Pocket

何も知らない状態でプログラミングを学ぼうとすると、最初に必ず頭に出てくる方法が『本』を使った学習方法だと思います。

avatar
私たち日本人は、学校教育の中で教科書から知識を取り入れることが当たり前の環境で育っていますから、当然新しい分野の学習をしようと思ったら、最初に書籍を購入することを考えます。

本を読み、そこで知識を得て自分のスキルとして身につける。

こんな当たり前の方法が、実はプログラミング学習においてはかなりの遠回りになってしまうことをご存知でしょうか?

注意点

すでに書籍で順調に勉強ができているならば問題ありませんが、これからプログラミングを学習しようと考えた場合、ネット通販や書店で本を買って勉強する方法は基本的にはオススメしません。

ここではど素人の状態からプログラミングを勉強した私が、なぜ本での勉強を推奨しないのか?

どのような学習方法を取り入れるべきなのか?について詳しく解説していきたいと思います。

この内容に関しては、かなり多くの方から質問を受けていたので、今回一つの記事としてまとめておきました。

プログラミング学習=本で学ぶと考えている人は多い!ですが‥

初めてプログラミングを学習しようと思った頃、私は近くの書店でプログラミング関連の本を立ち読みしていました。

そこで多くのプログラミング言語があることを知り、自分が何を学ぶべきなのか?どの言語をメインで使うべきなのか?を色々と考えながら

『素人でもできるHTML』

『1週間で身につく初めてのPHP』

という感じの本を複数購入しました。

avatar
ですが、結論からお伝えしてしまうと、この選択は私のプログラミング人生をかなり遠回りさせることになります。

そもそもプログラミングを何も知らない状態の初心者が、テキストを見てスムーズにプログラミングを学習できるはずがありません。

勉強が得意な人であれば、それなりのコツを掴んで学習を進められるかもしれませんが、私の場合、勉強も好きではありませんでしたし、何より一つ一つのコードの意味を理解することにかなり時間がかかったタイプです。

補足

本で取り入れられる知識はとても多いことは事実ですが、知識を取り入れることとプログラミングを使いこなすことは全く別物だということに、その時初めて気づいたのです。

本を購入して勉強している人が共通して挫折する明確な理由

実際に本で学習している人を否定しているわけではありません。

ですが、今の時代わざわざ本を購入して勉強するよりも

『圧倒的に効率が良い方法がいくらでもある』

ため、この選択肢を一番に持ってくる必要はないのです。

avatar
特に初心者の場合、本で勉強をスタートさせると、高い確率で挫折します。

実際に勉強するときのことを想像してみてください。

まず、自分が身につけたいプログラミング言語について書かれている本を買うとします。

そして、プログラミングを学習する際には『本』『パソコン』を用意します。

パソコンを起動しながら本で書かれていることを実践していくと、必ず書籍で書かれていることと同じことをしても

『正しくパソコンが読み込んでくれない』

場面が出てきます。

それもそのはず、本というのはあくまでも

『その時のパソコン環境でのやり方』

であるため、常にアップデートが繰り返されているインターネットを使う場合、多少のズレが生じます。

プログラミング初心者は基本的に、皆同じような間違いをしています。

参考:プログラミング初心者は本で勉強すると99%絶望します[体験談あり]

根本的には同じことをしているのですが、数ヶ月・数年単位で時間が過ぎると、それだけで色々とパソコン内で不都合が起きてしまうのです。

それに加えて、テキストで書かれていることを解読する時間も必要となるため、本からパソコンでの操作に移行するやり方というのは、効率が悪く

『挫折する確率が極めて高い』

ことが現実なのです。

avatar
確かに。テキストで書かれていてもなんのこっちゃ分からない時がたくさんあります。
avatar
文章で読むのと動画で見るのとでは全く分かり易さが違いますからね。

プログラミング学習で上手くいく人・失敗する人は何が違うの?

たとえ本で学習した場合でも、プログラミングスキルを身につけて活躍している人はたくさんいます。

というより、少し前の時代は本から情報を得るしか方法がなかったため、基本的にはこのやり方しかできなかったのです。

しかし時代が流れていくことにより、この学習方法の問題点に気づいた一部の人が、テキスト主体の学習方法から別の方法に切り替え始めます。

avatar
今エンジニアやプログラマーが深刻に不足している理由も、結局はこの学習方法に問題があったからだと私は考えていますけどね。

本気でやる気になれば、プログラミングはどんな環境でも身につけることができます。

補足

しかし、プログラミングの学習で失敗する人というのは、以外と共通した部分で諦めていることが多いのです。

例えるならば『英語の勉強』と考え方が似ているかもしれませんね。

英語を独学で勉強する場合、自分でテキストや音声で勉強していき、徐々に話せるレベルにまで成長していきます。

しかし英語を全く勉強せずに、いきなり英語を使う環境に飛び込んで学習をしてしまった方が、実は短期間でスキルを身につけることができたりするのです。

環境によって学習スピードに雲泥の差が生まれることはどの業界でも言えること

です。

このプログラミングに関しても、最終的に成功する人というのは、最初の1歩で躊躇なく大きな行動を起こせる人たちだということです。

初心者が本を買う前にまずやるべき3つのこと!

こんなことを言うのは怒られるかもしれませんが、正直な話、いきなり初心者が本を買ってプログラミングを勉強したとしても、そこに書かれている内容のほとんどはスキルとして身につかないでしょう。

avatar
ある程度プログラミングのスキルを身につけたからこそ分かることですが、実際に仕事として使うスキルと本に書いてある内容には結構違いがあります。

本の場合、なるべく多くの情報を詰め込んでコンテンツが豊富なことをアピールしがちですが、実は必要のない要素がたくさんあります。

つまり真面目に本から情報を得ることは、結局

『かなり遠回りをすることになる』

ため、時間と労力を大きく無駄にしてしまうのです。

本を買うことは私は否定しません。

ですがもしこれからプログラミングを始めるのであれば、本を買う前に必ず以下の3つのことをやっておきましょう。

これをやっておくだけでも見える世界が大きく変わってきます。

自分が将来的にどうなりたいのかを考える

まず、プログラミング言語というのは、世界中に500種類以上あると言われています。

これからプログラミングを学習する場合、この500種類の中からとりあえず1つをピックアップして覚えることになりますが、そうなると、学習することが目的となってしまいがちです。

重要なのは

『自分がプログラミングを学習してどうなりたいのか?』

ここを明確にしておくことです。

例えば、将来的にAI(人工知能)やブロックチェーン技術に関わりたいのであれば、Pythonというプログラミング言語を学習する必要があります。

それ以外のWEB系の言語を勉強して新しいWEBサービスを作りたいのであれば、HTML・CSS・JavaScriptなどの言語を学習し、それを使えるようになる必要があります。

avatar
将来自分がどうなりたいのか?そのためにどの言語を学習しなければならないのか?ここを最初に定めることで、目的地がより具体的に見えてきます。
注意点

もしこの段階でプログラミングを学習することが目的となってしまうと、途中途中で様々な言語に興味が移ってしまい、結果的にどれもが中途半端になってしまうのです。

お金をかけずに無料サービスで知識を入れる

本を買うという行動が起こせるのであれば、それは間違いなくプログラミングで何かしらの結果を出せる資質を持っていることでもあります。

普通の人は、やりたいと思っても、本を買って勉強する行動すら起こしませんからね。

とはいえ、プログラミングに関しては、すでに

『無料で使える便利な学習サービスが世の中にたくさんある』

ため、最初の段階で本を買う必要はありません。

初心者の場合、最初に必ずやるべきことは

『本ではなく動画コンテンツで学習をすること』

です。

動画の場合、コンテンツ作成者が喋りながらプログラミングの解説をしてくれるため、テキストで学習するより何倍も分かりやすいです。

無料で使える動画コンテンツで最もおすすめなのは

→ドットインストール

→Tech Academyのプログラミング無料体験

というサイトになります。

avatar
こちらはプログラミング初心者の多くがお世話になっていますし、幅広い言語の解説をしているため、ここで学習するだけでもある程度コードが書けるようになりますよ。

現役で活躍しているエンジニアから情報を得る

そして、無料サービスで学習を進めながら、できればプロとして活躍している人たちのコミュニティに参加することをおすすめします。

そこでは、世の中に出ている情報とは違い

『今現場で使われている技術の話を聞くことができる』

ため、自分が進むべきルートがさらに明確になっていきます。

avatar
例えば、プロとして年収1000万円を超えるようなプログラマー・エンジニアの話を聞いて、そこでどのくらいのスキルを身につければ良いのか?を具体的に聞くことができれば、働くことに対して強烈に臨場感が出てきますよね?

一人で勉強し続けると、この臨場感を生み出すことができずに、途中で自分のやっていることが不安になってきます。

現役で活躍しているプロに会うための最も効率的な手段の一つが

『プログラミングスクールへの参加』

になります。

ここでは、現役のプロがマンツーマンで講師として教えてくれたり、最新のコンテンツを提供してくれるため、迷わずに学習を進めることができるのです。

スクールに通っている人の挫折率が極めて低い理由も、結局はプロに教わるというメリットを最大限に生かしているからなのです。

ちなみにプログラミングをほとんど触ったことがない人向けに、Tech Academyでは『はじめてのプログラミングコース』も用意してくれていますので、こちらもチェックしておいてください。

プログラミング関連の本を買うのは初心者を抜け出した後がベスト!

もし本当に本での学習が必要になるときは、間違いなく初心者という枠組みを抜けた後になります。

プログラミング自体の全体像はある程度把握できていて、その中にある細かい部分を学習したい場合には、この本での学習は最適となります(逆は最悪です)。

avatar
今の時代、ググればどんな情報でも出てくる世の中ですから、基本的には本を買う必要はありません。

ですが、その道のプロが執筆した本というのは、プロからも評価が高く、長期的に学習する1つの要素として優れていることも事実です。

現代はあらゆる学習方法が出回ってはいますが、その中で

『なぜ自分は本を使うのか?』

ここを明確にすることができれば、学習効率も飛躍的に高まっていくはずですよ。

まとめ

  • 本を買って満足するタイプ(私ですw)
  • 本を立ち読みして満足するタイプ
  • 本を一通り読破して満足するタイプ

様々なタイプの人がいますが、本というのはあくまでも『手段』でしかありませんので、これを使って自分が理想とする未来に辿り着けるのか?まずはここをしっかりと考えましょう。

現代は、ネットで評判を調べれば、その本がどんなものなのかをある程度把握できます。

avatar
そしてプログラミング学習に関しては、本以外で学習効率が良いものがたくさんあることも事実です。

数ある選択肢の中で、自分が今何をすべきなのか?それを最初のうちに考えるだけでも、結果は大きく変わっていきます。

もし何をすれば良いか分からない場合は、無料体験ができるスクールなどに足を運ぶことで、何かしらのアドバイスをもらうことをおすすめします。

Pocket