Pocket

人生の大半の時間を使い、自分の労力を注ぐことになるのが

『仕事』

つまり

『働くこと』

です。

人間という生き物は、働くことによって対価を得て生活しています。

一部の超富裕層の人間以外は、働かずに暮らしていけるだけの財力もないため、必然的に仕事を頑張り、そこで生きるためのお金を稼がなければならないのです。

もちろん生きるために働くことは大切なことです。

しかし、これはあくまでも

『生きる』

ことを目的としているだけであって

『働くこと』

自体には意識を向けていません。

仮に働かなくても生きていける状態を作り出すことができたら、その時点で働くことを辞める選択肢を取る人が大半だと思います。

それを考えると、そもそも働くことに意味があるのか?ここに疑問を持つことは当然といえば当然です。

働かなければ生きていけない状況にあるから働いているだけであって、結局のところ、働くこと自体に意味を見出せている人というのは、ごく少数しかいません。

働くことに対して一時期死ぬほど悩み続けた経験を持つ私が、様々な人の話を聞き、そこで導き出した『働くこと』に対する1つの考え方を、今回赤裸々にお伝えして生きたいと思います。

最初にお伝えしておきますが、本当に人生に充実を感じて成功している人たちというのは、そもそも根本的な考え方が全く違うことがほとんどです。

働くこと自体には基本的に意味なんてない

最初にしっかりとお話しさせていただきますが、基本的に働くこと自体には意味なんて存在しません。

これは大げさな話ではなく、私は本気でそう思っています。

そもそも働くことに意味を求めている人というのは、自分が働いている事実を受け入れ、そこから後付けで働く意味を考えようとします。

  • 家族のため
  • 生きるため
  • 良い暮らしをするため

生きる環境によって意味は違うとは思いますが、これらの後付けされた意味を根っこまで掘り下げていくと、最終的に出てくるのはたった1つ

『お金』

です。

表面的にはもう少しかっこいい意味を付けたくなりますが、実際に話を掘り下げていくと、結局ほとんどの場合はここに突き当たるのです。

本当に働くことに意味があれば、そもそもお金なんて度外視で仕事を選んでいるはずです。

しかしほとんどの場合は、綺麗な言葉を後付けして

『なるべく高い給料が貰える場所で働きたい』

という欲求が強いため、そもそも働くことに対して後付けで意味を見出そうとすること自体間違っているのです。

たとえどんなにかっこいい理由を付けたとしても、目の前に働かなくても生きていけるだけのお金があったら、大半の人は真っ先に仕事を辞める選択肢を取るのです。

お金を稼ぐためだけに働くとどのような未来が待っているのか?

私自身はお金を稼ぐことに対しては、全く否定的な意見は持っていません。

お金というのは、自分が周りに価値を提供し、その対価として貰える信用を具現化したものであるため、これを稼げるというのはむしろ素晴らしいことだと思っています(悪いことをしてお金を稼ぐのは別です)。

ただ、このお金だけを追い求めて人生の時間を使ってしまうと、本当の意味で充実した人生を過ごすことはできません。

実際にお金を稼ぐことに躍起になり、人生の優先順位の1番にお金を持ってきた人がどのような人生を辿るのかはある程度想像ができてしまうのです。

時間・労力をお金に変換しているだけの人生

お金を稼ぐということは、時間と労力がかかる仕事をこなさなければなりません。

もちろんお金を追い求めているだけの人たちというのは、基本的には働くことの意味を理解していないため、時間と労力を捧げて仕事をこなし、その対価としてお金を変換してもらう人生になります。

もしこれが定年まで続いた場合、人生の大半の時間をお金に変換した人生となるため、その中で人生の充実感・幸福感を得ることはなかなか難しいでしょう。

言ってしまえば、お金というのは国が

『価値あるもの』

としているだけで、実態はただの紙切れですから、これを集める人生を過ごしても幸せになれないことはある程度想像できますよね?

そしてこのような人生を過ごすと、その集めたお金を、今まで自分が受けたストレスを発散できる快楽のために使うことがほとんどなので、結果的に人生で生きる意味を見出せないまま死を迎えてしまう可能性が高いのです。

小さな枠組みに縛られて終わる人生

そしてお金を稼ぐことに全力を注いでいると

『お金をたくさん持っている人=幸せ』

だという価値観が刷り込まれていきます。

もちろんお金がたくさんあると、人生の選択肢が広がり、充実した人生を過ごすことも可能です。

しかし、人生の中でお金が1番の優先順位になると、そのお金を失うことに対してネガティブな感情が生まれてしまうため、積極的にお金を使おうとしません。

そうすると、手元・通帳にたくさんお金のある状態で満足してしまい、自分の成長・周りの幸せのためにお金を使うことが少なくなり、結果的に紙切れに囲まれた人生になりがちです。

お金というのは、あくまでも信用を具現化した紙なので、成功者はこれを積極的に使うことによって、それがまた大きな信頼となって返ってくることを理解しています。

しかし優先順位がおかしくなると、この考えがなかなか受け入れられずに小さな枠組みで生きる人生となってしまうのです。

働く意味を作ろうとすると綺麗事を言う大人になってしまう

実際のところ、働く意味を作ろうとしている人ほど、綺麗な言葉を使うことが多い印象を受けます。

『家族を守るために頑張って働く』

確かにこのような言葉を聞くと、素敵な大人に感じるかもしれません。

しかし、働く意味を後付けした状態だと

『家族を守るために働く=自分のやりたくないことでも家族を守るため頑張る』

このような根性論になってしまうこともあるため、結果的に自分自身が一番苦しい状況に追い込まれてしまいます。

綺麗な言葉の裏には、基本的にネガティブな要素が含まれていることが多いです。

やりたくないことを続けていると、自分にストレスがかかりますし、働くことに充実感を得ることも難しくなります。

他者貢献という視点で見たら、この考えは私も賛成できる点はあるのですが、やはり最終的に自分を苦しめてしまう生き方というのは、死を迎える直前で後悔する可能性が高いです。

人生レベルの視点で考えてみたとき、綺麗な言葉というのは

『自分の本音を抑えてしまうフィルター』

ともなってしまうので、この点は気をつけておきましょう。

生きることを全力で楽しんでいる人だけが持っている3つの考え方

何度もお伝えしていることですが、働くことに対しては基本的に意味はありません。

しかし、意味がないだけであって、働くことを楽しむことはできます。

人生の大半の時間を使う『働く』ということに対して、全力で楽しもうとする姿勢を持つと、面白いくらい人生が好転していきます。

少なくとも、私自身が知り合いの成功者というのは、この働くことに対してポジティブなエネルギーを注いでいることがほとんどです。

ではなぜ意味のない仕事を全力で楽しむことができるのか?

その点に関しては、お金のために働く人とは全く違う意識を持っているからです。

そもそもお金のために働くことはあり得ない

これは、私自身も最初聞いたとき

『マジか‥てかこれは綺麗事じゃないか?』

と思っていたのですが、基本的に成功者の多くはお金のために働くことはしていません。

というより、一定の金額を稼いでしまうと、そこからは自分の成長に投資をしていけば多くのお金を稼ぐことができてしまうため、お金よりも自分の成長にほとんどの意識が向いてしまうのです。

お金がない人ほどお金という呪縛に囚われてしまいますが、実はお金に意識を向けていない人ほどたくさんのお金を稼ぐことができているのも事実です。

『自分の人生をより良くするためにお金を使う(つまり優先順位の1位にお金はない)』

ことがデフォルトになると、途端に人生の充実度は高まるのです。

生きることにお金は必要不可欠ですが、そのお金を稼ぐスキルさえ身につけてしまえば、お金という呪縛に縛られない人生を過ごすことができるのです。

自己の欲望を満たすためだけに生きていない

そしてこれも成功者に共通していることですが、この人たちは自分の欲望を満たすことに意識を向けて生きてはいません。

むしろ、積極的に

『周りを幸せにするために全力で時間と労力を注ぐ』

ような生き方をしているのです。

この考え方はビジネスで成功するためには必須のマインドセットです。

そもそも自分の欲望を満たすことだけに全力を注いでいる人に対して、積極的にお金を払おうとは思いませんよね?

目の前にお客様がいて、その人が満足してくれることを一番に考えている人・お店にお金を払いたいと思うのは、当然のことです。

しかしお金に縛られている生き方をしていると、ここが『逆』になりがちです。

誰かにご飯を奢ったり、人のために動くということを避けて

『常に自分が気持ちよくなることだけを考える』

ため、自分の快楽のためだけにお金を使いがちです。

そうなると、周りの人はその人から離れていくことになるでしょう。

生きることに幸せを感じたり、充実した気持ちになるためには

『誰かのために何かしたい』

という『他者』の存在が必ず必要になります。

その他者に対しての対応をおざなりにし、自分のことだけを考えて生きてしまうと、それは

『自分は不幸になりたい』

と言っているようなものなので注意する必要があります。

理想とする未来に向かって脇目も振らず突っ走っている

そして人生を本気で楽しんでいる人たちに関しては、自分の中に

『高い志』

を持っていることがほとんどです。

高い志を持ち、その理想とする未来を実現するために全力で生きている人を、不幸だと思う人はまずいませんよね?

この心構えを持つことができると、理想とする未来を実現するための手段として『働く』という選択肢が生まれるため、働くことに意味を後付けしようと思いません。

むしろ、理想の未来を呼び寄せるための1つの手段として働くことを考えているため、誰よりも充実感を得ながら全力で仕事をこなしているのです。

1つのことに熱中し、周りから

『毎日そんなことやって何が楽しいの?』

と思われるような生き方をしている人たちがいますが、あの人たちはまさにこの状態で生きている感覚だと思います。

周りから何と言われようと関係ない。

一番大切なのは

『自分の理想を実現すること』

ただそれだけなのです。

欲深き人間は死ぬまで人生を楽しめず生きる意味を見出せない

どんなにお金を稼ぎ、どんなに遊び回り、どんなに自分の欲望を満たすために生きたとしても、最終的に待っているのは

『虚しさ』

だけです。

自分のために生きる人生は充実する可能性が高いですが、自分のためだけに生きる人生ほど意味のないものはありません。

欲望というのは、結局ずっと同じところを周り続けている観覧車のようなものです。

一番高いところまで到達すると満足感を得られますが、そこからまた一周すると一番下に戻ります。

そしてまた同じ快楽を満たしたいと思って一番上まで回ったとしても、また必ず一番下に戻るのです。

これを一生繰り返していても、人生に何も生まれません。

お金のために仕事をし、そこで得たお金を自分の快楽のために使う。

これはまさに観覧車と同じようにぐるぐる回り続けているだけになりますので、働く意味・生きる意味を見出すことは一生できないでしょう。

適度に欲を満たすことは大切ですが、ここだけを追い求めて破滅する人生を歩んでしまうと、人生が終わるまで生きる意味を模索し、そのまま死を迎えることになってしまいますからね。

まとめ

働くことに意味がある!

そう話す人は多いですが、私は完全に全く違う意見を持っているタイプです。

今回の話は1つの参考として理解していただければ嬉しいです。

人生には正解はありません。なのでどんな人生を過ごそうともその人の自由です。

しかし、充実した人生を過ごしている人というのは、意外と共通した考え方をしているため、まずはこれを取り入れてみるのも1つの選択肢だと思います。

私自身もまだまだ志を高く持てていないため、この先の人生を楽しみながら、後悔のない人生を過ごすための生き方について考えていきたいと思います。

Pocket