Pocket

『過去なんか気にせずに今この瞬間を生きよう!』

このような言葉をかけられて励まされることはありますが、とはいえ、人間誰しも辛い過去・トラウマなどを必ず経験しているため、今この瞬間に起こった出来事の中に、過去と同じようなシチュエーションが出てくると、そこで嫌な思い出が蘇ったりします。

そうなると、どんなに忘れようとしていた過去であっても自分にとってマイナスの感情を引き起こしてしまうため、一度そのようなことを経験すると、新しい挑戦をしてリスクを取るよりも、自分を守ることを優先しがちになります。

もちろん人生に正しい正解なんてありませんから、どんな生き方をしようと基本的には自由です。

しかし、私自身も様々なことを経験した中で思ったのは

『過去の最悪な経験は、未来ではプラスの材料として使える』

ということです。

今回の内容に関しては、過去を気にせずに吹っ切って未来を生きていくとは全く『逆』の考え方となりますので、過去のトラウマや辛い経験を持っている方にとっては、かなり参考になる話だと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください。

きっと何かしら良いきっかけを与えることができると思います。

過去で経験したことは良いも悪いも引きずりがち

そもそも私たち人間というのは、過去の経験は良い悪いのどちらも引きずりがちです。

多くの人は悪い方向ばかりに目がいきがちですが、実際は過去に経験した良いことを参考にして行動を起こしていることもたくさんあるのです。

例えば

『パチンコで買ったことが忘れられずに何度もお店に足を運んでしまう』

これは良いことを経験したからこそ行動を起こしているのであって、ここでパチンコに対して悪い思い出しかなければ2度とお店に足を運ばないはずです。

逆に、幼少期にお金がない家で育った場合、お金がない辛さを理解しているため、無駄な出費を避けて質素な生活を意識することもあります。

もし幼少期にお金持ちの家で育っていたら、このように質素倹約の生活とは真逆の生き方をしていたはずです。

人は良いも悪いも全て

『過去の経験を基にして今の行動を起こしていることが多い』

ため、トラウマ・辛い経験だけが自分の未来に影響を与えているわけではないのです。

辛い経験をすると人生は不幸になるは嘘です!

これを考えると、人生で起こる辛い経験・トラウマレベルの経験というのは

『全てがマイナスであるとは言えない』

はずです。

小さい頃に日本のどこかで大きな自然災害(自信・津波)などを経験したとします。

そうすると、その現実を見て様々な辛い経験をすることになりますが、未来で同じような自然災害が起こった場合、その経験をしている人としていない人とではその時の対応に雲泥の差が生まれます。

もし地震や津波を経験していない人たちのところに、何かしらの警報が出たとしても

『まぁちょっと注意してれば大丈夫だろうな』

と安易に考えて行動が遅れたりします。

しかし、過去に自然災害を経験している人というのは、その状況がどれだけ深刻な状況であるかを瞬時に理解できるため、ちょっとしたことであってもすぐに動くことができるのです。

『自然災害』という視点だけで考えたらこの経験は悪いことになるかもしれませんが、これを『命』という視点で考えてみると、過去の辛い経験が結果的に自分の命を守ってくれることになるのです。

過去に辛い経験をしたから不幸になるというのは、かなり視野の狭い考え方であることが理解していただけたと思います。

辛い過去が未来でプラスに変換される明確な理由

そしてもっと言ってしまえば、過去の辛い経験というのは『人生』という視点で考えると

『圧倒的なプラスになる』

ことがほとんどです。

私自身が

『過去のトラウマや経験は忘れましょう!』

この言葉を全く聞き入れない理由も全てはここにあります。

そもそも辛い経験をしたことは人生レベルで考えるとプラスしかないため、忘れる必要がありません。

例えば私の場合、学生時代にちょっとしたいじめをされたり、全くモテない青春時代を過ごしていました。

おそらく普通以上の学校生活を過ごしていた人からすると、なかなかに悲惨なレベルです笑。

『学生時代に戻りたいなら戻っていいよ』

と言われても、私は100%戻りたくないですからね。

しかし、戻りたくないといっても、その時の経験を忘れたいか?と言われると、実は全く逆だったりします。

戻りたくない一番の理由は

『もう一度あの経験をするのが面倒なだけ』

であって、経験したこと自体に関してはトータルプラスだと感じています。

学生時代にちょっとしたいじめを受けていた時というのは、とにかく周りの人たちの視線ばかり気にしていました。

仲間はずれにされている状況を周りは知っていても、それを全員が他人のふりをして知らない顔をして生きている。

その状況が一番辛かったことを覚えています。

しかしこの経験を経たことによって、とにかく人が何を考えているのかを深くまで掘り下げるようになりました。

結局いじめられっ子を助けない理由は

『その子と関わると自分がいじめの対象になるかも』

という恐怖心が強いだけであって、そこまで悪気はなかったりするのです。

その恐怖心に打ち勝って助けてくれる人なんて、1つの学校に1人2人いるかいないかのレベルですからね。

人が何を考えて、なぜそのような行動を起こすのか?

その点を深くまで掘り下げるのが癖になったのは、私の場合はちょっとしたいじめを受けてからです。

そして、この経験をしたことによって

『自分にとって本当に大切な人間はごく僅か』

であることも知ったため、とにかく濃い人間関係を築けるようになりました。

その当時の自分にとってはトラウマレベルのことであっても、今振り返ってみると、その時の最悪な経験から数多くのことを学んでいることは多々あります。

同窓会などでいじめっ子の現在を見てみると、やはり人をいじめるような人間だからこその人生を歩んでいたりしますからね。

自分だけではなく、関わっていた人たちからもたくさんのことが学べたりするのです。

本当に辛い経験をした人は本当に大切なものを見つけられる

『辛い経験をすると学べることが多いから、積極的に辛い経験をすべき!』

というような綺麗な感じでまとめることはしたくありません。

だって辛い経験は正直辛いですから、経験しないに越したことはありません。

ただ1つだけ言えることは、あらゆる経験値を積んできた人と大した経験を積んでこなかった人の差は、気づいたら追いつけないレベルまで開いていることがほとんどです。

先ほどの例からも分かる通り、本当に辛い経験をすると、人生の中で何が大切なのかを早い段階で見つけることができます。

しかし経験値がない場合、一生自分が辛い経験をしないために逃げるか、安全な人生を過ごすために自分のことだけを考えて周りを犠牲にするかしかありません。

そして大切なものを見つけられていない人たちは、本当に大切なものが何かがさっぱり分からないため、友達・恋人を選ぶ際にも同じような人種を選んでしまったりします。

ダイヤモンドという宝石を知らない人たちが、ダイヤモンドを手にしたときに

『ただの綺麗な石』

としか認識できないように、様々な経験をして大切なものの価値を見分けるスキルを持っていない人たちは、気づいたら誰もが羨む宝物をゴミ箱に捨てていたりしますからね。

人生の宝物は『経験』からしか得られない

自分の人生を幸せに過ごすために、経験よりも『お金』を集めることを優先する人もいますが、結局人生の中で本当に大切なことは経験からしか得ることができません。

お金があればその経験の幅が広がることは事実ですが、お金を集めるだけの人生ではただのお金持ちにしかなれません。

  • たくさんのお金を持っていて魅力的な人
  • たくさんのお金を持っているけど魅力がない人

この2つに分かれる理由も結局はここです。

過去にどれだけの経験を積んできたかが自分の人生を決めますし、経験値が高ければわざわざお金を貯めなくても経験をコンテンツにしてお金を稼ぐこともすぐにできます。

経験>お金

この考え方が当たり前のようにインストールされていれば、今回の内容もスムーズに頭に入ってきていると思います。

今辛いのであれば人生を『シーン』ではなく『ストーリー』で考えよう!

そして最後にお伝えしたいのがここです。

もしかしたら、あなたは今現在辛い状況で生きることを強いられているかもしれません。

それは私自身には分かりませんし、あなたの周りにいる人たちも気づいていない可能性があります。

もちろん明らかにおかしい辛い経験をしている場合は、その環境から逃げ出すことも一つの手段です。

しかし、どんなに辛いことであっても、必ずそれを

『1つのシーン』

として考えるようにしてください。

どんな漫画・アニメ・ドラマ・ドキュメンタリーであっても、必ず辛いシーンは出てきます。

そして一つのストーリーとして見てみると、最終的にそのストーリーを成功に導いている理由は

『辛いシーンを経験したから』

だということに気づくはずです。

もし自分が好きな漫画・アニメ・ドキュメンタリーなどがあれば、まずはそちらを一度チェックしてみてください。

必ず主人公は辛い経験が未来でプラスに転じていますから。

まとめ

結局人間同士で生きるということは

  • 辛いことをさせる側
  • 辛いことを経験する側

が必ず出てきます。

この2つの選択肢しかなければ、間違いなく人は前者を選びたがりますが、人生レベルで考えると実は後者の方が得られるものが多かったりします。

過去に執着して今の人生をネガティブに生きるのではなく、まずは自分の過去をしっかりと受け入れ、良い方向に人生のストーリーを進めていくためにはどのような舵をとるべきか?まずはここから考えていきましょう。

その経験を失敗エピソードとして語るだけでも、結構救われる人がいるもんですからね。

Pocket