Pocket

決まった時間に働くことが当たり前、残業して当たり前、責任を持って当たり前の正社員という働き方を選ぶのではなく、最近では派遣エンジニアのメリットを生かしたライフスタイルを選択する人も増えています。

パソコンさえあれば仕事ができるエンジニアという職業ですが、正社員になると様々なデメリットが出てきてしまいます。

エンジニア=残業・過酷な労働がよく言われていますが、実際はそこまで悪い現場は多くはありません(一部存在しますが)。

ただ、ライフスタイルという視点で考えると、実は正社員エンジニアよりも派遣エンジニアの方がメリットが多かったりします。

avatar
実際に私は未経験の状態から派遣エージェントに登録し、高単価の案件を紹介してもらったことがあります。

なのでここでは、派遣エンジニアとして働くメリット・デメリットについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

派遣としての働き方を考えている場合には、今回の記事はかなり参考になると思いますよ。

派遣に対して悪いイメージを持ってませんか?

そもそも派遣エンジニアというのは、技術者を求めている企業が人材を確保するために、派遣会社に登録している人に仕事を依頼します。

派遣エンジニアとして働く場合、基本的な流れとしては

派遣会社に登録

派遣会社から仕事を紹介してもらう

派遣先で業務を開始する

この流れが一般的です。

IT業界では、何かしらのプロジェクトが始まった場合、最初に一つの組織を構築します。

avatar
そしてその組織でプロジェクトを進めていくことになるため、この段階でエンジニアの人員を確保しておく必要があるのです。

派遣と聞くと

『安定してない』

『世間体が悪い』

などネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、正直派遣エンジニアに関しては、そのようなイメージを持つ必要はほとんどないのです。

avatar
確かに。派遣と聞くとそこまで良いイメージはないですね。
avatar
おそらく多くの人が同じイメージを持っていると思います。ただエンジニアに関しては、そんなに気にすることでもないです。

なぜなら

『そもそも他の派遣とは全く考え方が違う』

からです。

派遣エンジニアだからこそのメリット

数ある選択肢の中から、あえて派遣エンジニアを選ぶことによるメリットはいくつかあります。

ちなみに考え方としては、派遣エンジニアの働き方は、あくまでも

『通過点』

として考えておいてください。

ここをゴールとして設定しない理由は後半で詳しくお伝えします。

未経験でも働ける現場が多い

エンジニアになる場合、とりあえず必要となるスキルが

『プログラミングスキル 』

になります。

基本パソコンとにらめっこしながら作業をする仕事ですから、プログラミングのスキルを身につけなければ仕事はこなせません。

補足

とはいえ、派遣エンジニアに関しては、プログラミング未経験の人であっても働ける現場が山ほどあります。

この点に関しては、現在

『ITエンジニアが深刻に不足している』

ため、とにかく人材を確保するために、経験者だけではなく未経験者でも働ける現場がたくさんあるのです。

avatar
もちろん企業側としては、経験者に働いてもらいたいのですが、人材が不足しているため未経験者にチャンスがあるのです。

もし、未経験の状態で自分が働けるかどうかを知りたい場合には、IT専門の派遣会社に相談してみると良いでしょう。

おそらく思った以上に良い返事が来ると思いますよ。

良い意味で責任が重くない

エンジニアとしての実績を積み上げていくためには、最初の段階で挫折してしまうのはかなり遠回りです。

例えば、正社員としてエンジニアになり、そこでプログラミングに苦戦して挫折してしまうような人はIT業界には山ほどいます。

しかも正社員という立場のため、ある程度の責任も背負うことになりますので、精神的なプレッシャーも大きいです。
avatar
スキルがない状態で、正社員としての立場で仕事をするのはなかなかのストレスですからね。

しかし未経験の状態では派遣エンジニアとして働く場合、派遣という立場なのでほとんど責任を負うことはありません。

avatar
これは一般の会社で考えてみるとすぐに分かると思います。会社の重要なことを派遣に丸投げする企業はありませんからね。

正社員と比較しても、残業・休日出勤などもほとんどありませんので、働き方・責任の面でも安心して働くことができます。

もし仮に悪質な労働環境に放り込まれてしまったのであれば、早い段階で派遣の担当者に連絡し、今働いている企業を離れるようにしましょう。

いざとなれば気軽に他の案件を選ぶことができるのも、派遣だからこそのメリットですからね。

IT業界では、働きやすい職場もたくさんありますが、その裏でエンジニアやプログラマーに劇務を押し付けるブラックな労働環境もあります。
正社員でその環境に入ると辞めるのが困難ですが、派遣であればエージェントに相談すればすぐにその場を離れることができます。

正社員ではまずできないことです。

スキルがなくても高い時給で働ける

これに関しては、実際に派遣エージェントに登録し、担当者に相談してみるとすぐに分かると思います。

普通に考えると、プログラミング初心者・業務未経験の状態で高い時給が貰えるわけないと思ってしまいますが、エンジニアの場合、人手がとにかく足りていないため、未経験の状態でも予想以上の時給が貰えることも多々あります。

avatar
私の場合、全くプログラミングスキル がない状態で試しに派遣会社に相談したことがあるのですが、そこで提示されたのは『時給1500円』の案件でした。

ちなみにその案件を紹介してくれたのは『パーソルテクノロジースタッフ』という会社です。

まさか未経験の自分が、この時給でエンジニアとして働けるとは思っていなかったため、その当時のことは今でも覚えています。

プログラミングスキルを身につけた現在の私であれば、さらに時給が高い場所で働くこともできます。

補足

未経験の状態でも高い時給で働けますし、着実にスキルアップをしていけば時給の交渉も可能になりますので、この点に関しては未経験者にとってはありがたい環境が揃っていると言えます。

派遣エンジニアのメリットまとめ

未経験で働ける現場が多い
良い意味で責任が重くない
スキルがなくても高い時給で働ける

派遣エンジニアで覚悟しておくべきデメリット

メリットの多い働き方ではありますが、もちろん派遣を選ぶことによってデメリットがあることも事実です。

そもそも派遣という働き方は、日本ではそこまで良いイメージがありません。

正社員を選ばずに派遣として働く中で受け入れなければならないことがいくつかあります。

正社員よりも立場が不安定

今の世の中では正社員であっても不安定ではありますが、それでも会社からすると、正社員よりも派遣の扱いが低くなるため、万が一のことがあると真っ先に切り捨てられる立場でもあります。

avatar
エンジニア・プログラマーの場合、自分のスキルさえあればいくらでも働き先は見つかる(人材不足なので)ため、そこまで正社員にこだわる必要はありません。

ですが、やはり立場という視点から考えると、正社員よりも明らかに立場が不安定なので、その事実だけは受け止める必要があります。

もし派遣から正社員への転身を考えるのであれば、正社員型派遣の働き方を取り入れてみてください。

フリーランスと比べると収入が低い

派遣として働くと、やり方次第では正社員よりも高い給料で働くことができます(派遣で月収40万以上は超えられる)。

ですがフリーランスと比較すると、派遣の賃金は安くなります。

補足

実際フリーランスエンジニア・プログラマーになると、1つの案件で月50~80万円は貰うことができます。

そのため、多くのエンジニア・プログラマーが正社員、もしくは派遣という立場からフリーランスに転身しているのです。

avatar
途中で私が『派遣は通過点として考えるべき』とお伝えした理由も、結局はここです。
派遣エンジニアのデメリットまとめ

派遣だと世間的がそこまで良くない
正社員よりも不安定
フリーランスよりも時給が安い

正社員と派遣どちらがオススメなのか?

これからエンジニアを目指す場合、派遣と正社員のどちらになろうか迷うこともあるはずです。

たとえ未経験の状態であっても、年齢が若ければ正社員として雇ってくれる企業はたくさんあります。

エージェント経由で正社員になるのも良いですし、プログラミングスクール経由で仕事先を紹介してもらうのも良いでしょう。

この2つの選択肢に関しては、どちらが良くてどちらが悪いという話ではなく

『将来的に自分はどのような働き方を実現したいのか?』

ここだけを最初に考えてみましょう。

avatar
エンジニア・プログラマーはスキルさえあればこちら側が働く場所を選べるようになります。

正社員として働けば、ボーナスが貰えてある程度安定した生活ができます。

しかし給料が上がるのは微々たるものなので、そこで働き続ける限り、安定を得る代償として高収入の道は立たれるかもしれません。

補足

派遣エンジニアの場合、安定しているとは言えないかもしれませんが、そこで実務経験を積み、様々な現場でスキルを身につけてフリーランスに転身することも可能です。

特に年齢が高いほどこのルートはオススメです。

メリットに関しては上記で具体的に解説していますので、このどちらのメリットがあなたにとって魅力的に映るのかを考えてみましょう。

ちなみに将来的にフリーランスとして働くことを考えているのであれば、正社員の肩書きはそこまで必要ありませんよ。

派遣と正社員に関しては、派遣エンジニアと正社員エンジニアどちらを選択すべきか?の記事で詳しく解説しています。

派遣エンジニアとして働く具体的な方法

派遣エンジニアであれば、未経験・初心者であっても働く環境があるため、エンジニアとしてのキャリアを踏み出す1歩としては参入障壁の低い働き方になります。

働くための具体的な方法としてやることはただ1つです。

それは

『派遣エンジニア専門のエージェントに登録する』

ことです。

エージェントに登録すると、自分に担当者が付き、そこで自分の経歴などを伝えていきます。

avatar
そして、今自分が持っているスキルで働ける仕事があれば、それを担当者が紹介してくれます。

具体的な流れとしては

派遣エージェントに登録する

担当者と面談をする

仕事先を紹介してもらう

このようになります。

派遣エンジニアのエージェントの探し方

登録するエージェントに関しては、いくつか選ぶべきポイントがあります。

1つのエージェントにこだわらない

自分が働く場所を探すのであれば、できるだけ多くの選択肢の中から良い条件のものを選んだ方がお得です。

実際エージェントによっては、ブラックな労働環境で人手不足に悩んでいる案件も存在しますので、少ない選択肢から仕事先を選ぶと自分が苦しむことになります。
avatar
理想としては、2~3つのエージェントに登録し、その中から同時進行で仕事を探すのがオススメです。

私の場合、最初にパーソルテクノロジースタッフに登録し、その後2~3つのエージェントに登録して仕事を探しました。

どの派遣エージェントを利用すれば分からない場合には、エンジニア未経験でも速攻働けるおすすめの派遣会社3選!の記事を参考にしてみてください。

派遣エンジニアに将来性はあるのか?

エンジニアとして働く場合、誰もが最終的に求めるのは

『高い報酬が貰えて、自由な働き方ができる』

ことだと思います。

それを実現するために最も良い手段が

『フリーランスエンジニア』

になることです。

フリーとして働くことができると、週3労働・リモートワーク・月60万円以上の案件など様々な好条件で仕事が舞い込んできます。

avatar
途中でもお伝えした通り、エンジニアの数は圧倒的に不足しているため、スキルさえ持つことができれば働き方の選択肢はいくらでも広がります。

フリーランスエンジニアになるためには、一定の実務経験を経る必要がありますが、その条件を満たすためには正社員・派遣のどちらでも問題ありません。

補足

最近では、派遣エンジニア→フリーランスエンジニアの流れも一般的になってきています。

未経験の状態で正社員になることにハードルを感じている場合、最初に派遣エンジニアの選択肢を取ることによって、実務経験・スキルの両方を手に入れることもできます。

ずっと独学でプログラミングを勉強し続けたとしても、数ヶ月実務をこなした人に勝つことはできないため、派遣という働き方は未経験者にとってオススメの労働形態なのです。

派遣エンジニアだからこそのメリットを最大限生かすべき!

いずれフリーランスに転身するのであれば、世間の目なんて気にする必要はありません。

派遣として働いていたとしても、半年後・1年後にはフリーランスでゴリゴリ働くことも可能です。

avatar
エンジニアになる場合、最初の参入障壁が高いものに感じますが、派遣エンジニアであれば、そのハードルもグッと下がるため、とりあえず働いてみることも可能です。

自分に合わなければその時点で派遣の担当者に相談すれば良いだけですし、自分が成長できると感じれば続けることもできます。

一番まずいのは

『何も行動を起こさないこと』

ですから、これを肝に命じて自分らしい働き方を実現していきましょう。

派遣エンジニアは、そのきっかけ作りとして強くオススメできる働き方です。

まとめ

人手不足の影響もあり、エンジニアという働き方はそこまで縛られるものではなくなっています。

avatar
派遣として経験を積み、そこからフリーランスに転身して海外でリモートワークをこなしているエンジニアもたくさんいますので、正社員という肩書きに縛られるのはリスクでしかありません。
何度もお伝えしていることですが、派遣はあくまでも『通過点』です。

その先にある理想とする未来を実現するための手段として派遣があるだけなので、この考え方を忘れないようにしましょう。

この働き方を上手に活用できれば、エンジニアとしてのスキルを最短で伸ばすこともできますからね。

人気記事 エンジニア未経験でも速攻働けるおすすめの派遣会社3選!

Pocket