Pocket

退職する時というのは、人生の中でもかなり大きな決断となります。

自分が仕事を辞めて、新しい一歩を踏み出そうと決意した後に、なぜか職場から

『退職するのは少し考え直してくれ‥』

と言われることもあります。

もちろん会社としては、一人の人材を失うことは大きな損失です。

今まで仕事をこなしてくれていた人間が、ある日突然退職を決断するとなれば、引き止めに来る可能性は高いでしょう。

しかし、仮にこの引き止めを受けて会社に残り続けた場合、自分の人生をその会社に捧げて良い方向に向かうか?と問われると、実際はそんなこともありません。

なぜなら、その時点で

『既に退職するという選択肢が出てきているから』

です。

退職する決断をしているということは、其れ相応の原因が職場にあるということです。

ここでは退職に対する考え方、引き止めて来る会社の表に出ない背景について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

  • 会社の引き止めに悩んでいる
  • 辞めるときに引き止められそうで怖い

と思っている場合には、かなり参考になる内容にまとめています。

 

 

▼上司の引き留めに屈することなく会社を辞める方法

退職代行サービス『SARABA』(退職丸投げOK)

会社を辞める時引き止められて嬉しい!←ちょっと待って下さい!

まず、一つお聞きしたいのですが、あなたは会社を辞める際に

『この会社を辞めないでほしい』

と言われたら、どのような気持ちになりますか?

会社から引き止められる場合、もしかしたら

『自分は会社から必要とされているのかも』

と思ってしまうかもしれませんが、これに関してはもう少し冷静に考えておくべきです。

もちろん100%の確率で、会社側は退職しようとしている人材を必要としています。

しかし、その必要としている理由のほとんどは、退職者のことを一切考えていないのです。

会社が退職者を引き止める生々しい背景

実際に引き止められることを経験すると、どんなに嫌な職場であっても、心の片隅に

『自分という存在が必要とされている』

という気持ちが出てきます。

これは私も経験しました。

しかし今振り返ってみると、この時に引き止められていた理由は、結局

『自分のことなんか一切考えられていなかった』

のです。

本当に居心地が良く働きがいのある職場だったら、そもそも引き止めることはされず

『新しい挑戦を応援してくれる』

はずですよね?

そして嫌な気持ちを持っているから辞める選択肢は出ないと思います。

つまり、結局のところ引き止める職場というのは

『退職されると会社側に不都合が生じる』

からなのです。

その不都合と思われる原因をいくつかご紹介しておきます。

社員が抜けると周りにしわ寄せが来る

仮に退職の意向を示してきた社員が、毎日こなしていた仕事の量を『10』としましょう。

そうすると、この社員が退職することによって、今まで毎日やってくれていた10の仕事が0になります。

すると、この10の仕事を今働いている社員に振り分けることになるため、仮に10人の職場だった場合、1人が+1の仕事をこなす必要があります。

退職した後に社員を雇ったとしても、その社員が最初から10の仕事をできるはずもないので、教育する時間などを含めると、結果的に退職されると仕事のしわ寄せが周りに来るのです。

これが優秀な社員ともなると大変です。

1人で20・30の仕事をこなせる人だったら、その人が辞めた瞬間にこれらの仕事量が降りかかってくることになりますからね。

上司が自分の評価を下げる要因になる

会社という組織で働く以上、必ずその場には

『管理職』

と呼ばれる人たちがいます。

その管理職の人たちは、会社側から

『あなたにこの組織を任せるからしっかり管理しといて』

と言われています。

すると、当然管理職の人たちは上司として組織をまとめることになるため、部下に何かしら問題が起こったら、その部下を教育します。

部下の働きが良く高い売り上げを出せれば、当然会社側から管理職の評価も高くなりますし、逆もまた然りです。

そんな中で、1つの組織で退職者がたくさん出てくることになれば、会社側も組織を束ねている管理職のやり方に疑問を持つことになります。

つまり、部下の退職によって管理職の評価が下がるということですね。

評価が下がれば、当然上司としても働きづらくなりますし、自分の出世にも影響してきます。

そうなることを避けるために、万が一退職者が出てきた場合には

『全力で引き止める』

ことになるのです。

一人の退職が周りの退職を促す可能性がある

そして退職希望者が出てくる職場というのは、高い確率で

『退職希望を出してきた人以外も不満を持っている』

ため、一人の退職をきっかけに多数の退職希望者が出てくることがあります。

管理職としては、このような状況になることは最悪ですし、間違いなく会社側からの評価は下がります。

明らかに悪いことをしていて居心地が悪くなった退職者であれば、1人辞めて終わりかもしれませんが、上司や組織自体に問題がある会社の場合には、1つのきっかけで組織が崩壊することも考えられるのです。

ブラック企業などが社員を辞めさせないことが多い理由も、結局はここなのかもしれません。

引き止めて来る人の多くは結局自分のことしか考えていない

あえて言葉を選ばずに言ってしまいますが、結局引き止めてくる人たちというのは、己の保身のために引き止めていることがほとんどです(もちろん例外もありますが)。

その環境で働いている人にしか分からないことは多いですが、本当に自分のためを思って引き止めてくれるのであれば、その場ですぐに分かるはずです。

そうではなく、散々こき使った挙句、辞めようとした時に

『お前が必要なんだ!』

なんて言われても、1ミリも心に響きません。

自分のことしか考えていない人ほど、失いそうになった時に都合の良い綺麗な言葉を並べますからね。

これは退職する時だけではなく、恋愛などでも言えることですが笑。

結果的に、このような職場に留まったとしても、おそらく良い未来が訪れることはありません。

今の自分の状況、これまでの会社の対応、上司が部下に対する接し方などを考慮し、引き止めている理由を考えてみて明らかに

『己の保身』

を考えているような職場であれば、真っ先に辞める・転職活動をする選択肢を取ることをおすすめします。

そもそも退職を決意される職場に問題がある

これは私も肝に銘じていることですが、どんな理由であれ、退職を決意される場合は

『職場側にも問題があることがほとんど』

です。

もちろんただ辛いというだけですぐに辞めてしまう人もいますが、本当に働きやすい職場というのは、社員側も手放したくはありません。

私の周りでも、毎日のように

『会社辞めたい』

と言っている友達がたくさんいますが、この人たちが働いているところも職場に何かしらの原因があるはずです。

特に、古い価値観を持ち、新しいことを受け入れようとしない職場は働きづらいことが多いですからね。

退職する際の引き止めで困った状況を一瞬で解決する方法

すでにある程度退職する意思は固まっているのに、なぜか目の前にいる上司や同僚に引き止められる‥。

その引き止めが、本当にあなたのことを思っているなら受け入れるべきですが、もし自分の決断を妨げる要素だと感じた場合には、早い段階で見切りをつけるべきです。

辞めたいという気持ちが芽生えている時点で、その環境に違和感を感じていることは事実です。

そんな環境にいる場合には、全く別の方法で退職する手続きをすることが可能です。

最近では会社の都合でなかなか辞めさせてもらえない人も増えているようで、新しく生まれたサービス

『退職代行』

がメディアでも取り上げられるようになりました。

事実、2017年に退職した人の数は『714万人』にもなっている(おそらく2018・2019はもっと増えている)ため、今の環境に違和感を感じている人は世の中にたくさんいるのです。

その中でも会社の非常口と言われている退職代行サービス『SARABA』であれば、ラインや電話で無料相談ができますので、今の悩みを相談し、解決策を導き出すこともできます。

あなたの職場特有の悩みも聞いてくれると思いますので、ぜひこちらのサービスも活用してみてください。

→労働組合が運営する退職代行『SARABA』はこちら!

別れの時に掌を返す人は積極的に手放すべき!

今回の内容で伝えたかったことは結局これです。

退職という1つのシーンではなく『人生』という視点で考えた時、自分の都合が悪くなった時にだけ掌を返す人たちと関わっていても、間違いなく未来はありません。

人間関係にも断捨離は必要です。

もちろん自分が大切だと思える人であれば、一生の付き合いをする覚悟で関わっていきましょう。

しかし、普段自分に対して悪い態度をしているのに、いざという時に掌を返してくるような人たちは、あなたにとって間違いなく大切な人ではありません。

退職する際には様々な不安を抱えているため、会社側から引き止められると心が揺らぐ瞬間があると思いますが、いざその場面になった場合

『本当に自分の人生の大切な時間を注ぐ価値があるのか?』

をもう一度考えて決断をしてみてください。

視野を広げてみると、自分を求めてくれる環境は以外とたくさんありますからね。

まとめ

人から頼まれると断れなかったり、ちょっと良いことを言われると心が揺らいでしまうような優しい人たちは世の中にたくさんいます。

しかし、それを逆手にとって利用してくるような人間もうじゃうじゃいるのがこの世の中です。

どんな環境であれ、結局は

『自分の人生を使っている』

ことには変わりはありませんので、人生というストーリーで考えた時に、今の自分の選択は理想の未来に進むことができているのか?ここを真剣に考えていきましょう。

人生というのは、気づいたら取り返しのつかない年齢に達していることがほとんどです。

『あの時この選択をしておけばよかった‥』

そう思っても、タイムマシーンが開発されない限り戻れません。

1度きりの人生を後悔しないためにも、今の自分の状況を冷静に判断し、最高の未来に行ける選択肢を取っていきましょう。

Pocket