Pocket

最初に赤裸々な気持ちをぶっちゃけますが、私は日本人の中でもトップクラスに働きたくないという気持ちが強いです笑。

サラリーマン時代も、常に会社を辞めることばかり考えていましたし、毎日同じ時間に通勤することにも疑問を持っていたため、その当時は

『どのような行動を起こせば働かずに生きる事ができるのか?』

こればかり考えていました。

この文章だけ見ると、なかなかのダメ人間な感じがプンプンしますが、私自身はこの考え方にネガティブなイメージを持っていませんし、むしろ今考えると

『自分の人生を大きく変えた考え方の一つ』

であったことも事実です。

仮に私が

  • 働きたい
  • 毎日会社に行くのが楽しい
  • 上司と仕事をするのが最高

こんなことを思っていたら、今の自分はなかったでしょう。

多くの人が

働きたくない=甘え・社会不適合者

などのネガティブなラベルを貼ってきますが、今回の記事ではその人たちのイメージが間違っていて、むしろ

『働きたくないという考えはむしろ持つべきである!』

ことを明確にお伝えしていきます。

おそらく今回の記事を最後まで読めば、働きたくないという気持ちを素直に受け入れ、行動が大きく変わってくるはずです。

そのきっかけを作る1つの材料として、今回の記事を活用していただければ幸いです。

当たり前ですが働くことが人生の全てではない!

そもそも人間が働かなければならないという決まりはありません。

他に生きる術があるならば、わざわざ働かずにそちらの選択肢を取るべきでしょう。

しかし働きたくないと思う気持ちがある反面、働かなければ生きる事ができないライフスタイルを作っている人が多いため、今の日本では働く事が当たり前だという価値観を持っている人がほとんどなのです。

つまり

『お金を稼ぐために働かなければならない生き方しか選択肢がない』

という事ですね。

『働く』←これはある意味一種の洗脳かもしれません

もちろん働く場所があることは幸せなことですし、働くこと自体は自分の人生を豊かにする一つの要素であることは事実です。

なので私自身は働くこと自体にはネガティブな考えを持っていません。

しかし問題なのは

『働かなければ生きていけない環境しかない』

ことです。

つまり、労働をしなければ生きる事ができない場合、自分の労働がストップしてしまったらその時点で人生がヤバくなります。

仮に労働がストップしたとしても、そこで収入を継続的に生み出す事ができる仕組みが作れていれば、その時点で働かなければならない人生から抜け出す事ができるのです。

この点に関しては、後半で詳しく解説していきます。

今の世の中で働きたくないと思ってしまう明確な理由

私も今の時代を生きる一人の人間ですが、正直この時代を生きていると、働きたくないという気持ちは強くなってくることは事実です。

働きたくないのに仕事をすることほど苦痛なことはありませんが、過去の時代を生き抜いてきた人が会社を動かしている現代ですから、働きたくないという気持ちを肯定する人はまずいません。

むしろ労働すること=尊いものだという価値観を持っている人が多いため、そのギャップが働きたくない人をさらに苦しめているのです。

ではなぜ現代で働きたくない人がこんなにも増えているのか?

その理由は大きく3つあると私は考えています。

自分のやりたいことをしながら生きている人が増えまくっている

インターネットのインフラが整っている現代では、今までとは全く違った働き方ができるようになっています。

例えば『youtuber』という働き方。

おそらく年配の方からすると

『遊んで金儲けするなんて最低だ!』

と思われるかもしれませんが、私自身はそのような解釈をする大人がたくさんいることに危機感を感じています。

というのも、youtuberという働き方は、立派な仕事です。

自分という人間をブランディングしてお客さんを集め、そこで企業の商品を宣伝して経済を回している。

これは立派な仕事です。

しかも自分が好きなジャンルで情報を発信できるため、やりたいことをやりながらお金が稼げる仕組みが作れるのです。

youtuberが登場したことによって、企業側もピンポイントで商品の宣伝ができるようになりました。

そのため、ビジネス的な視点から見ても、この働き方は理想的なビジネスモデルの1つでもあるのです。

少なくとも、youtuberを否定している人よりもyoutuberの方が明らかに経済を回せていますからね。

過去の価値観を押し付けてくる大人が多すぎる

私自身は過去に頑張ってくれた人がいるおかげで、今の世の中が作られたと考えているため、基本的には自分よりも上の年齢の方々は尊敬しています。

どう考えても今よりも悪い環境で大変な仕事をこなしてきたことは事実なので、ここを否定している人は今の時代は生きる資格はないでしょう。

確かに今よりも辛い環境で生きてきた人が多いですし、今の若者が働きたくないと発言している事が『甘え』だと思う気持ちもわかります。

ですがこの平成という時代に生まれてきた子供達が、どのような世の中を見せられてきたのか?ここをもう一度考えていただきたいのも本音です。

小さい頃からテレビゲームがあり、携帯・スマホ・パソコンが当たり前にある環境で育ってきました。

そうなると、当然ITスキルの高い子供も増えるため、仕組みを理解した一部の人が新しい働き方をし始めることは当然の流れです。

時代の流れを考えたら、むしろITスキルの高い若者の方が圧倒的に仕事を効率化している例も多々あります。

しかしこのやり方を頭ごなしに否定し、楽して儲かるなんて言語道断だ!と否定してくる大人が多いことも事実なのです。

いつの時代も、環境に適応しない生物は淘汰されていきます。

この先ITの発展に乗れない人というのは、いつまでも労働を強いられるような働き方しかできないでしょう。

どう考えても暗い未来しかイメージできない

柔軟な思考を持った大人が多い環境で働く事ができれば、そこで得られる情報やスキルや宝物になります。

しかし先ほどもお伝えした通り、一般企業で働いている多くの大人は、どちらかというと現代の新しい働き方を受け入れないタイプの人が多いです。

そのような環境で働き続けると、インストールされるのは過去の価値観となるため、現在とのギャップを大きく感じてしまい、未来に対して明るいイメージを持つ事ができなくなります。

上から押さえつけられれば、圧力は横に逃げていきます。

最近若者がすぐに会社を辞めてしまう理由も、結局は上の圧力・価値観と現代の新しい働き方のギャップに耐えられない事が大きな原因だと私は思っています。

未来に対してポジティブなイメージを持っている人の多くは、現代の技術を受け入れた上で思考を巡らせていますからね。

成功者の多くは働きたくないという思考を必ず持っている

自分が今いる環境で当たり前とされている価値観と、今世の中で活躍している人たちがやっている事にはかなりのギャップがあります。

全く新しい働き方を受け入れたくない気持ちは分かりますが、これからの時代で生き残るためには

『常に新しい価値観を取り入れる』

事ができなければ数年で淘汰されます。

現に多くの企業がIT化の波に乗る事ができずに苦しんでいます。

インターネットというのは、あくまでも『ツール』でしかありません。

つまり人が楽をするための便利な道具だという事です。

現代で成功している人の多くは、このITというスキルを存分に活用して結果を残しています。

つまり

『ITという便利な道具を使って、今まで面倒だったことを効率化すること』

に時間を使い、そこで新しい収益源を生み出しているのです。

これは明らかに

『楽をしたい(働きたくない)』

事が含まれていると思いませんか?

本当に働きたい人であれば、ITの技術を使って楽をせずに、常に泥臭くリアルのビジネスに力を入れるはずですからね。

つまり働きたくない・楽をしたいという考え方は、成功するためには

『必ず必要な要素』

となるのです。

働きたくないなら働かない仕組みを作ることに全力を注ごう!

しかし働きたくないからといって、家でゴロゴロして毎日ニートのような生活をしていては人生がヤバくなります。

もちろん過去の古い価値観を持った人しかいない環境にいるなら、正直ニートをした方がましです笑。

ですが今の時代は

『行動を起こせる人が圧倒的な結果を残す事ができる環境が整っている』

ため、せっかく働きたくない気持ちを持っているなら、働かないでも収入が得られる仕組みを作った方が人生楽しいですよね?

今までだったら不可能だったことも、現代では実現できます。

先ほどの例でも紹介しましたが『youtuber』という働き方は、まさに不可能を可能にした1つの事例です。

今まで私たちは、家にあるテレビで局の人が作り上げた番組というコンテンツを視聴するしかできませんでした。

しかし今ではポケットに入っているスマホを使い、どこでもyoutubeという『個人でも運営できる媒体』にアクセスして動画を視聴できます。

つまり現代というのは

『個人がテレビ局と同じようにコンテンツを配信できる時代』

であるため、その仕組みさえ作ってしまえば働かなくても収入が得られてしまうのです。

youtuberの場合、一度youtubeに動画を投稿すれば、チャンネルがバンされない限り、それが継続的にアクセスを集めて収益を発生させてくれます。

ブロガーも同じです。ブログという媒体に記事を投稿し、それが継続的にアクセスを集めてくれれば自動で収入が得られてしまうのです。

これらはIT化が進んだことによって実現した

『今までにない全く新しい働き方』

の事例です。

この先は、これらの働き方以外にも無数に仕組みが作れる媒体が出てくるはずです。

ということは、今やっている労働に時間を注ぐのではなく、自分が働かなくても生きていけるような『仕組み化』に時間を注ぐ事ができれば、それが結果的に

『働きたくないという欲望を実現する』

事に繋がるのです。

古い価値観を押し付けてくる環境にいるなら今すぐ抜け出してください

ここまでの話で、私が今回の記事で何を伝えたいのかはある程度理解していただけたと思います。

昔と現代では、明らかに働き方が変わってきています。

しかし昔の大変な時代を生き抜いた人たちは、現代の新しい働き方を認めようとしません。

むしろ否定する事で自尊心を保っている人が多い印象を受けます。

ですが、その考えは未来を想像したら、むしろ悪い方向に向かいます。

この先個人で圧倒的な結果を残し、多くの仕組みを構築して豊かな生き方を実現する人は間違いなく増えますので、その人たちを否定するということは

『結果的に自分の首を絞める』

事にもなるのです。

もしあなたの周りに古い価値観を押し付ける人がいたら、迷わずその環境を抜け出してください。

現代は

『働きたくないと思う人が圧倒的な結果を残せる環境が整っている』

のです。

小さな枠組みに縛られず、新しい人生の選択肢を生み出すために、これからの時代を生きてみてください。

情報収集さえ怠らなければ、きっかけはいたるところに落ちていますよ♪

まとめ

私自身は

『過去の情報を調べて受け入れた上で今の結論に達している』

ため、どちらが正しくてどちらが悪いという考えは基本的に持っていません。

ですが新しい可能性を潰してくる人がたくさんいることも事実なので、ここと付き合うと自分の可能性を狭めてしまう事にもなります。

これからの時代は、どんな事であっても仕事になります。

しかし仕組みの作り方は、基本的に全て同じです。

仕組み化する事に時間を使うか?今目の前の労働に時間を注ぐか?によって、未来は大きく変わっていくはずです。

もし働きたくないと思う気持ちが強い場合は、今の自分のような選択肢以外の人生を生きている人の情報を取り入れてみてください。

おそらく情報を取り入れるだけでもパラダイムシフトが起こると思いますよ。

Pocket