Pocket

毎月入ってくるお金を貯金できると、それだけで銀行口座の数字が上がっていくため、毎月この数字が増えることを楽しみにしている人はたくさんいると思います。

今の日本では、半数以上の家庭が貯金ゼロで過ごしているとも言われていますが、その中で積極的に貯金ができるというのは素晴らしいことです。

私自身も貯金することに対しては基本的には賛成です。

ただ、ここでお伝えしたいことは

『貯金よりも優先すべきことが人生ではたくさんある』

ということです。

貯金をすれば、銀行口座にお金を貯めることができるようになります。

しかし、言ってしまえばそれだけです。

お金という紙切れをたくさん集めても、人生は楽にはなりませんし、さらにお金に対して執着を生むことにもなります。

本当にお金が貯まる人というのは、基本的にはお金に執着をしていません。

むしろ誰よりもお金を使っているのが現実です。

ここでは貯金に対して優先順が高いことのリスク、そして貯金ではなく経験に散財すると得られるメリットについて具体的にお伝えしていきたいと思います。

今回の内容を最後まで読むことで、おそらく貯金に対する意識が少し変わってくるはずです。

優先順位の一番に『貯金』が挙がる人はかなり多い

『今現在のあなたの趣味はなんですか?』

このような質問を受けて、多くの人は自分の趣味を答えるはずです。

しかし面白いことに、日本人の中には

『貯金が趣味です』

と言い切る人もいます。

これを聞くと私はいつも驚くのですが、貯金が趣味ってどんな価値観を持って生まれてきたらそうなるのかがいまだに不思議です笑。

もちろんお金を貯めることは喜びかもしれません。

しかし、貯金が趣味ということは、人生の最優先事項に『お金』が位置しているため、お金を失うイベントが発生すると、おそらくそれらを遠ざけるような動きをするはずです。

例えば、仲の良い友達から

『今日遊び行こうよ!』

と言われた場合、貯金が最優先の人の脳内では

『遊びに行く→交通費・飲食代・イベント費用がかかる→今月貯金できる金額がそれだけマイナスになる→貯金したいから遊びに行くのが嫌→暇だけどお金を失いたくないから断ろう』

このような感じで、新しい経験が得られるイベントを積極的に回避しようとするはずです。

もちろんこれが嫌な人からの誘いであれば、断っても問題ありません。

しかし、お金の優先順位が高過ぎると、本当に大切な人の誘いであっても、常にお金と天秤にかける癖が生まれてしまうため、人生レベルで考えると大損になるのです。

貯金は大切!しかし貯金をしても消費にしか使えない人がほとんど

無駄遣いせずにお金を貯めることは大切なことです。

ただし、その無駄の基準が高くなり過ぎると、最終的には家に引きこもってコツコツお金を貯めるような人生になってしまいます。

もし本当にお金が好き過ぎるのであれば、私もそのような人生を否定はしません。

ですが、貯金が好きな人の多くは、どんなにお金を貯めたとしても、その貯めたお金を消費行動にしか使えなかったりするのです。

例えば、家を買ったり車を買ったり美味しいものを食べたり遊びに行ったりすることは、すべて消費です。

お金というのは、消費に使ってしまうとその時点でなくなってしまいます。

つまり、一度消費に使ってしまった場合、また新たな消費対象を見つけてコツコツ貯金をしていくことになるのです。

このスパイラルに入ってしまうと、気づいたら

『自分のためだけにお金を使うのが当たり前』

の価値観を持ってしまうため、どんどんお金が逃げてしまうのです。

実際お金持ちというのは、自分は質素な暮らしをしてお金を使わず

『周りの人のために思いっきりお金を使っている』

人がほとんどですからね。

お金を貯める方法を探す前に経験に散財すべき理由

数年前・数十年前であれば、私も毎月の給料をコツコツ貯めるような考え方を正しいと思っていたはずです。

というより、基本的にはそれくらいしか選択肢がなかったからです。

しかし、現代で会社の給料をコツコツ貯金するというのは、長期的に考えると

『めちゃめちゃ効率の悪い貯金方法』

であることも事実です。

というのも、今の時代は個人で誰でもお金を使って新しい収入源を確保することができますし、お金を使わずにビジネスを始めることだってできます。

実際、経験にお金を使うと将来的に大きなリターンを得られることも事実です。

本当の意味でお金の使い方を学ぶことができる

お金を貯めたいのであれば、正しいお金の使い方を理解していなければまず貯めることはできません。

貯めることができたとしても、おそらく年間でそこまで大きな金額にはならないでしょう。

私の知り合いでも貯金が趣味の人がいたのですが、その人の話をよく聞いてみると、貯めたお金を毎年海外旅行に使っていて、その資金を貯めるために毎月極限まで生活費を下げているという話をしていました。

貯金をするために生活水準を下げるのは少し疑問が残るところですが、お金の使い方を知らないと、いつまで経っても消費行動に貯金を使うことしか考えることができません。

大切なのは

『お金を使ってお金を増やすことを考える』

ことです。

これができるようになると、余ったお金で旅行に出かけることもできますし、お金がお金を増やしてくれるため、基本的な生活水準も上げることができるのです。

貯金するだけでは人生は変わらないことに気づく

貯金というのはあくまでも手段でしかありません。

これが目的となってしまうと、途端に人生がつまらないものになってしまいます。

そして、多くの人が勘違いしていることですが、どんなにお金を貯金したとしても、それが自分の幸せに繋がることは基本的にはありません。

例えば数千万円以上の貯金ができたとしても、その貯金をどのように使えば良いか分からない場合には、ただ貯金を切り崩して娯楽・消費する選択肢しかありません。

自分の人生を豊かにするために大切なのは、貯金を増やすことではありませんからね。

お金を持っているということは1つの安心材料でしかないため、この本質的な部分についてはしっかりと考えておく必要があります。

人生で経験ほど大切なものはないことを知る

こんな記事を書いている私ですが、実は数年前までは

『人生経験よりもお金が大切』

という価値観で生きている人間でした。

お金さえ持っていれば人生が楽しくなると本気で思っていたため、とにかく貯金することに命をかけて毎日を過ごしていました。

しかし、ある日運良く成功している人とがっつり話しをする機会があり、そこで自分の価値観をぶっ壊してもらうことができたのです。

自分の持っている価値観をその人に伝えたところ

『それは幸せとは全く反対の方向に向かっているよ』

と言われたことが、全てを変えたのです。

ちなみにその方は、圧倒的な人生経験を積んできているため、基本的には貯金に興味がないタイプの人でした。

『例え貯金ゼロで無職になったとしても、余裕で人生やり直せる』

この言葉は今でも忘れることがありません。

人生経験が貯まるとお金が向こうからやってくる

ここまでの話で、そろそろ

『お前は一体何を言ってるんだ?』

と思われてしまいそうですが、気にせず続けていきたいと思います。

結局のところ、人生をシンプルに考えてしまえば、お金を稼ぐということは

『自分の経験値をお金に変換しているようなもの』

だと思っています。

例えば、有名大学を卒業して大手企業に入った人というのは、今まで勉強という分野で経験値を積み、それが学歴というブランドに変換されています。

そして、そのブランドが経験値の高さを証明してくれる要素となるため、企業がその経験値を買って従業員として雇い、お金を報酬として渡しているのです。

基本的には、人生の経験値が低ければ少ないお金しか手に入りませんし、たくさんの経験を積んでいれば多くのお金を手に入れることができます。

つまり、お金を払ってでも経験値を稼ぐことができなければ、その時点で得られる金額には頭打ちがやってくるのです。

人生経験よりも貯金が大切という価値観は、すなわち

『自らの意思で人生の上限フィルターを作っている』

ことにもなるのです。

逆に貯金に執着せずに、積極的に経験値を稼ぐことにコミットした人というのは、気づいたらお金が向こうからやってくる人生に切り替わっているのです。

この考え方はかなり大切になりますので、必ず理解しておきましょう。

貯金に意識が向き過ぎると小さな世界でしか生きられない

日本では貯金額がたくさんあることが一つのブランドになるかもしれませんが、結局のところ、人生レベルの視点で見れば、貯金の額は多くても少なくてもどっちでも良いです。

重要なのは

『お金の使い方を知り、自分の経験値をお金に変換する術を身につけておくこと』

ただこれだけです。

経験することにフルコミットしていると、どのような人生を辿ったとしても、最終的にはお金に困ることはまずなくなります。

特に今の時代は、あらゆる経験がお金になります。

わかりやすい例がyoutuberのような働き方ですね。

youtuberの中にも様々なジャンルがあり、自分が人生の中でたくさんの時間を使ってきた分野でコンテンツを作ると、そこに共感してくれた人たちが動画を視聴してくれたり、商品を買ってくれたりします。

この流れができると、自然とビジネスが成り立つのです。

変な話、貯金をする方法にめちゃめちゃ詳しいのであれば、その情報を世の中に発信することができれば、もしかしたらそこで新たな収入源が生まれるかもしれません。

これは、貯金する方法を模索した経験が、気づいたら貯金を増やしたい人のニーズを満たしたときに起きる新たな選択肢ですね。

どんなことであっても、経験値さえ積んでいけば必ず何かしらの結果が出ます。

このような世の中に切り替わっている事実があるのにも関わらず、貯金することに人生を捧げて経験値を得ることを放棄するのは、やはり

『幸せとは反対の方向に進んでいる』

ことになるのは間違いないでしょう。

まとめ

人生に散財すると聞くと、色々とツッコミどころがあるかもしれませんが、この価値観を持つことによって、結果的に大きなリターンが得られることは今回の内容である程度理解していただけたと思います。

もちろん貯金することは大切です。

しかし、貯金することに縛られて生き方を狭めてしまうと、それだけで自分のリスクを高めることにもなります。

お金はお金でしかありません。

そのお金を使うことで経験値を得ることは誰にでもできます。

自分の人生というのは、必ず何かしらの優先順位によってルートが決まっていきますので、くれぐれもお金を貯めることが人生の中で最も優先順位が高い項目に含まれないように気をつけてくださいね。

Pocket