私自身がそこまでの学歴を持っていないため、今回の記事は数%の嫉妬が含まれていますが、基本的にはこの業界では学歴というものはほとんど影響しません。

一部の超大手のIT企業に勤める場合、それ相応の学歴を持っていないと相手にされないことがほとんどですが、それ以外であれば、まず学歴を気にする必要はありません。

むしろ学歴よりも重要視すべきことがいくつもあります。

もしプログラマーになりたい、だけど学歴が低い‥そんなコンプレックスを持っている方がいれば、まずは思い切って一歩を踏み出してみてください。

おそらく

『面白いように人生が変わってく』

ことを経験できると思います。

今回の内容を読むことによって、低学歴でも最短でプログラマーとして働く方法、将来的に収入アップをする方法が分かりますので、ぜひ一つの参考として読み進めていただければと思います。

OLの中野さん
転職などでは学歴の低さを気にしてしまうところがあります。
ひろ
誰でもそうなりますよね。今の日本では学歴があることが有利であることは間違いありませんからね。
OLの中野さん
プログラマーではそんなに関係ないというのは本当ですか?
ひろ
これは本当です。その理由を今から詳しく解説していきます。

高学歴という肩書きは人生を圧倒的に有利にさせる

本題に入る前に、まず学歴に関してお話しさせていただきます。

そもそも学歴というものは

『人生の中であって損はないもの』

であることは間違いありません。

普通に社会人として生きていく場合、必ず重要視されるのはこの学歴です。

どんな人間であっても、それ相応の学歴を持っていることによって、それだけで相手側の印象が大きく変わってきます。

ひろ
高い学歴があれば、それだけで相手側の印象が良くなることは紛れも無い事実です。

日本はまだまだ学歴社会の文化が根強いため、もし今の段階で学歴を取れるのであれば、積極的に取りにいくべきでしょう。

これを持つことによって、学歴が低い人では得ることができないメリットを受けることができます。

プログラマーの業界で学歴を話している人に会ったことがない

とはいえ、このプログラマーやエンジニアの業界では、基本的に学歴をおおっぴらに公開している人に私は会ったことがありません。

こちらから聞けば

『あ〜、○○大学だよ』

と教えてくれますが、聞かなければまず会話として出てくることはないです。

※プログラマー・エンジニアとして働いている人たちの多くは、学歴で人を判断することはほとんどありません。

ひろ
もしそのような人が多い環境があれば教えてください。

実際にこの業界で活躍している人というのは、そもそもプログラマー・エンジニアとして求められるものが学歴以外のところにあることを、すでに理解しています。

なので、そのことを赤裸々に話して自慢することに意味がないことも十分承知しているのです。

この点は、一般企業とは大きく違うところでもあるかもしれません。

学歴は『信用』を1つ具体化したもの

ですが実際に学歴を持っていると、相手の目が変わることも事実です(プログラマーの業界はそこまで関係ありませんが)。

というのも、学歴というものを表面的に見るとただの自慢に聞こえる人もいるかもしれませんが、学歴というのは

『その人がどれだけの努力をしてきたのかを証明する1つの要素』

となるため、企業側も採用する基準として分かりやすいのです。

ひろ
高学歴を否定している人を見かけることがありますが、これは少し解釈が違いますのでご注意ください。

高学歴を否定している人は、ただの嫉妬です。

確かに学歴だけで人を判断することはできませんが、少なくとも高い学歴を持っている人は、低い学歴の人よりも勉強ができる・勉強をしてきた経験がバックボーンにあることを証明しています。

つまり学歴という肩書きから

『その人の努力量・将来的なポテンシャル』

を見ることもできるため、これが採用する際の大きな基準ともなるのです。

中卒でも頭が良い人はいますが、それでも高い学歴を持っている人の方が将来的な伸び代を感じてしまうことは否めないでしょう。

プログラマーにとっての信用は『コード』

学歴があるに越したことはありませんが、そろそろ本題であるプログラマーと学歴の関係性について解説していきましょう。

結論からお伝えしてしまえば、このプログラマーの業界で求められるのは、学歴ではなく

『コード』

です。

ひろ
コードというのは、プログラマーが実際にパソコンで打ち込むもの(コードを書くことでwebサービスが生まれる)ものです。

この業界にずっぷり浸かっている人からしたら、もうこれは反論の余地がありません。

どんなに高学歴でどんなに人間性があっても、この業界ではコードが書けなければ必要のない人材となります。

学歴があることは『勉強できる資質を持つ』ことでもあるため、将来性という点では有利な立ち位置になることは事実です。

しかし低学歴であっても、学習する熱意さえあればいくらでも逆転が可能です。

学歴コンプレックスを持っている人がプログラマーになり、そこでスキルを身につけて起業し、今ではエリートサラリーマンの何倍もの年収を得ている人なんて、この業界にはゴロゴロいます。

つまり学歴を意識するよりも、この業界では

『いかにして自分のスキルを伸ばすことができるか?』

ここにコミットする必要があるのです。

言ってしまえば

『肩書きなどをすべて取っ払った完全実力社会である』

ということです。

この業界は転職市場で学歴による年収差はほとんどない

もし気になるのであれば、一度プログラマーやエンジニアの転職についての情報をチェックしてみてください。

現在はプログラマー・エンジニアの数が圧倒的に足りていないため、求人の数は恐ろしいくらいあります。

OLの中野さん
チャンスじゃないですか!
ひろ
そうです。めっちゃチャンスです!

その中の募集要項に

『大卒限定』

という文字を探してみてください。

一部の求人にはそのような条件があるかもしれませんが、基本的に学齢フィルターを取り入れている企業はほとんどありません。

それよりも

  • どんなプログラミングコードが書けるのか?
  • 実務経験はどれくらいなのか?

これらの要素の方が圧倒的に重要視されています。

ひろ
ちなみに実務経験に関しては、自分のアピール方法によっては経験が少ない・未経験でもクリアすることができます。

要するに、プログラミングコードをゴリゴリ書ける人というのは、この業界では引っ張りだこになるということです。

そこに学歴や肩書きは一切関係ありません。

年齢によるフィルターは多少ありますが、それでも市場自体が深刻な人手不足であるため、探そうと思えばいくらでも求人を見つけることはできるのです。

学歴がない状態でプログラマーになる具体的なロードマップ

どんなに綺麗事を話しても、結局それが結果に繋がらなければなんの意味もありませんよね?

なのでここからは、実際に学歴がない状態でどのようにしてプログラマーへの道を切り開くのかを具体的なロードマップを作りながら解説していきます。

やり方は1つではないため、どんな方法を取り入れてもプログラマーにはなれます。

しかしここで紹介するのは

『低学歴・未経験・初心者の状態から最短でプログラマーになる方法』

に絞って解説していきます。

今回の内容で何度もお伝えしていることですが、基本的にこの業界は

『圧倒的な人手不足』

であるため、基本的にはプログラマーになることは可能です。

とりあえず最低限プログラミングを扱えるようにする

そもそも企業側がプログラマーに何を求めるのか?ここを最低限理解しておく必要があります。

企業の採用担当者は、プログラマーを雇うことによって

『コードをゴリゴリ書いてもらい、会社の売り上げに貢献して欲しい』

ことが目的です。

つまり1人のプログラマーを月数十万円で雇って、そこから雇った費用を上回るリターンが得られることが想像できれば、間違いなく採用してくれるということです。

プログラマーとして会社の利益に貢献するために確実に必要なのが

『コードを書くことができるスキル』

これです。

プログラマーの年収が人それぞれ違うのも、結局は書けるコードのレベルが違うからです。

つまり一般的に求められるプログラミングスキルの基準を超えていれば、それだけで有利に立つことができるのです。

実際この業界に入ると分かりますが、プログラマーとして働いている人の多くは、そこまでのスキルを持っていません。

『1つの企業で求められるコードは書けるけど、その企業を抜けたら仕事ができなくなる』

このようなプログラマーはたくさんいます。

つまり、今働いているプログラマーの現状を理解し、将来的にそのスキルを上回ることができればまず仕事に困ることはないということです。

求められるスキルを把握するためには、結局のところ

『どこから情報を取り入れるか』

ここが一番重要です。

今この時代に、プログラマーとして求められるスキルを教えていて、尚且つ戦力となるプログラマーを育成しているサービス・スクールというのはごく少数しかありません。

実際に私があらゆる情報を取り入れて、そこで本物だと感じたスクールだけを厳選して紹介している記事も用意していますので、本気で戦力となるプログラマーを目指すのであれば、こちらもチェックしてみてください。

20代であれば未経験でも転職活動をしてみる

プログラミングを扱えるようになってから転職するのが、最も効率よく実務をこなせるルートになります。

仮にスクールに10万20万の費用を使ったとしても、数ヶ月後にプログラマーとして最初の給料をもらえば、その時点でペイできます(あとはずっとプラスです)。

なのでこのルートが最短であることは否定のしようがありません。

ですが若い世代の場合、どうしてもスクール費用が捻出できないこともあるはずです。

その場合は、スクールを活用するのではなく、とにかく行動して

『未経験でも採用してくれる企業をエージェントに紹介してもらう』

選択肢も考えられます。

これは20代だからこその特権です。

30代になると、それなりのスキルを求められますが、20代であれば将来性に期待して未経験でも採用したい企業は山ほどあります。

このルートは最初の研修が辛いですが、それを乗り越えれば実務で働ける人材へと成長できますので、もう一つの選択肢として考えてみてください。

ひろ

注意点としては、未経験で入ると、安く働かせ続けるような悪質な企業もありますので、それを見分ける必要があるということです。

自分が成長できないと感じれば、スキルを身につけて転職を考えることも重要です。

30代を超えている場合、ポートフォリオを作り転職を考える

20代とは違い、30代ともなると、企業側も経験の少ない人を採用することにそれなりのリスクが出てきます。

研修しても、20代よりも働ける期間が短いため、育てることを考えていない企業がほとんどです。

つまり自分にスキルがないと分かれば、基本的に30代の人材を企業は相手にしないのです。

この対処法としては、先ほど紹介した通り

『現場で使えるスキルが身につけられるスクールの活用』

をしながら、そこで自分のポートフォリオを作成することです。

※ポートフォリオについて

ポートフォリオというのは、言ってしまえば『自分の能力を評価してもらうための資料』のことを言います。

プログラマーの場合は、自分がプログラミングコードを使って作った作品のことを指します。

これを持っていると、企業側もプログラミングという目に見えないスキルで判断する必要がなくなります。

例えばプログラミングの1つである『JavaScript』が使えると話しても

  • その人がどれくらいのスキルなのか?
  • 即戦力になるのか?

これらは判断することができません。

しかしポートフォリオさえあれば、その人がどのようなスキルを使って作っているのかを目で見て判断できるため、企業側も採用しやすいのです。

即戦力とは言えなくても、企業側がポートフォリオを確認して

『この人ならこれくらいのことはやってくれそうだな』

と思わせれば、まず仕事が見つからないことはありませんからね。

OLの中野さん
なるほど。スキルをアピールするのではなく、スキルを使ってポートフォリオを作成し、相手に判断してもらうやり方があるんですね。
ひろ
これをやると、企業側もスキルが目で見て分かるため楽なんですよ♪

結論!学歴は必要ないがスキルに自己投資は必要!

今回の内容で、この業界で求められるものは学歴でも偏差値でもないことが伝われば十分です。

このフィルターの存在を意識してしまうことで、多くの人が自分のやりたいことに制限をかけてしまいます。

ですが実際働いてみると、この要素がほとんど意味のないことが分かります。

ただ、学歴を持っていることが少し有利に働くことは事実です。

高学歴の人たちは、予備校・大学費用などに数百万円以上の自己投資をしているため、中卒・高卒よりも優遇されることは当然です。

そのため、自分のスキルアップのために自己投資ができない場合はこの業界から身を引いた方が良いでしょう。

とはいえ、プログラミングスクールなどの投資に関しては、正直たかが知れています。

数百万円の費用がかかることはありませんし、数ヶ月頑張れば次の月から給料ももらうことができるため、短期間でペイできてしまうのです。

これを考えたら、自己投資をしない意味がわかりません。

これから先の時代ではITスキルが求められることは確実です。

その業界のプロフェッショナルであるプログラマーが不足している←これがどれだけのチャンスであるかを具体的に想像できている人は思っている以上に少ないです。

いつの時代もチャンスを掴めるのは一握りの人だけですので、この情報を知っているだけでも有利な立ち位置で人生のストーリーを進められることだけは覚えておいてくださいね。

行動を起こした人たちの、5年後10年後の姿が楽しみです♪

まとめ

正直な話、私は過去に戻れるならば学歴を取得したいと思ってしまいます。

どう考えても、この日本では高い学歴を持っている人が有利ですし、そのフィルターで見てくる人が多いことも事実です。

学歴がないから相手にしない人も存在するため、この人たちを納得させるには、やはり学歴という肩書きは持っていて損はないなと思う場面も多々あります。

ただ、私は運よく学歴が全く関係ないIT業界に進むことができたため、現在はそこまでフィルターを意識せずに生きることができます。

困る場面としては、同窓会などで高学歴の同級生にマウントを取られるくらいですかね笑(そこまで人生に影響はありませんが)。

様々な意見があるとは思いますが、学歴があってもなくても人生はいつでも変えられることを理解し、これからの人生を過ごしてみてください。

あなたが思っている以上に、学歴で判断しない人は世の中にたくさんいますからね。