Pocket

人間誰しも、安定している企業といつ首を切られるかわからない企業があれば、誰もが安定している企業に所属したいと思うはずです。

これに関しては、私もその一人でした。数年前までは‥。

毎月決まった金額を安定的に稼ぎ続け、収入に不安を持つことがないような生活が過ごせるようになると、それだけで安定した暮らしができるという価値観を持っている人はたくさんいます。

もちろん以前の日本では、それを実現している人はたくさんいたと思います。

ですがこれからの時代、安定を求めることが

『自分の首を絞めることになる』

ため、かなり危険な思考であることに早い段階で気づくべきなのです。

なぜそんなことが言えるのか?ここではこの先の未来で安定した仕事を求めることがリスクである根拠について、私なりの考えをあなたにお伝えしていきたいと思います。

公務員・銀行員・大手企業・ガス・電力・携帯会社などの会社に安定を求めて就職をしようと思っている場合は、かなり参考になる内容になると思います。

そもそも、この先の時代安定している職業なんて存在しない

まず結論からお伝えしてしまうと、この先の時代で安定している職業なんてまず存在しません。

というより、安定している職業という考え方が変わっていきます。

その理由として一番に挙げられるのが

『過去に存在しなかった新しい技術が一般的に使われるようになる』

ということです。

いくつか例を出すと、例えば最近話題になっている新しいデジタル通貨

『ビットコイン』

はご存知ですか?

多くの人は、このビットコインを怪しいと思っていたり、価格が変動しやすい不安定な通貨だと思っていますが、実際見るべきポイントはその表面的な部分ではありません。

ビットコインの裏には、今までになかった全く新しい技術である、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどがあるのです。

例えばブロックチェーンというのは、1つの場所でお金を管理する銀行のような仕組みではなく、仮想通貨を利用しているあらゆるユーザーのパソコンで分散して管理できる技術になります。

これを取り入れることによって、金融機関を介さずに資金の送金・受取りができるようになるため、この先お金を管理する人たちの仕事が減っていくのです。

例えば銀行で送金をする際に支払っていた手数料がありますが、これは1送金につき数百円取られるような仕組みでした。しかし仮想通貨であれば、1回の送金にかかる手数料が数円単位に減らすことができるため、銀行が抜いていた手数料を格安にして『世界中に瞬時に送金できる環境』が整い始めているのです。

安定した仕事の代表的存在だった銀行員ですが、この先仮想通貨技術が使われることになるため、今まで多くの人から取っていた手数料を貰うことができなくなります。

銀行員の給料はほとんどがこの手数料によって賄われていたため、この先銀行員のキャッシュポイントが減っていき、メガバンクが大量リストラに踏み切る動きも出てきているのです。というより、すでに大規模なリストラを行ったメガバンクがありましたね。

その他にも、AI(人工知能)の登場によって、今まで人が行なっていた仕事をロボットがやってくれるような時代が到来しています。

無人で買い物ができてしまう店舗『Amazon Go』

プロ級の腕前の料理を作ってくれるAIロボットの登場

今まで人間にしかできなかった仕事が、現在はどんどんAI(人工知能)に切り替わり始めています。

これらは特化型人工知能と言って、1つの分野のスキルに突出した技術をAIに身につけさせています。

この先自動運転技術によって、タクシー運転手や配達屋さんも自動化される流れが来ていますし、お掃除ロボットが進化して、人の手で掃除をするという概念すらなくなるかもしれません。

信じられないようなことではありますが、私たちが生きる未来というのは

『今までの仕事が仕事ではなくなり、全く新しい仕事が生み出される』

流れがより顕著になることが容易に想像できるのです。

この先企業は大量のリストラをすることを断言できる!

少し表現が悪いかもしれませんが、この先あなたが会社を経営するのであれば、毎日三食食べて、交通費や残業代、様々な補償を付けなければならない人間を雇うより、毎日文句を言わずに24時間休みなく働いてくれるようなロボットを雇いたいのが本音ですよね?

綺麗事を抜きにして考えてみても、この思考は絶対誰もが持つことになります。

それは最終的に

『大量のリストラ』

を生み出す元凶にもなるはずです。

もちろんAIの登場により雇用の問題も山ほど出てくると思いますので、国としての対策は取ってくれるとは思いますが、それでも国はそこまでアテにならないのが今の日本です。

いつこのターミネーターのような世界がやってくるかは分かりませんが、今ある技術を見ても、まず避けることができない未来であることは間違いありません。

安定を求めて仕事をするということは、新しい挑戦をせずにぬるま湯に浸かり続けているようなものです。

そのような人材が、仕事がロボットに取られてしまうような未来で生き残ることができるでしょうか?

少なくとも私はそうは思わないですね。

企業側のリストラ対象者の選び方

この先大量のリストラが起こることはまず避けることは不可能だと思います。

ではそんな中で、リストラされる人とそうではない人は何が違うのか?企業側が考えるリストラ対象者の選び方を考えてみましょう。

まず高い確率でリストラ対象者になる人たちの共通点としては

▼リストラ対象者

  • 会社への貢献度が低い
  • 年齢の高い世代で管理職になれない人材
  • 会社に従順ではない人
  • すでに会社内で目をつけられている人

挙げたらキリがありませんが、とりあえず会社内で貢献できていない人はリストラの対象になることは間違い無いでしょう。

しかしこの条件は『過去のリストラ対象者』です。

この先の時代は、この条件にプラスして

▼この先のリストラ対象者

  • ロボットに代わりがきく仕事しかできない人
  • グローバル化の時代に適応できない人

などの条件も付け足されていきます。この『ロボットに代わりがきく仕事しかできない人』というのは、技術が進歩するにつれてどんどん基準が高くなっていきます。

自動運転技術が高まれば、車を運転できるスキルだけの人は必要なくなりますし、プロ級の腕前の料理が作れるロボットが当たり前となれば、プロの料理人の仕事も代わりに担うことになります。

もはやこれを考えること自体が意味をなさないかもしれませんので、とりあえずこの辺にしておきましょう。

これからの時代はリストラを恐れるよりも自分で稼ぐことを考える

日本を代表する起業家であるホリエモンの言葉で

ホリエモンの名言

『過去にとらわれず、未来におびえず、今を生きろ』

この言葉がありますが、まさにこれから訪れる新時代では、この考え方を持たない人は淘汰されていくことになるでしょう。

この先、過去では常識だったことが全く通用しなくなってきます。

未来に怯えている人たちは、結局何も変えることができずに不安だけを持ち続けます。

過去の考え方を捨て、今という時間を全力で生きた人間だけが、この先の未来で大きな結果を出せることは間違いありません。

どんな恐ろしい未来だったとしても、それを変えることは不可能なんですから、今を全力で生きるしか選択肢はないんですけどね。

タイトルにも記した通り、リストラされない職業を探す思考を持つ人というのは、間違いなく

『過去に囚われている人たち』

です。

つまりこの先の時代で淘汰される可能性の高い人種です。

多少のリスクがあったとしても、この考え方をさっぱりと捨て、新しい時代で生き残るために今何ができるのか?ここを徹底的に思考し続けることで、未来でも稼げる思考を持つことができるでしょう。

リストラに怯えている人たちの裏で個人の富裕層が増えている

ちなみに私の周りには、リストラに怯えている人というのは誰一人いません。

むしろこれからの時代の流れを真正面から受け入れて

『どのような行動をすれば生き残れるのか?』

を徹底的に考え続け、サラリーマンでは稼ぐことができない大きな金額を稼ぎ続けている人がゴロゴロいます。

これからの時代は、やろうと思えば個人でも億単位の資産を持てる働き方ができます。

パソコン、スマホで日本中の人と簡単に繋がることができますし、ネットを使えば個人でビジネスを展開し、日本全国の人を対象にして仕事ができる時代です。

もはや安定した仕事を探すよりも、自分の手で稼げるスキルを身につけることが、自分の身を守るための最良の手段だという結論に私は達しています。

本当に安定している働き方は『自分の脳みそで稼ぐ力がある』こと!

今回一番伝えたかったことはここです!

つまりこの先の時代では『肩書き』『役職』というものがほとんど必要なくなります。

むしろ個人でブランディングができる人種こそが安定した働き方を実現できるような

『全く新しい働き方』

が主流になるのです。

多くの人は、youtuberやインスタグラマーという働き方を否定しがちですが、あれはまさに個人のブランドで結果を出している典型的な例です。

youtubeを使えば自分の媒体がテレビ局のようになるため、それだけで広告費をバンバン稼ぐことができます。

頭を使ってそれを行動に移すことができれば、この先いくらでも収入は増やしていくことができる時代なのです。

すでに気づいている人たちは、多くの人が将来に不安を抱えている中でごっそりお金を稼ぎ始めていますよ。

もはや大規模なリストラは避けることができない

リストラを避けるために安定した仕事を探す‥この思考こそが自分自身を追い詰める要素となることは理解していただけましたか?

新しい技術が発展していき、今後大企業のリストラのニュースが頻繁に流れることは容易に想像ができます。

そうなれば、リストラに怯えて働き続ける人たちが増えることは間違いありません。

ですがリストラされたくないという安定思考は自分の可能性を狭めてしまいます。

未来のことは誰にも分かりません。ですが今を変えることは誰にでもできますので、ホリエモンの言葉のように、まずは『今を全力で生きること』にフォーカスしていきましょう。

そして今の時代で大きな稼ぎを得ている人は何をしているのか?どのような行動を取っているのか?

まずはその情報収拾から始めてみるのも良いでしょう。

私自身も個人で働く人向けにビジネスを展開していますので、今後も有益な情報を発信していきたいと思います。

Pocket