Pocket

貯金0という言葉を聞くと、やはりネガティブなイメージを持ってしまいますよね?

この資本主義社会の日本では、お金を持っている人が強い仕組みとなっているため、貯金0の人はその反対側で生きているようなものです。

とはいえ、単純に貯金0とは言っても、その状況は人それぞれです。

例えば普通に生活しているだけで貯金が貯まらない場合、これは収入と支出の割合が同じになっているため、改善すべきポイントがたくさんあるでしょう。

逆に、生活費は節約しているが、あえて貯金をせずにお金を使っている人もいます。

私自身は全くお金がないときは、水道水で数日生きていたような経験があるような人間です。

なのでお金がない恐怖を十分に理解しているつもりです。

しかし、だからと言って貯金をすること=正しいという考え方も持ち合わせていません。

人生で大きな成功を収めている人たちというのは、共通してどん底の時期・苦しい時期を経ています。

なのでお金がない状況であっても

『そこでの生き方一つで人生は大きく変える事ができる』

ことも事実です。

これからの時代、安定なんてどこにも存在しません。

安定を手に入れたければ、自分の手で道を切り開いていくしか方法はないのです。

なのでここでは貯金0の現実と、貯金0でも成功するためにやるべきことについて、具体的な方法を解説していきたいと思います。

貯金0円はマジで恐怖しかない

毎月決まった日に給料が振り込まれ、1週間・2週間と生活していくうちに、振り込まれたお金がどんどん減っていき、月の後半になればほとんど振り込まれたお金もなくなり、給料日前日にはほとんど貯金が残っていない状況。

そしてまた翌月に振り込まれたお金も同じように使っていき、気づけば何年も貯金0の状態。

このような状況に陥っている人はたくさんいます。

サラリーマンであれば、毎月決まった日にお金が振り込まれるため、まだ精神的に安心できますが、これがフリーランスになると、翌月に給料が振り込まれないような状況になることもあります。

人生はお金が全てではありませんが、お金がなければ生きていくことはできません。

しかし今の生活を維持するためには、貯金をすることもままならないような状況であることも多いため、毎月給料日前日は恐怖と戦うような状況になってしまうのです。

日本人の3世帯に1世帯は貯金ゼロ!?

実際に、家計の禁輸行動に関する世論調査を行ったデータがあるのですが、そこでは日本人の3世帯に1世帯は貯金がないという結果が出ています。

ちなみにこの調査に関しては、日本の平均収入である400〜500万円程度の世帯を対象に調査をしているため、かなりリアルな数字となっています。

結婚している世帯ではこのデータですが、これが単身世帯となると、2人に1人が貯金なしとなっているため、多くの人が想像しているよりも貯金0で毎日を生きている人というのは多いようです。

この先日本は年収200万円時代に突入するとも言われていますが、そうなった時のことを考えると、ちょっとゾッとするようなデータですね。

もちろん貯金する事が全てではありませんが、それでもこれだけの収入があって貯金ができないとなると、この先貯金が多い世帯が増える可能性も極めて低い事が分かります。

この先日本で生きる限り給料のアップは見込めない

貯金を増やすためには、シンプルに今の収入よりも多くのお金を稼ぐ必要があります。

ですが想像してみてください。

今自分が働いている会社での給料が、この先5年10年と時間が経った時、今よりも多くの収入が得られていると思いますか?

もちろんそれ相応の企業に勤める事ができれば、ある程度収入アップは期待できるはずです。

しかし、日本の99%は中小企業ですから、給料がアップして年収1000万円以上を得られるような生活ができるのか?と問われると、それはまず不可能だと言えるでしょう。

むしろこの先の時代は、今よりも明らかに不景気になっていきます。

景気が悪くなれば、会社の倒産・リストラが増加し、最悪今の仕事ができなくなる可能性もあります。

そんな未来が訪れる可能性が高いのに、今の収入以上の給料を貰うことを期待するのは、そもそも難しい話なのです。

貯金0だから節約?いや逆ですよ!

どんなに現実逃避をしたとしても、結局貯金0の現実は変えることはできません。

しかも、今の会社で大幅な収入アップが見込めないとなると、貯金することを考えた場合、今の生活水準を下げて暮らす以外に方法はありません。

結婚していれば、奥さんに働いてもらえば世帯収入は増やせるかもしれませんが、貯金0の世帯の多くはすでに共働きである事がほとんどです。

つまり現状を変えるためには、貯金をすることよりも、むしろ

『自分の収入をどのようにして上げるのか』

を徹底的に考えるべきなのです。

貯金0で一番やってはいけないこと

貯金0の状態で多くの家庭がやってしまいがちなことは

『とにかく今の生活費を削って、それを貯金に回す』

という方法です。

これを推奨している人はたくさんいますが、個人的には絶対にオススメしない方法でもあります。

というのも、今の生活水準を下げてしまうと、当然どこかで埋め合わせをしなければなりません。

食費を削れば、それだけ栄養が偏る可能性がありますし、仕事のパフォーマンスが下がる可能性もあります。

家族のお出かけを減らしてしまうと、結果的に家庭内の関係が悪化し、結果的に悪い方向に向かってしまうこともあるのです。

離婚の一番の原因は『お金のトラブル』です。

ここさえ解消する事ができれば、人は簡単に離婚なんてしません。

つまり、どんなにお金がなかったとしても、家族の関係が悪くなるような生活を取り入れてしまうのは逆効果だという事です。

そこに力を入れるのではなく、貯金0の状況にある人たちがやるべきことは

『今の生活水準を保ちながら収入源を増やしていく』

ことなのです。

今の時代、知らないだけでお金を稼ぐ方法なんて山ほどある

これは私が常に意識していることでもあるのですが、いくら数百万円の貯金があったとしても、それを消費でしか使う事ができない脳みそしかなければ、これは貯金なんて持っていてもそんなに意味がありません。

しかし仮に貯金が0であっても、いつでも月100万円を生み出す事ができる脳みそを作り上げてしまえば、それだけでもはや貯金をする必要はないのです。

『お前は一体何を言ってるんだ?』

と思われてしまうかもしれませんが、これは私自身本気で思っています。

つまり今の時代というのは、自分に投資をして知識を持つ事ができれば、いくらでもお金を稼ぐ事ができる環境が整っているという事です。

その分かりやすい例が『インターネットを使ったビジネス』です。

最近では個人で月収数百万円を生み出す知り合いなんて、私の周りにゴロゴロいます。

その人たちは、かなりの資産を持っている事は事実ですが、万が一その資産を失ったとしても、0から這い上がる事ができる脳みそを持っているのです。

これがあると、本当の意味で人生を楽に生きる事ができます。

多くの人が貯金を増やすことに躍起になっている中で、貯金0になっても復活できるスキルを身につけている人たちは、そこで得た資金を使ってさらに大きな金額を稼いでいるのです。

日本で2極化が進んでいる理由も、結局この思考を持っている人と持っていない人に分かれるからです。

この点に関しては、かなりビジネス的な考え方となってくるため、興味があれば私のメルマガで解説しているのでそちらで学んでみてください。

貯金0=やるしかない環境が整っている

正直私からすると、この恵まれた国である日本に生まれた時点で勝ち組だと思っています。

どんなにどん底にいったとしても、日本で飢えて死ぬようなことはまずありません。

公園に行けば飲める水が出てきますし(これは世界から見たらありえないこと)、日払いでお金を稼げばその日を生きることは可能です。

そして北国に行かなければ屋外で凍死する心配もほとんどありませんし、最悪生活保護という選択肢もあります。

これらの環境が整っていることを考えると、私自身は挑戦すること以外の選択肢が生まれないのですが、多くの人が『安定したい』という欲求が強くなり、結局やりたくない仕事を正社員としてこなしていることがほとんどです。

この選択が間違いとは言いませんが(むしろ日本では正しい選択だと言われる)、気をつけなければならないことは

『今の環境を抜け出してしまうと、全くお金を稼ぐ事ができない』

パターンの人が多すぎる事です。

正社員というのは安定していると言われていますが、ビジネス的に考えてしまえば、すでに仕組みを作り上げた人が人を雇い、そこで働かさせてもらっている人たちです。

つまりいくら正社員として働いていたとしても、そこで『自分でお金を稼ぐスキルは身につかない事がほとんど』であるため、この1つの選択肢にこだわってしまうのは危険だという事です。

現に、1つの会社に勤め続けて、ある人突然リストラ・倒産となった中年の方が、フリーターとしてアルバイトをしている事例が増えてきています。

これはまさに『1つの環境でしか働けない典型的な例』と言えるでしょう。

もしこの時に

『自分の手でお金を稼ぐスキルを身につけていた』

場合、仮に倒産やリストラを経験しても、人生をやり直すことはそこまで難しくありません。

貯金がない状態+1つの環境でしかお金を稼ぐ事ができないとなると、これは年齢を重ねていったときにゾッとするような未来が待っているかもしれません。

あらゆる方法でお金が稼げる環境が整っているのに、それを1つも活用せずに今の働き方にこだわるというのは、自ら大きなリスクを引き込んでいるようなものなのです。

『貯金 < スキル』この考え方を必ず頭に入れておきましょう!

貯金をすることは大切です。

ですがそれ以上に

『自分の脳みそに投資をして、自分の手でお金を稼げるスキルを身につける』

事がこれからの時代求められます。

ある日突然会社からリストラを宣告されても

『まぁ自分で稼げるしいっか』

と言えるか、それとも

『やばい、別の働き口探さないと。でも今の年齢だと難しいかも』

と思ってしまう2つの人生。どちらが安定していると思いますか?

貯金を増やしても、結局多くの人はそれを消費でしか使う事ができません。

逆に貯金を増やしながら自分のスキルを磨いている人は

『その貯金を効率よく使ってさらに収入を加速させるスキルを持っている』

ため、今よりもさらに裕福な暮らしができるようになるのです。

貯金0という状況は、人生を本気で変える人にとってはある意味恵まれた環境です(やるしかないから)。

どう考えても日本の未来は明るくありません。

この現実を受け入れたとき、これからどんな行動を起こすかによって、自分の未来は大きく変わっていきますよ。

まとめ

実際に私も『普通の人が経験できないような貧乏生活』を経験した事があります。

あの時は本気で辛すぎました。

未来に希望なんて全くありません。

今この瞬間を生きることしか考える事ができなかったため、とにかく精神的・肉体的に追い込まれていました。

ですが今考えると、あの時の経験があるからこそ今を頑張れることも事実です。

『貯金0』これは一見ネガティブな言葉に聞こえるかもしれませんが、人生を変えるという視点で考えた場合、これほどのチャンスはありません。

今の日本では、情報さえ積極的に取り入れる事ができれば、いくらでも人生は変えられます。

1つの選択肢にこだわらず、まずは自分で収入を得るために何をすべきか?その点を考えてみてください。

副業ができないような環境で働いている場合は、その環境を抜け出すことも考えたほうが良いかもしれませんよ。

Pocket