Pocket

今私たちが当たり前のように使っているWEB系のサービス。

これらは全てWEBプログラミングによって作られています。

補足

私たちはスマホやパソコンからインターネットのサービスを『使う側』として当たり前のように生活していますが、もし仮にWEBプログラミングのスキルを身につけることができれば、その日からWEBサービスを『作る側』になることが可能です。

  • このサービスもっとこうしたら便利なのに‥
  • こんなアプリがあれば楽なのになぁ‥

このようなことは誰もが1度は思ったことがあると思いますが、プログラミングスキル を持っていない場合、この願望を実現することはできません。

avatar
私は結構考えてしまいますね〜。
avatar
便利なものを思いついても、プログラミングのスキルがないとそれを形にすることは難しいですよね。
avatar
そうなんです。だから諦めてしまっていたんです。

しかしプログラミングを学ぶことができれば、少なくとも

『自分の手でサービスを形にすることができる』

ため、今までとは世界がガラッと変わります。

自分のアイディアを形として世の中に出す、もしくはプログラミングを使って高給取りになる。

プログラミングを学ぶ目的は人それぞれ異なりますが、ここではWEBプログラミング学習において

『独学とスクールのどちらで学習を進めるべきか?』

この点をハッキリさせたいと思います。

注意点

やり方を間違えると、いつまでもダラダラと基礎学習を続けてしまい、時間ばかりを失ってしまいます。

場合によってはプログラミング学習に心が折れる可能性もありますので、この点に関しては、早い段階で解決すべき問題と言えます。

WEBプログラミングについて

そもそもこのWEBプログラミングというのは、簡単に言ってしまえば

『WEBサービス全般の開発をする際に使われるもの』

になります。

WEBの開発に関わるプログラマーやエンジニアは、このWEBプログラミングを学び、世の中に新しいサービスを生み出しているため、IT業界でも希少価値の高い人材となります。

今当たり前のように使っているスマホアプリやパソコンのソフトなどは、全てプログラミングによって作られているため、このスキルを身につけることができると、人生の選択肢が大きく広がることになるのです。

最近では全く関係ない業種の方がWEBプログラミングを学び、IT業界でゴリゴリ活躍していることもそう珍しくはありません。

avatar
私の知り合いでも、30歳からプログラミングを学び、IT企業に転職した人もいますよ♪
avatar
30歳というのは一つの節目ともなりますからね。思い切りましたね!
avatar
今の時代は完全にIT化に進んでいるため、個人的には正しい選択肢だったと思いますよ。

WEBプログラミングの全体像を把握しよう!

私自身も最初は頑張ってWEBプログラミングの基礎の基礎から学習してきた人間です。

なので様々な場面で心が折れそうな経験もしてきました(プログラミングは挫折者が多いらしいです)。

そんな中で、最初に最低限理解しておくべきだと感じたのは

『WEB開発の全体像』

です。

料理の事例

料理を作る場合、食材を切る・茹でる・焼く・煮る・炒めることをする前に『料理の完成図』を必ず頭に入れます。

それが見えていなければ、なぜ煮るのか?焼くのか?がさっぱり分かりません。これはプログラミングでも同じことが言えます。

実際WEB開発というのは、シンプルに考えると『クライアント(私たちのスマホやパソコン)』『サーバー(Chromeなどのブラウザ)』の2つに分かれます。

シンプルに考えると、インターネットを使い、サーバーから情報を持ってきてそれを私たちがスマホやパソコンで見ている感じです。

クライアント側の私たちが

avatar
このサイトの情報を見たいですよ〜!

とサーバー側にお願いすると、サーバー側が

avatar
じゃあプログラムを処理してあなたにデータを送りますね〜!

とデータをクライアント側に送信することで、WEBサイトを見ることができます。

WEBサイトを構築するにはHTML/CSSの知識が必要で、さらにプログラムのデータを管理するにはMySQLなどの知識を持つ必要があります。

この点に関しては、後々嫌でも身につくスキルとなりますので、最初の段階では置いておきましょう。とりあえず簡単な全体像を把握できれば問題ありません。

WEBプログラミングは独学・スクールのどちらが良いのか?

実際にWEBプログラミングを学習した人たちの中には

よくある体験談

完全独学で転職に成功しました〜!

最初基礎の段階からプログラミングスクールを活用しました〜!

など様々な体験談がありますが、実際のところ

『独学とスクールどちらを選択するのが良いのか分からない‥』

このような悩みを抱えてしまうことも多いです。

私自身も最初はめちゃめちゃ悩んでいました。

avatar
『プログラミングは挫折率が高い、しかしスクールに通うのは時間と労力、お金が必要になる。それなら完全独学でコツコツ学ぼうかな‥。いやでも独学だと効率よく勉強できる気がしない』

なんて悩みまくってましたね。

どちらが正解でどちらが間違いだという明確な基準はありません。

ただ一つだけ言えることは

『将来的な目標を達成したいのであれば、とりあえずやってみる!』

ことが一番です。

実際スクールに通うにしても、最初は無料体験で教わることもできますし、講師陣に相談することも可能です。

いつまでも同じことで悩んで行動しないことは、結局自分の目標を自分で遠ざけることにもなってしまいます。

WEBプログラミングを学んで理想とする未来を実現するためには今何をすべきか?

まずはここを一番に考えていきましょう。

個人的に感じたWEBプログラミングで挫折するポイント!

もしWEBプログラミングの学習を一人で乗り越える自信がない場合は、早い段階で講師やプロに頼るべきです。

ですが学習する前の段階では、意外と

avatar
『自分なら完全独学でも余裕で勉強できるでしょ!』

と強気に考えがちです。

私自身もそうでした。

誰よりも結果を出すことを目標にし、ど素人の状態からプログラミングを学習したところ、数週間で見事に挫折をしましたね笑。

おそらく独学に挑戦した多くの人たちは、以下の3つのポイントで心が折れそうな瞬間を経験しているはずです。

プログラミング学習は先が見えない基礎学習の繰り返し

どこでプログラミングを学ぶにしても、最初にやることは皆同じです。

そうです。誰もが嫌いな

『基礎学習の繰り返し』

です。

ここからは逃げることができません。

avatar
基礎って言葉がアレルギーですっ!
avatar
逃げることはできないんですよ。基礎からはw。

どんなに優秀な人がプログラミングを教えてくれるとしても、間違いなく最初に基礎学習をさせるくらい重要な内容です。

しかしプログラミング初心者からすると

『if文?for文?こんなの勉強してなんの意味があんの?』

と、なかなか基礎の重要性に気づくことができません。

いずれ点と点が線になる時期が来るまでこの悩みを持ち続けることになります。

独学の場合、これを学んでいる意味が分からずに学習をやめてしまう事も多いので、基礎学習は最初の挫折ポイントだと言えるでしょう。

▼基礎学習の落とし穴

最初に学ぶことは、基本的に点のような考え方になります。なので点を学んだところで、その点が何に使われるのかがさっぱりイメージができません。

応用編になると、この点の意味が理解できて線として繋がるのですが、そこまでで脱落する人が大半です(独学の場合)。

HTML/CSSを学んだ後のプログラミング言語

実際に WEBプログラミングを学習する場合、最初の段階でHTML/CSSの知識を取り入れることになります。

注意点

初心者で勘違いしている方は結構多いですが、このHTML/CSSというのはプログラミング言語ではありません。

正確には『マークアップ言語』と呼ばれており、プログラミングの前の基礎の基礎の段階の話です。

ある意味前提知識のようなものなので、この2つを学ばなければ何も始まりません。

▼プログラミング基礎知識

マークアップ言語(HTML/CSS):WEBサイトを作成するために最低限必要な言語。見出しや段落などの『構造』を記述する言語であり、プログラミング言語ではない

プログラミング言語(JavaScript・PHPなど):何かしらのデータを処理することができる言語。処理を組み合わせ、動的な動きやデータの処理を行える特徴を持っている。

avatar
実際にHTMLとCSSの学習を初めてみると、ある程度スムーズに理解できます。
無料でHTML/CSSが学べるサービス

そのため、この段階ではまだ学習自体が楽しく、前向きな姿勢で取り組むことができます。

しかし問題はその先です。HTML/CSSの基礎を頭に入れ、いよいよプログラミング言語(PHPやJavaScriptなど)の学習を始めることになります。

その時にもう一つの挫折ポイントが出てくるのです。

実際にHTML/CSSからプログラミング言語に移行した時の私の正直な感想は

『はっ?難しくないかこれ???』

でした笑。

そうなんです。プログラミング言語を学び始めると、HTML/CSSがいかに難易度が低いものだったかに気づくことになるのです。

いきなりハードルがグンと上がるため、この段階を独学でやってしまうと、挫折する可能性は高いと言えるのです。事実高いらしいです。

プログラミングはコードのエラーとの格闘

HTML/CSSの段階を乗り越え、その後プログラミング学習も歯を食いしばりながら頑張り、簡単なコードを打ち込めるまでスキルを高めることができた。

いよいよ身につけたプログラミングスキルを活かし、自分なりのサービスを作るためにコードを打ち込む。

実際にコードを打ち込んで動かそうとしてみたら、何やら見慣れない赤文字が‥

『めちゃめちゃエラーが出てるやんけ!!どうやって直したらいいのか分からねぇ!!』

はい。こんな感じになると思います笑。

というより私がそうでした笑。

実際にコードが打てるようになると、自分のコードでパソコンがどのように動くのかを確認したくなります。

しかし赤文字でエラーコードが出てしまうと、その時点でコードは正しく読み込まれません。

ですが初心者の場合、エラーコードの直し方も分からないため、この段階でも心が折れそうになるのです。

avatar
せっかくコードを打ったのに、エラーになるのは辛いですね。
avatar
そうですね。ただこれは誰もが経験することになります。

1つ文字を打ち間違えただけでも、プログラミングコードは正しく動きません。

例えば『happy』という文字が『hapy』になっていたら、これはエラーとして表示されます。

補足

このようなコードが書かれている中で、1つのスペルミスを見つけることはなかなか難しいですが、エラーの対処法を知っているだけで、意外と簡単に解決できたりします。

しかし独学の場合、この簡単なことで猛烈に悩むことが多いため、これもまた挫折するきっかけを作り出してしまうのです。

プログラミングの完全独学は自分の夢を潰す可能性がある

実際に独学もスクールも経験してきた私が、一番もったいないと感じること。それは

『完全独学を選択し、結果的に自分の夢を諦めてしまう』

ことです。

仮に完全独学を選択しなければ、プロのエンジニアや講師に教えを請い、その時点で問題解決する手段を確保できます。

独学で良くあること

しかし独学になってしまうと、めちゃめちゃ簡単に解決できることに膨大な時間を使ってしまい、結果的にその問題を解決できずに諦めてしまうことにもなります。

言ってしまえば、完全独学というのは、スポーツ選手が能力を伸ばすための方法がたくさんあるのに、わざわざ過去の練習方法である『ウサギ跳び』を選択し、怪我して夢を諦めるようなものです。

こんなの馬鹿馬鹿しいですよね?

avatar
確かに。自分だけの情報でプロを目指そうとすると、意味のないこともたくさんやってしまいそうです。
avatar
そうなんです。意味のないことをせずに最短ルートを辿れるのに、それを活用しないのは確実に間違っているんです。

せっかく学べる環境が整っているんですから、それは上手に活用し、最短ルートでプログラミングが扱える人材へと成長すべきです。

転職の保証やマンツーマンサポートも充実しているスクールが多いため、様々な不安を講師陣に打ち明ければ正しい選択肢が見えてきます。

もし今の段階で完全独学を考えている場合、とりあえず最初に無料で相談できるプログラミングスクールを受講し、そこから先を考えてみることをおすすめします。

マンツーマンサポートが徹底されてるプログラミングスクール

→TECH::CAMP (転職成功率99%の実績)

→Tech Academy (無料体験あり)

基礎さえできればそこからはプログラミングを楽しめます!

結局のところ、プログラミング学習で一番大変なのは、全体像がふわっとしている

『基礎を学ぶ段階』

です。

ここが一番面白くないですし、気持ちが離れがちです。

avatar
しかしこの基礎の段階を乗り越えることができると、自分の手でサービスを生み出すこともできますし、仕事も受けられるようになるため、途端に道が開けていきます。

お金を稼ぎながらスキルを高めていく→稼いだお金をさらに投資してスキルを高め、そこからさらに難易度の高い案件を受ける→さらに大きな金額を稼ぐ

このスパイラルに入ることができれば、プログラミングが楽しくなっていきます。

誰でもこれを経験できるのに、最初の段階で諦めてしまう人が大半なので、結果的に一部の人しかこの業界で活躍できていません。

このことに最初に気づくことができれば、早い段階で対策は打てると思うんですけどね。

まずは1つプログラミング言語を極めよう!話はそこからです

もしこれからWEBプログラミングに挑戦するのであれば、とりあえず最初は1つのプログラミング言語をマスターしましょう(HTML/CSSは前提知識なので一番最初にやっておくこと)。

プログラミングで大事なこと

複数のプログラミング言語を見ると分かりますが、基本的な考え方はどの言語も同じです。

一つの言語を習得すれば、他の言語を学ぶのはかなり楽になります。

そのため、最初の段階で1つのプログラミング言語の基礎を学ぶことができれば、他の言語でもその基礎的な考え方を使うことができます。

  • 自分が何を作りたいのか?
  • そしてそのサービスは何の言語で作られているのか?

まずはこれを考えてみましょう。

目標を持つことができると、プログラミング言語の学習に熱が入ってきますよ♪

まとめ

独学とスクールどちらで勉強すべきか?

この結論に関しては、今回の内容を全て読んでいただければ自分なりの答えが見えてくると思います。

avatar
何度もお伝えしている通り、プログラミング学習に明確な正解ルートはありません。

今の自分の環境・スキル・学習時間を考えて、どの選択肢を取るのが最適なのか?まずはここを考える必要があります。

物理的にスクールで学習するのが難しい方も中にはいるでしょう。

その場合は、とりあえず教材や無料コンテンツを使い基礎学習をして、時期が来たらスクールに通う選択肢を考えてみても良いかもしれません。

自分が効率よく学ぶためには今何をすべきなのか?ここを考えて行動を起こすことで、必ず道は開けていくはずです。

安くてスキルが身につくプログラミングスクールを厳選してみた!

Pocket