Pocket

毎日毎日コツコツ頑張っているのに、一向に結果を出すことができない‥。

人間というのは、自分が何かをしたら必ず見返りを求めたくなる生き物です。

何かしらの行動を起こした場合、必ずその裏には行動を起こしたことによるメリットを考えているのです。

誰しも意味のない行動を起こしたくはありませんし、頑張っても無意味だと分かれば、そもそも頑張ることを選択する人なんていないでしょう。

努力というのは、

『自分が理想とする未来を実現するための手段』

になるため、これが報われないとなると、人は努力することを諦めてしまいます。

努力が報われない人というのは、時間だけを消費して自分の理想とする未来を実現できていないことになるため、これはかなりのストレスであることは事実です。

その裏で、ちゃんとした努力をして結果を出している人もたくさんいます。

なぜ同じように努力をしているのに、報われる人と報われない人が出てきてしまうのか?

ここではいくつも報われない努力をしてきた私の経験を絡めながら、この点について具体的に掘り下げていきたいと思います。

おそらく、今回の内容を理解することで、報われない努力をしてしまう失敗パターンを理解し、無意味な努力を避けることができるようになりますよ。

そもそも努力してる時点で失敗する可能性は高い

まず、努力が報われない人が共通して持っているマインドセットがあります。それが

『頑張ったら必ず努力が報われる』

ということです。

このような言葉は子供の頃から大人に聞かせられる素敵な言葉ではありますが、私はこれは間違っていると思っています。

正直、綺麗な言葉には必ず裏があります。

頑張ったら必ず努力が報われるなら、この世の中は成功者だらけになっているはずです。

しかし現実は、数%の成功者しか存在しません。

もちろん努力を否定するつもりはありません。しかしこの言葉というのは、裏を返すと

『子供や若い人に頑張って欲しいから、親や大人が洗脳的な意味を込めて使っている便利な言葉』

とも取れるのです。

結果を出す人からしたら努力なんてただの日常

もし努力が報われなくて悩んでいる場合、一番手っ取り早いことは

『すでに成功している人に会って色々と話を聞いてみること』

です。

これが最短で悩みを解決するベストな方法ですし、私はこれで問題を解決できました。

以前の私は、とにかく努力をすれば結果を出せると思っていたタイプの人間です。

しかし毎日コツコツ努力をしているのに、全く結果を出すことができない。

そんな時に、運良く大きな成功を収めている人とお話しする機会がありました。

その時に聞いた言葉で特に印象に残っているのは

『努力なんて前提の話だよ』

と言われたことです。

そもそも結果を出している人の中に、努力をしていない人なんていません。

つまり、努力をしていることを前提として物事を考えているため、日常のように頑張ることができなければ、まず結果を出すことができないということです。

その話を聞く前の私は、努力さえすれば成功できると思っていたため、この言葉を聞いたときは衝撃を受けました。

努力を前提として生きている人(努力が日常)

努力をすれば報われると思っている人(努力が非日常)

この両者のマインドの違いは、長期的に見たら全く違う結果をもたらすことになるのです。

努力が報われなかった時期の私の行動パターン

正しい時間の使い方をして、正しい方向に向かって頑張っていれば結果を出すことは可能です。

しかし、たくさんの時間を使って全く結果を出せなかった時期を経ている私と同じことをしてしまうと、ただ命を削って何も残らない人生になりかねません。

努力が報われない理由は、必ず自分自身にあります。

努力する自分に気持ちよくなっている

途中でもお伝えした通り、結果を出す人からすると、努力することなんてただの日常です。

大学受験を控えている人であれば、勉強することなんて当たり前ですし、甲子園を目指している球児であれば、野球の練習をすることは当たり前です。

努力に関しては、この当たり前に対する基準をどれだけ下げれるかが成功する1つのポイントではありますが、逆に努力に対しての基準を上げてしまうと

『努力している自分 = 最高・かっこいい』

となってしまい、一人で気持ちよくなってしまうのです。

手段であるはずの努力が、基準を上げてしまうことで目的に変わることがあるため、この思考回路になってしまうと、途端に成功が遠のいてしまいます。

自分が努力する理由は、自分が努力によって気持ちよくなるためではなく、理想とする未来を実現するための手段であることを、必ず頭に入れておきましょう。

自分とではなく他人と比較してしまう

当時の私は、とにかく人の目を機にするタイプの人間でした。

そのため、自分が努力していることが、いかに周りの人よりも凄いのかをアピールするかなり痛い奴だったことを今でも覚えています。

人からどう見られるのかに命をかけていたため、その時の努力は努力とは言えなかったのかもしれません。

どんなに人と比較をしても、人生というのは何も変わりません。

むしろ悪い方向に向かうことが多いです。

努力せずに自分を優位に立たせるために、相手の悪口やあら探しをして相手の価値を下げ、自分の価値を楽して上げようとする人は世の中に山ほどいます。

しかしこのような人の中に、本当に成功しているような人はまず存在しません。

このことからも分かる通り、努力というのは人との比較ではなく

『常に自分自身との戦い』

になるため、周りの目なんて一切気にする必要はありません。

人の悪口やあら探しをする人間の仲間入りをすると、その時点で成功する可能性が極めて低くなることだけは覚えておきましょう(楽して自分を優位に立たせることが日常となるため)

短期的な成果ばかりを追い求めてしまう

実際に何かしらの努力をしてみると分かりますが、必ず長期的な成果ではなく

『短期的な成果が欲しくなる』

ようになります。

例えばダイエットをしている場合、1週間2週間で痩せたい気持ちが強くなりますが、実際に結果が出るのは数ヶ月後だったりします。

将来的には結果が出るのが分かっていても、短期的に全く成果が出ないと、その時点でモチベーションが下がることも多いです。

もちろん短期的な成果は必要です。

しかし本当の意味で結果を出したいのであれば、必ず長期的な視点で物事を考えることを意識しておきましょう。

大きな成功を収める時というのは

『気づいたらとてつもないリターンが得られていた』

というパターンが大半ですからね。

努力が報われる人の確立された3つのマインドセット

実際に努力が何かしらの成果として出る人というのは、基本的には偶然ではありません。

もちろん最初は偶然で成功をつかみ取れることもありますが、何度も結果を出すことは不可能です。

正しい努力をして、それを将来的に成果に結びつけることができる人というのは、すでに報われる努力の方法を確立していることがほとんどです。

やり方は人それぞれではありますが、ここではその本質的なマインドセットを3つに絞ってお伝えしておきます。

今この瞬間に全力を注ぐ

先ほど長期的な視点を持って物事を考えるとお伝えしましたが、何かしらの努力をするのであれば

『今この瞬間に全力を注ぐことだけを考える』

ことが重要です。

1日1日の積み重ねが、やがてとんでもない成果をもたらしてくれます。

長期的な視点ばかりを持ってしまうと、結果的に1日の努力がおろそかになりがちです。

将来的な目標が見えたら、そこに向かって今この瞬間を全力で楽しむことだけを考えていきましょう。

そうすると、気づいたら自分がとんでもないところに辿り着いていることが実感できる瞬間がやってくるはずですよ。

小さな成功体験を積み上げる

いずれ成功できることが分かっていたとしても、短期的な成果が出ないとメンタルが辛いです。

そのため、小さな成功体験を着実に積み上げる意識も大切です。

例えば甲子園を目指す場合、ずっと甲子園を目指して努力をし続けることは大変です。

しかし、その中で

地区予選勝利

3回戦進出

地方予選決勝進出

などのチームとしての小さな目標を達成しつつ

ヒットを打つ

ホームランを打つ

140キロのボールを投げる

打率3割を超える

などの個人的な成功体験も積み上げていくことができると、甲子園を目指すまでに様々な成功体験を得ることができます。

これは自分の人生を1つのストーリーとして考えると設定しやすいです。

その分かりやすい典型的な例が『漫画』ですね。

国民的人気の漫画である

『ワンピース』

でも、主人公ルフィの目的は

『ワンピースを手に入れること』

ですが、その途中途中でいくつもの成功体験を経ています。

このように、人生をストーリーで考えた場合、自分がどのような成功体験を経ることができるのかを考えてみると、モチベーションを維持しながら大きな成功を掴み取ることができるはずです。

すでに自分が成功している前提で物事を考える

そしてこちらに関しても

『ワンピース』

を例に出すとかなり分かりやすいと思います。

主人公のルフィは、自分が海賊王になり、いずれ世界の大秘宝と言われるワンピースを手に入れるために、日々旅を続けています。

そして旅の途中途中で必ず

『俺はルフィ!海賊王になる男だ!』

と発言するシーンが何度も出てきます。

この発言からも分かる通り、ルフィという人間は自分が海賊王になることをすでに

『確信している』

ため、何のためらいもなくこの発言をしているのです。

この言葉を出すと、周りの人たちは

『海賊王?バカじゃないの‥』

『海賊王になるなんて無理だろ‥』

と思っているはずですが、ルフィはそんなことを気にしません。

常に自分自身を成長させるために本気で人生を生きているため、周りにどう思われようと関係ないのです。

このような発言は、確信を持っていなければできないことです。

つまり、自分がすでに成功している状態に臨場感を感じているからこそ発せられる言葉なのです。

このマインドセットは結果を出すために必ず必要となりますので、無意識的にできるようになっておきましょう。

まとめ

『努力が報われなくて辛い‥』

そう言って慰めてもらうことは簡単です。

しかし、いつまでも同じことを言っても、また努力が報われない努力を繰り返すことになります。

言葉は時に便利なツールとなります。

『努力が報われない自分=かわいそう』

この考えになれば、多くの人に同情してもらい、結果的に悲劇のヒーロー・ヒロインになることはできるでしょう。

ただ、私たちが実現したいのは悲劇のヒーロー・ヒロインになるのではなく

『自分の理想とする未来を呼び込むこと』

です。

そのためには、報われない努力に時間を使うのではなく、結果を出せる努力をする必要がありますので、ぜひ今回の内容を参考にして、1歩1歩前進してみてくださいね。

Pocket