Pocket

未経験・ど素人の状態からプログラミングの勉強をスタートさせたのが僕ですから、初心者が諦めがちなポイントやマインドはある程度把握しています。

avatar
面白いもので、プログラミング学習をすれば確実に年収をアップさせられることはわかっていても、大半の人が途中で挫折してしまうため、日本のエンジニア人口はこの先どんどん減り続けると言われています。

では実際プログラミングの学習がそんなに大変なのか?と問われると、全体像を理解するまでは少し難しいと感じるかもしれませんが、それ以降はできることが増えていくため、めちゃめちゃ楽しくなっていきます。

注意点

ただし、プログラミングには向き不向きがあると言われています。

実際に多くのエンジニアの方と接してきた僕が感じたのは

『プログラミングは怠慢な心を持っている人ほど熱中しやすい』

ということです。

一見勉強できる人とは正反対の要素に感じますが、実はこの楽したいという気持ちがプログラミング学習では重要な要素となってくるのです。

プログラミングの勉強を始めて分かったこと

そもそもなぜプログラミングを学習したいのか?

この根底にある欲望を探っていくと、ほとんどが

『年収をアップさせたい』

『エンジニアに転職したい』

『起業したい』

など前向きな思考だと思われがちです。

しかしプログラミングの本質というのは

『今ある面倒な作業を楽に自動化できるプログラム』

になるため、人間の持っている面倒臭がりな性格がプラスに作用する業界なのです。

avatar
プログラミングに対してそんな考えを持ったことはなかったですね。
avatar
ここはあまり理解されていないポイントでもあります。

例えば

『このデータ入力自動でやってくれたら楽なのになぁ』

という気持ちを持っていたとします。

そうすると、その願いを叶えてくれるのがプログラミングというスキルなのです。

つまり

『楽したい→プログラミングを学べば楽をできる』

というダメ人間的思考を持っている人ほどプログラミングに熱中することにつながるのです。

完璧主義の人は高い確率でプログラミングで挫折することになる

この業界に参入してプログラミングを学び始めると、必ず途中で脱落してしまう人が出てきます。

最初は未経験・ど素人からスタートしても、必ず続く人と脱落する人に分かれてしまうのです。

avatar
実はこの脱落する人たちに共通している要素というのが『完璧主義者』です。

例えばプログラミングを学んでいく中で、なかなか理解できずに苦戦するようなポイントが出てきたとします。

そこを完璧に理解しようとすると1つ1つ立ち止まって考えることになるため、なかなか先に進むことができません。

これを続けていると

『プログラミングめちゃくちゃ難しい』

と思ってしまい、結果的に学習することを諦めてしまうのです。

avatar
完璧を求めるからこそ辛い作業になってしまうのです。

一方楽をしたいと考える人たちというのは、ちょっと分からないことが出てきたら

『まぁ後で調べればいっか』

と気楽に考えて学習を続けているため、途中で難しいポイントが出てきても、良い意味でスルーできるのです。

プログラミング学習で大事なこと

まずは全体像を把握して、そこから細かいポイントを学習していけば問題ないと考えることができれば、1つ1つの作業に完璧を求めることはなくなります。

テストで100点を取るようなマインドではなく、どちらかというと

『分からなかったら後でググって調べよう』

という感じでカンニングを容認するマインドを持っていくと学習が楽になるのです。

ちなみに挫折しづらい言語がありますので、こちらもチェックしておきましょう!

楽してダラけたいという人ほどプログラミングは向いている

日本の教育というのは、楽する・ダラけるなどの思考は『悪』だと思われがちです。

僕はこの点で洗脳教育に違和感を感じていたタイプなので、本当に学生時代は学校に行きたくありませんでした笑。

avatar
毎日学校に通うという意味すら疑問に思っていたヤバいやつです笑。

しかしインターネットのビジネスやプログラミングと出会ったことにより、楽してダラけたいという思考を容認してくれる世界があることを知り、生きることがめちゃめちゃ楽になりました。

正直な話、辛いことを避けて楽をしたいという方にはプログラミングの学習は超オススメです。

だって自分の手で自動化の仕組みを作れるスキルを身につけられるんですから、こんな楽になれる仕事は他にないのです。

もちろん最初は分からないこともたくさん出てきますが、それを乗り越えさえしてしまえばこっちのものです。

世の中の人がやらなくて良い苦労をして困っているところを、プログラミングのスキルを生かして助けてあげるような働き方ができれば、楽してダラけたいという思考の人が圧倒的に活躍できるのです。

まずは学校の洗脳教育からの脱却を果たし、こちら側に来てくださいね笑。

プログラミングはさっさと人に教わった方が成長は早い

エンジニアやプログラマーとして活躍している人たちは、努力家の人が多いです。

しかし根底にあるマインドはスポ根熱血マインドではなく、ゆる〜い感じのものだと思います。

少なくとも僕が接してきた人たちに

『辛い仕事こそやるべきだ!』

という人はほとんどいませんでした。

むしろ

『これ作ったら楽できるよね』

という考え方の人が多かったため、本当に接していて楽でしたね。

avatar
なんか意外ですね!
avatar
努力家の人は多いですが、変な固定観念は持っていない人が多いので気持ち的にも楽ですよ♪

もし今後プログラミングを本気で勉強するのであれば、一人で黙々と頑張るのではなく、先人の知恵を借りて最短ルートを辿った方がはるかに成長スピードが早いですし、楽です。

『お金を払って時間を買う』感覚を持っている方であれば、正直プログラミングスクールを活用した方が最短ルートを駆け抜けることができます。

ここで意地をはって

『自分なら独学でいける』

という考え方を持ってしまうと、時間と労力を無駄に使うことになってしまいます。

補足

楽という視点で考えると、自分で全てを解決しなければならない独学よりも、プロが直接教えてくれるプログラミングスクールに通った方が圧倒的に楽です。

avatar
これは多くの人が勘違いしていることですけどね。

この点は完璧主義的要素を持っている方がやりがちなミスなので、必ず人に教わる環境を整えておきましょう。

正直、長期間のプログラミングの勉強は正直飽きる

最初に目標設定をしておくことは大切ですが、あまりにも長期的に勉強を続けるようなプランで考えていると、かなり面倒臭くなり学習を続けることが難しくなります。

個人的には

『3ヶ月本気でやれば勉強は十分』

だと思っています。

avatar
基礎を学習すれば、そこからはいかにしてスキルを高めるかを考えるべきです。
avatar
3ヶ月で勉強を終えられるものなのですか?
avatar
勉強を終えるというよりも、最低限の知識を3ヶ月で身につけるという考え方ですね。
avatar
なるほど。そしてその後はアウトプットしながら知識を付け足していく感じだと
avatar
まさにその通りです。

プログラミングで一番スキルが伸びるのは勉強ではなく

『アウトプット』

です。

最初の3ヶ月で得た知識をその後は吐き出していき、企業でプロジェクトに参加したり、自分で面白いサービスを作ることで猛烈なアウトプットをしながら成長ができます。

プログラミング学習について

長期間勉強をし続けることを考えるのは、正直ナンセンスです。3ヶ月でプログラミングの基礎知識をインストールし、その後はアウトプットメインで行動することを意識すれば、飽きることなくプログラミングを続けることができます。

もし勉強時間を半年・1年スパンで設定している人がいたら、少し考え方を変えておきましょう。

プログラミングを覚えるコツに関してはプログラミングを覚えるコツはアレを上手に活用すべし!で分かりやすく解説しています。

最初以外プログラミングの勉強はほとんど意味ないからまずは何か1つ作るべき!

勉強を意味ない発言は問題かもしれませんが、それくらいの考え方のほうがおそらく成長は格段に早まります。

つまりインプットばかりしているんだったら、早い段階でコードを書くことを優先する考え方に切り替えるべきだということです。

avatar
例えば3時間使える日があるのならば、最初の40分くらいは勉強に時間を使って、後の2時間以上は猛烈にコードを書くべきだということです。

慣れない時期はコードを書くことが苦痛に感じるかもしれませんが、これを継続していると、ある日突然

『コードを書くことがめっちゃ楽しくなる』

瞬間が訪れます。

そのポイントに差し掛かれば、もうプログラミングの挫折の悪魔と戦う必要はなくなるでしょう。

僕がそうでしたから笑。

ちなみに、一人独学でサービスを作ることができない場合、テックアカデミーの無料体験を利用すれば、プロのサポートを受けながら一つ成果物を作ることができますよ。

最終的に残っているのは『楽しんでる人』だけ

どんなに僕がプログラミングの勉強方法をお伝えしたところで、結局楽しんでいる人には勝つことができません。

avatar
コードを入力することに興奮できるレベルの人は絶対成功します笑。
avatar
私はそんな人になれるかなぁ

どんなに知識や経験がなくても、最初の段階で

『プログラミングめっちゃおもろい』

と感じることができれば、それだけで結果を出せる可能性は飛躍的に高まります。

逆にどんなに頭が良くても、完璧主義でプログラミングを楽しめない場合は結果を残すことは難しくなります。

補足

誰でもプログラミングをマスターすることは可能だと僕は思っているのですが、やはり多少なりとも向き不向きはありますので、そこは実践しながら自分がどう感じるかを見極めていきましょう。

まとめ

全体像を掴み、自分の手で新しいサービスを生み出す。

この流れを一度経験してしまえば、そこからはプログラミングの学習で挫折することはほぼなくなります。

ですがここまでたどり着くまでが少し大変です。

avatar
今やっている基礎学習が何の役に立つのか?なぜこんな基礎から学ばなければならないのか?と最初の頃はクエスチョンマークがたくさんでてきます。

人は全体像を把握できないことに関しては、なかなか知識を取り入れることができません。

なのでまず最初に目標物を見つけ

『どうやったら自分がその作品を作ることができるのか?』

という感じで目標設定をしていくのがオススメです。

『プログラミングを使い、自分の手でサービスを作った!』

これだけでも大きな自信に繋がりますよ♪

Pocket