Pocket

ただ記事を書き続ければ、誰でもブログで成功できると思っていたあの頃の私に言いたいこと‥。

それは

『お前マジで遠回りしすぎだぞw』

です。

avatar
これはちゃんと伝えたいですねw

確かにブログというのは継続力さえあれば、誰でも結果を出すことはできます。

ただ、それはそこそこの結果を出せるという意味であって、圧倒的な結果を出すためには、ブログ運営の本質を理解し、正しい方法で実践していかなければまず結果を出すことはできません。

そんなことも知らなかった私は、毎日とにかくブログを書くことだけに時間を使い、自分の成長のためには一切の時間を使っていませんでした。

今振り返ってみると、間違いなく無駄だと思えるようなことをたくさんやってきました。

これに関しては、ブログを教える側になった今は失敗談をたくさん話せるので良かったとは思いますが、もう一度最初からブログを始めるならば、間違いなく省くことができることです。

ここではあらゆる失敗を経験した私が、これからブログを始める、もしくはブログ運営で伸び悩んでいる方のために、赤裸々に失敗談をお伝えしていきたいと思います。

私のブログ人生は9割が失敗だった‥

最近では、初めて立ち上げたブログを運営し、数カ月で結果を出すような人もたくさんいます。

もちろん教えてくれる人が優秀なことも影響しているとは思いますが、それでも昔の私と比べると、やはり圧倒的に効率よくブログを運営できている感じがします。

avatar
ただの嫉妬です笑
avatar
管理人さんも嫉妬するんですねw
多くの人がブログで結果を出す中、その頃の私は1年間全く無報酬でブログを運営していた時期もあります。

新しいブログを立ち上げては失敗し、また新しいブログを立ち上げては失敗を繰り返し、報酬が出るようになったブログが圏外に飛ばされて報酬が吹き飛ぶようなことも多々ありました。

今振り返ってみると、数十個のブログを立ち上げて、その中で結果を出すことができたのは2〜3個くらいだったのではないでしょうか。

それくらいブログでの失敗を経験しているため、あらゆる失敗のデータが脳内にインストールされているのです。

新規で立ち上げたブログに関しても

『あ〜これはうまくいくな』

ということが感覚的に分かるため、今ではほとんど失敗することもなくなりました。

誰よりも文字を書いて誰よりも稼げなかったあの頃‥

ブログで結果を出せなかった頃の私には、ある一つの哲学がありました。

それは

『ブログは誰よりも作業した人間が結果を出すことができる』

というものです。

これに関しては、本質を理解していれば間違ってはいないのですが、その頃の私は、ブログ=作業量によって報酬が決まると本気で思っていたため、間違いなくブログの本質は理解していませんでした。

いくら作業を継続しても、全く結果を出すことができない日々。

作業量と結果が比例しないと、人はモチベーションが下がり続けていくため、この頃は精神的・肉体的にも辛い時期が続いていたことを覚えています。

誰よりも作業しているのに、誰よりも稼げていない‥。

この現実を受け入れることができずに、当時はブログで稼いでいる人はみんな詐欺をやっていると思い込もうとしていた時期もあります笑。

avatar
なかなかヤバいやつでしたね笑。

今考えるとやる必要がなかったブログの失敗談3選

とにかく作業をすることこそ正義だと思っていた当時の私は、基本的な作業量に関しては、他の人よりも多かったと今でも思っています。

しかし、ブログ運営で重要なことは、作業量よりも

『ブログでなぜ収益が出るのか?』

を正しく理解することです。

例えばアドセンス広告を使ってブログで結果を出そうとします。そうなった場合、

なぜ人がアドセンス広告をクリックするのか?
広告をクリックしてもらうにはどうすれば良いか?
そもそも広告でなぜ自分に報酬がもらえるのか?

など、基本的なことを正しく理解しておかなければなりません。

avatar
ただ、記事を書くだけでお金が貰えると思ってしまうと、当時の私のように、ブログ記事をたくさん書いた人が高い報酬を得られるという結論に達してしまいます。

これは本質からはかなりズレているのです。

基本的なことではありますが、このような失敗をしている人は思っている以上に多い印象です。

そして、他にも私がやらかした失敗談がいくつかあります。

ネット上にあるブログ記事の写経

これに関しては賛否あるかもしれませんが、私は他ブログの写経は無意味だと思っている人間です。

というより、実際に私が何時間もかけて写経をしていた経験をしたからこそ出た結果でもあります。

正確に言えば、写経を否定しているわけではありません。

重要なことは

『なぜ自分が写経をしているのかを正しく理解しておくこと』

です。

私の場合、写経をし続ければその人と同じような文章が書けるようになると本気で思っていました。

avatar
写経で満足していたタイプですね。

なので、とにかく自分が理想とする文章を書いている人の記事を写経して覚えようとしていたのです。

しかし、文章というのは、表面的な部分が表に出ているだけであって、実際は

『人が読みたくなる型や考え方がある』

のです。

この『表に出ていない本質的な部分』の理解をしなければ、どうやってもその人と同じ文章を書くことはできません。ただのテクニックで終わってしまいます。

つまり、美味しいケーキを作るために有名店のケーキを真似したとしても、それと同じケーキを作れないように、ブログに関しても、同じ文章を書いても表面的な部分しか理解できていなければ同じような記事は書けないということです。

1時間に1回ブログアクセスをチェック

これはブログあるあるなのですが、とにかくアクセスが集まっていない時期ほど

『アクセス解析を見たくなる』

心理が働きます。

毎日頑張って作業をしているからには、何かしら数字として反映されているだろうと期待してアクセスを見るのですが、結局何も数字が変わっていない‥。

こんなことを繰り返していたため、私は来てもいないアクセスを見るために膨大な時間を消費していました。

ブログでチェックすべきポイントは、アクセス解析よりも

『自分が書いたブログが読者にどのような反応をもらっているのか』

です。

avatar
それを知るために効率よくアクセス解析を使うのは良いのですが、ただアクセスが集まっているかどうかを見るためだけに使っていると、ただの時間の消費になりますので注意が必要です。

せめて1時間ではなく2時間置きくらいにチェックしてくださいね笑。

意地を張って独学でブログを学んだ時間

当時の私は、なぜか根拠のない自信を持っていたため、ブログを教えている人がいたとしても

『いや、自分でやったほうが絶対結果出るだろ』

と本気で思っていました。

今振り返ってみると、自ら遠回りを選択しているようなものですが、当時は人から教わること=負けるような感覚を持っていたため、すべて独学でブログを運営していました。

avatar
実際にブログで結果を出している人というのは、私と同じように数々の失敗を経験し、それを省いてノウハウを伝えてくれるため、結局一番近道であることが多いのです(違う人もいますが)。

わざわざ道を切り開いてくれた人たちがいるのにもかかわらず、わざわざ自分で一からノウハウを作り上げるというのは、時間的に勿体無いです。

補足

一度ノウハウを聞いてから、その後に自分流にカスタマイズしていったほうが、結果が良くなるパターンが多いです。

ブログには鉄板の失敗パターンが存在する

最近になって、ブログで大きな結果を出している人たちと交流することも増えてきましたが、やはり大きな成功を収めている人ほど失敗談の量もえげつなかったりします。

たくさんの人にこの話を振るのですが、その中で聞く失敗談というのは、基本的には共通していることが多いです。

途中でもお伝えした通り、ブログで稼げる人というのは必ず

『ブログで稼ぐことの本質を理解している』

ため、今のスキルさえあれば失敗することはほぼありません。

しかし、そのスキルを得るまでに表面的なノウハウに踊らされていることが多いため、見えている部分と本質の部分の違いを理解できずに失敗していることがほとんどなのです。

avatar
この失敗パターンさえ正しく理解することができれば、最初の段階でブログの本質に目を向けることができるようになります。

全く失敗せずに成功することは難しいですが、私のように、わざわざ無意味な失敗を積み重ねる必要は全くありませんからね。

ブログで成功するには1度絶望を味わうことが近道

最後にマインド的なことを一つお伝えしておくと、ブログというのは基本的には絶望の連続です。

結果が出ると言われているノウハウであっても、なかなかアクセスが集まらなかったり、googleの影響でアクセスが下がったりします。

avatar
本質的な部分は同じなのですが、私たちの世界は日々変わっているため、ブログに関しても、運営している中で何が起こるかは誰にも分からないのです。
ここで、あらゆる失敗を経験している人と成功体験しかない人とでは、圧倒的に失敗を経験している人の方が有利です。

挫折を経験したことのない人が、人生の中で大きな挫折を味わうと、そこから立ち直ることが難しいという話はよく聞きますよね?

これはブログでも言えることです。

どれだけの絶望を味わい、そこから這い上がることができるかがブログでの成功の明暗を分ける分岐点になることは間違いありません。

まとめ

いかがでしたか?

やらなくて良い失敗についていくつかご紹介してきましたが、もしかしたらピンとこない人もいるかもしれません。

失敗というのは、人それぞれ違います。

avatar
私の場合、今回ご紹介した内容であっただけで、他の人はまた別の失敗を経験しているはずです。

しかし、本質的な部分というのは誰もが共通しています。

言ってしまえば、失敗というのはこの本質に辿り着くまでのストーリーであるため、むしろ積極的に経験しておくべきものなのかもしれません。

避けられる失敗は避けて、経るべき失敗は積極的に経験しておくと、いざ自分がブログを教える側に立ったときに感謝される日が来るかもしれませんよ。

Pocket