Pocket

20代後半あたりになってくると、色々と将来に対する不安が出てきます。

avatar
私の場合、どちらかというと20代前半からすでに誰よりも不安が強かったため、早い段階で社会が用意しているレールから外れて、自由に生きるという選択肢を選びました。

これはこれで全く後悔はしていないのですが、やはり私の周りの友達も、この年齢になると

『正直将来が全く見えない』

という不安を抱えている方もたくさんいます。

この先の時代は

『今まで私たちが経験したこともないような世の中』

になる可能性が高いため、本当の意味で手に職をつけるにはどうしたら良いのか?その点についてお話ししていきたいと思います。

正直難しい資格を取得したとしても、それがこの先の未来で安泰できる仕事だとは私は思いません。その理由も詳しく解説していきますね。

20代後半~30代になると多くの人が将来について悩む

若い頃は、とにかくノリと楽しさで人生なんとかなりました。

少し嫌なことがあっても、友達と遊んだりお酒を飲んだりしたらパッと忘れることもできた気がします。

avatar
しかし年齢を重ねるにつれて、自分自身が背負うものも多くなり、安易な判断で人生を決めてしまうと、それが取り返しのつかない失敗を生み出すこともあります。

例えば男性であれば、30手前で結婚して、家庭を持ち、子供が1人2人いるご家庭もたくさんあります。

そうなると、自分の働きが家族に大きな影響を及ぼすため、景気が悪いと言われていても、今の生活をガラッと変えるような選択肢は取れません。

そして女性であれば、結婚し子供を産む人もいれば、独身でバリバリ働く女性もいるはずです。

しかしどちらにせよ、将来に不安を抱えていることには代わりはありませんので、どうにかして自分の手で稼げるスキルを持っておきたいと考えることもあるでしょう。

この年代の悩みを全て紹介すると、かなり長いことになりますので、この辺りで次に進んでいきましょう。

生活が安定してきている人ほど将来への不安が強い

私自身も、仕事柄たくさんの人にお会いさせていただく機会がありますが、そこで感じたことは

『一般的に安定した生活を過ごせている人ほど不安が強い』

傾向があるということです。

例えば先日お会いした人なのですが、男性で公務員として働き、家庭を持ち、子供が2人いるような

『世の中的には理想の人生』

を進んでいる方がいました。

一見この人は何の悩みもなく順風満帆な人生を過ごしているかと思ったのですが、実は誰よりも

『安定を失うことを恐れている』

感じが強かったのです。

avatar
今の時代、公務員だからといって安定しているとは限りませんし、家庭を持っているため、自分の稼ぎがなくなったら、家のローンや家族の生活費などを払えなくなります。

このような理想的に見える人生を過ごしている方でも不安が強いということは、他の働き方を選択しているご家庭は、もっと将来的に不安を持っている可能性が考えられます。

ネットの情報で自分の将来を決定するのは危険すぎる

いつの時代を生きたとしても、人の不安が全て消えることはまずあり得ません。

むしろ不安は

『人を動かす原動力』

でもありますから、あまりネガティブに考える必要もないでしょう。

しかし現代は恐ろしいことに

『ネットで検索すれば、あらゆる情報を収集できる世の中』

になっているため、自分の不安を解消させる場所として『インターネット』を活用している人が多いのです。

avatar
これは個人的にはめちゃめちゃ危険だと思っています。

というのも、個人が作り上げたサイトの情報を全て鵜呑みにして行動を起こしてしまうと、ほとんどの場合失敗するからです。

ネット上には質の高いコンテンツも多いですが、大半は

『過去の古い情報』

が出回っているため、まず参考にすべきではないのです。

もちろん私のサイトも全て真に受ける必要はありません。

あくまでも

『1つの参考として考える』

ことが重要なのです。

ただ視点を変えてみると、このように個人がネットで情報を発信できるというのは大きな強みでもあります。

その点に関しては後半で詳しく開設していきますね。

この先の時代を考えると『IT』スキルは必須

実際に

『手に職を付ける』

とネットで検索してみると、あらゆる資格や職業が紹介されていますが、個人的には

avatar
『イヤイヤ、それよりITスキル身につけたほうが早くね?』

と思ってしまいます。

そもそも今の時代はどんどん仕事が自動化され始めています。いずれは車も全自動で走るようになりますし、単純作業はロボットが担い、配達などもドローンが請け負ってくれる可能性も高いでしょう。

となると、今ある仕事のほとんどは

『人がやらなくてもAI(人工知能)がやってくれる』

ようになるため、私たちがやる仕事が極端に少なくなる時代がやってきます。

そうなった時、間違いなくITのスキルが求められるようになります。

補足

プログラミング言語を扱って、自分でAIを開発することも可能ですし、プログラミングではなく自分で情報を発信できるスキルが身につけば、今自分がやっている仕事・興味がある仕事を、自分なりの形で仕事として成り立たせることができます。

現に私のこのサイトも、ネットスキルを持たない人に新しい働き方を提案することで、1つのビジネスが成り立っていますからね。

ITスキルが使える人 VS ITスキルが使えない人の未来

いきなりITスキルについて色々とお話ししてしまいましたが、正直こんな話をされてもピンときませんよね?

avatar
どう考えてもITのスキルよりも資格を取得した方が安定した生活を過ごせそうですが、将来的なことを考えると、やはりこのスキルは持っておくべきだと私は考えています。

というのも、誰よりも勉強して難関の国家資格を取得しているような方でも、現代は食べていけないような世の中となっています。

その点に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

年間数%の人しか受かることができないような資格であっても、このような現実が待ち受けているのです。

ITスキルが使えると選択肢が飛躍的に増える

例えば私が弁護士の資格を持っていたとしましょう(あんな難しものは取れませんが笑)。もし弁護士として働いている中で、なかなか依頼人を集めることができなかったとします。

そうなった場合、自分のスキルを磨くことも重要ですが、今の時代は

『インターネットを使ってお客さんを集めるスキル』

が必要なのです。

avatar
これは実際に私が士業の方にネットマーケティングを依頼される機会が増えたことからも分かる通り、とにかくネットで人を集められる人が圧倒的に有利な世の中になっています。

美容院などもそうです。インスタやブログを使って

『いかにして、世の中に溢れかえっている美容院と差別化ができるか?』

を意識しなければ生き残ることは難しくなってきているのです。

これらは全てITのスキルがあれば解決できる問題です。

どんな仕事を選ぶにせよ、これからの時代はネットを使ってリアルの仕事に繋げることができなければ、他のお店にお客さんを取られることになるのです。

ITスキルがないと『資格取得』が安定だと思ってしまう

資格はあくまでも資格です。確かに資格を取得した時点でその他大勢とは差別化ができますが、それでも同じ業界でゴリゴリスキルを磨いている人に勝つことはなかなか難しいです。

avatar
となると、資格を取得した時点で安定しているという考えは少し間違っています。

途中でもお伝えした通り、現代は士業でも食えない時代ですから、それを考えると、安定している資格は存在していないのと同じだと私は思っています。

需要と供給のバランスが偏っている場合は、資格を取ることで働き口に困らないことはありますが。

資格を取得する時間・労力を考えた時、それが自分の未来の安定を呼び寄せてくれるのか?ここをもう一度しっかり考えた方が良いでしょう。

これからの時代に必要とされるITスキルとは?

他の選択肢をすっ飛ばし、私がITスキルを全面的に押している記事になってきましたが、結局のところ

『じゃあこれからの時代に必要なITスキルってなに?』

が一番気になると思います。

avatar
正直ITのスキルと言っても様々ありますが、将来的なことを考えた時に、間違いなく必要となるスキルは2つあると私は考えています。

自分で情報を発信できるスキル(ブログ・youtubeなど)

これからは企業に所属して給料を貰うようなスタイルは、どちらかというとオワコンになってくるでしょう。

それはグローバル化の流れを考えると明らかです。

日本人という高給取りに仕事を依頼するなら、発展途上国で安く働いてくれる人に仕事を振った方が企業側もコストをかけずに依頼ができます。

avatar
そうなれば、必然的に日本人の給料を下げて世界の国と単価を合わせる流れになるため、間違いなく給料は下がっていくはずです。

そうなった時、企業に勤めるという選択肢+自分でお金を生み出す仕事を『複業』として成り立たせるのが主流になるはずです。

自分でお金を生み出すためには、自分自身で世の中に情報を発信しなければなりません。

それを実現させるためには、私のように『ブログ』を使った発信方法や、youtuberのような動画を使った発信方法を使う必要があるのです。

自分でサービスを生み出せるスキル(プログラミング)

そしてもう一つのスキルとして、こちらの『プログラミング』が挙げられます。

avatar
やはりAI(人工知能)の登場は多くの人が待ち望んでいる反面、脅威でもあります。

自分の仕事をロボットに奪われるなんて数年前は考えたこともなかったと思いますが、今の技術からすれば、それが現実的になってきています。

そうなったとき、自分の手でプログラミングができれば、そのAI(人工知能)を使って新しいサービスを生み出すこともできますし、エンジニアとして働くことも可能です。

IT産業が右肩上がりに伸びていることからも分かる通り、この先の時代は

『エンジニアが重宝される』

ことは間違いありません。

資格取得に時間を使うのであれば、私は迷わずプログラミングスキルを身につけることに時間を注ぎます(というより注ぎました笑)。

このスキルがあれば、この先の時代で食いっぱぐれることはまず考えられないでしょう。なぜなら『圧倒的にエンジニアの人口が不足している』からです。

今までの常識が通用しない世の中がやってきている

時代の流れを先読みし、そこで必要とされるのが『ITスキル』であるという意味が今回の記事で少しでも伝われば幸いです。

avatar
私自身も、急速な時代の変化に戸惑いまくっていますが、それでもある程度未来のことを予測して動いているつもりです。

過去に安定だと言われていた銀行などの仕事も、今ではAIによって仕事が奪われ、メガバンクも数百万人単位でリストラをかけるような時代です。

この時代に『資格取得=安定できる』という考えがどれだけリスクであるか?その点をもう一度考えておく必要があります。

自分の身を守れるのは自分だけです。そうなれば

『新しい時代で自分のスキルで稼げる力』

を身につけておくことが一番の安定だと私は考えています。

Pocket