Pocket

近年急速に利用者が増加している新しいサービス。

それが今回ご紹介する

『退職代行サービス』

になります。

現代は、テレビをつければ

  • ブラック企業
  • 悪質な長時間労働
  • パワハラ
  • セクハラ
  • 仕事の辛さで命を絶つ

このような話は毎週のように報道されています。

そんな環境で、辛い気持ちを押し殺して働き続ける人たちから、この退職代行サービスが連絡を受けるケースが増えてきています。

今はまだそこまで認知されていないサービスではありますが、おそらくこれからの時代は、働き方も大きく変わっていくため、退職代行サービスを利用する退職者は増えてくることが予想されます。

なので今回は、この退職代行サービスを利用する場合

  • どのようなことに気をつけて業者を選べば良いか?
  • できる限り費用を抑えてサービスを利用する方法
  • 料金の安いおすすめの退職代行サービス

などについて詳細にお伝えしていきたいと思います。

ひろ
間違った業者を選んでしまうと、それだけで自分がリスクを背負うことになってしまいますので、今回の内容を取り入れてスッパリと新しい一歩を踏み出してみてください。

好きなところから読んでください

退職代行サービスとは?

そもそもこの退職代行サービスというのは、一言で片付けるならば

ひろ
『辞めます』

これを自分の代わりに伝えてくれるサービスのことです。

普通に考えれば、ただ辞めることを伝えるだけなのにお金を払って業者に依頼する意味が分からないと思われるかもしれません。

しかし最初にもお伝えした通り、現代には様々な労働環境が蔓延っています。

その中で、この一言を伝えることが難しい環境で働いている人や、辞めることをなかなか受け入れてもらえないような職場もあります。

◆よくある事例

例1:上司のパワハラで辞めることが受け入れられない

例2:単純に人手不足で退職を承認してもらえない

例3:辞めることに対して釘を刺されている

世の中は

『退職代行を利用するなんて甘えだ!』

なんてことも言っているようですが、辞めたいのに辞められないことがどれだけ苦しいものかを一度考えていただきたいものです。

この退職代行を利用することによって、どんな環境であっても請け負った業者が退職までをスムーズにサポートしてくれるため、悪質な労働環境から即日退職も可能になるのです。

退職代行サービスの料金で差が出るわけについて

今までほとんど認知されていなかったサービスですから、実際に利用することを考えて情報を取り入れても、業者によって料金に大きく差があります。

自分が退職する事実は同じなのに、なぜここまで料金に違いが出てしまうのか?

この点に関してはいくつかの理由があるようですが、一番大きいのは

『ライバル企業同士の価格競争が激化している』

ことです。

ひろ
スマホやインターネットが出た時のことを思い出していただければ分かりやすいと思います。

そもそも今まで知られていなかった退職代行サービスですから、今はまだそこまで市場規模の大きな業界ではありません。

つまり、料金を高く設定しても退職を希望する依頼がたくさん来るため、仕事が成り立ちます。

最近になってからこのサービスも注目を集め始めているため、業者同士の価格競争が始まったことにより、料金に大きな差が生まれているような状況です。

『安いお金で依頼を受けますよ!』

と宣伝している業者の中には悪質なところもありますので、料金を判断材料の一つとして考え、その他の要素も加味して業者を選ぶ必要があるのです。

料金の安いおすすめの退職代行サービスを厳選して3つ紹介!

私自身、様々な退職代行サービスをチェックしてみました。

その中で本当にオススメできるものを3つご紹介していきます。

1位『SARABA』

当サイトで1位にさせていただいたのが、こちらの退職代行サービス『SARABA』になります。

まずこちらのSARABAの一番の魅力は

『料金の安さ』

になります。

5万円以上かかる退職代行サービスが多い中で、こちらの『SARABA』に関しては、追加料金なしで全てコミコミ

一律『29,800円』

で依頼することが可能です。

そしてそれにプラスして、もし万が一退職できなかったら

『全額返金保証』

が付いているため、退職できずにお金だけ取られるという心配をする必要がありません。

とはいえ、SARABAの退職成功率は『98%』となっていますし、退職できていない2%に関しては、途中で依頼主が自ら休業を選択したことが理由であるため、実質の成功率は100%だと言えるのです。

退職代行サービス『SARABA』を選ぶメリットとしては

  • 業界トップクラスの安さ『29,800円』
  • 24時間対応(LINE メール 電話)
  • 行政書士監修+行政書士監修の退職届付き
  • 業界でも珍しい全額返金保証付き
  • 利用者数業界No. 1
  • 即日退職可能
  • 無料転職サポート

言ってしまえば、退職を希望する人が求めている要素のほとんどを取り入れています。

このサービスを徹底していることもあり、現在退職代行サービスの中でも利用者数No. 1となっています。

今この瞬間に相談をしても、24時間対応してくれるので、即日退職することも可能です。

相談だけなら無料となりますので、お気軽にお問い合わせしてみてください。

24時間対応の『SARABA』の無料相談はこちら!

『SARABA』の評判や口コミについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

→『SARABA』の口コミや利用者の評判を徹底調査!

2位『ニコイチ』

そしてこちらの退職代行サービス『ニコイチ』に関しては、操業してから14年という歴史を持つ実績のある会社になります。

『円満退職』

を一つのテーマとしており、今まで累計4000人の退職を手助けしてきています。

こちらは14年の歴史を持ちながら、退職成功率100%を維持し続けているため、かなり信頼性のある会社であることが分かります。

そして料金に関しては、退職が全て完了するまで追加料金なしで

『30,000円』

となっているため、かなり安く設定されています。

対応時間に関しては、朝7時〜午後8時までとなっています。

LINE・電話・メールで無料相談ができるため、対応している時間に連絡をすれば専門のカウンセラーが相談を受けてくれます。

ニコイチのメリットをまとめておくと

  • 14年で退職率100%を維持し続けている実績がある
  • プロのカウンセラーが常駐している
  • 30,000円と安い料金で退職可能

やはり100%の退職成功率というのは、利用する側にとっても安心できる材料となりますね。

無料相談は、営業時間内であればすぐに対応してくれると思いますので、お気軽にご相談してみてください。

ニコイチの無料相談はこちら!

ニコイチの詳細はこちらの記事で解説しています。

→退職代行サービス『ニコイチ』の口コミや評判を徹底調査!

3位『EXIT』

おそらく、世の中にこの『退職代行』というサービスを認知させたのは、こちらの『EXIT』さんがメディアに露出したからだと思います。

多くの人は、退職代行といえば『EXIT』だと認識をしているかもしれません。

それだけこの業界で大きな功績を残している会社です。

こちらの『EXIT』の場合

  • 正社員:50,000円
  • アルバイト:40,000円

このような料金となっているため、他の会社と比べて少し割高となっています。

『EXIT』を利用するメリットとしては

  • メディアの露出が多く認知度が高い
  • 即日LINEでの対応
  • 次回利用時1万円の割引

このようになります。

正社員とアルバイトで料金に差がありますので、その点に注意して相談をしてみてください。

EXITの無料相談はこちら!

EXITの詳細はこちらの記事で詳しく解説しています!

退職代行EXIT利用者の評判や口コミを徹底的に調べてみた!

未払い・残業代・退職金の請求がある場合には『汐留パートナーズ法律事務所』

今働いている環境を退職するだけであれば、一般的な退職代行を利用すれば問題ありませんが、もし仮に給料の未払いやその他請求する費用がある場合には、法律が絡んできますので弁護士の退職代行を利用する必要があります。

これらの法律関連の話に関しては、一般的な退職代行では対応することができないため、確実に会社側から請求するためにも法律事務所に相談するようにしましょう。

退職代行サービスと弁護士事務所は頼める仕事が違いますからね。

ちなみにこちらの『汐留パートナーズ法律事務所』に関しては、相談を無料で受けてくれますし、着手金 54,000円(税込み)という破格の金額で仕事を受けてくれます。

一般的な弁護士事務所にこのような仕事を依頼すると、約25万円以上の費用がかかると言われていますので、弁護士に依頼するのであれば、こちらの汐留パートナーズ法律事務所がおすすめです。

弁護士の退職代行なら『汐留パートナーズ』

汐留パートナーズ法律事務所の詳細に関してはこちらの記事で解説しています!

→汐留パートナーズ法律事務所の口コミや評判を徹底調査!

退職代行サービスを選ぶ際に重要視すべき3つの基準

現状を変えるために、思い切って退職代行サービスに依頼する場合、これだけは外せない基準を3つお伝えしておきます。

退職というのは人生の中でもかなり大きなイベントですから、ここを適当な仕事で片付ける業者に依頼すると、ろくなことが起こりません。

悪質な業者が存在する中にも、依頼主の要望に答えてくれる業者は必ずあります。

それを見分けるためにも、とりあえず以下のチェックポイントは必ず確認しておきましょう。

実績・信頼性

まず、実際に退職させた実績はどれくらいなのかを真っ先に確認しましょう。

基本的に、ちゃんとした退職代行サービスにに依頼すればほぼ100%の確率で退職をさせてもらえます。

実績のある業者に関しては、必ず自社のホームページに退職させた人の数や確率をしっかりと明記しているので、まずはこちらの実績を調べるようにしましょう。

◆実績で確認すべき項目例

  • 過去にトラブルが起こっていないか?
  • 退職できなかった人は存在するのか?
  • 自分の現状で辞めることができるのか?

などを無料相談でしっかりと教えてもらい、納得した形で依頼をすることが基本です。

もしこの点を曖昧な回答でごまかす業者に関しては、退社する会社とのトラブルが起こる可能性がありますので、避けるようにしましょう。

サポート・対応の良さ

そしてお金を払って退職の代行を依頼するんですから、退職するまでのサポート、退職した後のアフターフォローを徹底している業者を選びましょう。

退職手続きが完了するまでに必要な書類などがありますが、それらの対応もスムーズにやってくれると、退職後の面倒なトラブルに巻き込まれることもありません。

無料相談の段階で、こちらが不安に思っていることを聞き入れてくれるような業者を選ぶことができれば、安心して退職の代行を依頼することができます。

◆サポートで確認すべき項目

  • 24時間対応
  • 相談・電話回数無制限

とりあえず無料相談してみて、その時の対応で依頼するかどうかを決めてみると良いでしょう。

料金価格

正直、退職するだけでお金が必要になるのは痛い出費になりますので、もしこのようなサービスに依頼する場合には、できる限り費用を抑えられる業者を選ぶのがベストです。

退職を弁護士に直接依頼すると大きな費用がかかってしまいますが、退職代行であればそこまでの費用がかかりません。

料金という項目1つだけで業者を選ぶことはお勧めしていませんが、やはり料金が重要な項目であることは事実です。

  • 実績・信頼性
  • サポート対応の良さ

これらの条件をクリアして、尚且つ安い料金で退職代行を請け負ってくれる業者を選んでいきましょう。

料金の安さという項目だけで業者を選んだ人の中には、ずさんな対応でトラブルが起こった事例もありますので、その点は十分に気をつける必要があります。

全額返金保証・追加料金なし

やはり確実に依頼をこなしてもらうのであれば、万が一のことがあった場合に返金してもらえる

『全額返金保証付き』

の会社を選ぶことをおすすめします。

返金保証が付いていれば、こちら側も安心して仕事を依頼することができますし、追加料金が発生しないことが分かっていれば、スムーズに支払いを完了させることもできますからね。

退職代行サービス選びで迷ったら『SARABA』がおすすめ

様々な退職代行サービスをご紹介してきましたが、もしどれにしようか迷った場合には、こちらの『SARABA』をおすすめします。

やはり他のサービスにはない

▼SARABAだからこそのメリット

  • 業界トップクラスの安さ『29,800円』
  • 24時間対応(LINE メール 電話)
  • 行政書士監修+行政書士監修の退職届付き
  • 業界でも珍しい全額返金保証付き
  • 利用者数業界No. 1
  • 即日退職可能
  • 無料転職サポート付き

これら全てが揃っていますので、依頼する側としても安心です。

個人的には、24時間サポートしてくれて、料金が安く、転職までサポートしてくれるというのが魅力に感じます。

無料相談ができて、尚且つ全額返金保証が付いているのであれば、こちら側にはほとんどリスクがありませんからね。

とりあえず相談だけでもしてみる価値はあると思いますよ。

24時間対応の『SARABA』の無料相談はこちら!

退職代行サービスの流れ

業者によって細かい流れは少し異なる場合がありますが、基本的には退職代行サービスを利用する流れは同じです。

1、無料相談

おそらくほとんどの人たちは、この退職代行サービスを利用したことがない人たちです。

つまり、全く何も知らない状態から退職を依頼することになります。

そこで抱えている悩みを無料相談の段階で話してもらい、納得した形で依頼する流れが一般的です。

ひろ
無料相談をする段階で、こちら側が疑問に思っていることを全て聞くようにしましょう。

もし強引に仕事を依頼させるような業者があれば、それは間違いなく悪質な業者ですのでこちら側からお断りさせていただきましょう。

2、料金の支払い

退職代行サービスを利用する場合、ほとんどが先払いとなっています。

支払う際に確認すべき項目としては

◆料金で確認すべき項目

  • 一律で設定された料金かどうか?
  • 追加料金は発生しないか?
  • 他社と比較して高くないか?

これらを確認しておきましょう。

3、担当者との打ち合わせ

実際に仕事を依頼することが決定した場合、そこからは自分が退職する際に必要な情報を相手と共有していきます。

  • どんな会社に勤めているのか?
  • 会社の規模はどれくらいか?
  • 退職する理由は何なのか?

など、基本的な『個人情報』『会社情報』を伝えていきます。

この段階に進めば、退社するために必要な情報を相手側が聞き出してくれますので、こちら側は必要な情報を詳細に話していきましょう。

4、会社に退職の連絡・退職完了

こちら側の情報を相手に伝えれば、あとは代行サービスの担当者が会社に連絡を取り、退職までを代行してくれます。

即日退職を謳っている業者であれば、短期間で退職の手続きを終わらせてあなたの元に連絡が入ると思います。

これで無事に会社を辞めることができるはずです。

依頼する業者によっては、その後の転職のサポートもしてくれるところがありますので、そちらもチェックしておくと良いでしょう。

実際に退職代行サービスを活用している人の事例

最近では、月に数百人・数千人の人が退職代行サービスに相談している事例もあるくらい需要が高まってきています。

普通に退職するだけでお金を払う意味が分からない‥。そう思っている人たちがいる裏で、退職するハードルがとてつもなく高い環境で働いている人がいることも事実です。

会社を辞めることができない事例は様々ですが、特によく聞く事例をいくつかご紹介しておきたいと思います。

上司に強く引き止められる

こちらは、なかなか辞められない理由としてよく挙げられる事例になります。

そもそも会社に勤めて働いている人たちの多くは、最初に研修期間を経て実務をこなせるようになります。

つまり、仕事ができるまでには一定の期間研修が必要になるため、人を育てることに関しては時間がかかるのです。

それを考えると、一人の社員が辞めていくことによる会社の損失は結構なものとなります。

一人辞めた後に、新しい人を採用して仕事をしてもらうとなると、労力・費用がかかることになります。

そして上司の所属する部署から退職者が出ると、それだけで上司の評価が下がる可能性もありますので、辞めたい社員が出てきた場合、高い確率で上司は引き止めに入るのです。

ただ、本当に辞めたいのであれば退職で引き止められる際に悩む意味はないです。

結局引き止めている理由の大半は『自分のため』ですからね。

ブラック企業で辞めれない

こちらも引き止められることと関連しますが、働きやすい企業の場合、一人退職者が出たとしても、また新しい人員を確保することは比較的容易です。

しかし、誰も働きたくないブラック企業の場合、一人の社員が辞めてしまうと、また新しい人を雇うハードルが高くなるのです。

その現実を知っている上司や上層部の人たちは、あらゆる手を駆使して社員を辞めさせないように動き出します。

ブラック企業を辞められない理由は、かなり深刻な問題になっているのです。

退職代行サービスが1つのブラック企業で働く人の駆け込み寺となっている理由も、おそらくこれが原因でしょうね。

人手不足で言いづらい

ご存知だとは思いますが、今の世の中は深刻な人手不足に悩まされている企業がたくさんあります。

人が足りなくて会社がやっていけなくなり倒産する事例もあるくらい、現代は人手不足が深刻化しています。

定年退職する人が多く、新卒で入ってくる人の数が少なくなっているため、この先さらに人手不足は加速していくことでしょう。

ただ一つだけ覚えておいて頂きたいこと、それは

『人手不足だから会社を辞められないのはおかしい』

ということです。

ひろ
結局、人手不足を招いているのは会社側の責任ですからね。 

これが原因で会社を辞められないのはそもそもおかしいのです。

このような人手不足の環境で退社する方法を考えた場合、会社のことを第一に考える必要はありません。

たとえ人手不足であったとしても、会社を辞める権利を社員は持っていますからね。

入社したけど話と違った

退職代行サービスは、入社してから1〜3年の人たちがよく使っているというデータがあります。

入社する前は希望に満ち溢れていたのに、実際に会社に入って仕事をしてみると、入社する前に伝えられていたことと違う状況になることは多々あります。

そうなると、高い確率で頭の中に辞めるという選択肢が出てくるはずです。

上司の切り替わりなどでも仕事は大きく変わることもあるため、この場合も退職代行サービスを使ってスムーズに辞める選択を取ることもあるようです。

退職する人口の割合

実際に世の中の人たちが1年間で辞めている割合はどれくらいなのかを調べてみました。

高卒・短大卒・専門卒・大卒によって割合に差がありますが、1年間で辞める人間の割合はおおよそ15%となっています。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-01.pdf

そして新卒として入った新入社員に関しては、3年以内に3割以上が退職するデータもあります。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000177659.pdf

働いている業界によっても辞める比率の高い低いはありますが、トータルではこのような数字が出ているため、思っている以上に会社を退職する人数が多いことがわかります。

おそらく、この中に含まれない『辞めたいけど辞めれない』人たちを入れたら、もう少し多くなることでしょう。

今年から注目され始めた退職代行というサービスが、今後このデータにどのような影響を与えるのかは注目しておく必要があります。

おそらく、離職者は今よりも増える可能性が高くなるはずです。

退職代行を利用する最大のメリット

これから退職代行の利用を考えている場合、必ずメリットとデメリットを理解しておく必要があります。

自分の口から直接上司に退職を伝えるメリット・デメリットもありますが、退職代行に関しても、必ず利用するメリット・デメリットがあります。

まずはメリットから見ていきましょう。

退職する旨を伝える必要がない

実際に退職を経験した人ではないと、このしんどさは言い表せません。

もちろん気持ちよく辞められる仕事場であれば、直接退職する意向を伝えて退職すべきです。

しかし、退職の希望が通らなかったり、どうしても自分の口から伝えられない事情がある場合、この退職代行に依頼をすれば退職までの流れをほとんど丸投げできます。

退職の話をうやむやにされてしまう‥

パワハラで退職をさせてもらえない‥

そんな環境であっても、スムーズに辞めることができるのです。

これは退職代行だからこそのメリットと言えるでしょう。

会社から訴えられたり損害賠償請求される心配がない

自分が退職代行というサービスを使って退職をすると、その後に会社から訴えられそうで怖い‥そう思ってしまうかもしれません。

しかし、実際に裁判を起こして訴えるとなった場合、会社側が莫大な時間とコストをかける必要が出てくるため、結果的に会社側にとってはデメリットがメリットを上回ることがほとんどなのです。

自分が明らかに会社側に対して不利益を与えるような働き方をしていた場合は別だとは思いますが、それ以外の場合で訴えられるケースはほとんどないのです。

この点に関しては、実際に退職代行に無料相談する際にしっかりと聞いておきましょう。

早期退社可能

会社を辞める場合、法律的には2週間前に退職する旨を伝えていれば問題なく辞められる決まりがありますが、実際に働いていると、自分が辞めることを伝えた時に

『今辞めるのは認めない』

『後任が育つまでは辞められない』

などと上司が言ってくる事例があります。

こうなると、退職をしたいのになかなかスムーズに話が進まなくなるため、ズルズルと働く期間が長引いてしまうこともあるのです。

その点退職代行であれば、自分が辞めたい日に代行サービスの方が伝えてくれるため、辞められないという心配がほとんどなくなるのです。

退職できなかったら返金保証も付いてる場所がある

退職代行サービスにお金を支払っているのに、万が一自分が辞めることができなかった場合であっても、返金保証の付いている業者であれば、自分が損をすることはありません。

とはいえ、ちゃんとした業者であれば、退職の意向を伝えて辞められないケースはほとんどなく、もしあったとしても依頼主の心が変わり、休業を選択したり、仕事に戻ることを決めるケースです。

つまり、依頼する側は安心してお金を払うことができるのです。

返金保証を付けている業者は、必ずホームページにその内容を記載していますので、こちらの項目もしっかりとチェックしておきましょう。

退職代行を利用するデメリット

たくさんのメリットがある退職代行サービスですが、もちろんその裏にはデメリットが潜んでいることも事実です。

自分の仕事を辞めることを決意し、退職代行に頼る場合には、以下のデメリットは最初の段階で受け入れるようにしましょう。

元上司と高い確率で良い関係でいられない

これは単純に考えてみれば分かりますが、自分の口から直接退職することを伝えず、代わりに退職代行の人から連絡が来たら、間違いなく上司は良い気持ちにはなりません。

今の仕事先をどうしても辞めることができなくて、最終手段として利用すればこの点は気にならないかもしれませんが、普通に辞めることができるのにも関わらずこのサービスを利用してしまうと、今後上司と顔を合わせることが難しくなります。

『今の上司とは長い付き合いをしたい』

そう思っているのであれば、退職代行を使わずに自分の口から退職を伝えることをお勧めします。

それ以外の場合であれば、このデメリットはそこまで気にならないでしょう。

退職代行に理解のない人が多い

途中でもお伝えしている通り、この退職代行サービスというのは最近認知され始めたサービスです。

そのため、これを利用して会社を辞めることをよく思っていない人がたくさんいます。

特にブラック企業の上司なんかは一番受け入れなそうなサービスですからね。

おそらく、今後数年でこのサービスは1つのスタンダードとなる可能性が高いですが、まだまだ受け入れられていないことがほとんどなので、その点は必ず自分でも頭に入れておきましょう。

悪質な業者に依頼すると被害がある

そして私自身が今回の記事を作成した理由もここです。

退職代行はまだまだ認知されていない新しいサービスであるため、認知されていないことを良いことに、悪質な手口でお金を騙し取ろうとする業者が存在します。

格安を謳って仕事を受けて、雑な対応で最悪の結果になるサービスや、一切サポートをしないような業者もあるようです。

退職代行で失敗するパターンはある程度決まっています。

このような業者に仕事を頼んでしまうと、退職だけではなく、次に働く仕事を決める際にも不利益が出てきます。

悪質な業者はごく一部ではありますが、情報が少ないからこそこのような悪知恵を働かせてくる人もいますので、この点も気をつける必要があります。

環境によっては退職代行を利用しないとゾッとする未来が待っている

いずれにせよ、今の自分の現状は結局自分自身にしか分かりません。

退職できないことを周りの人に相談しても、その意味を正しく理解してもらえずに相談したことを後悔することもあるでしょう。

上司の圧力に負けて退職を取り消し、働きたくもない環境で頑張り続けることは、自分の大切な人生の時間を無駄にすることにもなります。

それがブラックな環境であれば、長期的に働き続けることによって肉体的・精神的な病気にもなりかねません。

そうなった時に行動してからでは遅いこともあるため、今の自分の現状を正しく理解し、最適な手段を取ることが大切です。

辞めるのが正しいことではありませんが、辞めることによって

『未来が開ける』

こともありますからね。

無料相談で今の現状をプロに話してみましょう!

働いている環境や、実際に辞めたい理由などは当事者にしか分かりません。

一人で辞められずに苦しんでいるのであれば、早い段階でプロに相談し、そこでどのような方法があるのかを聞いてみるのが一番です。

とにかく今の環境から抜け出したい、会社を辞めたい人にとっては退職代行サービスを利用するのは合理的な選択だと思います。

どんな理由であれ、会社側が社員を縛り付けて働かせることはできませんので、会社が辞められないという状況を抜け出すためにも、ぜひ一度プロの退職代行サービスに相談をしてみてください。

サービス名 料金 対応時間
『SARABA』※当サイトおすすめ 29,800円 24時間対応
退職代行ニコイチ 30,000円 朝7時~午後8時まで対応
退職代行EXIT 正社員:50,000円 バイト:40,000円 記載なし

まとめ

現代は様々な理由で退職が困難な状況になることもありますので、今回ご紹介させていただいた退職代行サービスを上手に活用し、今の労働環境から抜け出す選択肢も頭に入れておきましょう。

まだまだ認知度は低いかもしれませんが、この先当たり前のように使われるサービスとなる可能性は高いです(今の世の中を考えると)。

最初はどんなサービスなのか不安に思うこともたくさんあるとは思いますが、無料相談を実施しているところもたくさんありますので、とりあえずまずはプロに話を聞いてみてくださいね。

Pocket