Pocket

これからの時代はIT社会になり、多額のお金が流れ込んでくることは確実です。

しかし、その業界に30代から参入するとなると、ネガティブな言葉が周りから聞こえてきますよね?

プログラミングを扱うエンジニア・プログラマーはまさにその対象。

30代から全く関係ない業種からプログラミングを学び、転職・高給取りになることはできるのか?

ここでは、実際に30代以降にプログラミングを学んで人生を変えた人たちとたくさん接してきた私が、この

『プログラミング=未経験の30代無理説』

についての回答をお伝えしていきます。

結論をお伝えすると、30代からプログラミングを学んで転職は可能です。

ただ、それ相応の覚悟を持って行動しないと取り返しのつかないことになりますので、そのあたりもしっかり深掘りしていきます。

avatar
30以上からプログラミングは遅いってよく聞きますね〜。
avatar
本当ですか?
avatar
30だっけ?35歳だっけ?なんか定年説がささやかれてませんか?
avatar
あーなるほど。その点も詳しく掘り下げるので最後まで読んでみてくださいね。
avatar
わかりました♪
最後まで記事を読めない方へのまとめ

・35歳エンジニア定年説は10年前の常識
・未経験の30代でも転職成功している人はたくさんいる
・これからのIT社会ではエンジニアの数が圧倒的に不足することが確定している
・30代未経験でも転職可能だが『独学』はリスクが高すぎる

そもそもなぜ30代からプログラミングは遅いと言われるのか?

まずは一般論をしっかりと否定していきましょう。

そもそもプログラミングスキルの習得に、年齢は全く関係がありません。

40代からプログラミングを学び、そこから起業して年商数億円の会社にした人もいますし、中には80歳になってからプログラミングを始めて、アプリ開発をしたおばあちゃんがいることも有名な話です。

日本人は、なぜか30歳という節目の年でちゃんとした職についていることが正しいという考え方を持っていますが、この先のグローバル化を考えると、今企業で社員として働いている人ほど不安定な生き方をすることになるでしょう。

avatar
これは実際にグローバル化について調べていただければ分かることです。

プログラミングに関する説は様々ありますが、特に多くの人が信じている説が1つあります。

エンジニア35歳定年説

これはIT業界で働いたことのある人であれば、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ちなみに私がエンジニアではなかった頃からこの話は耳にしているくらい有名な定説でした。

ですが最初にしっかりとお伝えさせていただきます。

この説に関しては

『10年前のIT業界の話』

なので、今の時代にはほとんど当てはまりません。

過去のIT業界の常識について

というのも、2000年以降のIT業界というのは、35歳以上になったらソースコードを書くのは若い人に任せて、年齢の高い人は現場を取り仕切る立場になるのが一般的でした。

avatar
つまり、ソースコードを書くよりもマネージメントに力を入れる立場になることが当たり前だったのです。

ただ実際に私がプログラミングを学んで感じていることは、年齢が低かろうが高かろうが

『優秀な人は年齢にかかわらず努力し続けている』

ということです。

avatar
これは間違いありません。

つまり35歳定年説を作った人たちは、自分たちが上の立場になれば新しい技術を学ばず楽して稼げるから、この説を浸透させようとしたのでしょう。

事実、年齢を重ねてから努力を怠っているおじさんエンジニアは、転職先に困っている人が多いようです。

今のIT業界の現状

逆に30代からプログラミングを始めた人でも、常に新しい技術を取り入れてスキルを磨くことによって、後発組でも高い年収を得ていることも多々あります。

30代でも転職成功率99%を実現しているスクールの事例

事例として、30代以降の人でも99%転職を実現させているスクール『テックキャンプ』があります。
avatar
こちらは、現代で35歳定年説が本当であれば、まず考えられないことだと思います。

実際公式ホームページの中に

このような記載があるため、正しい学習方法でスキルさえ身につけば30代後半からでもプログラミングを仕事にできることを証明しています。

テックキャンプ公式サイトはこちら! 他にも、10代〜40代までの幅広い年代を受け入れているスクールTechAcademy [テックアカデミー]も多くの受講生を抱えているため、この説自体を信じること自体意味がないことがすぐに分かるはずです。

年功序列が当たり前だった時代に浸透した化石のような文化が、プログラミング=30代から学ぶのは遅いという謎の定説を生み出したのかもしれません。

30代でも通えるプログラミングスクール

→テックキャンプ (30代でも転職全額返金保証付き)

→TechAcademy [テックアカデミー](10代〜40代の方が受講OK)

目次に戻る▶▶

私が30代以降の方にプログラミングを学んで欲しい理由

一般的な視点で考えたら、30代からの転職というのは

  1. 年収が下がる
  2. 採用が厳しくなる
  3. 転職できない可能性が高い

このような不安が必ず出てきます。

avatar
事実年齢を重ねることによって、多くの人が今働いている会社から出たがらなくなります。

30歳という節目の年に大きな決断をするのは勇気がいりますが、それでも私はあなたにプログラミングを学んで欲しい明確な理由がいくつかあります。

これからの世の中はエンジニアの数が圧倒的に少なくなるから

まず不安材料の一つである『転職ができない可能性が高い』という悩みは、そこまで深刻に考える必要はありません。

この先IT業界で活躍するエンジニアは右下がりで減り続けていきます。

当然といえば当然なのですが、団塊世代のエンジニアさんたちが大量の退職していくのに対し、若手のエンジニアの数は少ないため、月日を追うごとにエンジニアの数は減っていくのです。

こちらのグラフをご覧ください。

引用元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

これは経済産業省が出しているデータなのですが、2019年をピークに、その後エンジニアの数はどんどん減り続けていきます。

それに対し、IT産業の需要は拡大していくため、さらに多くの人材を確保する必要があります。

需要と供給のバランスが大きく崩れていくため、この先

『エンジニアが重宝される時代』

が必ずやってくるのです(というよりすでにやってきています)。

avatar
求人などでも、とにかくエンジニアの数が足りていません。

それを考えると、謎の35歳定年説でエンジニアを諦めるのがアホらしく感じませんか?

数十年前の価値観を振りかざして自分のやりたいことを諦めさせるような人種の言葉は、基本的に無視して問題ありません。

重要なのは、これからやってくる時代で

『エンジニアという職業は高給取りになれる』

という事実があることです。

本当の意味で手に職をつけられるから

この先高い報酬が得られる働き方ができるエンジニアですが、それに加えて

『本当の意味で手に職が付けられる職業』

でもあります。

想像してみてください。

これからの時代、多くのことがロボットやAI(人工知能)によって自動化されていきます。

多くの職業がAIによって消えるという話は聞いたことがあると思いますが、そのAIを使って世の中を便利にしている人は誰でしょうか?

そうです。エンジニアです。

avatar
プログラミングを学ぶことができれば、この先自分の仕事が消えてなくなる恐怖から逃れ、世の中を便利にする側に回ることも可能なのです。

エンジニア自体がAIによって切り替わるという話もありますが、これはどう考えでも何十年も先の話です。

仮にそうなったとしたら、その時はすでにほとんどの仕事が無くなっているはずです。

ITの登場により、本当に世の中は便利になってきました。

それらの技術を生み出しているのは、全てプログラミングを学んだエンジニアです。

この先のIT産業の拡大によって、今後エンジニアという仕事がどれだけ注目されるか?これを考えただけでも私はワクワクしてきてしまいます。

プログラミング未経験でも働き口は山ほどあるから

仮に全く違う業種からエンジニアになることを決意したとしましょう。

その場合、多くの人がある程度勉強してからではないと働けないと思っていますが、やり方次第では未経験からでもいきなり現場に入ることはできます。

補足

もちろんそれ相応の努力は必要ですが、最初に高額な費用を支払ってプログラミングスクールに通う必要はないため、金銭的余裕がなくても転職は可能です。

しかし、何もスキルがないまま現場に飛び込んだとしても、そのまま安く働かされて終わりというパターンがほとんどです。

avatar
このスパイラルに入ってしまうと、そこから抜け出すのにかなりの時間がかかります。

たくさんの働き口はありますが、その多くは高い報酬を支払っていないため、スキルが全くない状態での仕事はリスクが高すぎます。

なのでオススメの方法としては

『30代以降でも就職サポートがあるプログラミングスクールに入る』

ことです。

スクールに関しては、短期的には資金を失うことになりますが、スキルさえ身につけることができれば、転職先を紹介してもらい、そこでスクールに投資したお金を1・2ヶ月で回収することが可能です。

未経験で働くのと、スクールでスキルを身につけてから働くのとでは、就職先の待遇も大きく変わってきますからね。

30代からでもエンジニアで年収1千万は余裕で超えられる

アラサーという年齢は、正直いろいろなことを考えると思います。

avatar
私自身もアラサーなのですが、この先の自分の未来を考えた時に、今のスキルにプラスしてプログラミングを持っていれば視野が広がると思ったのがこの業界に参入するきっかけでした。

どう考えても、これからの未来にはITスキルは必要不可欠です。

パソコンが使えない社会人と、ゴリゴリコードを書ける社会人がいた場合、働き口が多いのがどちらなのかは明らかですよね?

IoT、ブロックチェーン技術、AI(人工知能)、仮想通貨など、これから普及するであろう技術は全てプログラミングで作られているため、エンジニアという職業の需要が高まるのも当然といえば当然なのです。

謎の35歳定年説という言葉に騙されてしまい、エンジニアの夢を諦めることがどれだけ勿体無いことか‥これはしっかりと理解しておく必要があります。
avatar
私は35歳定年を信じていたので、ちょっと視野が狭いということですね。
avatar
そうですね。実際に色々なエンジニアに会ってみると分かりますが、最近では30歳からエンジニアに転職する人はゴロゴロいますよ。

目次に戻る▶▶

30代からプログラミングを身につける3つの方法!

まず前提としてお話ししておきたいことは、とりあえずエンジニアに転職を考える前に、まずは実際にプログラミングに触れてみましょう。

今では無料で使えるプログラミング学習サービスが充実しているため、自分が本当にプログラミングに向いているかどうかを無料で知ることができます。

  • 今までパソコンを全く触ってこなかった
  • タイピングが全くできない
  • 座り仕事が向いていない

など、エンジニアになる前の段階で向き不向きがありますので、それを知るためにも最低限のことは事前にやっておきましょう。

それを踏まえた上で、次のステップとして以下のルートが挙げられます。

30代未経験で働いてスキルを身につける

プログラミングに関しては、30代以上は就職が難しいなんて言われますが、その情報はもう古いです。

確かに20代と比較すると30代以降から正社員として働く難易度は上がりますが、やる気さえあればいくらでも挽回できます。

とはいえ、プログラミングスクール経由で就職するとなると、時間とお金がかかってしまいます。

この時間とお金を投資できる人であればスクール経由での就職の方が働きやすい環境に飛び込むことができますが、どうしても金銭的・時間的余裕がない場合は無料で受講できる0円スクールを受講するのもありです。

無料サービスでプログラミングに触れてみる

一度もプログラミングに触ったことがない場合は、とりあえず最初に無料で使えるサービスを活用し、プログラミングに触れることから始めましょう。

私の場合、全くプログラミングに触れたことがなかったため、最初に

◆無料で使えるサービス

これらを使ってプログラミングを学びました。

最初に学習を始めると、とにかく分からないことがたくさん出てきます。

avatar
しかしこの段階では、最初から全てを理解しようとせずに、とりあえず流し見で知識を取り入れる感覚で勉強しておきましょう。

いずれ必ず知識は入ってきますので、この段階で難しく考えすぎると、プログラミング自体が嫌になってきます。

プログラミングスクールで学んでから転職活動

いきなり現場に飛び込むのはやはり抵抗がある‥という場合は、最初にプログラミングスクールでみっちりプログラミングを学習するのが一番です。

最近ではプログラミングの需要の高騰により、プログラミングスクールの数も増えてきました。

転職できることを売りにしている場所や、受講者の満足度が高いスクールもたくさんありますので、まずは無料お試し体験を上手に活用しましょう。
avatar
プログラミングスクールのほとんどは、卒業と同時に転職先を提案してくれます。

ただし、30代になるとスクールによっては転職サポートをしてくれないところがあったり、20代限定でプログラミングを教える環境も多いため、スクール選びも重要になってきます。

ちなみに無料で学べるスクールでおすすめなのは『Tech Academy(テックアカデミー)』になります。

テックアカデミー無料体験はこちら!

実際に受講を開始すると、自分に対して1人のエンジニアがパーソナルメンターとして付いてくれるため、何か質問があればすぐに回答をもらうことができます。

定期的にお得なキャンペーンを開催していますし、最初不安な方のために

『プログラミング無料体験』

に参加することもできるため、納得した形で参加することが可能です。

他のスクールでは、1ヶ月で10~20万円近くの費用がかかりますが、こちらのテックアカデミーであれば月7~9万円の費用で学ぶことができます。

自分の手でアプリ開発できるサポートもついているので、スクールを経由してから新しい転職先を見つけてみると良いでしょう。

▼テックアカデミーの特徴

  • プロのメンターがマンツーマンでサポート
  • 他のスクールよりも料金が安く設定されている
  • 転職サポートあり
  • 無料説明会あり 

テックアカデミー無料体験はこちら! もし30代で『転職保証付き』のスクールを探している場合には、数あるスクールの中でもテックキャンプを選ぶと良いでしょう。

こちらを選べば

  • 転職できなければ全額返金保証
  • 転職成功率99%

この2つの条件で安心してプログラミングを学び、30代から転職まで辿り着けます。

30代以降で転職保証のスクールを利用したい場合

30代以降でプログラミングを学び、エンジニア・プログラマーへと転職をしたい場合には

『転職保証付き』

のスクールを選んだ方が効率が良いです。

実際、30代未経験の状態で独学をしても、転職先を見つけることが困難です。

avatar
それは30代以降の人たちをスクールが受け入れようとしないことからも分かると思います。

ですが、30代以上であっても『転職保証』が受けられるスクールがあります。

それが『テックキャンプ』です。

こちらは

  • 就職できなければ全額返金保証
  • 転職成功率99%
  • 30代以上歓迎

の環境でプログラミングが学べるため、シンプルに言ってしまえばほとんどリスクなく転職が実現できるシステムが作られているということです。

こちらは必ずチェックしていただきたいオススメのスクールとなります。

テックキャンプ転職保証コースはこちら!

30代から完全独学はオススメしない

完全独学からエンジニアに転職する人もたくさんいますが、個人的には30代以降の独学はあまりオススメしていません。

仮に独学で転職までを考えているとしましょう。

そうなった場合、今の仕事をこなしながら挫折率の高いプログラミングを勉強することになります。

仕事で疲れた体で孤独に独学をするというのは、なかなかしんどいのが現実です。

avatar
これは実際に私も経験しましたが、なかなかのしんどさです。

仕事を辞めてガッツリ勉強できるのであれば独学でも問題ないとは思いますが、そのような振り切った選択を取れる人はごく少数だと思いますので、それを考えると、上記のルートを辿った方が高い確率でエンジニアになれるはずです。

目次に戻る▶▶

一般論を振りかざしてくる人は基本無視で大丈夫です!

長々と30代からのプログラミングについてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に話をまとめておくと

▼今回の内容の総括

  1. 30代未経験でもエンジニアになった人は山ほどいる
  2. この先エンジニアの需要は確実に高まる
  3. 35歳定年説は基本的に無視して大丈夫
  4. 未経験でも働ける派遣エージェントがある
  5. 30歳で完全独学は基本的にオススメしない

こんな感じですかね。

avatar
ちなみに今回の話は、私が未経験・ど素人の状態からプログラミングスキルを身につけようとした際、数々の失敗を経験したことを踏まえてお伝えさせていただきました。

挫折率の高いプログラミング学習ですが、正しいルートさえ通ることができれば、高い確率でエンジニアとして働くことができます。

つまらない一般論に振り回されるのではなく、自分で行動を起こして進んでいくことが何よりも重要です。

この先のIT社会の到来を最高の状態で迎えるためにも、まずは今できることから始めてみてはいかがでしょうか?

Pocket