Pocket

今の仕事が嫌すぎるけど、会社を辞めるのはハードルが高い‥。

それならいっそのこと飛んでしまおうか‥なんて頭にチラついている場合、その選択は絶対にオススメしません。

超短期的に考えれば、会社に辞めることを伝えずに飛ぶ選択は良いのかもしれませんが、中期的・長期的に考えた場合、後々圧倒的なデメリットが自分に降りかかってきます。

そうなると、自分の次のステップを踏む際にも支障が出てくるため、とにかくこの選択は頭から消し去る必要があります。

とはいえ

  • 会社に辞めることを直接伝えられない
  • 辞めることを受け入れてもらえるとは思えない

そのような状況で働いている場合、辞めたい気持ちを押し殺して続けなければならないのか?

そんな不安も出てくると思います。

しかし安心してください。

今の時代は同じような悩みを抱えている人がたくさんいるため、全く別の選択肢を取ることによってスッキリとした状態で会社を辞めることができます。

ひろ
世の中は辞めたいけど辞められない人たちで溢れかえっています。
OLの中野さん
今の時代の闇が見えてきますね。

今回はその点について詳しく掘り下げていきたいと思います。

仕事を辞められず、最終手段として『飛ぶ』のはありなのか?

まず『飛ぶ』という選択肢を「あり」か「なし」かで答えろと言われたら、ほぼ100%の人が

『なし』

と答えると思います。

これに関しては、飛ぶ選択肢を取る人たちも共通している答えだと思います。

しかし、それでも『飛ぶ』選択肢を取ってしまう人が後を絶ちません。

事実、会社組織で働いていると、自分が辞めることを直接言えなかったり、もしくは伝えたとしても辞めることを受け入れてもらえなかったりすることが多々あります。

私自身も会社を辞めた経験がありますが、その時も

『上司から辞めることを何度も引き止められた』

経験があります。

ひろ
何度辞めることを伝えても、その都度引き止められていましたね。

こっちは働きたくないと言っているのに、会社側の都合で辞められない状況を作り出されると、最終的に『飛ぶ』選択肢を取りたくなる気持ちも分かります。

ただ、人生レベルで考えた時、この飛ぶ選択肢というのは自分にとって

『デメリットしかない』

ことも事実なのです。

常識として飛ぶことは世の中に受け入れられない

これは当然と言えば当然のことなのですが、なぜか世の中は強引な手段を使って辞めることを引き止めることは許しても、飛ぶことだけは絶対に受け入れてくれません。

もちろんこれは受け入れられない事実なのは私も十分理解していますが、それでも100%辞める側が悪いのか?と聞かれれば、少なくとも会社側の環境・対応・社員の扱い方のどこかに悪い部分は必ずあると思います。

常識という視点だけで考えれば、飛ぶ選択肢は悪かもしれませんが、働くという視点で考えると、100%間違った選択肢であるとも言いづらいのが今の世の中なのです。

飛ぶ選択肢が出てくる人の現状(事例)

ではなぜ最終的にこの『飛ぶ』という選択肢が出てきてしまうのか?

結局のところ、自分の中で我慢を続けた結果、最終的にどうにもならないと思ってこの選択を取ることがほとんどです。

中には入社してすぐに

『や〜めよ!』

と思って飛ぶ人もいますが、ある程度の期間働き続けた人に関しては、悩み抜いた最終手段として行き着くことが多いです。

ひろ
追い詰められた時、人は自分を守る行動を取りますからね。

会社を辞める際、飛ぶ経験をした方々に話を聞いたことがあるのですが、その人たちの多くは同じような悩みを抱えていました。

辞めることを面と向かって言えない

会社に出勤する前に、自分の家の中で

『今日上司に会社を辞めることを伝える!』

そう固く決心して会社に出社しても、いざ上司を目の前にすると途端に気持ちが萎縮してしまい、結局その日は会社を辞めることを伝えられなかった‥。

これを毎日繰り返している人はたくさんいます。

どんなに自分の中で辞めることを決意しても、それを言葉に出すとなるとなかなか難しかったりもします。

信頼関係ができている上司であれば、自分が辞めることを認めてくれるかもしれませんが、ほとんどの場合、上司と部下との関係は希薄です。

そうなると、自分が辞めることによって上司に不都合が生じた時に、面倒なことを回避するために上司が部下の退職を引き止めるのです。

▼上司が部下が辞めるのを引き止める理由

  • 自分の部署から退職者が出ると評価が下がるから
  • 一人辞めると仕事のしわ寄せが自分に来るから
  • 後任を育てるのが面倒くさいから
  • 本当に相手のことを思って辞めてほしくないと考えている(稀に)

一度引き止められた後、再度辞めることを伝えるのにはとてつもないエネルギーが必要となるため、結局ダラダラと仕事を続けてしまう事例も多々あります。

上司や会社の圧力で辞めることが認められない

働いている環境によっては、上司と部下の関係性ができていないため、とにかく毎日上司の圧力に屈しながら仕事をこなす事例もあります。

こちらの意見は全く聞いてくれないのに、なぜか上司の意見だけは絶対という訳の分からない環境で働くと、辞めることを伝えてたとしても、意見が通るはずもありません。

これはいわゆる『パワハラ』というやつですね。

上下関係を履き違えている上司に当たってしまうと、とにかく毎日が辛く苦しいものになります。

会社のことを考えて意見を曲げないのであればまだ分かりますが、パワハラ上司の場合、大体のことは

『自分の立場を守るためにやっている』

ため、この人と関わってもろくなことがないのです。

▼気をつけるべき上司の特徴

  • 都合の良い時だけ綺麗事を言う
  • 常に『お前のためだ』と思ってもないことを言う
  • ワンマンで普通の会話が成立しない(聞こうとしない)

普通に辞めることを伝えるよりも、この環境の場合はさらに難易度が上がってしまうのです。

短期間で辞めることを考えたとき

自分が会社に入社してから

『あれっ?なんかこの会社入社する前に聞いていたことと違う‥』

ということは結構あります。

新卒で入社した新人が3年以内に3割以上辞める理由も、おそらくこれが大きく関係しているはずです。

入社したばかりの状態で辞めたいとなると、とにかく上司に辞めることを伝えづらいです。

長年頑張ってきて円満退社であれば、そこまで伝えるのは難しくありませんが、まだ仕事も覚えていない状態の時に辞めることを伝えると

『お前何言ってんの?』

という返答が来ることでしょう。

辞めたい気持ちに時間なんて関係ありませんが、それでも短期間で辞める際には伝えるハードルがグンと上がってしまうのです。

仕事を飛ぶと後々自分に降りかかる大きなデメリットについて

では仮に上記の事例のような状況で会社を『飛ぶ』と仮定しましょう。

そうすると、今まで自分が働いていた環境から一時的に抜け出すことはできますが、それはあくまでも『一時的』なものです。

実際に自分が飛んでいるだけで、会社自体には辞めることを伝えていないため、会社側からしたらただの

『無断欠勤』

でしかありません。

その日を境に会社に行かなくなると、会社側も退職したとみなしますが、その時の扱いは

『懲戒解雇』

となってしまいます。

ひろ
これは結構やばいです。

この扱いになると、もし自分が次の仕事先を探そうとした時に、前職で懲戒解雇された事実が会社側に知られることになるため、転職活動にかなり悪い影響を与えることになります。

▼懲戒解雇とは?

従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに、懲戒処分として行うための解雇のことを「懲戒解雇」といいます。

このような解雇をされたということは、転職活動をする際にあなたを雇う側の会社が

『このリスクを背負って雇う』

ことになるのです。

つまり、飛ぶ選択肢を取ると短期的には楽ができますが、高い確率で自分の人生が悪い方向に進んでいくことになります。

それを考えると、飛ぶ選択肢を取ることは、結局自分自身の首を絞めることにもなるのです。

『辞める』を伝えずに即日会社を退職する唯一の方法

  • 会社を辞めることを伝えることができない
  • 会社に辞めることを受け入れてもらえない
  • 飛ぶ選択肢は取りたくない

そうなると八方塞がりの状態に感じるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

むしろ、このような状況であっても最短即日で会社を辞めることができてしまいます。

その方法というのが

『退職代行サービスの活用』

です。

途中でもお伝えした通り、現代では会社を辞めたいけど辞められない人が溢れかえっています。

その人たちが、会社を飛んだり上司を説得することなく辞める方法として注目されているのが退職代行サービスなのです。

これは、簡単に言ってしまえば

『自分の代わりに会社に辞めることを伝えてくれるサービス』

のことで、こちらから依頼すれば、自分が辞めたい時に会社を辞めることができるのです。

ひろ
最近かなり話題になっています。

有給の消化・退職に必要な書類・会社からの貸与物などの手続きも全て代行してくれるため、依頼主がやることは

『退職代行サービスに相談するだけ』

です。

以前はこのサービスがほとんど認知されていませんでしたが、最近では1日に数百件もの問い合わせがあるくらい多くの人に利用されています。

ひろ
この話からも、会社勤めの闇が少し見えてきますね。

会社を飛ぶ・バックれてしまうと自分に多くのデメリットが降りかかりますが、こちらの退職代行は

『正規の手順で退職が完了する』

ため、まずそのような心配はありません。

会社を即日で辞めるならば退職代行『SARABA』がおすすめ!

最近では退職代行サービスも数十社以上に増えてきており、需要も右肩上がりに高まっていますが、その中でも特におすすめしたい会社が

『SARABA』

になります。

こちらのSARABAに関しては、退職代行の業界でもトップクラスに費用を抑えており、依頼から退職まで一律で29,800円で請け負ってくれます。

ひろ
追加料金なしです。

そして万が一自分が会社を退職できなければ

『全額返金保証』

がついているため、辞められずにお金だけ失う心配もないのです。

おそらく全額返金保証が付いている退職代行サービスはSARABA以外にはほとんどないでしょう。

▼SARABAの特徴

  • サポート:24時間体制
  • 全額返金保証付き
  • 一律29,800円
  • 退職成功率98%(2%は途中で依頼人が退職を辞退している)

24時間体制で無料相談サービスを受けていますので、会社を飛ぶ選択を取るのであれば、こちらのSARABAに依頼してクリーンに仕事を辞めましょう。

無料相談を利用し、とりあえず話を聞いてもらうだけでもOKです!

SARABAに無料相談する!

『SARABA』に関して詳しく知りたい場合は、こちらの記事で詳細に解説しています!

退職代行の費用より飛ぶ選択の方が圧倒的に損

退職代行に依頼する場合、最低でも数万円の費用がかかってしまいます(ちなみに格安を謳って悪質な対応をする業者があるので注意が必要です)。

この費用を高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、どうしても仕事が辞められない場合、最終的に『飛ぶ・バックれる』ことを選択した場合、どれだけの損失を出しているかを考えてみてください。

懲戒解雇になれば、次の仕事を見つけるのも難しくなりますし、今よりも悪い条件で働く可能性が高いです。

ひろ
飛んでしまったツケは必ず後で返ってきます。

それならば、クリーンな手順で退職を依頼し、その後転職活動をスムーズに行い条件の良い環境に飛び込むことができれば、代行にかかった費用はすぐに回収できます。

会社を飛んでしまった事実は消すことができませんので、この選択によって未来は大きく変わります。

もう一度自分の人生を見つめ直し、今よりも良い未来に向かうために何をすべきか?ここを考えてみてください。

退職代行サービスはその手助けをしてくれる存在になると思いますよ。

※100%返金保証付き

退職代行SARABAに無料相談する!

まとめ

仕事を飛んだとしても、結局飛んで散るのは『自分』ただ一人です。

どんなに会社を辞めたかったとしても、そこで飛ぶ選択肢を取ってしまうと、いずれ取り返しのつかないことになります。

しかし今は、飛ぶ以外に退職する方法が確立されていますので、このサービスを上手に使うことによって人生を良い方向に導くことは十分に可能です。

追い詰められると視野が狭くなりがちですが、そんな時こそ視点を高くして物事を見るようにしていきましょう。

人生はいくらでも好転させられますからね。

Pocket