Pocket

『子育てでなかなか固定で働く仕事ができない』

会社に通うのが正直辛い』

 

働く中で様々な悩みが出てきますが、これらの悩みを相談しても、多くの人たちは

 

『いや、俺だって無理して頑張ってんだよ』

『そんなの甘えだろ』

 

なんて心無い言葉を使ってくることもあります。

もちろん働くことは大変なことですが、それでもやむをえない事情で拘束時間のある働き方を選択できないこともあります。

昔だったら不可能だったことですが、近年はIT社会が到来しているため、会社に縛られた働き方ではなく

『自宅で働く在宅ワーク』

という新しい選択肢を取ることが可能な時代です。

もちろん単純作業の内職のようなものではなく、インターネットを使い、自分のスキルを生かした働き方が可能です。

とはいえ、在宅で働く選択肢を取っても、多くの場合安い賃金で働かされるような契約しかできないことが多いです。

ですがそんな中で

『在宅で高単価の仕事だけ選んで働いているプログラマー』

がたくさんいることをあなたはご存知ですか?

ここでは在宅プログラマーという新しい働き方について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

今の段階で

『プログラマーなんて無理』

と思われるかもしれませんが、段階を踏めば誰でもこの働き方を実現することができますよ。

自宅で仕事をする人は最近激増している!?

今までの価値観では、自宅で仕事をする=内職などの単純作業のようなイメージが強かったですが、インターネットのインフラが整い始めてからは、その考え方はすでに過去のものとなっています。

これは一般的なサラリーマンの働き方を考えていただければ分かります。

サラリーマンとして働いていると、朝起きて身支度を整え、そこから通勤電車に乗り会社に出勤。そしてパソコンの電源を入れて今日の業務を確認し仕事に取り掛かる。

多くのサラリーマンがこのような流れで仕事をしているはずです。

この中で『パソコン』を触っている時間が最も長くなるため、極端な考え方をすると

『会社でパソコン作業をするのがメイン』

という捉え方もできます。

つまりパソコンを使えばある程度の仕事ができる社会になっているため、パソコンを使った在宅ワークで働ける人が激増していることは何ら不思議なことではないのです。

おそらくですが、この先グローバル化が進むことにより、さらに増えていくことが容易に想像できます。

サラリーマン以上に稼ぐ在宅ワーカーが増えている理由

私自身はサラリーマンという働き方は否定していませんが、もう一つの選択肢として在宅ワークがあることも理解していただきたいのが本音です。

事実、私の知り合いでもサラリーマンを辞めて自分で仕事を受け、在宅ワークとして大きな金額を稼いでいる人たちはたくさんいます。

ではなぜ不安定に見えそうな在宅ワーカーがサラリーマンより稼げるのか?その理由はいくつかあります。

給料ではなく自分のスキルで稼いでいる

会社に所属している場合、時間的拘束をされるため、時間給で給料を支払われることがほとんどです(フルコミッションは別ですが)。

毎日決まった時間に出社し、定時帰り、もしくは残業をこなして仕事を終える。自分が仕事で大きな成果を出したとしても、その結果が大きく給料に反映されることは基本的にありません。

しかし時間通り決まった仕事をこなしていれば、毎月安定して給料を貰えるというのは強みでもあります。

対して在宅ワークやフリーランスの場合、基本的には

『自分のスキルを使って仕事を請け負う』

ことになるため、時間的拘束はほとんどありません。

自宅にいる時点で拘束できないんですけどね笑。

自分が請け負った仕事をこなし、そこで依頼主の満足いく仕事ができれば、その段階で報酬を支払ってもらうことができます。

つまり時間労働型収入ではなく、価値運用型収入の働き方になるということです。

時間労働型収入のように決まった報酬がないため不安定に見えますが、スキルさえ身につけることができれば継続的に仕事が得られるのが強みでもあります。

在宅ワークで収入の自動化も可能

もう一つ視点を上げると、在宅ワークをすることで収入を自動化することも可能になります。

例えば自分で仕事を取りながら在宅ワークをこなしていく中で、徐々にスキルが高まっていくとします。

そうすると、さらに高い報酬の仕事を請け負うという選択肢もありますが、ここで

『自分自身で仕事を立ち上げる』

こともできるのです。

例えば在宅プログラマーの場合、高単価の案件をこなしていき、そこで身につけたスキルを使って自分で新しいサービスを生み出し、そこで収入を得ることも可能になります。

まだピンとこないかもしれませんが、在宅ワークでを一つのステップとして考え、その先の働き方も作り上げることができるのです。

これはサラリーマンを続けている中では身につけることが難しいものかもしれませんね。

在宅ワークで最も稼げるのはプログラマー!?その真相について

実際『在宅ワーク』の仕事を検索してみると、様々な仕事があります。

ここではあえてその内容を掘り下げませんが、実際にどのような仕事があるか興味があれば、クラウドワークスのサイトを一通り確認してみましょう。

今すぐにできるような仕事から、専門的なスキルが必要な仕事まで幅広くあるため、どれを選ぶかは人それぞれ自由です。

ただし、私が推奨する働き方は

『在宅プログラマー』

これ以外は基本的にオススメしていません。

実際に私は仕事を依頼する側の立場にもあるので、色々と裏事情も知っています。

その視点から見たときに、私が多くの仕事を勧めない理由が出てくるのです。

多くの在宅ワーカーは安い賃金で働かされている

クラウドワークスなどで仕事を依頼すると、かなり安い単価で仕事をこなしてくれる方がたくさん出てきます。

そうなると、実際に仕事を依頼する側も

『これくらい低い単価でも募集は集まるかな』

と低い金額で設定することも多いため、実際に相場よりも低い賃金の仕事が入り乱れているのです。

この流れは当然といえば当然なのですが、自分の時間を使うとなったとき、安い賃金で働くのは費用対効果が悪く、あまり推奨できる働き方ではありません。

この現実を知っている方は、わざわざこのような環境で仕事を取るのではなく自分でコネクションを作り、別の場所から仕事を請け負うことも多いです。

スキルが低い段階では安い賃金で働くことは仕方がありませんが、このような働き方を繰り返していても、一向に収入をアップさせることができないのです。

在宅プログラマーになれば高単価の仕事が多数舞い込んでくる

あらゆる働き方がある中で、私が唯一オススメできるのが今回ご紹介している

『在宅プログラマー』

という働き方です。

実際にこのような働き方を実現できれば、1つの案件で数十万円以上の報酬は当たり前になってきます。

例えば1つの案件で数千円の報酬がもらえる仕事を受けていた場合、

月に10万円稼ぐためには何個も仕事をこなさなければなりません。

しかし在宅プログラマーであれば、1つの案件をこなすだけでも十分な報酬を得られるため、他の案件とは比較にならない効率の良い働き方ができます。

しかもプログラマーのスキルを高めれば、わざわざクラウドワークスで仕事を受け続ける必要はありません。

エンジニアやプログラマーの集まるコミュニティに参加し、そこでコネクションを作って好待遇の案件を紹介してもらうこともできます。

事実、IT業界ではエンジニア・プログラマーが深刻に不足しているため、一度スキルを身につけてしまえばこの業界では引っ張りだこになります。

つまり少ない人数で多くの仕事をこなすことになるため、自分がやりたい仕事を選択する立場になれるのです。

これはかなり大きなメリットと言えます。

実際に『エンジニア』『プログラマー』の求人などを確認してみてください。

大量の求人の中で待遇の良いものがたくさん出てきますから。

短期間で在宅プログラマーになるためには?

もし仮に、これから在宅プログラマーになることができれば、短期間で高い報酬を得ることができるため、生活にゆとりができるはずです。

しかしプログラマーに必須のスキルである

『プログラミング』

を学ぶ必要があるため、最低でも3ヶ月程度の学習期間は必要になります。

しかし考えてもみてください。

仮に3ヶ月勉強して、その後月数十万円の報酬が得られる仕事をバンバンこなすことができれば、この期間無報酬であってもすぐに元を取ることができます。

むしろ長期間クラウドワークスで安い案件をこなし続けることの方が、圧倒的に費用対効果は悪いのです。

プログラミングは難しいと思われがちですが、そう思っている人たちというのは

『全てを独学で学ぼうとしている』

ため、途中で挫折してしまうのです。

しかし最近はIT業界の急成長により、プログラミングを学習する環境が整い始めています。

スクールを上手に活用することで、短期間で仕事ができるプログラマーになることも可能ですし、プロの講師がマンツーマンで指導してくれるため、挫折することなくスキルを身につけることもできます。

いきなりそのような環境に飛び込むのは勇気がいる方のために、無料で体験できるサービスを展開しているスクールも数多くありますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

未経験の方にオススメのプログラミングスクール(教室)を厳選してみた!

未経験から高い報酬を得るプログラマーになる方法

まとめ

在宅ワークが稼げないと言われていたのはすでに過去の話です。

今では在宅ワーク、もしくは会社に縛られない働き方を実現し、自分の手で大きな収入を得ている個人や主婦の方も増えてきています。

これは想像ですが、この先在宅ワークのような働き方や、フリーランスで会社に属さない働き方を選択する人は急激に増えてくるはずです。

事実、アメリカでは3人に1人が個人で仕事を請け負っているため、今私がお伝えしているような働き方をしている人が全体の30%いることになります。

すでに時代は大きく変わり始めています。

その中で、高い報酬が得られる在宅プログラマーという選択肢を持っておくと、あなたの未来も良い方向に向かうと思いますよ。

Pocket