Pocket

『そうだ!プログラミングを学ぼう!』

そう決心することは大賛成ですが、実際に決心した後の具体的なロードマップを明確に持っている人というのはあまり多くはありません。

勉強すると決めたその瞬間から情報を集め始め、様々な失敗を経験しながらスキルアップをしていくのが一般的な考え方でしょう。

ですが初心者の場合、最初の段階で無意味な勉強法を実践することがかなり多いです。

今では偉そうなことを言っている私ですが、最初の頃は誰よりも間違った勉強方法を取り入れていたため、成長スピードは亀よりも遅かった気がします。

そんな数々の失敗を経験した今の私が、失敗しないプログラミングの始め方を今回詳しく解説していきたいと思います。

OLの中野さん
正直プログラミングを始めるとしても、最初に何をすれば良いのかさっぱりわかりません。
ひろ
それは当然といえば当然です。ですが始め方が明確に分かれば、自然と行動も変わってきますよ♪

プログラミングを身につけたい!でも何すれば良いか分からない‥

OLの中野さん
プログラミングって、最初に何をすればいいんですか?
ひろ
これに関しては正しい正解というものは基本的にありませんね。
OLの中野さん
えっ?そうなんですか?
ひろ
プログラミングといっても、自分が何をしたいのか?どの分野を勉強したいのかによってやることは全く変わってきます。
OLの中野さん
そうなんですね。知らなかった‥

そもそもプログラミング言語というのは、現在世界中に500以上あると言われています。

その中でメインとして使われているのは数種類だけではありますが、それでも

『自分が何をしたいかによって学習する言語は大きく違ってくる』

ため、ただざっくりとプログラミングを学びたいと考えて行動するのには、結構無理があったりします。

なので最初の段階で

『最低限プログラミング学習をする前にやるべきこと』

がいくつかあります。

プログラミング学習で真っ先にやるべきこと!

何をするにしてもそうですが、一番失敗する可能性が高いのは

『何も考えず、とりあえず見切り発車で物事を始める』

ことです。

もちろん行動力のある人は成功する可能性は高いのですが

最初にある程度道筋が見えている人

全く見えずにがむしゃらに突っ走る人

この2人がいた場合、結果を出せるのは間違いなく『前者』です。

例えば『腹筋を割る』ことを目標に筋トレを始めたとしても、毎日好きなものを食べて何も考えずに腹筋を継続したところで、まず割ることはできません。

筋トレでもプログラミングでも、結果を出すためには最初の段階で以下のことをやる必要があります。

まずは1つゴールを設定する

とりあえず最初の段階で、自分なりのゴールを1つ設定しておくと結果が面白いように変わってきます。

例えばプログラミングの場合、最初の段階で

『PHP言語を3ヶ月で身に付けて実務で使えるようにする』

という目標を決めた場合、その3ヶ月の間で何をすれば目標を達成できるのかを考えるようになります。

人はゴールがあると、そのゴールにたどり着くための方法を考え始めるため、自然とどのようなロードマップで進んでいくかを考えることになるのです。

そのゴールに到達するための手段を調べる

とりあえずゴール設定ができれば、次はそのゴールに辿り続くための手段を具体的に調べていきます。

3ヶ月でPHP言語を1つマスターするのであれば、最初に

  • PHPを教えている教材やサービスを調べる
  • PHPで何を勉強すべきなのかを知る
  • PHPを学ぶと何ができるのかを知る
  • 実務でPHPを使えるレベルはどれくらいなのかを知る

このようにして、とりあえず情報を集めていきます。

そうすると、具体的に自分が何を勉強し、どのレベルに達する必要があるのかが見えてくることになります。

自分が辿り着く必要があるレベルが分かれば、あとはそこまでのレベル上げをしていくだけです。

実際にレベル上げをする方法としては

  • 独学で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • いきなり現場で学ぶ

など様々な選択肢が出てきますが、この中から自分に合ったものを見つけていきましょう。

ゴールは一つかもしれませんが『方法は何通りもある』ため、ここは最短距離を駆け抜けられる方法を選ぶことをおすすめします。

ルートが分かればよそ見をせずに一直線にゴールに向かう

自分のゴール設定が終わり、具体的な道筋も見えてきたら、あとはそのゴールに向かって突き進むだけです。

実際にゴールに向かって歩き始めると、様々なイベントが発生します。

▼想定されるイベント情報

  • 全くプログラミング言語を理解できない
  • 今の方法よりも別の方法が魅力的に感じてくる
  • 自分の夢を妨げるキャラが登場する
  • 自分のモチベーションが下がりまくる

このようなネガティブイベントがたくさん起こり始めますが、ここでモロに妨害を受けてしまうと、途端にゴールが遠ざかってしまいます。

様々な誘惑や妨害要素が出てくることにはなりますが、そのような場合でも

『自分のゴールは全く変わっていない』

ため、これらの情報に惑わされずに突き進むメンタルが必要になってきます。

プログラミングのゴール設定の具体的な事例を紹介!

仮の話をしても仕方がありませんので、ここからは実際に私が設定した目標設定を具体的に解説していきましょう。

そもそも私自身はプログラミングなんて全くやったことがないど素人でした。

なので最初の段階ではゴールのイメージがクッキリ見えてはいなかったのですが、まず始めに

『プログラミングを身につけて仕事を受けられるレベルになる』

ことを目標に掲げました。

そしてその目標を達成するために

  • 実際にプロとして仕事を受けている人の情報を集める
  • 働き方の選択肢を知る
  • プログラミングでお金を稼ぐ最低限のスキルを理解する

これらの情報を事前にリサーチし始めます。

そしてある程度仕事として成立するスキルのレベルを知ったところで、そこからは具体的なルートを作り始めました。

私の場合、プログラミングスキルが全くの0だったため、まず最初に自分の力で基礎を学び、そこからいくつかの選択肢からルートを選ぼうと決めました。なので

▼思い描いたルート

1、プログラミング教材・無料サービスを活用して基礎を学ぶ

2、基礎が身についたらプログラミングスクールに足を運んでみる

3、プロの方にプログラミングを教わり最短ルートを駆け抜ける

このルートが自分の中で最短だと考え、実際に行動を起こしていきます。

そしてこの目標を実現するために、様々なイベントや妨害要素が出てくることは想定していたので、華麗にスルーする決意表明をします。

しかし現実はモチベーションが上がらない日や楽しそうな誘惑、途中の挫折など様々な想定外のイベントが発生することがありましたが、それでも最初に決めたゴール設定の道筋だけは守って進むようにしていました。

ゴールが明確に見えるだけでも、やはり行動が大きく変わってきますので、この流れをより鮮明に思い描けるようにすることがプログラミング学習を効率化させる秘訣だと考えています。

プログラミングを途中で諦めてしまう人がやりがちなこと

プログラミング自体は諦めなければ必ず身につくスキルです。

しかし現実は途中で学ぶことを諦めてしまい、結局スキルを身につけずにこの業界から去る人が多いのが事実です。

ではなぜゴールにたどり着ける人と、途中で諦めてしまう人が出てくるのか?

この話に関しては、途中の目標設定の重要性を理解していればある程度想像できると思います。

情報に振り回されて全てが中途半端で終わる

仮に最初の目標設定を全くしなかったと想定しましょう。その場合何が起こるかというと、自分が進む道が全く見えないため、とにかく様々な情報に振り回されることになります。

例えば自分がJavaScriptを勉強していたのに、途中で

『JavaScriptよりも最初はPHPを勉強した方がいいよ!』

という話が出てきたら、それを信じてしまったりするのです。

確かにJavaScriptよりもPHPの方が学びやすいと言われていますが、それを学習するかどうかを決めるのは『自分』です。

人の情報に振り回されてしまい、主導権を相手に委ねてしまうと成功する可能性はグンと下がります。

結局これは

『自分がゴールを明確に描いていないため、周りの情報が魅力的に感じてしまう』

ことが一番の原因です。

ランニングをするときに、最初に

『1500メートル走ってください』

と言われるのと

『私が良いというまで走っててください』

と言われるのとでは、圧倒的に後者が辛いですよね?(ゴールが見えないため)。

それと同じで、自分がゴール設定を曖昧にしてしまうと、いつまで勉強しなければならないのかが全く分からないため、結果自分の首を締めることになるのです。

ゴールが見えていないため勉強することが分からない

全てはゴール設定と繋がってくるのですが、結局人は

『全体像が把握できないものの情報は頭に入ってこない』

ため、ゴールや道筋が見えていないと学習効率も悪くなります。

例えば最初の段階で

『実務で必要なスキルはこれとこれとこれです。なのでこれらをしっかりと覚えてください!』

と言われれば、意外とスムーズに学習ができますが

『とりあえずプログラミングスキルを身につけてください』

と言われると、何をしたら良いかがさっぱり分からなくなります。

最初の段階ではどんなゴール設定でも良いです。とにかく自分がどこに向かって走る必要があるのか?その目標物を作ることが重要です。

目標さえあれば、その目標を達成するために必要なスキルを身につけるために動き始めることができますので、やはり結果は大きく変わってきます。

プログラミングで重要なのは勉強ではなく練習

プログラミングでゴール設定ができた!そうなればあとは行動するだけです。

しかしこの行動の中で一番気をつけていただきたいことがあります。

それは

『プログラミングは勉強よりも練習の方がはるかに重要』

だということです。

これは重要なマインドセットとなりますので、必ずインストールしておいてください。

そもそも私たちがプログラミングを学ぶ理由は

『プログラミングスキルを使って何かをすること』

ですから、プログラミングの内容を暗記することではありません。

しかし多くの人は学校教育の影響もあってか

『とりあえず最初に徹底的に暗記を始める』

ことが多いため、テストで満点は取れるけどスキルは身についていない状態となってしまうのです。

何度も言いますが、私たちが求めているのは情報ではなく『スキル』です。

このスキルを身につけるためには、暗記よりも圧倒的にアウトプットが重要となってきます。

このマインドセットさえちゃんとインストールされていれば、これからのプログラミング学習がより効率化されていくはずですよ。

かなり重要なことなので、ぜひ覚えておいてください。

まとめ

プログラミングは何から始めるべきか?この悩みに関しての明確な結論をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

正直、人それぞれゴールは違います。

なので

『これをやったらいいですよ〜!』

と1つの答えをお伝えすることはちょっと趣旨からは外れると思います。

今回ご紹介した目標設定の重要性を理解しておけば、プログラミングは何から始めれば良いか?その答えが自然と出てくるはずです。

最初の段階で徹底的に情報を取り入れることができれば、あとは自分の行動量が全て跳ね返ってスキルとして身につきます。

少しマインドセット寄りの話になりましたが、かなり重要なことなので是非覚えておいてください。

人気記事 安くてスキルが身につくプログラミングスクールを厳選してみた!

Pocket