最近私の周りでも、フロントエンドエンジニアとして独立を果たし、自分らしい働き方を実現している人が増えてきました。

フロントエンドエンジニアという仕事の特性上、自宅で働くことができるスタイルも取り入れることができますし、企業で専任のエンジニアとしてガッツリ働くことも可能です。

近年では多くの企業が自社のWEBページを持つような時代となっているため、このエンジニアさんの力が至る所で求められるようになっています。

そのWEBページ制作のプロとして活躍できるフロントエンドエンジニアという働き方について、色々とお伝えしていきたいと思います。

もしこれからプログラミングを『独学』しようと思っている場合には、こちらのフロントエンドエンジニアを目指すという選択肢も頭に入れておきましょう。

OLの中野さん
エンジニアって言っても、たくさんの種類があるんですね!
ひろ
そうなんですよね。これを『エンジニア』という一言で片付けるのはちょっと違いますよね。

フロントエンドエンジニアの基本的な仕事内容

こちらの職業の主な仕事というのは、WEBページの制作になります。

私たちは毎日のようにスマホでインターネットを使い、そこで情報収集をしていますが、それらのページは全てエンジニアさんの手によって作られています。

フロントエンドエンジニアという仕事は、私たちユーザーが見る部分を担当することになります。

ちなみにユーザー側から見ることができない裏側のデータ処理などに関しては、バックエンドエンジニアさんが担当することになります。

プログラミングを学習していくと、この違いを理解することになりますが、初心者の段階では基本的に無視して問題ありません。

まずはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアという働き方があることを知っていただければ大丈夫です。

未経験から独学をしてフロントエンドエンジニアになることは可能なのか?

結論からお伝えしてしまえば、未経験から独学をして、フロントエンドエンジニアになることは十分に可能です。

これは私自身もそうでしたが、私の知り合いの話でも良く聞きます。

そもそもエンジニアの人口が圧倒的に足りていない現代では、それなりのスキルを身につけてしまえば、まず仕事に困ることはありません。

年齢を重ねてから、未経験で働くとなると少し入り口は狭くなることになりますが、それでも働く環境はゼロにはなりません。

IT業界というのは、スキルさえあれば評価される業界なので、自分の行動次第でいくらでも未来を変えることができます。

ひろ
この業界は完全実力社会なので、スキルさえ高めれば働けます。

プログラミングを独学で学び、そこからエージェントに登録して仕事を紹介してもらう。もしくは知り合いのツテで働き口を見つけるなど、方法はいくらでもあります。

なのでプログラミング未経験者であっても、その点は不安に思う必要はありません。

これからの時代フロントエンドエンジニアとして求められる要素

今までの時代であれば、それなりのスキルを持って就職すれば、ある程度安定した働き方ができていました。

もちろん今でもそのような働き方は十分可能なのですが、他のエンジニアよりも大きな結果を出したい場合、これからの時代で求められるスキルを身につけることは必須になります。

実際のところ、IT業界でも優秀なエンジニアさんというのはほとんどいません。

つまりプロとして働いている人の中でも、本当の意味で希少価値の高い人材というのはごく少数だということです。

OLの中野さん
エンジニアさんの多くは優秀ではないということですか?
ひろ
そういうことではなく、できる仕事が限られてくるため、幅広い働き方ができるエンジニアさんが重宝されるという感じです。

よく『IT土方』と呼ばれる働き方をしている人がいますよね?

あの人たちは、一つの分野に特化したスキルはあるけど、それ以外のことは全くできないことが多いため、務めている企業以外ではスキルを活かせなかったりするのです。

本当の意味で必要とされるエンジニアというのは

『どのジャンルに行ってもスキルを活用できる』

ため、高い報酬を貰って仕事を受けることができるのです。

いきなりそこを目指すのは大変ではありますが、フロントエンドエンジニアとして働きたいのであれば、最低限以下のスキルは身につけておきましょう。

HTML/CSS・JavaScriptのスキルは前提条件

フロントエンドエンジニアとして働くのであれば、最低限この3つのスキルは身につける必要があります。

言ってしまえばこれらのスキルは車の運転免許のようなものですね。

これを持っていないと、最低限の仕事をこなすことが難しくなります。

ちなみにHTML/CSSのスキルだけ持っているコーダーと、フロントエンドエンジニアという働き方は別物です。

ひろ
HTML・CSSだけではエンジニアとして働くことはできません。

このスキルを持って初めて仕事ができるようになりますので、プログラミング未経験の場合、とりあえずこの3つのスキル習得から始めていきましょう。

CMS(content management system)

webサイトの制作において、こちらのCMSを導入する機会も増えてきました。

ちなみにこちらのCMSを代表するサービスが『wordpress(ワードプレス)』になります。

ブログやサイト運営をしている人であれば、当たり前のように使っているサービスですね。

CMSの大きな利点としては、専門知識がそこまでなくても簡単に扱うことができます。

HTML・CSSやJavaScriptを編集するのは少し大変ですが、こちらのCMSであれば、初心者でも簡単に扱うことができるため、企業側も積極的にCMSの導入を進めているのです。

ひろ
ワードプレスは初心者でも簡単にWEBサイトが扱えることでも有名です。

こちらのスキルを持つことによって、仕事の幅もグンと広がることになるでしょう。

サーバーサイド言語が使えると重宝される

フロントエンドエンジニアだからといって、その言語にこだわって仕事をする必要はありません。

むしろサーバーサイド言語(PHPやPerl)などを一緒に扱うことができると、それだけで希少な存在として扱われます。

最近のWEBサイトでは、ただ情報を得るだけではなく、ECサイトのように買い物ができたり、サイトでユーザーからの質問を受けてメールを送信したりする機会も増えています。

となると、裏でデータの処理ができるサーバーサイド言語の知識も必然的に必要となってきます。

ひろ
こちらはフロントエンドエンジニアが持つスキルとはまた違ったものになります。

もちろん、こちらはバックエンドエンジニアという専門がいるので必ずできる必要はありませんが、フロントエンドエンジニアがサーバーサイド言語を扱えるとなれば、この業界でもかなり重宝されることになるのです。

この業界はスキルさえ磨けば市場価値の高い人材になれる!

IT業界にどっぷり浸かっている人にとっては当たり前のことですが、この業界はスキルさえ磨き続ければどこまでも登りつめることができます。

正社員という枠で働くのも一つの選択肢ですが、自分のスキルをさらに高めて個人で仕事を受けることもできますし、会社としてさらに大きな事業を展開することだって可能です。

ただし、数年前当たり前のように使っていたスキルが、翌年には全く通用しなくなっていることも日常茶飯事なので、常に新しいスキルを取り入れる向上心が必要なことは事実です。

ですがこの言葉の本質は

『ビジネスの本質は昔から今まで全く変わっていない』

ため、たとえ今までのスキルが通用しなくなったとしても、本質さえ理解していればいくらでも挽回できてしまうのが面白いところなんですけどね。

IT業界でもこのカラクリに気づいている人はあまり多くはありませんが笑。

事実、本当に優秀なフロントエンドエンジニアはまだまだ少ない

最初の入り口として、フロントエンドエンジニアを目指すという選択肢は、私自身は大賛成です。

ちなみに私もそのルートを辿ってきています。

フロントエンドエンジニアとして働けるようになり、そこからサーバーサイド言語を身につけて両方のスキルを生かすことができるようになると、そこで

『フルスタックエンジニア』

に成長することができます。

ちなみにフルスタックエンジニアの人口は少ないです。

これができるようになると、年収1000万円オーバーは十分に狙えるようになります。

ちなみにフリーランスエンジニアとしての働き方もできるようになるため、自分が優秀なエンジニアとして働けるようになれば、人生の選択肢も一つ増えることになります。

フリーランスになれば、週3日勤務やリモートワークという働き方ができるため、本当の意味で充実した人生を過ごすことができるでしょう。

さらにスキルを高めてゴリゴリ働けるエンジニアを目指すのもよし!自由な時間をたくさん確保して、自分らしい働き方を実現するのもよし!いずれにせよ、自分が身につけたスキルは誰にも盗まれることはありませんので、ここまで来れば今の人生を激変させることは十分に可能になります。

需要が高いのに優秀な人が少ない‥ということは‥

ちなみに現代はWEB系のエンジニアさんの人口が少ないため、需要と供給のバランスが不均衡です。

つまりフロントエンジニアとしてのスキルを高めることができれば、まず仕事に困ることはなくなります。

不景気だと言われている日本ですが、このIT業界に関してはその言葉も霞んでしまいます。

実際にエンジニア関連の求人を色々と調べてみてください。

JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語を扱えるエンジニアさんを募集している企業は山ほど出てきますよ。

個人的には会社員としてエンジニアを続けるメリットはそこまでないと思っているのですが、未経験で独学をした後は実務経験を積むためにもそのような働き方を選択するのがオススメです。

人生のゴールを正社員に設定するのではなく、将来的な自分の理想の働き方を想像した時、最初の段階で正社員を経験しておくとメリットが多いと考えておきましょう。

独学する向上心があれば優秀なフロントエンドエンジニアになることは可能

完全実力社会であるIT業界では、とにかく向上心さえあれば働き口に困ることはまずありません。

特に人口が不足しているエンジニアという職業に関しては、スキルを高めれば高めるほど重宝される人材へと成長できます。

プログラミング学習の独学を否定しがちな人が多い世の中ではありますが、結局エンジニアとして大きく活躍している人たちの多くは、独学でスキルアップをしてきた人たちです。

誰かに教わったり、スクールで学んだとしても、結局は一人の時間が一番スキルアップをさせることになります。

『独学でフロントエンジニアなんて無理だよ〜。』

もしこんなことを言っている人がいたら、まずはその人がどれくらいのスキルを持っているのかを聞いてみてください。

ちなみに未経験の場合ならば、最初スクールや教材を使って勉強し、その後独学でスキルアップしていくのが最も効率が良いことは事実です。

完全独学は学習効率が悪いため、独学に対する考え方を間違えないように注意してくださいね。

まとめ

この先の時代も需要が高まるであろうフロントエンドエンジニアを目指すのは、時代の流れを考えても正しい選択肢の一つであることは間違いありません。

そしてエンジニアとしてのスキルが身につけば、会社員・フリーランス・独立起業という様々な選択肢が生まれてきます。

これからの時代は

『1つの企業に縛られた働き方はオワコン』

になる可能性が高い(AIやIoTなどの進化によって)ため、個人でどれだけのことができるのか?が重要になってきます。

とは言っても、日本人の多くはまだ正社員=安定という思考が強いため、時代が大きく変わり始めた頃に気づくことになると思うんですけどね‥。

いずれにせよ、プログラミングスキルを身につけることは将来的に自分の身を守る1つの手段となりますので、フロントエンジニアとしてのキャリアを積み、新しい時代で活躍できる人材へと成長していきましょう。