Pocket

人生で大半の時間を注ぐことになる仕事。

ここでの時間の過ごし方は、他のどんなことよりも自分自身の人生に影響を及ぼします。

自分がやりたい仕事をこなし、そこで自分の成長をし続けながら大きな金額を稼いでいる人もいれば、自分のやりたくない仕事をひたすら続け、心身共にボロボロになるまで働き続けて病気になってしまうような人もいます。

基本的には自分の人生は自分で決めるべきだと思っている私ですが、なぜか多くの人は、仕事に対する姿勢が真面目すぎるため、自分を犠牲にしてまで仕事に打ち込もうと考えることもあります。

仕事が原因で病気になってしまうようなことになれば、それは間違いなく

『自分が本当にやりたい仕事ではない』

はずです。

どんなに大変な仕事であっても、本当に自分が充実感を感じるものであれば、精神的な病気になることは考えられませんからね。

もし今の仕事に対して我慢をし続け、そこで耐えることに限界を感じているのであれば、今回の内容を参考にもう一度自分の人生を見直してみてください。

仕事=我慢することみたいな日本の風潮はおかしい

世界から見ても、日本人という人種はとにかく

『働きすぎ』

だと言われています。

これはあなたも聞いたことがあるはずです。

私たち日本人からすると当たり前だと思っているようなことでも、実際に海外の人たちにその話をすると

『なんでそんなに働くの?』

と疑問に思われることも多々あるようです。

海外ではプライベートを重視したライフスタイルを過ごしている人が多く、自分のプライベートを犠牲にしてまで仕事をやろうとする考え方を持っている人もそこまで多くはありません。

しかし日本人の場合、自分の人生を犠牲にしてでも働くことこそかっこいいという謎の風潮がある組織も存在します。

私からすると

『そんな働き方して何が幸せなの?』

と疑問に思ってしまいますが、会社の上司がそのような古い考え方を持っていると、それに従わなければならないのが日本企業の現実なのです。

時に我慢は必要かもしれませんが、日本企業で受ける我慢というのは、基本的にほとんど重要視するようなものでもないのです。

嫌な仕事は続けるべきなのか?

ではまずシンプルに考えてみましょう。

そもそも自分が嫌だと感じる仕事を続ける理由はあるのでしょうか?

おそらく、心底嫌でも仕事を続ける人というのは、お金を稼ぐこと以外で会社に所属する理由はないと思っているはずです。

もし、今の段階で自分がたくさんお金を持っていて、仕事をしてもしなくてもどっちでも良いという状況になれば、迷わず仕事を辞める選択肢を取るはずです。

つまり、本気で嫌な仕事というのは、給料を貰うという関係でしか繋がっていないことになるのです。

これは言ってしまえば

『お金と自分の人生の時間・労力を交換しているだけ』

とも取れるのです。

仕事で我慢する必要のないストレス5選

仕事には、良いストレスと悪いストレスの2つがあります。

今までやったことがない仕事で、なかなか上手くいかないけど自分自身が成長できていることが実感できれば、それは良いストレスである可能性が高いです。

しかし、今嫌な仕事をこなしている人たちは、良いストレスではなく

『我慢する必要のないストレス』

で苦しんでいることがほとんどです。

社会に出ると、どう考えても受ける理由が見つからない意味のないストレスがいくつか存在します。

上司からの理不尽な説教

例えば自分の直属の上司が、家庭がうまくいっていないことが原因で、常に仕事中不機嫌になっている場合、その八つ当たり先として部下を指名してストレス発散をすることもあるでしょう。

自分がその企業で働く限り、上司という存在を選ぶことはできませんが、あまりにも理不尽な理由で説教を受けるようなことが続けば、それは精神的にストレスとなっていきます。

部下のことを本当に思って説教をしているのか?

それとも自分のストレスのはけ口として怒りたいだけなのか?

この点に関しては、その人を直接見なければ分からないことですが、人間として尊敬できない上司から受けるストレスで仕事が嫌になっている場合、これは間違いなく受ける必要のないストレスだと言えるでしょう。

お金を稼ぐために我慢して働くこと

仕事を辞めるかどうかで悩むときは、間違いなくここを考えるはずです。

お金のためならどんなことでも頑張れるのであれば問題ありませんが、私個人的に言わせていただくと、お金を稼ぐために我慢して働くなら

『早い段階で仕事を変えて我慢から解放される』

ことを選んで頂きたいのが本音です。

仮に我慢して年収の高い仕事をしていたとしても、その我慢を続けていては、いずれ必ず自分の体に異変が現れます。

そうなれば、働けない期間が出てくる可能性もありますし、最悪の場合、仕事に復帰することすら難しい状況に追い込まれることもあるでしょう。

将来的にそうなってしまう可能性が高いのであれば、早い段階で仕事を変えて自分らしい働き方ができる環境を選んだ方が収入的にも高くなります。

1つの組織に属すことが全てだと考えてしまうと、途端に生きるのが苦しくなってしまいますので、その点だけは十分に気をつけていただきたいものです。

自分の意見を全く言えない

会社の中で、自分の意見が言えないことほど辛いことはありません。

年功序列で上司の言うことは絶対のような組織では、そもそも部下の意見が一切尊重されないような環境もあります。

自分の意見を我慢しながら働いていると、気づいた時には自分がイエスマンとなってしまい、結果的に上司の言うことが絶対になるようなことも考えられます。

強気に自分の意見を通せるなら問題ありませんが、なかなか自分の意見を言えない性格だと、ただ上の命令に従うだけの働き方が待っているため、毎日が息苦しくなり、結果的に我慢の限界で仕事を辞めるような状況に追い込まれてしまいます。

そもそも自分の意見を言えないような職場はおかしいです。

どんなことであれ、上の命令が絶対のような職場に未来はありませんので、早い段階でそのような環境は抜け出していきましょう。

長期視点で先の見えない仕事

頑張って働いてはいるけど、自分が今やっていることが、将来的に何も生み出さないような仕事であれば、それも早い段階で見切りをつけることが大切です。

もちろん以前の仕事であれば、先の見えない仕事であっても給料さえ貰えれば続けることはできたかもしれません。

しかし今は時代が変わってきています。

毎日同じことの繰り返しで成長のない仕事を続けていると、いずれ必ずその仕事がAI(人工知能)によって奪われていきます。

自動運転技術・セルフレジの導入・事務処理のAI化はどんどん進んでいくため、今までルーティーン的にやっていた仕事のほとんどはこの先消えて無くなることでしょう。

そうなった場合、長期的に先の見えない仕事を続けていても、明るい未来が待っていることはありません。

このことに気づいている人たちは良いのですが、まだこれを非現実的だと思っている人が大半だと思いますので、これからの仕事に対して危機感を持つべきだと私は考えています。

自分で全て仕事を抱え込んでしまうこと

これは先ほどの自分の意見が言えないことと繋がってきますが、仕事というのは組織としてこなしていくものです。

もし個人で仕事ができるのであれば、わざわざ組織で働く必要はないため、早い段階で独立して環境を変えるべきです。

そもそも組織の中で、自分が大量の仕事を抱え込んでしまうことほど効率の悪いことはありません。

自分の意見が言えず、とにかく頼まれた仕事を全てやろうとしてしまうと、それもまた自分を自分で追い込んでしまいますので、働くことに苦痛を感じるようになります。

『周りに助けてもらいながら仕事をする』

これは簡単なようで実は多くの人ができていないことだったりするので、もし明らかに自分の仕事量が多いと感じるのであれば、迷わず周りを頼っていきましょう。

今の仕事で我慢の限界がやってきた時にすべき3つのこと!

1滴1滴ポタポタと落ちる水の下にバケツを置いておけば、必ずいつか満タンになって溢れるように、人間もストレスを継続的に受けていれば、いつか必ず我慢の限界がやってきます。

限界がやってきた時、人によっては精神的・肉体的な病に侵されることもあるため、基本的には我慢の限界に達する前に他の選択肢を考えておくことが大切です。

そもそも我慢の限界に達するまで頑張らなければならないことなんて、人生にあるはずがないです。

もしそんな我慢を強いられるような環境で働いているのであれば、間違いなく環境がおかしいと言えるでしょう。

もう耐えられない‥もしそんな状況になった場合、以下の行動を起こすことによって自分の身を守ることは必ずできます。

自分の理想とする未来を真剣に考える

今この瞬間に全力を注ぐことは大切ですが、やはり今の仕事を頑張るのであれば、必ず

『未来の理想とする自分の姿』

を具体的に想像しておく必要があります。

よく

『今自分が働いている会社の上司が未来の自分』

と言われますが、この考え方は私は正しいと思っています。

長期的に働き続ければ、そこでの上司の立場に自分がなる可能性も高いため、今自分がお世話になっている上司の姿が未来の自分である可能性は極めて高いです。

もしその存在が、ヨレヨレのスーツを着た安月給の冴えないおじさんだった場合、将来を見越して働き方を考える必要があるかもしれません。

現状の不満を上司に相談する

自分が理想とする上司が目の前にいるかどうかは私には分かりませんが、上司という存在からは逃れることができませんので、この人との関係は会社内でも特に重要視する必要があります。

本当に優秀な人というのは、部下の話に耳を傾けてくれますし、先回りして想定されうる状況を考えてくれることも多いです。

しかし、そんな人は世の中の企業にそこまでたくさんいませんので、上司に対して自分の意見を積極的にぶつけることも大切です。

今の働き方・職場環境・仕事のやり方など様々なことで改善すべきポイントは出てくると思いますので、それらを自分の口から伝えることによって、より働きやすい職場を作ることができます。

ここで自分の意見を頭ごなしに否定してくるようなことがあれば、それはそれで次の手段を講じるしかありません。

明らかにおかしい環境であれば速攻で辞める

私もサラリーマン経験がありますが、日本の組織には明らかにおかしい働き方を強いられる会社もたくさんあります。

これはいわゆる

『ブラック企業』

というやつですね。

ブラック企業で自分の人生を過ごすことは、大切な時間をドブに捨てているようなものです。

そもそもブラック企業というのは、人を人として考えずに、ただ会社の利益を出すための雑用くらいにしか考えていません。

そんなところで自分の大切な時間を使うことは、自ら人生を棒に振っているようなものです。

日本の景気が悪くなっていくと、このようなブラックな働き方をさせられる企業もどんどん増えてくることになります。

そんな組織に捕まって心身ともにボロボロになるくらいなら、さっさと辞める決断をして新しい環境を見つけることに時間を注ぐべきでしょう。

命より大切な仕事なんてこの世に存在しません!

会社のために一生懸命働いたのに、結果的に得られたものは少々のお金と疲れ切った自分の体‥そんな未来がやってくることはおかしいですよね?

人生で一番大切なのは命です。

それ以上に大切なものは基本的にはありません。

お金を稼ぐ手段というのは、現代では数多くあります。

その1つの選択肢として、今自分が働いている会社が存在しているだけです。

ここに全力を注いで、結果的に心身共に限界がやってくるくらいなら、早い段階で別の人生の選択肢を考えるべきでしょう。

会社を辞めるという決断・転職するという決断をするのは大変かもしれませんが、未来を想像した時に、明らかに悪い方向にいきそうな会社で働くことほどリスクのある選択肢はありません。

心が折れてしまう前に、自分の人生のことを考えて生きることの大切さについて、もう一度真剣に考えるようにしましょう。

まとめ

仕事に対して真剣に向き合うことは大切ですが、もっと意識すべきことは

『自分の人生に対して真剣に向き合うこと』

です。

いくら仕事を頑張ったとしても、それが結果的に自分の人生にプラスにならなければ、その時点で新たな選択肢を考える必要があります。

日本人はとにかく真面目な人が多いため、会社のため・家族のためと言って、自分自身を大変な方向へと導いてしまうことも多いです。

必要な我慢と不必要な我慢をしっかりと見極め、本当の意味で仕事にやりがいを感じるような生き方を真剣に考えていきましょう。

そして、つまらない環境で苦しんでいる場合には、思い切った行動を取り、これからの自分の人生を良い方向に向かわせるための努力に全力を注いでみてください。

Pocket