Pocket

正直な話、今までアフィリエイトを全く実践したことがない人が、ある日突然アフィリエイトを実践し始めて失敗することは

『当たり前』

です。

avatar
もちろん何度も挑戦しているのに、全く結果を出せない場合には改善すべき点がたくさんありますが、最初の段階では、そこまで失敗に対してシビアに考える必要はありません。

このインターネットの業界は、とにかく検証と改善の繰り返しです。

ちょっとしたことを変えるだけで、一気に商品の売れ行きが変わっていくこともありますので、1回の失敗で落ち込むのではなく、失敗した後にどのような行動を取るのか?ここが成功するためには最も重要なポイントとなります。

とはいえ、無駄な失敗をし続ける必要はありません。

アフィリエイト実践者の多くがやりがちなことですが

『正しい失敗のやり方・対処法』

を理解しておくべきなのです。

ここではアフィリエイトの失敗に対する考え方、成功するための方法について私の経験を絡めながら解説していきたいと思います。

アフィリエイトは9割の人が成功できないと言われている

最近では、アフィリエイトの情報の質も高まってきているため、基本的には稼げる環境が整っています。

avatar
昔は95%以上の人が稼げない業界だと言われていましたが、最近では半分くらいの人はアフィリエイトで稼げていると言われています。

ですが、その中で

『長期的に稼ぎ続けている人は1割もいない』

ことも事実です。

アフィリエイト業界は常にアップデートを繰り返しているため、以前通用したノウハウが、ある日突然使えなくなることは日常茶飯事です。

つまり最新の情報を取り入れて実践をし続けなければ、この業界で生き残ることはできないのです。

補足

ビジネスの本質を掴むことさえできれば、小手先のテクニックは必要なくなりますが、それを身につけるためには多くの時間が必要になります(ここが理解できるとどんなビジネスでも成功できます)。

本当の意味で成功するということは

『狙ってアフィリエイトで結果を出すことができる』

ため、偶然の成功というのは本当の成功には含まれないのです。

ちなみにアフィリエイト業界では、上手くトレンドに乗ることができれば偶然の成功を手にできてしまいます。

これがエセ成功者を量産してしまう一つの原因でもあるのです。

多くの人がアフィリエイトで失敗してしまう理由

これだけの情報が表に出ているのにも関わらず、なぜ多くの人がアフィリエイトで失敗を経験してしまうのか?

avatar
これに関しては、私自身が全く稼げなかった頃の経験、そして私の知り合いの話を総合すると、大きく3つの原因が挙げられます。

短期的な欲求が強い

人間というのは、自分の欲望を満たすために行動する生き物です。

例えば、長期的に見れば明らかに成功できることだとしても、短期的な欲望を満たすために成功できないルートを選んでしまうことがほとんどです。

avatar
受験勉強をしているのに、目の前にあるゲームやテレビに興味が移ってしまう理由も、この短期的な欲求を満たすためです。
成功している人たちは、常に短期的欲求ではなく『長期的な快楽』を求めて生きています。

今目の前にある自分の欲望を満たしてくれるものを選ぶのではなく、将来的に自分の人生を豊かにしてくれる選択肢を取れれば、アフィリエイトでも成功することはそこまで難しくありません。

スタートの時点で戦略を間違っている

アフィリエイトにも様々な種類がありますが、基本的には最初に戦略を考え、それを元にして実践していきます。

例えばブログアフィリエイトの場合、最初に狙うジャンルを設定し、そこからブログのコンセプトを決めていきます。

avatar
この段階で、ジャンル選定をミスって超レッドオーシャンで戦ってしまうと、それだけで結果が出せなくなります。

逆に最初のジャンル選定に時間をかけて、ライバルがそこまで多くないジャンルを選ぶことができれば、短期的に大きな結果を出すことが可能なのです。

注意点

同じスキルを持っていたとしても、この最初の戦略の段階で間違ったルートを設定してしまうと、結果を出せずに自分のスキルを否定する考え方になってしまいがちです。

しかし失敗する人の多くは

『スタートする前の段階に甘さがある』

ため、ここを改善すれば間違いなく結果を出すことはできるのです。

楽して稼げると本気で思っている

ネット上でアフィリエイト関連の広告をよく見るのですが、その多くは

  • パソコンを使えないおじいちゃんでも1ヶ月で10万稼いだ
  • スマホをクリックするだけで月30万円稼ぐ方法

など、多くの広告が

『アフィリエイトで楽して儲かる方法』

をコンセプトに人を集めています。

avatar
仮にこの広告を信じてこの業界に参入した場合、全く結果を出すことができないことが多いため、すぐにこの業界で稼ぐことを諦めてしまいます。

どのビジネスでも言えることですが、基本的には

『楽して儲かる方法など存在しない』

のが当たり前です。

もし楽して儲かることができている人がいれば、それは

『過去に膨大な時間をかけてビジネスを学び、自動で収入が生まれる仕組みを作った成功者』

であることがほとんどなので、これだけは勘違いしないようにしましょう。

詐欺的なことをすれば楽して儲かることはできますが、そのようなビジネスをしている人は、いずれ痛い目に遭いますからね。

継続して作業ができない

細かい話を抜きにしてしまえば、この継続した作業さえできればアフィリエイトで結果を出せないことはまずありません。

例えばアドセンスアフィリエイト(広告をクリックしてもらうだけで報酬が得られる)の場合、どんなに内容の薄いブログであっても、継続して作業ができれば数百円・数千円を稼ぐことは簡単です。

avatar
全く結果を出せていない人というのは、そもそもこの継続した作業ができていないことがほとんどです。

考え方としては

初心者→とにかく作業することに時間を使う

脱初心者→作業量を増やすのではなく質を高める

大きな結果を出すためにはがむしゃらに努力することだけではなく、質を高めることも重要ですが、今自分がどの段階にいるのかを考え、そこで最短で結果を出すための方法を考えていきましょう。

アフィリエイトの失敗はネガティブに考える必要はない!なぜなら‥

最近アフィリエイト実践者の相談に乗る機会が増えてきているのですが、そこで聞く話の多くは

『アフィリエイトで失敗したことをネガティブに考えてしまっている』

感じがします。

もちろん失敗をすると落ち込みます。

avatar
そしてアフィリエイトで稼ぐことは不可能であると考えてしまうこともありますが、実際はそんなことはありません。

むしろ長年アフィリエイトを実践してきた私からすると

『アフィリエイトは失敗してからが本番』

というマインドを持つことが大切です。

例えば、ブログアフィリエイトを実践し、頑張って100記事入れて全く稼げなかったとします。

その結果だけ見ると大きな失敗に感じるかもしれませんが、実際は

『明確に失敗した理由が詰まったブログが形として残っている』

ため、それを使って様々なデータを取ることができるのです。

実際にこのような事例で分析してみると

  • ブログ100記事
  • 運営歴
  • コンテンツの質
  • ジャンル選定
  • 滞在時間
  • PV
  • 広告のクリック率

まずは基本的なデータをチェックし、そこから仮説を立てていきます。

ブログで失敗する理由のほとんどは、狙っているジャンルの競合性・コンセプトの設定の甘さが原因です。

avatar
実際にブログ運営の方法を具体的に数値化し、まずはミクロ的な視点で分析していきます。

そこからマクロ的な視点も含めてブログを客観的に見ることで、結果が出なかった原因をもとに仮説を立てることができるのです。

この場合、記事数が100記事も入っているため、問題は記事数ではなくブログ構成・コンテンツ・キーワード選定・ジャンル選定に問題がありそうです。

となれば、再度市場を細かくチェックし、今のブログを運営し続けるのか?それともジャンルを変えて新しいブログを立ち上げるのかを考えてみる必要があります。

ネットビジネスの失敗で得られるものは大きい

上記で紹介した事例はブログになりますが、基本的にネットビジネスでは

『失敗事例を参考にして検証・改善することが大切』

になります。

ネット上で得られたデータは宝です。

avatar
google先生は、ちゃんとしたデータを叩き出すことができるブログやサイトは高く評価します。

つまり結果が出ない原因というのは、間違いなく

『こちら側の責任』

になるため、いくら責任転換をしても成長はできないのです。

補足

むしろ得られたデータを参考にして、そこから改善したサイトを構築して良いデータを叩き出すことができれば、それだけで結果も大きく変わってくるのです。

この点に関しては、失敗しなければ絶対に得られない情報となりますので、失敗=ネガティブなものだと考えてしまう人は、一番自分が損をしていることになるのです。

この業界で圧倒的な成功を収める人の思考

ここまでの話で、結果を出せる人と出せない人が考えていることが違う理由が分かったと思います。

失敗を失敗で終わらせてしまったら、それはただの失敗です。

avatar
しかしその失敗の経験を未来に繋げることができれば、その失敗は『成功するための1つのデータ』として活用できるのです。

事実、圧倒的に成功している人たちというのは、共通した考え方を持っています。

これをデフォルトでできるようになると、面白いように結果が変わってくるため、アフィリエイトがさらに楽しくなっていきますよ。

ゲシュタルトを掴む

何からやれば良いか分からない場合は、とりあえず最初にネットビジネスのゲシュタルトを掴むことから始めましょう。

ゲシュタルトというのは、全体的なまとまりの構造のことを指します。

アフィリエイトというネットビジネスの場合、どのようにして収益が生まれるのか?ここを最低限理解することで、自分のやるべきことが明確になってきます。

人間は基本的に

『全体像が見えていないことは全く頭に入ってこない』

生き物なので、最初の段階でゲシュタルトを掴み、大枠を理解する必要があります。

avatar
ちなみに成功者の多くは、最初の段階でゲシュタルトを掴み、そこからミクロ的な視点でビジネスをくみたてていく事がほとんどです。

仮説を立てて小さくテストする

全体像さえ掴む事ができれば、あとは実践して行く中でデータを収集していきましょう。

アフィリエイト初心者の頃は、データなんて全く持っていません。

avatar
なのでとりあえず実践する量を増やし、あらゆるデータをかき集めていきます。

一通りのデータを集める事ができたら、そこからは得られたデータを元にして検証・改善をしていきます。

この時に重要なことは

『とりあえず自分の中で仮説を組み立ててみること』

です。

仮説を作ることによって、それを使って新しい視点からビジネスを考える事ができます。

『これをこうすればこういう結果になるのでは?』

と考える事ができると、今までとは違ったやり方が生まれます。

最初は何をすれば良いか分からない事も多いと思いますので、その場合はとりあえず作業を優先していきましょう。

仮説を立てる習慣が付けば、その後はいくらでも新しいアイディアが生まれてきますからね。

上手くいかない原因を分析する

時流に乗る事ができれば、偶然ビジネスを上手くいかせることはできます。

しかし基本的に、成功している人はずっと成功し続け、失敗し続ける人はずっと失敗し続けるのがこのビジネスの業界です。

つまり

『上手くいかないのには必ず理由がある』

ということです。

avatar
この上手くいかなかった原因を突き止める事ができなければ、将来的に成功することはできません。

作業量を増やして多くのデータをかき集める理由も、結局はこの

『上手くいかなかった原因を突き止めて、改善する』

ためです。

例えばブログを1記事書いただけでも、データを得る事ができます。

  • なぜ滞在時間が長いのか?
  • 上位表示しない理由は何なのか?
  • PVをアップさせられない原因は何か?

など考えられることはたくさんあります。

上手くいかない原因を突き止める事ができれば、高い確率で結果を出す事が可能です。

成功に偶然はありませんが、基本的に失敗には偶然はありませんので、この考え方は必ず持っておくようにしましょう。

アフィリエイトは正しく進めば必ず成功できます

今あなたがアフィリエイトに対してどのような印象を持っているかは分かりませんが、あらゆる失敗をしてきた私が言えることは

『失敗を恐れるよりも、失敗を成功につなげることを考えれば必ず成功する』

ということです。

正直この業界はあまりイメージが良くありません。

成功している人の裏には、数多くの失敗者が存在する事も事実です。

avatar
しかしアフィリエイトというビジネスは、お金をかけずに何度でもやり直す事ができる業界でもありますので、基本的に失敗を恐れることはありません。
補足

初期費用を数千万かけてリアル店舗で商売をやることはリスクがありますが、アフィリエイトに関しては、せいぜいサーバーやドメイン代くらいの費用しかかかりません。

正しいルート・正しい情報を取り入れる事ができれば、必ず成功できます。

これはたくさんの失敗を経験した私が断言します。

ネガティブな思考を持たず、とにかく最初は実践することにフォーカスし、そこでたくさんのデータを収集していきましょう。

それが分析できるようになれば、そこからの成長は飛躍的に早まりますからね。

まとめ

アフィリエイトは借金をするようなビジネスではありません。

一個人が誰でも始められる参入障壁の低いビジネスです。

avatar
ここで1回の失敗を経験したところで、自分の人生にそこまで大きな影響はありませんし、むしろ失敗した事がプラスに働く事がほとんどです。

結局失敗にラベルを貼っているのは自分自身です。

『失敗でデータを取れた』

と考える人は成功する可能性が高いですし、

『失敗した。もう終わりだ‥』

と思ってしまえば、その人が成功する可能性は低いでしょう。

最初はガンガン失敗していき、そこで蓄積したデータを分析すれば、自然と成功するルートに導かれていきます。

短期間で成功したい場合には、本質を突いた情報源を確保できる環境に飛び込めば実現できます。

情報が溢れている業界ですから、自分がどのような行動を起こすかによって結果も大きく変わってきます。

失敗に対するネガティブなラベルを貼るのではなく、むしろポジティブに考えて結果を出すことにコミットしていきましょう。

Pocket