でプログラミングが学べて、手厚い就職・転職支援が受けられる数少ないスクールとなりますので、一度無料体験に足を運ぶ価値はあると思います。

DMM WEB CAMP

そして転職型プログラミングスクールでNo,1を獲得しているのがこちらの『DMM WEB CAMP』になります。

→DMM WEB CAMP公式サイトはこちら!

▼DMM WEB CAMPの特徴 
受講費用3ヶ月:分割払いで月26,000円 一括:628,000円
受講スタイル通学 渋谷(東京) 難波(大阪)に校舎あり
特徴業界初の転職保証付きプログラミング教室

DMM WEB CAMPは受講費用が高く設定されているものの、実際の転職成功率が98%(そのうち90%以上が未経験)となっているため、とにかく転職支援のサポートが手厚いスクールです。

万が一転職できなければ全額返金保証が付いているため、高額な受講費用を支払うリスクを背負う必要もありません。

現在エンジニア業界の平均年収が600万円前後ですから、転職さえできればすぐにスクールの費用を回収できます。

avatar
校舎は朝11時~夜22時まで使い放題で、講師に質問し放題な環境が整っています。

3ヶ月間でエンジニアに転職できることを考えれば、この待遇は低リスクハイリターンを得られる選択肢となるはずです。

不明点などあれば、とりあえずまずは無料相談で話を聞いてみると良いでしょう。

まとめ

正直な話、プログラミングスクールに通って転職ができないのであれば、独学でプログラミングを学んでいることとそこまで変わりはありません。

スクールによっては転職サポートが受けられない環境もあるため、適当にスクールに通うことは受講する側にもリスクがあるのです。
avatar
逆に費用が少し高くても、転職支援が徹底されているスクールを選ぶことによって、無駄な出費をせずに目的を達成することができます。

短期的な視点でスクールを判断するのでなく、半年後・1年後に自分がどのような働き方ができているかを想像し、プログラミングスクールを選んでみてください。

Pocket