Pocket

『記事を書く』

ブログを運営する方法は、ざっくり言ってしまえばこれだけなのですが、この記事を書くということがどれだけ難しいことなのかは、実際にブログを運営している人にしか分からないことでもあります。

単純に、毎日ブログを書くだけでお金を稼げると聞くと

『そんな楽な仕事ないだろ』

『世の中不公平だわ〜〜!』

なんてことを言う人が出てくるかもしれませんが、それは

『実際にブログを運営していないからそんなことが言える』

のです。

ひろ
ブログ運営者の多くは苦しみと戦っています笑。
OLの中野さん
そのうちの一人です笑
  • ブログを書く時間がない
  • ブログの文章が思いつかない
  • 文章力が低い

など、様々な悩みが出てきますが、ここでは特に私への質問でも多い

『ブログを書く時間がない』

この悩みについてフォーカスしていきたいと思います。

結論から言ってしまえば、ブログを書く時間がなくても結果を出すことは可能です。

総理大臣クラスで忙しい方は別ですが、それ以外の人たちは、必ず1日の中で確保できる時間がありますよ。

よくある質問である『ブログを書く時間がない』という問題

現代人は、本業が忙しい方が多いことは紛れも無い事実です。

これは実際にデータでも出ており、世界から見ても日本人は

『働きすぎだ!』

というイメージが強くなっています。

実際の1つの事例をご紹介すると、私の知り合いは

  • 毎朝5時に起床
  • 6時に家を出発
  • 8時から仕事開始
  • 18時定時帰宅
  • 残業があることは多い
  • 23時就寝
  • 週5勤務

大体このような生活を毎週過ごしています。

このような生活になると、1日に確保できる時間は、多くても1〜3時間程度しかないため、その中で副業をスタートさせることはなかなか難しかったりもします。

独身ならまだ良いのですが、この生活で結婚して子供がいると、さらに時間の確保が難しくなるのです。

おそらく同じような生き方をしているサラリーマンは、世の中にたくさんいることでしょう。

多くの日本人は本業が忙しい

本業に全力を注ぐと、仕事が終わった頃にはクタクタに疲れてしまい、そこから副業する気持ちなんて全く生まれません。

逆に本業を手抜きにしてしまうと、必ず何かしらのトラブルが起こるため、副業のために本業の手を抜くことは推奨していません。

サラリーマンという働き方は、どうしても1つの企業にエネルギーを注がなければなりません。

もちろんサラリーマンだからこそのメリットが多いことも事実ですが、それでもやはり本業が忙しすぎるというのは、ブログ運営をするにしてもデメリットが多くなるのです。

人生の中で最も大切なものである『時間』

この時間の確保で苦しんでいる人たちは、なかなか思ったように副業を軌道に乗せることができていないのです。

OLの中野さん
確かに。本業が忙しいとエネルギーの大半がそっちに持っていかれますね。
ひろ
もちろん業務をこなすことは重要ですが、やはりブログを書くエネルギーくらいは残しておきたいのが本音ですよね。

ブログと本業の両立をすると疎かになるのは『ブログ』

どんなにブログに対して情熱を持っていたとしても、本業をやりながら副業でブログを始めた場合、時間の確保で優先度が高くなるのは『本業』です。

これは基本的に優先順位が変わることはありません(本気で人生変えたい人は別ですが)。

ブログというのは面白いもので、一度記事更新の手を止めてしまうと、再度ブログ記事を執筆しようと思った時に、体がブログの記事更新を拒絶するイベントが発生します笑。

今まで習慣化していたことが、ある日突然習慣化しなくなると、人はそれをやらない方向に持っていこうとするのです(ホメオスタシス機能(恒常性維持機能)が働くため)。

つまり、本業は習慣化している(ほぼ強制的に)けど、ブログは自主的に運営しているため、何かしら記事更新が難しい状況が続いた場合、そこからもう一度習慣化させる流れに持っていくことは非常に困難なのです。

SNSなどで

『毎日ブログ更新します!頑張ります!』

と意気揚々と発信していた人の多くが、数週間でその発信を辞めてしまう理由も、結局はホメオスタシス機能が原因なのです。

本業で時間がない=定年までブログが書けない

とはいえ、そんなことを言っていると、気づいたら年齢を重ねて人生が終わりに近づいてしまいます。

今の本業が忙しい忙しいと言い続けていると、気づいたらおじいちゃん・おばあちゃんになってすぐに人生の終わりがやってきてしまいます。

人間は平等に24時間を与えられていますが、その中で

  • 成功している人
  • 成功できない人

この両者に分かれてしまう理由は、結局

『時間をどのように使っているか』

が分かれ道なのです。

今大きな成功を掴み取っている人であっても、最初は本業をこなして眠い目をこすりながらブログを更新していたかもしれません。

忙しい・時間がない・眠い‥このようなことをずっと言っている人は、いつまで経っても現実を変えることができずに人生の終わりを迎えるのです。

時間を上手に使って成功を掴み取った人を指を咥えて羨ましいがりながら、自分はその成功した人の悪口や噂話をしてストレスを発散するつまらない人生になってしまいます。

こんな人生絶対嫌ですよね?

忙しいという現実は、今は変えることができないかもしれません。

ですが、その忙しさの中でも必ず成功するルートは導き出すことは可能であることも事実です。

ブログを書く時間がない人の中で成功している人の思考法

忙しい毎日の中で、ブログを書き続けるというのは正直かなり大変です。

しかし、大変だからこそ誰も続けることができないため、一部の継続できた人間が大きな成功を収めていることも事実です。

ひろ
ブログ運営は特別なスキルがなくても『継続力』さえあれば誰でも必ず結果は出せます。

『継続する』

この習慣さえ身につけることができれば、ある意味どの業界であってもそれなりの成功は手に入れることができると私は確信しています(それだけ続けることは難しいため)。

では、同じように忙しい毎日を過ごしている人たちの中で、なぜ成功する人は成功できているのか?

この点に関しては、いくつか重要な考え方があるのです。

以下のことを理解してインストールできれば、高い確率で結果を出すことができるはずです。

毎日30分1時間でも必ずブログを書く時間を確保している

これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが、ポイントとしては

『毎日』

がキーワードとなります。

正直な話、最初ブログを運営している段階では、30分1時間ではブログ記事を書くことはまず不可能です。

なので、1日1記事を目標に設定してしまうと、その時点で自分の首を絞めることにも繋がってしまうのです。

重要なことは『時間』を確保するという点です。

記事の量を目安にするのではなく、ブログを書く時間を必ず確保することを意識すれば、1日に無理が生じなくなります。

  • 会社の休憩時間の30分だけ記事を書く
  • いつもより30分早く起きて記事を書く
  • 電車の通勤時間にスマホで記事を書く
ひろ
隙間時間でもブログを書くことは可能です。

このような方法でブログを書くことができれば、基本的には挫折することはありません。

最初に自分に高いハードルを課してしまい、結果的に数週間後に苦痛から逃れるためにブログ運営を諦めるパターンがほとんどなので、毎日ちょっとでも時間を確保することを意識するのがポイントになります。

ブログ記事を外注する選択がある

そして、どうしてもタイピング速度が遅くてブログが書けなかったり、記事を書く時間を捻出できない場合には、自分の手を使うのではなく

『外注さん』

に記事執筆を依頼することも選択肢に入れておきましょう。

正直、今の外注さんはかなり優秀な人が多いです。

たとえ自分でブログを執筆しなくても、人の手を借りてブログを書くことができればブログ記事の執筆時間は必要ありません。

自分ができない→ブログ運営は無理

このような考え方になるのではなく

自分でできない→誰か人に依頼する

これができるようになると、どんなに忙しくてもブログを運営することが可能になるのです。

視野が狭い人は、この考え方が出てこないことが多いので、必ず頭に入れておいて頂きたい項目です。

短期的な視点でブログを運営していない

ブログ運営を途中で諦めてしまう理由としてもう一つあげられるのは

『短期間で大きな成果が出せると思ってしまう』

ことです。

つまり、短期的な視点でしかブログを見ていないため、数ヶ月継続して結果が出ないと心が折れてしまうのです。

もちろん短期的な視点は必要です。

しかし、ブログに関してはどちらかというと長期的な視点を持って運営する方が成功確率が高いため、2つの視点から自分のブログを俯瞰して見る必要があります。

短期的にアクセスを集める戦略

長期的にアクセスを集めるための戦略

両方からの視点でブログを見ることによって、モチベーションを維持しながら結果を出すことができるようになります。

ちなみに、最初何も分からない状態の時は、視点などは特に意識せずに、まずは記事更新をすることに全力を注ぎましょう。

ひろ
考えすぎると手が止まるので、まずは手を動かすことを優先することをおすすめします。

そこで何かしらのフィードバックを得てからが本当のスタートとなります。

結果を出す人は時間があってもなくても結果を出します!

今回一番知っておいて頂きたいことがこれです。

人間が生きる24時間という時間は変えることはできません。

しかし、24時間をどう生きるのかを変えることは誰にでも簡単にできます。

基本的には睡眠時間を削って頑張るような方法は最終手段だと考え、まずは日常生活の中で変えられるものを見つけてみてください。

おそらく、

  • ぼーっとしている時間
  • テレビを見ている時間
  • スマホをいじっている時間
  • お風呂に入る時間

など、変えられるところは必ずあります。

上記の内容を少し意識するだけでも、以外とあっさり30分〜1時間の時間が生まれたりします。

人生なんて、毎日1時間で余裕で変えることができます。

ブログが忙しくて更新できない‥、結局これはただの言い訳であり、いきなり使う言葉ではありません。

自分ができる限り時間を捻出した後に初めて使う言葉になりますので、とりあえずまずは時間を確保することから始めてみましょう。

意識を変えると、面白いように人生は変わっていきますよ。

まとめ

ブログを書く時間がないという質問は、正直100回以上は軽く超えていると思います。

それだけ現代人が忙しい毎日を過ごしている1つの証拠でもあります。

とはいえ、忙しいという言葉を連呼していると、気づけば人生も終盤に差し掛かっていることがほとんどです。

多くの人が死ぬ前に

『あれをやっておけばよかった』

と後悔するように、自分に対して言い訳をし続ける人生を過ごしていると、必ず同じように後悔する日がやってくることでしょう。

そうならないためにも、まずはちょっとした意識を変えることから始めていき、自分の人生を少しずつ良い方向に舵を切っていきましょう。

Pocket